DTM

【Logic Pro X】自分で作ったループ素材を削除する方法

Logic Pro Xでよく使うリズム等をループ化して保存しておくと便利ですよね。 保存時に使った音源やmidiの状態で保存できるので、再度打ち込む必要もなければ編集性も維持できます。 ドラムなどのデータを保存しておくにはもってこいの機能だと思います。 しかし、誤って作ったループを削除する項目がわかりにくいので解決法をメモしておきます。 ※公式に推奨されている方法かわからないので注意して行って下さい。(またLogicのバージョン等で異なる可能性もあります) こちらの現時点での操作環境は10.4.4(執筆時 ...

ReadMore

ネットツール

Macs Fan Controlは危険?Macのファンコントロール問題

重い作業をさせた時にアツアツになってしまうMac。 ファンは自動制御されているのですが、結構熱くなってからじゃないと排熱されないのが仕様のようです。 そこで(自己責任で)ファンコントロールソフトを使い、常時ファンを低速回転されている人は少なくないでしょう。 ここでは一部で言われているMacs Fan Controlの危険性について調べてみました。 Macs Fan Controlが危険だと言われる理由とそう思わない理由 ひそかに外部へ通信を行っている様子があるらしい(真偽は不明) おそらくこの記事を見てく ...

ReadMore

生活向上

虫が沸かない観葉植物の土おすすめ。100均の土は虫が湧きやすい?

室内で観葉植物を育てている人は多く、身近に緑を感じるためのアイテムとして人気です。 100円ショップなどで買える小さな観葉植物もちゃんと育てればホームセンターで2,000円ほどのサイズまで大きくすることも可能。 そのためにはしっかり育つための土選びが重要ですが、土の中には虫が湧きやすいものもあり注意が必要です。 ここでは私が愛用している「虫の湧きにくい土」をご紹介。 単刀直入に「虫が湧きにくい土」はどれ? 「花ごころ ピンピン育つ観葉植物の土」が一番おすすめ 何故虫が湧くかなどの説明は後回しにして、まずは ...

ReadMore

DTM

Logic Pro Xからサーというノイズが出る時に確認したいこと

Logic Pro Xを使っている時にとあるオーディオファイルから「サー」というノイズが出ていることに気づきました。 最初はオーディオインターフェイスやLogic設定の問題かとも思いましたが、全然検討違いだったので解決策をメモ。 サァーというノイズの発生源 プラグインのノイズシュミレートによるもの 数あるトラックを個別に聴いていくと、ノイズの発生源となっているトラックが複数ありました。 それらに共通する点を探したところ「busへ送ってwavesのH-Delayをかけていた」を発見。 「まさかプラグインが原 ...

ReadMore

DTM

【Logic Pro X】32bitのサンプルを24bitや16bitに変換する方法

音楽を作るにあたって様々なサンプリング音源を使うことがあるかと思います。 そのオーディオサンプルはメーカーから購入したものもあれば、ネットで無料配布されていたものや落ちていたものまで様々。 それらを「予め統一したい!」という時に便利なTipsです。 追記 XLDを使う方法では変換後の一部サンプル音源にビビッというノイズが乗ることがわかりました。(様々な設定で行っても改善されませんでした) Logicの変換ではそれが起きないため「全サンプルをlogicにD&Dして予め変換したのち、名称変更で24bi ...

ReadMore

パソコン周辺機器

ポータブルSSDより2.5インチ内蔵型SSDがおすすめな件

更新日:

SSDの価格が下がってきてシステムはもちろん、データ保存にも積極活用できる価格感となりましたね。

我が家でもSSD化が浸透しHDDは「テレビ録画用」「TimeMachine用(Macのバックアップ)」以外に出番がありません。

そんなSSDですが、PCのデータ保存用として「外付けポータブルSSD」を検討している人もいるでしょう。

しかし、ポータブルSSDを買うよりも「2.5インチSSD+SATA変換ケーブル」の組み合わせの方がお得だったりします。

ポータブルSSDより2.5インチ内蔵型SSDがおすすめ

ポータブルSSDはデザインが豊富でも若干割高

ポータブルSSDはハードディスクドライブのように円盤や駆動部品がありません。

そのため形状も細長くスタイリッシュなものや、正方形のものまでメーカーによって様々です。

しかし、形状が異なるせいか一般的な素の2.5インチSSDと比較すると割高な価格設定なのが気になる点。

デザインで選ぶのであえばともかく、SSDの恩恵を授かりたいだけならあえてポータブルSSDを選ぶ必要性は低いと言えるでしょう。

(既成のポータブルSSDには「耐衝撃」といったアピールもありますが、そもそもSSD自体が衝撃に強いです)

