生活向上

加湿器フィルターのカルシウム汚れが取れないならポット洗浄中

乾燥しやすい冬には加湿機が欠かせません。 最近は格安の超音波式をよくみますが、超音波式は水を微振動で飛ばすため雑菌などをそのまま飛ばす危険性があります。 その点、水を吸ったフィルターに風を当てて気化させるタイプは安全ですがフィルターにカルシウム汚れ(カルキ汚れ)がべったり付くんですよね。   加湿器フィルターのカルキ汚れにはポット洗浄中が激落ち クエン酸とは違う成分でしっかり溶ける? よくある対処法としてはクエン酸溶液につけ置く方法がありますが、ガッチリこびり付いたカルシウムにはあんまり効果あり ...

ReadMore

パソコン周辺機器

おすすめの格安ANC対応Bluetoothヘッドホンで雑音フリーの音楽生活!

アクティブノイズキャンセリング(ANC)搭載のBluetoothヘッドホンが昨今増えています。 私個人はまだどの製品でデビューしようか決めかねている段階ですが、すでに各メーカーからラインナップが出揃っているので一度記事にしてまとめてみたいと思いました。 とはいえ有名メーカーは3万円ほどするANCヘッドホン、ここはむしろ格安製品を展開するメーカーに目を向けてみたいものです。   ということで、1万円以下の安いANCヘッドホンを一挙総ざらいします!   レビュー依頼募集中 メーカー様からの ...

ReadMore

ファッション

サイド刈り上げバリカン/トリマーのおすすめ機種と選び方

最近、もみあげ部分(サイド)を刈り上げている人をよく見ますよね。 かくいう私も刈り上げていますが、もみあげが無くなると途端にサッパリと軽い雰囲気になり手入れも楽に感じます。 そんな状態を長く維持するためにおすすめのサイド刈り上げバリカンを紹介! サイド刈り上げバリカン/トリマーの選び方 サイド刈り上げバリカンと普通のバリカンの違い 頭を丸刈りにする場合などは普通のバリカンを使いますよね。 リンク 普通のバリカンは本体サイズが大きく、もみあげ周りだけを処理するには大きすぎます。 また、サイド刈り上げは2mm ...

ReadMore

DTM

オーディオテクニカATH-M50X レビュー!モニターヘッドホンの超定番

モニターヘッドホンは数あれど、定番品はだいたい決まっていますよね。 特にDTMなどを始めた人にとっては最初にどれを選ぶかで結構クセが付いてくるところだと思います。 DTMerのモニターヘッドホンとしても優秀なオーディオテクニカATH-M50Xをレビューしてみます。 DTMにおすすめなモニターヘッドホン ド定番はMDR-CD900ST? モニターヘッドホンのど定番と言えばSONYのMDR-CD900STです。 音楽業界でも幅広く使われているらしく、ヘッドホンパーツが別売りされているのもプロ仕様を感じさせます ...

ReadMore

パソコン周辺機器

TaoTronicsのBluetoothイヤホンSoundLiberty 53使用レビュー

街を歩けばコードイヤホンを使っている人はめっきり少なくなりましたね。 そんな私もワイヤレスイヤホンを愛用しており、コードレスのストレスフリーさを知ると元に戻れません。 とはいえ普通のイヤホンに比べ高価なワイヤレスイヤホンですから、検討中の人はあれこれ調べているはずです。 今回海外のコードレスイヤホンで定評のあるメーカー「TaoTronics」さんよりレビュー依頼を頂きましたので、サンプル提供頂いたSoundLiberty 53をじっくり使ってみました。 既に愛用しているANKER「Soundcore Li ...

ReadMore

ネットツール

Macs Fan Controlは危険?Macのファンコントロール問題

投稿日:

重い作業をさせた時にアツアツになってしまうMac。

ファンは自動制御されているのですが、結構熱くなってからじゃないと排熱されないのが仕様のようです。

そこで(自己責任で)ファンコントロールソフトを使い、常時ファンを低速回転されている人は少なくないでしょう。

ここでは一部で言われているMacs Fan Controlの危険性について調べてみました。

Macs Fan Controlが危険だと言われる理由とそう思わない理由

ひそかに外部へ通信を行っている様子があるらしい(真偽は不明)

おそらくこの記事を見てくれている方はMacs Fan Controlを使用中か、これから導入するかのどちらかでしょう。

Macs Fan Controlはフリーソフトであるため様々な方のブログでも取り上げられていますが、この点に関しての記事は少ないです。

 

