DIY

怪しいアーシングマットを自作!効果あるの?感想と使い方

つい最近、なにやら怪しげな言葉「アーシング」を知りました。 EARTHにingでアーシングだそうですが、何やら身体に溜まっている電気を逃がすと健康にどうたらこうたら・・・。 非常に香ばしい話なので「どうせだから試してみるか」と、疑問を解決すべくアーシングマットを自作してみました。 アーシングという言葉を知るまでの経緯 冬場の静電気がウザすぎてどうにかアースに流そうと思った 冬は湿度が下がりやすく静電気がすごいです。 特に布団がこすれてバチバチいうので、洗濯機置場のコンセントについているアース口から緑色のコ ...

ReadMore

DIY

【ケーブル着脱化】MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造3選【折りたたみ化】

SONYのMDR-CD900STといえば長年愛されているモニターヘッドホンですよね。 音楽制作以外にも、配信者の方でも愛用している人が多いこのヘッドホン。 この記事では「MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造2選」と称して比較的簡単にできる改造を紹介したいと思います。 (何年か前にやったことなので記憶がうろ覚えだったりします。あくまで参考程度として。) ステイ子また、改造は自己責任でお願いしますね。 MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造3選 難易度★☆☆☆☆ イヤーパッドを交換し ...

ReadMore

自己防衛

賃貸退去時の立会いは不要!法律やルールを事前に知ってボッタクリを防ごう

賃貸物件を引っ越す際、必ずある(と思っている)のが退去時立ち会いですよね。 管理会社の人と物件の確認をしたり鍵を返却して終わる訳ですが、場合によっては「借り主の無知につけこんだ悪質なボッタクリ」も横行しているようです。 しかし賃貸退去時の立ち会いは義務ではなく、そもそも立ち会いせずに済ませることがボッタクリを防ぐ最善策であるという話の紹介。 賃貸退去時に立ち会いそのものを拒否するメリット 言いくるめられてサインを強要されるなどの心配がない 退去立ち会いは過去に何回もしましたが、本当に業者によって全然態度が ...

ReadMore

ITガジェット

激安モニターアームWORLDLIFTが意外と使えておすすめな件

モニターアームって便利ですよね。机も広々使えるし、画面の高さも変えられるので肩こりや首こり対策にもなりますし。 とはいえ、最近まで34インチモニターを使っていたので普通に付属のスタンド使ってました。 ステイ子スタンドの下に厚めの雑誌を挟んで嵩上げしたりね が、この度ディスプレイの新調と共に再びモニターアーム環境を構築すべく、激安モニタアームを購入。 そのレビューとなります。 ステイ子買ったり手放したり忙しいヤツだな! 激安デュアルモニターアームWORLDLIFTを購入してみた 2,500円で2画面を持ち上 ...

ReadMore

ITガジェット

AOCモニタの評判と品質、ゲーミングモニタ24G2E5/11購入!

先日モニタを新調しました。 AOCというメーカーなのですが、意外と聞かない名前ですよね。 ということで、メーカーの説明もしつつ今回購入したゲーミングモニタ24G2E5/11のレビューもしてみようと思います。 AOCというメーカーって大丈夫なの?評判は? 他メーカーより先駆けてフレームレス・薄型デザインを採用していた(と思う) 実はAOCのモニタ、買うの2回目なんです。 初めて買ったのは2014年頃で、当時はまだモニタのフレームも太いものが多い頃だった気がします。 その頃に先駆けてフレームの細い薄型の製品を ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ITガジェット

SEENDAのワイヤレスキーボードが超おすすめ!テンキー付きをレビュー!

kindle fire stickの操作をキーボードでできたら。。。と思い、Amazonで良さげなワイヤレスキーボードを購入しました。

届いて使ってみたら、見た目はもちろん使い勝手も良かったのでレビュー記事を残しておきます。

ステイ子
Amazonの中華メーカーは当たり外れがあるからね

SEENDAの格安2.4Gワイヤレスキーボードが意外に良い!

