当サイトの記事にはPR広告が掲載されていることがあります。

自転車

GT Aggressorのヘッドパーツを交換した話

数ヶ月前、GTのエントリーMTBであるAggressorを譲り受けました。

 

数十メートル走ったのちそそくさと全バラしてパーツを総取り替え。

BBを中空&シングル化、7速から11速にしたりコイルサスをエアサスにしたり色々好きなようにやりました。

 

人生初のフロントサスに「うひょー段差よゆー!」と楽しんでいたわけですが、どうもヘッド部分がガタついてくる現象が起きました。

さらにガタを取ろうとヘッドキャップのボルトを閉め込むと、ハンドルが重くなります。

 

「どうもヘッドパーツと下玉押しの塩梅がよくないようだ」ということでアリエクで買ったヘッドパーツに取り替えた話です。

ステイ子
作業しながら撮ってた訳じゃないからほぼ画像ないんだけど・・・

 

このバイクをいじる人がいるのか不明ですが、ニッチな情報共有ということで書き記しておきたいと思います。

GT Aggressor 2021のヘッドパーツを交換しよう

ヘッドの規格はゼロスタックというものらしい

アグレッサーSPORTS(2021年モデル)のフレーム仕様を見てみたところ、ゼロスタックという規格らしいです。

All New 6061 T6 アルミ、Triple Triangle フローティングシートステイ、鍛造 ドロップアウト、ゼロスタック 1 1/8″ ヘッド

ヘッドパーツの種類と特徴については下記のサイト記事がめちゃくちゃわかりやすいです。

ヘッドパーツ規格の覚え書き

 

ヘッドチューブはシンプルなストレート筒です。上下とも中にベアリングを内包している構造。

ちなみにゼロスタック構造?で使われるベアリングには2タイプあるようです。

シールドベアリングタイプと、

中のベアリングボールが裸で見えてるボールベアリングタイプ。

アグレッサーに元々ついているのはこのボールベアリングでして、フォークコラムに取り付ける下玉押しもそれ用の高さがあるものなんですよね。

ステイ子
シールドベアリングとかに使えるヤツは45°で綺麗にナナメなんだけど、ボールベアリングの下玉押しはカーブががってるのをよくみる
ステイ子
ていうか下玉押しとかクラウンレースとかクラウンコーンとか呼び方多すぎ!

 

で、このアグレッサーはすでにフォークもチャイナエアサスに交換してるのですが、元々のフォークコラムについてた玉押しが外れなかったので手持ちの互換品を取り付けていたのです。

それがどうもガタつきの原因だったらしく「それならいっそヘッドパーツをまるごと変えてしまおう」と。

ステイ子
同じような形状の下玉押しが手に入ればそれが一番お手軽だったんだけど、見つけられなかった

 

アリエクでヘッドパーツを買う

ZTTOというチャイナパーツブランド?でゼロスタックの良さげなヘッドセットがありました。

私が以前買ったチャイナエアサスフォークはストレートなのでフォークコラム側は問題なさそうです。

問題は外側ですが、ヘッドチューブ内径が44mmかはこの時点では計測していませんでした。とはいえアグレッサーのヘッドチューブを見る限りストレートな筒状。トップカップやボトムカップもありません。

加えて上下共に内径が同じだとすれば4444Sが適合すると推測。

ステイ子
まぁ、失敗して取り付けられなくても1500円だし。チャイナ安すぎだろ。

 

ヘッドパーツの圧入に難儀するも奇跡起きる

早速アグレッサーについているヘッドパーツを外します。

ベアリングは簡単に取れるのですが、台座部分は圧入されているため、転がっていた要らないアルミハンドルとハンマーを使ってコンコンと押し出しました。専用の工具があることは知っていたのですが買うのが勿体無く感じてしまい・・・。

で、届いた中華ヘッドパーツをあてがってみると、やはり44mmで間違いなさそうでした。

しかし圧入が大変で、木材をあてがってハンマーで叩くようなやり方では到底入りません。キツキツです。

 

開始5分で「万策(もしてないけど)尽きたか!」と思った矢先、脳裏にあるものが浮かびました。

ステイ子
こ、これは!圧入工具!

これは昔の私が何を血迷ったのか「この工具あったほうがよくね?」と謎の直感で買ったにも関わらず、全く使い所がなくてずっと押し入れにぶん投げていた逸品です。

あるとき「これマジで出番ないし売ろうかな」とか思ったりもしましたが、なぜか売らずに今日まで持ち堪えました。

これがあれば圧入ができるハズ!昔の自分ナイス!

