DTM

【Logic Pro X】自分で作ったループ素材を削除する方法

Logic Pro Xでよく使うリズム等をループ化して保存しておくと便利ですよね。 保存時に使った音源やmidiの状態で保存できるので、再度打ち込む必要もなければ編集性も維持できます。 ドラムなどのデータを保存しておくにはもってこいの機能だと思います。 しかし、誤って作ったループを削除する項目がわかりにくいので解決法をメモしておきます。 ※公式に推奨されている方法かわからないので注意して行って下さい。(またLogicのバージョン等で異なる可能性もあります) こちらの現時点での操作環境は10.4.4(執筆時 ...

ReadMore

ネットツール

Macs Fan Controlは危険?Macのファンコントロール問題

重い作業をさせた時にアツアツになってしまうMac。 ファンは自動制御されているのですが、結構熱くなってからじゃないと排熱されないのが仕様のようです。 そこで(自己責任で)ファンコントロールソフトを使い、常時ファンを低速回転されている人は少なくないでしょう。 ここでは一部で言われているMacs Fan Controlの危険性について調べてみました。 Macs Fan Controlが危険だと言われる理由とそう思わない理由 ひそかに外部へ通信を行っている様子があるらしい(真偽は不明) おそらくこの記事を見てく ...

ReadMore

生活向上

虫が沸かない観葉植物の土おすすめ。100均の土は虫が湧きやすい?

室内で観葉植物を育てている人は多く、身近に緑を感じるためのアイテムとして人気です。 100円ショップなどで買える小さな観葉植物もちゃんと育てればホームセンターで2,000円ほどのサイズまで大きくすることも可能。 そのためにはしっかり育つための土選びが重要ですが、土の中には虫が湧きやすいものもあり注意が必要です。 ここでは私が愛用している「虫の湧きにくい土」をご紹介。 単刀直入に「虫が湧きにくい土」はどれ? 「花ごころ ピンピン育つ観葉植物の土」が一番おすすめ 何故虫が湧くかなどの説明は後回しにして、まずは ...

ReadMore

DTM

Logic Pro Xからサーというノイズが出る時に確認したいこと

Logic Pro Xを使っている時にとあるオーディオファイルから「サー」というノイズが出ていることに気づきました。 最初はオーディオインターフェイスやLogic設定の問題かとも思いましたが、全然検討違いだったので解決策をメモ。 サァーというノイズの発生源 プラグインのノイズシュミレートによるもの 数あるトラックを個別に聴いていくと、ノイズの発生源となっているトラックが複数ありました。 それらに共通する点を探したところ「busへ送ってwavesのH-Delayをかけていた」を発見。 「まさかプラグインが原 ...

ReadMore

DTM

【Logic Pro X】32bitのサンプルを24bitや16bitに変換する方法

音楽を作るにあたって様々なサンプリング音源を使うことがあるかと思います。 そのオーディオサンプルはメーカーから購入したものもあれば、ネットで無料配布されていたものや落ちていたものまで様々。 それらを「予め統一したい!」という時に便利なTipsです。 追記 XLDを使う方法では変換後の一部サンプル音源にビビッというノイズが乗ることがわかりました。(様々な設定で行っても改善されませんでした) Logicの変換ではそれが起きないため「全サンプルをlogicにD&Dして予め変換したのち、名称変更で24bi ...

ReadMore

DTM

【Logic Pro X】自分で作ったループ素材を削除する方法

投稿日:

Logic Pro Xでよく使うリズム等をループ化して保存しておくと便利ですよね。

保存時に使った音源やmidiの状態で保存できるので、再度打ち込む必要もなければ編集性も維持できます。

ドラムなどのデータを保存しておくにはもってこいの機能だと思います。

しかし、誤って作ったループを削除する項目がわかりにくいので解決法をメモしておきます。

※公式に推奨されている方法かわからないので注意して行って下さい。(またLogicのバージョン等で異なる可能性もあります)

こちらの現時点での操作環境は10.4.4(執筆時で最新)です。

自分で登録したループ素材を消すor名前を変えるには?

マイループは隠れてる方のライブラリに保存されている

ループの保存場所は「Library\Audio\Apple Loops\Apple」なのですが、普通に辿ると下記のループの場所に行ってしまうのではないでしょうか?

というのもMacのライブラリは2つあり、自分で作ったループは違う方のライブラリにあるためです。

もうひとつのライブラリに行くためには下記Finderの移動タブを表示させたままOptionキーを押します。

するとホームの下にライブラリという文字がぴょこんと出てくるので、そちらへ移動しましょう。

あとは同じように「\Audio\Apple Loops\User Loops」と進めば保存されている自分のループが見れます。

あとは捨てるなり名前を変えるなり変更を加えられます。

 

消した後にLogicを再起動すると消したループが残ってる!

自分のループを消した後にLogicを再起動すると、消したループ名の 文字色が薄くなったまま残っています。

なんか嫌ですよね。

これはLogicのループインデックスが過去のままなので、消したファイルが読み込めずこのような状態になっていると考えられます。

下記の場所から「すべてのループを再インデックス」を押しましょう。

変更したいのは自分のループだけなのに全部再インデックスしてくるので時間がかかりますが、待ちます。

終わったら自分のループを覗いてみて下さい。

削除したループはちゃんと消えているはずです。

また、Appleloopのインデックスファイルは「隠れていない方のライブラリ」から確認できます。

「ライブラリ\Audio\Apple Loops Index」の中に.txtとして保存されているようです。

 

さいごに

イチから打ち込むのは面倒な人は積極活用

自分はマウスでポチポチとやる程度なので、打ち込みスピードが遅く面倒になりがちです。

なのでこのような機能を駆使してなるべく「すでに形になっているものを編集していく」ようしています。

-DTM

Copyright© STAYFOG , 2019 All Rights Reserved.