生活向上

加湿器フィルターのカルシウム汚れが取れないならポット洗浄中

乾燥しやすい冬には加湿機が欠かせません。 最近は格安の超音波式をよくみますが、超音波式は水を微振動で飛ばすため雑菌などをそのまま飛ばす危険性があります。 その点、水を吸ったフィルターに風を当てて気化させるタイプは安全ですがフィルターにカルシウム汚れ(カルキ汚れ)がべったり付くんですよね。   加湿器フィルターのカルキ汚れにはポット洗浄中が激落ち クエン酸とは違う成分でしっかり溶ける? よくある対処法としてはクエン酸溶液につけ置く方法がありますが、ガッチリこびり付いたカルシウムにはあんまり効果あり ...

ReadMore

パソコン周辺機器

おすすめの格安ANC対応Bluetoothヘッドホンで雑音フリーの音楽生活!

アクティブノイズキャンセリング(ANC)搭載のBluetoothヘッドホンが昨今増えています。 私個人はまだどの製品でデビューしようか決めかねている段階ですが、すでに各メーカーからラインナップが出揃っているので一度記事にしてまとめてみたいと思いました。 とはいえ有名メーカーは3万円ほどするANCヘッドホン、ここはむしろ格安製品を展開するメーカーに目を向けてみたいものです。   ということで、1万円以下の安いANCヘッドホンを一挙総ざらいします!   レビュー依頼募集中 メーカー様からの ...

ReadMore

ファッション

サイド刈り上げバリカン/トリマーのおすすめ機種と選び方

最近、もみあげ部分(サイド)を刈り上げている人をよく見ますよね。 かくいう私も刈り上げていますが、もみあげが無くなると途端にサッパリと軽い雰囲気になり手入れも楽に感じます。 そんな状態を長く維持するためにおすすめのサイド刈り上げバリカンを紹介! サイド刈り上げバリカン/トリマーの選び方 サイド刈り上げバリカンと普通のバリカンの違い 頭を丸刈りにする場合などは普通のバリカンを使いますよね。 リンク 普通のバリカンは本体サイズが大きく、もみあげ周りだけを処理するには大きすぎます。 また、サイド刈り上げは2mm ...

ReadMore

DTM

オーディオテクニカATH-M50X レビュー!モニターヘッドホンの超定番

モニターヘッドホンは数あれど、定番品はだいたい決まっていますよね。 特にDTMなどを始めた人にとっては最初にどれを選ぶかで結構クセが付いてくるところだと思います。 DTMerのモニターヘッドホンとしても優秀なオーディオテクニカATH-M50Xをレビューしてみます。 DTMにおすすめなモニターヘッドホン ド定番はMDR-CD900ST? モニターヘッドホンのど定番と言えばSONYのMDR-CD900STです。 音楽業界でも幅広く使われているらしく、ヘッドホンパーツが別売りされているのもプロ仕様を感じさせます ...

ReadMore

パソコン周辺機器

TaoTronicsのBluetoothイヤホンSoundLiberty 53使用レビュー

街を歩けばコードイヤホンを使っている人はめっきり少なくなりましたね。 そんな私もワイヤレスイヤホンを愛用しており、コードレスのストレスフリーさを知ると元に戻れません。 とはいえ普通のイヤホンに比べ高価なワイヤレスイヤホンですから、検討中の人はあれこれ調べているはずです。 今回海外のコードレスイヤホンで定評のあるメーカー「TaoTronics」さんよりレビュー依頼を頂きましたので、サンプル提供頂いたSoundLiberty 53をじっくり使ってみました。 既に愛用しているANKER「Soundcore Li ...

ReadMore

DTM

【Logic Pro X】自分で作ったループ素材を削除する方法

投稿日:

Logic Pro Xでよく使うリズム等をループ化して保存しておくと便利ですよね。

保存時に使った音源やmidiの状態で保存できるので、再度打ち込む必要もなければ編集性も維持できます。

ドラムなどのデータを保存しておくにはもってこいの機能だと思います。

しかし、誤って作ったループを削除する項目がわかりにくいので解決法をメモしておきます。

※公式に推奨されている方法かわからないので注意して行って下さい。(またLogicのバージョン等で異なる可能性もあります)

こちらの現時点での操作環境は10.4.4(執筆時で最新)です。

自分で登録したループ素材を消すor名前を変えるには?

マイループは隠れてる方のライブラリに保存されている

ループの保存場所は「Library\Audio\Apple Loops\Apple」なのですが、普通に辿ると下記のループの場所に行ってしまうのではないでしょうか?

というのもMacのライブラリは2つあり、自分で作ったループは違う方のライブラリにあるためです。

もうひとつのライブラリに行くためには下記Finderの移動タブを表示させたままOptionキーを押します。

するとホームの下にライブラリという文字がぴょこんと出てくるので、そちらへ移動しましょう。

あとは同じように「\Audio\Apple Loops\User Loops」と進めば保存されている自分のループが見れます。

あとは捨てるなり名前を変えるなり変更を加えられます。

 

消した後にLogicを再起動すると消したループが残ってる!

自分のループを消した後にLogicを再起動すると、消したループ名の 文字色が薄くなったまま残っています。

なんか嫌ですよね。

これはLogicのループインデックスが過去のままなので、消したファイルが読み込めずこのような状態になっていると考えられます。

下記の場所から「すべてのループを再インデックス」を押しましょう。

変更したいのは自分のループだけなのに全部再インデックスしてくるので時間がかかりますが、待ちます。

終わったら自分のループを覗いてみて下さい。

削除したループはちゃんと消えているはずです。

また、Appleloopのインデックスファイルは「隠れていない方のライブラリ」から確認できます。

「ライブラリ\Audio\Apple Loops Index」の中に.txtとして保存されているようです。

 

さいごに

イチから打ち込むのは面倒な人は積極活用

自分はマウスでポチポチとやる程度なので、打ち込みスピードが遅く面倒になりがちです。

なのでこのような機能を駆使してなるべく「すでに形になっているものを編集していく」ようしています。

-DTM

Copyright© STAYFOG , 2020 All Rights Reserved.