ワードプレス

ワードプレスで捨てアドいやがらせ対策するならBan Hammerがおすすめ

ウェブサイトを作るにあたってスパム対策は重要ですが、ボットなどによる全自動スパムの以外にも「いやがらせ」もあります。 例えば、ネットで活動している特定の人をよく思わない人からただの誹謗中傷を受けるなど。(アンチともいいますね) 幸い私はそういう目には遭ってはいませんが、ちょっとした有名人ほどそういうトラブルも多いでしょう。 無視を決め込むのが一番ですが、偶然でも目に触れる機会を減らすためにワードプレスにおいてできる対策を考えてみました。 ワードプレスでのいやがらせスパム対策 Ban Hammerで捨てアド ...

ReadMore

DTM

ヘッドホンハンガーは100均のかもいフックで自作可能!

「ヘッドホンの置き場所が定まらず地味に悩んでいる」という人はいませんか。 そこで便利なヘッドホンスタンドやヘッドホンハンガーといったアイテムですが、ヘッドホンを掛けるためだけに1,000円以上も出すのは考えものだなぁという気持ちさえありました。 それにヘッドホンが3,4つあったら、その分だけ費用もかさみます。 しかし、あまり見た目にこだわらないなら100円で自作可能なので、その方法をご紹介します。 机に取り付けるヘッドホンハンガーを自作する ダイソーにある「かもいフック」を加工! 100均(ダイソー)の「 ...

ReadMore

パソコン周辺機器

macでWindows10が動く?Parallelsは使うな!遅いし高い!

人々がMacを使う理由は様々ですが、その多くは「見た目の洗練さ」から始まり、いつのまにか操作性も気に入ってしまったみたいな感じではないでしょうか。 十数年前と比べるとApple大躍進もあってかMacでできる事は格段に増えました。とはいえまだまだWindowsオンリーなソフトも多いものです。 「二台持ちすべきか?それともMacでWindowsを動かす術があれば・・・」という方に私の最適解を紹介したいと思います。 Mac使いの私が選んだWindows最適解 別にWindowsPCを持つか、サブMacにBoot ...

ReadMore

生活向上

加湿器フィルターのカルシウム汚れが取れないならポット洗浄中

乾燥しやすい冬には加湿機が欠かせません。 最近は格安の超音波式をよくみますが、超音波式は水を微振動で飛ばすため雑菌などをそのまま飛ばす危険性があります。 その点、水を吸ったフィルターに風を当てて気化させるタイプは安全ですがフィルターにカルシウム汚れ(カルキ汚れ)がべったり付くんですよね。   加湿器フィルターのカルキ汚れにはポット洗浄中が激落ち クエン酸とは違う成分でしっかり溶ける? よくある対処法としてはクエン酸溶液につけ置く方法がありますが、ガッチリこびり付いたカルシウムにはあんまり効果あり ...

ReadMore

パソコン周辺機器

おすすめの格安ANC対応Bluetoothヘッドホンで雑音フリーの音楽生活!

アクティブノイズキャンセリング(ANC)搭載のBluetoothヘッドホンが昨今増えています。 私個人はまだどの製品でデビューしようか決めかねている段階ですが、すでに各メーカーからラインナップが出揃っているので一度記事にしてまとめてみたいと思いました。 とはいえ有名メーカーは3万円ほどするANCヘッドホン、ここはむしろ格安製品を展開するメーカーに目を向けてみたいものです。   ということで、1万円以下の安いANCヘッドホンを一挙総ざらいします!   レビュー依頼募集中 メーカー様からの ...

ReadMore

生活向上

加湿器フィルターのカルシウム汚れが取れないならポット洗浄中

投稿日:

乾燥しやすい冬には加湿機が欠かせません。

最近は格安の超音波式をよくみますが、超音波式は水を微振動で飛ばすため雑菌などをそのまま飛ばす危険性があります。

その点、水を吸ったフィルターに風を当てて気化させるタイプは安全ですがフィルターにカルシウム汚れ(カルキ汚れ)がべったり付くんですよね。

 

加湿器フィルターのカルキ汚れにはポット洗浄中が激落ち

クエン酸とは違う成分でしっかり溶ける?

よくある対処法としてはクエン酸溶液につけ置く方法がありますが、ガッチリこびり付いたカルシウムにはあんまり効果ありません。

そこでかねてから気になっていた「ポット洗浄中」を試してみたという訳です。

ちなみに「クエン酸と違うの?」という意見がありそうなので成分を見てみました。

スルファミン酸(73%)、発泡剤(炭酸塩)、賦形剤、キレート剤、界面活性剤(ジアルキルジメチルアンモニウム塩)

とあるように、スルファミン酸という成分が大半を占めているようです。

ちなみに「ポット洗浄中」は給湯ポットのカルシウム汚れを落とす製品であるため、加湿器のフィルター汚れに関する事は何一つ書いてありません。

使用の際は自己責任でお願いしますね。(私は換気したお風呂場でやりました)

 

適当なバケツにぬるま湯を張り、フィルターを漬けます。

熱湯はダメだそうです。

ほんとはプラスチックカバーも汚れているので溶かしたかったのですが、直径が大きくバケツの底に入りませんでした。

(ぬるま湯をバケツいっぱいに注げば浸かりますが、水量が多すぎて溶液濃度が薄まってしまうと思い断念)

 

発泡入浴剤みたいです。

400円ほどで3錠入っているので、キレイに落ちるならAmazonで中華製の互換フィルター使い捨て運用するより経済的です。

 

一晩浸け置いたあとに歯ブラシでこするとポロポロ取れる

これはびっくりしました。

クエン酸だと一晩置こうが何年置こうが取れないカルシウム汚れがすんなり取れました。

フィルターが黄ばんでいたり、歯ブラシの届かない奥にまだ残っていたりしますが、あの頑固な汚れの大半は消え去り十分合格です。

比較してみて下さい。

これだけ汚れが取れたので、加湿器が水切れになっても悪臭を発しないようになりました。

(うちの加湿器はタンクの水が無くなると悪臭を放つのですぐ気づきます)

まぁ、しばらく使うとまたフィルターにカルシウムが溜まるでしょうから、臭いを発するのですが・・・。

 

歯ブラシでこするところは撮り忘れたのですが、一部始終を動画にしましたのでこちらもどうぞ。

 

あとがき

クエン酸100%の類似品もあるので注意!

「ポット洗浄中」かと思って買うとただのクエン酸100%タブレットみたいなのもあるので注意が必要です。

 

クエン酸なら粉末が100円ショップにもありますし、私も何回も買いました。

Amazonで食品用のクエン酸なども試しましたが、フィルターのカルキ汚れは全然取れません。

-生活向上

Copyright© STAYFOG , 2020 All Rights Reserved.