DTM

【Logic Pro X】自分で作ったループ素材を削除する方法

Logic Pro Xでよく使うリズム等をループ化して保存しておくと便利ですよね。 保存時に使った音源やmidiの状態で保存できるので、再度打ち込む必要もなければ編集性も維持できます。 ドラムなどのデータを保存しておくにはもってこいの機能だと思います。 しかし、誤って作ったループを削除する項目がわかりにくいので解決法をメモしておきます。 ※公式に推奨されている方法かわからないので注意して行って下さい。(またLogicのバージョン等で異なる可能性もあります) こちらの現時点での操作環境は10.4.4(執筆時 ...

ReadMore

ネットツール

Macs Fan Controlは危険?Macのファンコントロール問題

重い作業をさせた時にアツアツになってしまうMac。 ファンは自動制御されているのですが、結構熱くなってからじゃないと排熱されないのが仕様のようです。 そこで(自己責任で)ファンコントロールソフトを使い、常時ファンを低速回転されている人は少なくないでしょう。 ここでは一部で言われているMacs Fan Controlの危険性について調べてみました。 Macs Fan Controlが危険だと言われる理由とそう思わない理由 ひそかに外部へ通信を行っている様子があるらしい(真偽は不明) おそらくこの記事を見てく ...

ReadMore

生活向上

虫が沸かない観葉植物の土おすすめ。100均の土は虫が湧きやすい?

室内で観葉植物を育てている人は多く、身近に緑を感じるためのアイテムとして人気です。 100円ショップなどで買える小さな観葉植物もちゃんと育てればホームセンターで2,000円ほどのサイズまで大きくすることも可能。 そのためにはしっかり育つための土選びが重要ですが、土の中には虫が湧きやすいものもあり注意が必要です。 ここでは私が愛用している「虫の湧きにくい土」をご紹介。 単刀直入に「虫が湧きにくい土」はどれ? 「花ごころ ピンピン育つ観葉植物の土」が一番おすすめ 何故虫が湧くかなどの説明は後回しにして、まずは ...

ReadMore

DTM

Logic Pro Xからサーというノイズが出る時に確認したいこと

Logic Pro Xを使っている時にとあるオーディオファイルから「サー」というノイズが出ていることに気づきました。 最初はオーディオインターフェイスやLogic設定の問題かとも思いましたが、全然検討違いだったので解決策をメモ。 サァーというノイズの発生源 プラグインのノイズシュミレートによるもの 数あるトラックを個別に聴いていくと、ノイズの発生源となっているトラックが複数ありました。 それらに共通する点を探したところ「busへ送ってwavesのH-Delayをかけていた」を発見。 「まさかプラグインが原 ...

ReadMore

DTM

【Logic Pro X】32bitのサンプルを24bitや16bitに変換する方法

音楽を作るにあたって様々なサンプリング音源を使うことがあるかと思います。 そのオーディオサンプルはメーカーから購入したものもあれば、ネットで無料配布されていたものや落ちていたものまで様々。 それらを「予め統一したい!」という時に便利なTipsです。 追記 XLDを使う方法では変換後の一部サンプル音源にビビッというノイズが乗ることがわかりました。(様々な設定で行っても改善されませんでした) Logicの変換ではそれが起きないため「全サンプルをlogicにD&Dして予め変換したのち、名称変更で24bi ...

ReadMore

生活向上

染めQや布えのぐでスニーカーを染める方法と注意点

投稿日:

経年劣化で黄ばんだスニーカーや、買ったけどほとんど履かずにしまっている靴。

これらに着色して再び履ければ良いですよね。

とはいえ「素人が塗装してなんとかなるものか?かえって見窄らしくなるのでは?」と思う人もいるでしょう。

そこであんまり着色が得意ではない私が試してみました。

スニーカーを染める(着色)する方法

乾くと耐水性を持つ布専用えのぐで靴の布地を塗る

今回はサンダル用に買ったアディダスの靴を実験台にしてみたいと思います。

ちなみに実験台となるアディダスの靴、全体的に化学繊維です。

綿100%とかのキャンバススニーカーのようにはいかないと思うので、どうなるものか。

最初に布えのぐで塗ってみて微妙だったら染めQで塗りつぶす計画。

いずれにせよ「真っ黒」にしたいのでミスっても問題ありません。

ターナーの「布えのぐ」は熱処理による定着の必要がなく、えのぐ感覚で布に塗れゴワつきが少ないとされています。

なんとなく紺と黒を混ぜてみましたが、気軽にこういう混色ができるのも絵の具ならでは。

(エアブラシなら混色も可能ですが、市販のカラースプレーだとできません。)

