ワードプレス

ワードプレスで捨てアドいやがらせ対策するならBan Hammerがおすすめ

ウェブサイトを作るにあたってスパム対策は重要ですが、ボットなどによる全自動スパムの以外にも「いやがらせ」もあります。 例えば、ネットで活動している特定の人をよく思わない人からただの誹謗中傷を受けるなど。(アンチともいいますね) 幸い私はそういう目には遭ってはいませんが、ちょっとした有名人ほどそういうトラブルも多いでしょう。 無視を決め込むのが一番ですが、偶然でも目に触れる機会を減らすためにワードプレスにおいてできる対策を考えてみました。 ワードプレスでのいやがらせスパム対策 Ban Hammerで捨てアド ...

ReadMore

DTM

ヘッドホンハンガーは100均のかもいフックで自作可能!

「ヘッドホンの置き場所が定まらず地味に悩んでいる」という人はいませんか。 そこで便利なヘッドホンスタンドやヘッドホンハンガーといったアイテムですが、ヘッドホンを掛けるためだけに1,000円以上も出すのは考えものだなぁという気持ちさえありました。 それにヘッドホンが3,4つあったら、その分だけ費用もかさみます。 しかし、あまり見た目にこだわらないなら100円で自作可能なので、その方法をご紹介します。 机に取り付けるヘッドホンハンガーを自作する ダイソーにある「かもいフック」を加工! 100均(ダイソー)の「 ...

ReadMore

パソコン周辺機器

macでWindows10が動く?Parallelsは使うな!遅いし高い!

人々がMacを使う理由は様々ですが、その多くは「見た目の洗練さ」から始まり、いつのまにか操作性も気に入ってしまったみたいな感じではないでしょうか。 十数年前と比べるとApple大躍進もあってかMacでできる事は格段に増えました。とはいえまだまだWindowsオンリーなソフトも多いものです。 「二台持ちすべきか?それともMacでWindowsを動かす術があれば・・・」という方に私の最適解を紹介したいと思います。 Mac使いの私が選んだWindows最適解 別にWindowsPCを持つか、サブMacにBoot ...

ReadMore

生活向上

加湿器フィルターのカルシウム汚れが取れないならポット洗浄中

乾燥しやすい冬には加湿機が欠かせません。 最近は格安の超音波式をよくみますが、超音波式は水を微振動で飛ばすため雑菌などをそのまま飛ばす危険性があります。 その点、水を吸ったフィルターに風を当てて気化させるタイプは安全ですがフィルターにカルシウム汚れ(カルキ汚れ)がべったり付くんですよね。   加湿器フィルターのカルキ汚れにはポット洗浄中が激落ち クエン酸とは違う成分でしっかり溶ける? よくある対処法としてはクエン酸溶液につけ置く方法がありますが、ガッチリこびり付いたカルシウムにはあんまり効果あり ...

ReadMore

パソコン周辺機器

おすすめの格安ANC対応Bluetoothヘッドホンで雑音フリーの音楽生活!

アクティブノイズキャンセリング(ANC)搭載のBluetoothヘッドホンが昨今増えています。 私個人はまだどの製品でデビューしようか決めかねている段階ですが、すでに各メーカーからラインナップが出揃っているので一度記事にしてまとめてみたいと思いました。 とはいえ有名メーカーは3万円ほどするANCヘッドホン、ここはむしろ格安製品を展開するメーカーに目を向けてみたいものです。   ということで、1万円以下の安いANCヘッドホンを一挙総ざらいします!   レビュー依頼募集中 メーカー様からの ...

ReadMore

ファッション

サイド刈り上げバリカン/トリマーのおすすめ機種と選び方

投稿日:

最近、もみあげ部分(サイド)を刈り上げている人をよく見ますよね。

かくいう私も刈り上げていますが、もみあげが無くなると途端にサッパリと軽い雰囲気になり手入れも楽に感じます。

そんな状態を長く維持するためにおすすめのサイド刈り上げバリカンを紹介!

サイド刈り上げバリカン/トリマーの選び方

サイド刈り上げバリカンと普通のバリカンの違い

頭を丸刈りにする場合などは普通のバリカンを使いますよね。

普通のバリカンは本体サイズが大きく、もみあげ周りだけを処理するには大きすぎます。

また、サイド刈り上げは2mm〜3mm程度で刈り上げることが多いため、その短さを設定できないバリカンだとうまくいきません。

今はアタッチメントで細かくミリ数を調節できるモデルがほとんどですが、本体サイズには気をつけた方がよいでしょう。

 

充電式で馬力のある製品を選ぶこと

私は現在ブラウンのBT3040を使っています。

コンパクトでありながら、パワフルな駆動でしっかりと刈り上げることができるためおすすめ。

充電式ですが、一度充電すればしばらく持ちます。

 

実はこの製品を使う前にフィリップスのヒゲトリマーを使っていました。

アタッチメントを使えば3mm程度の刈り上げもでき、乾電池式でお手軽なのですが馬力が弱くあまり気持ちよく刈り上げられない製品でした。

ヒゲの手入れにはちょうどよいサイズ感かもしれませんが、サイドの刈り上げには向きません。

 

サイド刈り上げバリカン/トリマーのおすすめモデル

ブラウン BT3040

Amazonで購入したコンパクトトリマー。

ジレットのT字カミソリもおまけで付いてくるので、顔周りはこれ1つで完璧です。

本体のダイヤルで長さの調節ができますが、後付けのアタッチメントの固定位置を調節しているのみで作りはシンプル。

アタッチメントは簡単に外れるので掃除もしやすいです。

ちなみに水洗い可能なので入浴時にお風呂場でバリバリできます。

充電は独自の端子であるため、出張や旅行などでは専用のACも持ち運ぶ必要があります。

長持ちするので心配は要りませんが、USB-Cなどであれば最高でした。

 

 

HATTEKER 電動バリカン

オシャレなデザインにLEDディスプレイなど見栄えのする電動バリカン。

アタッチメントも豊富であるうえ、充電はUSB対応と理想的なモデルです。

懸念すべきはAmazonの中国メーカー品であるため、どこまで信頼性があるかわかりませんが保証期間は12ヶ月あります。

また、Amazonで購入後1ヶ月以内に不具合があればAmazon経由で返品できるのでデザインにもこだわりたい方は要チェック。

 

さいごに

大きすぎても小さすぎてもダメ

大きすぎると小回りが効かない上に、収納にも場所を取ります。

小さすぎると馬力が弱かったり、詰まりやすく気持ちよく刈り上げることができない等の不具合もあります。

 

という意味ではブラウンのBT3040はちょうどよいサイズ感で使いやすい製品でした。

ぜひ参考になれば幸いです。

-ファッション

Copyright© STAYFOG , 2020 All Rights Reserved.