伏線回収まで長すぎる。これ何年前に買ったやつだよ奇跡だな。
アヒル

 

 

使う所は撮影してないのですが、慎重に工具のハンドルを閉めてもどうも曲がって圧入されていくようです。

途中で引っかかり何回かやり直しました。

「サイズがキツすぎるのか?」と思いヘッドチューブの内側を400番くらいの紙やすりでしばらく削った(磨いた?)上で作業したところスムーズに圧入されました。

ベアリング含め全部付属してきたものだけ使っているのでヘッドチューブ下部の塩梅もバッチリです。

ガタ付きはないですし、ハンドルも重くないのでこれでまた楽しく乗れそうです。

ステイ子
また一つ成長したね

 

アルミコラムにプレッシャーアンカーはズレてしまう件

ちなみに今回、初めてスターファングルナットの圧入もしました。

というのもフォーク交換をすると言えば大体カーボンフォークだったため、過去にスターファングルナットの圧入をしたことがありません。

 

「プレッシャーアンカーでいいなら取り外しも簡単だしそっちの方が楽だよね」とチャイナエアサスのアルミコラムにもプレッシャーアンカーを使ってました。

が、どうもズレてしまう(滑ってしまう)のです。

まぁ今になって思えば「下玉押しの塩梅が悪いのをヘッドキャップのボルトを閉めて引き上げる行為」が結果引き上げすぎだった故の症状だったのかもしれませんが。

 

この際なのでスタファン圧入工具も買ってそちらもトライしてみました。

工具を使えばまっすぐ圧入できるのでさして問題なくスムーズに完了。

ステイ子
精度の良い名のある工具は数千円するけど、中華工具だと安い。それなりに使えるし。

 

さいごに

MTBの街乗りは快適すぎる

エントリーMTBといえどもフレーム剛性を高めているのか、アグレッサーは(フレーム単体で持っても)同じGTのGRADEより重いです。

さらに太いタイヤとエアサスのショック吸収で乗り心地は非常に快適。

細いタイヤで突入するとリム打ちしそうな縁石も余裕で乗り越えられるのが新鮮で、ついつい段差をみると突撃するのがやめられない危ない人になりかけています。

 

ここまで快適だとスパイク付きの冬タイヤ仕様にして積雪路面も走ってみたくなる所ですが、そもそも(私の地元では)冬にチャリンコ乗る人は「無謀な中高生か無謀なおじいさんか新聞配達の人」と相場が決まっていたのでちょっと恥ずかしい感もあるんですよね。

ステイ子
私も中学生のときにイキって冬にママチャリ乗って友達と遊んでたな。めっちゃ滑るんだよ冬ママチャリはマジであぶねー。
スパイク付きの冬タイヤなら「徒歩より安全」という人もいるくらい凍結路面で滑らないらしいぞ
アヒル
ステイ子
歩行者とか車からしたらスパイクの有無なんてわからんし急に転倒されたらと思うと怖くて近寄りがたいよな。雪で道幅も狭くなるし。
ステイ子
でも冬もチャリンコで買い出し行きたいな〜。

 

昨今はファットバイクなんかも人気なので「冬でも自転車」という考えは昔よりあるようですけど・・・。

 

身体と頭を丈夫にするおすすめ記事

1

あるときからサプリメントを買うのが半ば趣味となり、いままで色々買ってきました。(主にアイハーブで) トップ画にあるのは今うちにある分ですが、これ全部を毎日飲んでる訳じゃないですからね。 比較的毎日飲む ...

2

昨今、急速にGoogle離れが加速しています。 私の友人も「なんでもかんでもGoogleになるのが嫌」と代替サービスに自主切り替えをしている人もいるほど。 さらに2021年は某感染症に関する個人の発信 ...

3

ウェブサイトを巡回していると、自分が目にしたくないと思う情報に遭遇することもありますよね。 良し悪し様々な情報を得ることや「得られる環境」は大事ですけど、そこには「ただの誹謗中傷」や「不快なワードを連 ...

4

人それぞれ「習慣」があるものですよね。 やめたいと思いながら続けていたり、または毎日楽しくて続けていたり。 個人的にここ数年で「やめてよかった習慣」「やってよかった習慣」が少しまとまったので、書き残し ...

5

もし日本で食料が満足に行き渡らない状況になったら? 「そんなこと今の日本であるわけないだろ(笑)」と言う人もいる反面、数年後に起こりうる可能性を深刻に捉えている人もいます。 起こらない可能性に賭けて無 ...

-自転車

Copyright© STAYFOG , 2024 All Rights Reserved.