黒に近い紺ができました。

そのままだとノビが悪いので水で薄めて塗ってみます。

水が染みて濃くなったのか着色によるものかわかりにくいですけど、紺っぽさはありますね。

下記はある程度乾いた状態で撮影したものですが、意外としっかり色が付いてます。

ただ、絵の具をしっかり混ぜないと均一に着色するのが難しいですね。

若干テカっている所が見えると思いますが、濃度が濃かった部分だと思われます。

そのまま1時間程放置してから手洗いして洗濯耐久性を検証。

濃かった部分はしっかり乾いていなかったのでしょうか、色落ちしてますね。

なんだか全体的に薄くなった気もします。

混色した絵の具が尽きたので中途半端ですがここで止めておきました。

布えのぐで靴を塗る感想

  • 化繊でも色は付くものの、しっかり乾かさないと色が落ちる。
  • 絵の具を混色する場合は大量につくらないと途中で足りなくなる可能性あり。
  • 生地はしなやかさを失いゴワつく。(生地がしっかりした感)
  • メリットは混色できること。
  • ソール部分には無理。(剥がれてくると思う)


ターナー色彩 アクリル絵具 布えのぐ18色セット NU02018C 20ml(6号)

 

学生の時に使ったアクリルガッシュとさほど差がないような気もします。

ガッシュだともっとゴワゴワしたかなぁ。

 

細かい粒子で高密着する染めQで塗る(染める)

次はおなじみの染めQを試してみます。

 

余談ですが、染めQの登場は2004年と10年以上前から存在しており、高校生の頃に1本買ってブーツを染めたことがあります。

が、70ml缶を買ってしまったせいで片足を塗り終えた所でスプレーが尽きてしまいました。(あるある)

70mlでも1本1,000円くらいしたので「2,000円かけてまでやるべきか、諦めるか」と考えて塗装を中断。

中途半端に片足だけ染まったブーツは履けないので当時の携帯オークション「モバオク」に出したところ5,000円で売れたという不可思議な現象を経験したりしました。

 

という過去の経験を踏まえ今回は264mlの大きな缶を購入。

塗料で汚れないよう養生していざ噴射。

染み込むのでしょうか、一気に黒くなる感じではありません。

EVA素材のソール部分はテカってますね。

なんかこの時点で「大丈夫かこれ?」といった不安が漂います。

しかし「塗装→乾燥→塗装→乾燥」を繰り返すうちに色がどんどん濃くなっていきました。

最終的にはこのあたりで終了。

光の加減って書いたんですが、元々の黒メッシュよりも染めQの方が黒いので黒くないように見えるような気がしてきました。

「ここは黒いから適当でいいや」と思わずに全体的に吹いたほうが良いかもしれません。

重ね塗りしていけば以外と黒くなるものですね。

また、EVAソール部分は染料をはじいて液がダレていましたが、乾くと共に染みたのかいい感じに消えていました。

裏側は歩けば削れて白が出てくるので適当です。

動画もあるので染めQの噴射した感じをご確認下さい。

染めQで靴を塗る感想

  • 手軽に全体を着色できる
  • 比較的乾燥が早い
  • ソール部分もはがれにくい(素材にもよる)
  • 複数回塗る必要がある
  • 布えのぐと同様にゴワゴワ感はある
  • 室内で作業できず、汚れ対策に周囲を養生する必要がある
  • 価格が高い(1本2,000円ほど)

濃い色のものを白く塗れるのか?

今回のように濃い色で塗るのであれば比較的お手軽ですが、濃い色のものを真っ白にできるか?という疑問もありました。

試していないのですが、今回かなり重ね塗りが必要だったことを考えると「濃い色を白にするにはかなり重ねる必要がある」のではないでしょうか。

また、対象が皮革(合皮も含む)なのか布生地(化繊含む)なのかで結果が変わるかと思います。

元から白いスニーカーで黄ばんだ程度ならホワイトで白さをプラスすることは容易そうですが、黒いスニーカーを真っ白にするのは手間がかかりそうです。

 

まとめ

絵を描く訳じゃないなら染めQが簡単

布えのぐも使える方法だと思いますが、広範囲を塗るのは手間がかかります。

その点染めQは手軽に全体を塗ることが可能なので、使い分けでしょうか。

 

もしかしたらスニーカーの布部分は最初にダイロンなど液体染料で染めて、その影響を受けたアウトソールを染めQでリペアするように塗るのがよいかもしれないですね。

(ダイロンではソールは染まらないか、汚く着色してしまうらしい)

参考になれば幸いです。


染めQ エアゾール 超速乾 264ml ブラック

-生活向上

Copyright© STAYFOG , 2019 All Rights Reserved.