生活向上

加湿器フィルターのカルシウム汚れが取れないならポット洗浄中

乾燥しやすい冬には加湿機が欠かせません。 最近は格安の超音波式をよくみますが、超音波式は水を微振動で飛ばすため雑菌などをそのまま飛ばす危険性があります。 その点、水を吸ったフィルターに風を当てて気化させるタイプは安全ですがフィルターにカルシウム汚れ(カルキ汚れ)がべったり付くんですよね。   加湿器フィルターのカルキ汚れにはポット洗浄中が激落ち クエン酸とは違う成分でしっかり溶ける? よくある対処法としてはクエン酸溶液につけ置く方法がありますが、ガッチリこびり付いたカルシウムにはあんまり効果あり ...

ReadMore

パソコン周辺機器

おすすめの格安ANC対応Bluetoothヘッドホンで雑音フリーの音楽生活!

アクティブノイズキャンセリング(ANC)搭載のBluetoothヘッドホンが昨今増えています。 私個人はまだどの製品でデビューしようか決めかねている段階ですが、すでに各メーカーからラインナップが出揃っているので一度記事にしてまとめてみたいと思いました。 とはいえ有名メーカーは3万円ほどするANCヘッドホン、ここはむしろ格安製品を展開するメーカーに目を向けてみたいものです。   ということで、1万円以下の安いANCヘッドホンを一挙総ざらいします!   レビュー依頼募集中 メーカー様からの ...

ReadMore

ファッション

サイド刈り上げバリカン/トリマーのおすすめ機種と選び方

最近、もみあげ部分(サイド)を刈り上げている人をよく見ますよね。 かくいう私も刈り上げていますが、もみあげが無くなると途端にサッパリと軽い雰囲気になり手入れも楽に感じます。 そんな状態を長く維持するためにおすすめのサイド刈り上げバリカンを紹介! サイド刈り上げバリカン/トリマーの選び方 サイド刈り上げバリカンと普通のバリカンの違い 頭を丸刈りにする場合などは普通のバリカンを使いますよね。 リンク 普通のバリカンは本体サイズが大きく、もみあげ周りだけを処理するには大きすぎます。 また、サイド刈り上げは2mm ...

ReadMore

DTM

オーディオテクニカATH-M50X レビュー!モニターヘッドホンの超定番

モニターヘッドホンは数あれど、定番品はだいたい決まっていますよね。 特にDTMなどを始めた人にとっては最初にどれを選ぶかで結構クセが付いてくるところだと思います。 DTMerのモニターヘッドホンとしても優秀なオーディオテクニカATH-M50Xをレビューしてみます。 DTMにおすすめなモニターヘッドホン ド定番はMDR-CD900ST? モニターヘッドホンのど定番と言えばSONYのMDR-CD900STです。 音楽業界でも幅広く使われているらしく、ヘッドホンパーツが別売りされているのもプロ仕様を感じさせます ...

ReadMore

パソコン周辺機器

TaoTronicsのBluetoothイヤホンSoundLiberty 53使用レビュー

街を歩けばコードイヤホンを使っている人はめっきり少なくなりましたね。 そんな私もワイヤレスイヤホンを愛用しており、コードレスのストレスフリーさを知ると元に戻れません。 とはいえ普通のイヤホンに比べ高価なワイヤレスイヤホンですから、検討中の人はあれこれ調べているはずです。 今回海外のコードレスイヤホンで定評のあるメーカー「TaoTronics」さんよりレビュー依頼を頂きましたので、サンプル提供頂いたSoundLiberty 53をじっくり使ってみました。 既に愛用しているANKER「Soundcore Li ...

ReadMore

生活向上

虫が沸かない観葉植物の土おすすめ。100均の土は虫が湧きやすい?

更新日:

室内で観葉植物を育てている人は多く、身近に緑を感じるためのアイテムとして人気です。

100円ショップなどで買える小さな観葉植物もちゃんと育てればホームセンターで2,000円ほどのサイズまで大きくすることも可能。

そのためにはしっかり育つための土選びが重要ですが、土の中には虫が湧きやすいものもあり注意が必要です。

ここでは私が愛用している「虫の湧きにくい土」をご紹介。

単刀直入に「虫が湧きにくい土」はどれ?