個人的な結論から言うと「問題ないのではないか?」です。

私はソフト開発などに精通した知識やスキルは持ち合わせていませんが、事実背景を調べることは好きです。

 

実際、かれこれ数年Macs Fan Controlを愛用させてもらってますが、特に日常生活で問題が起きたことはありません。

しかしこれでは弱いのでもう少しの根拠を書きたいと思います。

 

もし問題があるなら日本のエンジニア達も黙っていない(ハズ)

Macs Fan Controlは海外製のフリーソフトでありながらも、多くの人から使われており様々な人がサイトで紹介しています。

紹介している人たちがエンジニアかどうかはわかりませんが、ある程度有名なソフトならソフト開発に精通した彼らの目に触れておかしくありません。

 

そこでもし本当に怪しい挙動があるなら(エンジニア自ら)声を上げたくなるものではないでしょうか。

Twitterで「Macs Fan Control 危険」などの複合ワードで調べてみると、ほとんどヒットしませんでした。

逆にMacs Fan Controlに肯定的な発言をしていて、プロフに自らをエンジニアと名乗る(あるいは使用言語を記載しているなど)の人たちは見受けられました。

 

英単語でも調べてみましたが、これといって気になる点はありません。

もしそれらが本当にあるのであれば根拠あるソース(出典)を明記するべきだと思います。

 

競合ソフトにアフィリエイトプログラムが存在する

Macs Fan Controlは基本的に無料で使えるソフトです。

ファンコントロールソフト自体は数える程度しか存在しないようで、有名所を挙げると下記となります。

  • Macs Fan Control(フリー)
  • Derman Fan Control(フリー)
  • TG PRO(有料 ¥1,600)

この中でもTG PROはアフィリエイトプログラムが存在し、リンク経由で購入されると20%の紹介料が得られる仕組みがあるのです。

 

つまり、ファンコントロールソフトを紹介するならTG PROを勧めた方がお金になるということですね。

本当に有用だと思って紹介している人もいれば、お金になるからあえて勧めている人もいるでしょう。

 

真実はわかりませんが、幸いTG PROは2週間ほど試用できます。衝動買いはやめてまずは試用しましょう。

 

TG PROを試用してみた

2週間ほど試用できるようなので私もTG PROを使ってみました。

しかし、これといってMacs Fan Controlよりも優れているとは思いませんでした。

 

私の環境はMac mini2018ですが、ファンの回転数をいじろうとすると常時フル回転しか選べません。

MAXは4400rpmですが、これだとうるさすぎて不快です。

せいぜい3000rpmくらいが本体もアツアツにならず丁度よい騒音なんですよね。(私の感覚では)

 

Macs Fan Controlは回転数を可変させられるので、騒音として許容できる範囲で常時回転が可能です。

 

ファンコントロールの条件付けなどではTG PROのほうが優れているのかもしれませんが、常時フル回転にしかできないので魅力的ではありませんでした。

個人的に「そんなに良いとは思えないな」というものを紹介するのはアレなので当サイトでは紹介しません。

 

一応使ってみたい方は下記か、あるいはググって下さい。

(下記は公式URLそのままです)

https://www.tunabellysoftware.com/tgpro/

 

Macs Fan Controlのアンインストール方法

ソフトをAppcleanerにドラッグ&ドロップ

Macソフトのアンインストールはアプリケーションフォルダにあるソフトをゴミ箱に捨てれば済みますが、それだと不完全だったりします。

というのもソフトが生成した関連ファイルが残ってしまうことがあるため。

そのため、Appcleanerというソフトとその関連ファイルをまとめて削除してくれるツールを入れておくと便利です。

フリーソフトです。

http://freemacsoft.net/appcleaner/

 

まずはMacs Fan Controlを終了してください。起動中だと削除できません。

次にアプリケーションフォルダにあるMacs Fan Control.appをAppcleanerのウィンドウにD&Dします。

するとこのように関連ファイルも探して表示してくれました。

削除するファイルにチェックを入れてRemoveを押せば完了です。

 

 

さいごに

ファンは消耗品、でもそうそう壊れない

今のMacmini2018を使う前もMacminiでしたが、その頃から常時回転状態で使ってました。

しかし、手放す最後までファンに異常が起こったことはなく、相当高耐久だと思います。

 

もし壊れてもパーツを取り替えれば済む話なので、シンプルに指定したスピードでひたすら回し続けてくれればそれだけで御の字なんですよね。

ということで、Macs Fan Controlで不安に思われた方はぜひ私の意見も加味してみて下さい。

-ネットツール

Copyright© STAYFOG , 2020 All Rights Reserved.