マウス込みで2,400円程度!しかも充電式でコネクタはtypeC

Amazonで購入、到着してスグにパシャリ。

デザインからしてMacのキーボードを意識してますよね。ていうかもうキレイにパクってます。

箱の表面もMacっぽいというか・・・でも2,400円。価格破壊もいいところです。

個人的にBluetoothのキーボードやマウスに良い思い出がないので、電波干渉を受けにくい2.4G無線でちょうどよかったと思います。

ぶっちゃけマウスは不要なのですけど、キーボード単体よりマウス付きの方が安いという。(タイムセールだった)

箱を空けるとこんな感じで、適度に丁寧な梱包です。

説明書とオファー。キーボード本体にマウスと充電ケーブル(USB Type-A↔typeC)とレシーバー。

 

このドングルは1つでキーボードとマウスの両方を兼ねている。

つまり「マウスはいらねーから誰かにあげよう」とか思ってもレシーバーが1つしかないので使えない。ココ注意ですね。

大体中華のワイヤレス系アイテムはmircoUSBだったりしたので、typeCの流れは嬉しいですね。

Ankerのお気に入りケーブルで充電してみました。しっかり使えます。

こちらのケーブルは1.8mあるので使い勝手がよく、メッシュ編みコードで耐久性も良いです!2本入り出し安い!

 

当然ながら本体はアルミじゃない!プラスチックだけど、色合いが絶妙!

マウス付きで2,400円レベルの商品ですから、当然ながら素材はプラです。

とはいえ、塗装がなかなか上品で触らなければアルミに見えてしまうという不思議。

しかも色がアップル製品のスペースグレーをリアルに再現しています。

キーの形状はLogicoolのKX800 MX KEYSに似てる。

こっちも15,000円くらいするのでボディ素材はアルミなどでしょう。

 

SEENDAのこのモデル、外見だけ「なんちゃって高級キーボード」としては優秀。

変換という字の変が「變」になってる。(怖い)

日本語配列の中華キーボードはキー配置が意味不明だったりしますが、このモデルは特に不満もないです。

人によっては「エンターが小さい!」と思うかもしれませんが。

タイピング感は軽い。よくあるパンタグラフ?です。

 

ちなみに剛性はないです。

素材がプラだからか、適度にたわむ感じがあります。

私がMacで使っている純正のUSBキーボードではそのような感じがないので、やっぱり素材の安さが出ているかなぁと。

裏面はこんな。

でも価格からすれば十分すぎる。変なロゴもついてないし。

 

マウスはホイールがアルミっぽい

付属のマウスは値段的にも「ひどくチャッチぃのが付属するんだろう」と思っていたら、こちらもUSBtypeCのコネクタが付いた製品でした。

しかもホイールが多分金属。指先にかすかにひんやり感がある。

このマウス、TypeCケーブルで電力さえ供給できれば給電しながら無線通信で使えるのでパソコンと繋がってる必要がありません。

しかも単3電池型の充電池が元から入ってて、USBでそのまま充電も可能。

キーボードみたいに充電中のランプが無いので充電が終わったのかどうかとかわかりませんが、なんか面白い作りをしています。

 

総評

2.4Gワイヤレスは干渉や遅延もなし

kindle fire stickはBluetoothキーボードじゃないと繋げないのですが、OTGケーブル(ハブ)をつないでやるとUSBレシーバーを挿せるので普通に使えました。

ただ、あまりキーボードで操作しても使い勝手が上がる訳ではないので手持ちのデスクトップPCで使っています。

 

電波干渉して遅延したりも今のところありません。

ウィンドウズのスリープさせてから、キーボード叩けば復帰しますし、バックライトは付いてないのでそこまで電力消費も激しい訳じゃなさそうです。

 

安い割に見た目が良くて、普通に使える良いキーボードでした。

エレコムやバッファロー、サンワサプライの安い無線キーボードはデザインがなぁ・・・という方は候補に入れてみても良いかもしれません。

-ITガジェット

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.