「花ごころ ピンピン育つ観葉植物の土」が一番おすすめ

何故虫が湧くかなどの説明は後回しにして、まずは私が愛用している土を紹介しちゃいます。

その名も「花ごころ ピンピン育つ観葉植物の土」です。

もう数年、新しく植物を育てる時は必ずこの土を買っていますね。

植物を大きくしたいなら大きな鉢でたっぷりの土を入れて育てるに限ります。(小さな土でこじんまり育てても成長は早くならない)

パッケージにも「室内にも安心!軽くて清潔な原料を使用」とあるよう私の環境で虫が湧いたことは一度もありません。

土は白い玉が多めに入った水はけのよい土です。

適度なフカフカ感と隙間が植物にとって最高なのでしょうか、大きな鉢にたっぷりの土を入れて植え替えてあげればグングン育ちます。

お部屋の観葉植物をより大きくするために買った品々-DAILYMIND

こちらのサイトでもオススメされていますが、100均の観葉植物が半年で驚異的な成長を遂げています。

100均の植物大成長!約半年でこんなに大きくなる-DAILYMIND

クワズイモのサイズはもはやホームセンターの園芸コーナーで千円単位で売られているレベルでしょう。

ちゃんとお世話して日光も与えていたのが大きいとは思いますが、土の力も侮れません。

 

この「花ごころ ピンピン育つ観葉植物の土」はホームセンターでも売っていますが、たまに取り扱いがないこともあります。

私がよく行くホームセンターには売られていませんでした。

価格的にはAmazonも同等かそれより安いことがあるため、Amazon購入がオススメ。

5kgで450円程とお手頃です。


また、鉢はリンク先のサイト様でも使われていましたが「フレグラーポット」がシンプルかつ上品で安いです。


プラスチック製ですが、何気ないウェーブ形状が質感もよくおすすめ。

色もアイボリー、ブラウンとありインテリアを選びません。

 

ハイドロカルチャーはそんなにお手軽じゃない

素焼きのハイドロボールを土代わりに使い、オシャレな印象のハイドロカルチャーという育て方があります。

一般的な土で育てる方法と異なり水を受け皿に流さないので育てる容器の柔軟性が高いのがポイント。

虫も基本的に湧きません。


ウォータリウム ビーカーS100ml ハイドロコーン植え 観葉植物/ハイドロカルチャー/水耕栽培/インテリアグリーン

実験用のビーカーを模した容器とかインテリア的にも映えますよね。

しかし、水を容器に貯め込むため「根腐れ防止剤」を入れたり水の量に気を使わないと根っこが腐り悪臭を放ったり、最悪枯れてしまいます。

また、ハイドロボール自体には栄養がないため、土栽培に比べてとても生育が遅い点は考慮すべきでしょう。(かなり育ちにくい)

 

清潔感は抜群ですが、植物を元気に大きく育てたいなら土を使うのがベストです。

植物が元気に大きくなっていく姿は観葉植物の醍醐味でもありますから「あまり大きく成長しないで欲しい」と思うなら最初からフェイクグリーン(イミテーショングリーン)を買った方が間違いありません。


送料無料+ 「SC触媒加工 ミニ観葉 モンステラ(フェイクグリーン)」(P064-022)【ギフト・贈り物・お中元・お歳暮】

ポイント

「大きく育つと困る」という方もいますが、部屋を圧迫するほど大きくするには数年じゃ足りないもの。

また、たくさん増えるようなら小分けにして友人・知人にプレゼントしたり、メルカリなどで販売することも可能です。

 

なんで虫の湧く土があるの?

虫の卵が混入していた or 虫が卵を生みやすい環境

最後に「なぜ虫の湧く土があるのか?」ですが、理由は主に2つでしょう。

  1. 最初から虫の卵が混入していて孵化した
  2. 虫が産卵しやすい環境になっていて、虫に居着かれた

一般的に販売されている土は殺虫処理をされてから袋詰されるようですが、それが不十分な場合もあるようです。

もう1つとしては、水はけが悪くジメジメした環境に(どこからか侵入した)コバエなどが産卵してしまった場合。

 

個人的な経験としては100円ショップの土で虫が沸いてきたことがあったため使用は避けています。

もちろん昔の話であるうえ、個体差もあるとは思いますが・・・。

冒頭で紹介した観葉植物の土は性能自体が良いので、100均の土で虫が沸かないとしても買うことはないですかね。

 

さいごに

土はよいものを使うと安心

100均の土は2.5kgや3kgで100円ほどです。

ホームセンターなどに行けばもっと割安な土もあるようですが、観葉植物を育てる程度の私達にとっては微々たる差でしかありません。

5kgで450円の土で安心が買えるなら悩む必要なんて無いですよね。

ぜひ参考にしてみてください。

-生活向上

Copyright© STAYFOG , 2020 All Rights Reserved.