素の2.5インチSSDにSATA変換ケーブルで使う

そこで私は素の2.5インチSSDにSATA-USB変換ケーブルの組み合わせで使っています。

SSDはSAMSUNG製の860EVO1TBで、Sabrentという中華メーカーのSATA-USB変換ケーブルです。

このようにSATA端子をUSBに変換して使うので単なるHDDケースなどと変わりませんが、ケースそのものがないためSSDの薄さや軽さを極限まで邪魔しないのがメリットです。

真上から見る分には普通ですが、実際はかなり薄くコンパクト。

このSAMSUNGのSSDは厚みが5mmでした。

サイズ感でいえばミンティアより二回り大きいくらいでしょうか。

強烈なのが重量です。47gしかありません。

ケーブルを入れても79gです。

既成品のポータブルSSDも小さくて軽い製品が多いですが、それはSSDだからであってポータブル仕様だからではありません。

普通に素の2.5インチSSDとケーブルだけでよりお手頃にSSD環境を構築可能です。

 

2.5インチSSDは無名メーカーだと心配なのでSanDisk・SAMSUNG・クルーシャル・WDあたりを選べばよいのではないでしょうか。

私はちょいちょいAmazonでセールされていたSAMSUNGにしましたが、上記メーカーなら後は価格の安さで決めますかね。

はてな

2019年6月時点で例えばSanDiskのポータブルSSD(1TB)は20,000円くらいしますが、2.5インチSSD(1TB)は13,000円くらいで購入可能。

変換ケーブルが1,000円程なので、差額にして6,000円くらい安くなる感じでしょうか。

 

ポータブルSSDのおすすめ。選ぶならデザイン重視。

I-O DATA ポータブルSSD SSPH-UT480K/E

 


I-O DATA ポータブルSSD 480GB 耐衝撃 軽量 PS4/PS4 Pro/Mac対応 USB3.1(Gen1) SSPH-UT480K/E

参考価格 960GB 約16,000円(2019年6現在)

頑丈そうな正方形ボディがなんともいえない無骨さ。

耐衝撃・耐振動をアピールしており模様の面はラバー素材でできているようです。

防水・防滴性能もあればより完璧でしたね。

とはいえ価格は960GBで16,000円ほどなので、素のSSDで使うのと同等のかなりお手頃なポータブルSSDです。

 

Transcend 外付けSSD  TS960GESD250C


Transcend 外付けSSD 960GB USB3.1(Gen2)Type-A/Type-C 対応 ポータブルSSD TS960GESD250C (高速・軽量アルミケース仕様)

参考価格 960GB 約22,000円(2019年6現在)

トランセンドのスタイリッシュな細長SSDです。

角が面取りされたアルミだと思いますが高級感もありカッコイイですよね。

 

SanDisk エクストリーム ポータブル SDSSDE60-1T00-J25


SanDisk サンディスク エクストリーム ポータブル SSD 500GB USB3.1 Gen2対応 防滴 耐振 耐衝撃SDSSDE60-500G-J25 3年保証【PlayStation4 メーカー動作確認済】

参考価格 1TB 約22,000円(2019年6現在)

角丸なデザインと赤いストラップホールが特徴的なポータブルSSD。

IP55の防滴性と防塵性を備えており、カラビナを付けてカバンに付けておいても丈夫かつカッコイイ見栄えですよね。

データ復旧ソフト「レスキュープロ デラックス」1年間利用特典も付属する上、最小は250GBから最大は2TBまで容量のラインナップも広いのが特徴。

 

まとめ

安くかつミニマムにしたいなら2.5インチSSDがお得

デザイン面で見れば既成品のポータブルSSDに軍配が上がるものの、コスパの面では2.5インチSSDが未だ勝るようです。

2.5インチSSDはただの板なので、ステッカーやシールなどで自分好みにカスタムするのも良さそうですね。

-パソコン周辺機器

Copyright© STAYFOG , 2019 All Rights Reserved.