ガジェット

SEENDAのワイヤレスキーボードが超おすすめ!テンキー付きをレビュー!

kindle fire stickの操作をキーボードでできたら。。。と思い、Amazonで良さげなワイヤレスキーボードを購入しました。

届いて使ってみたら、見た目はもちろん使い勝手も良かったのでレビュー記事を残しておきます。

ステイ子
Amazonの中華メーカーは当たり外れがあるからね

SEENDAの格安2.4Gワイヤレスキーボードが意外に良い!

マウス込みで2,400円程度!しかも充電式でコネクタはtypeC

Amazonで購入、到着してスグにパシャリ。

デザインからしてMacのキーボードを意識してますよね。ていうかもうキレイにパクってます。

箱の表面もMacっぽいというか・・・でも2,400円。価格破壊もいいところです。

個人的にBluetoothのキーボードやマウスに良い思い出がないので、電波干渉を受けにくい2.4G無線でちょうどよかったと思います。

ぶっちゃけマウスは不要なのですけど、キーボード単体よりマウス付きの方が安いという。(タイムセールだった)

箱を空けるとこんな感じで、適度に丁寧な梱包です。

説明書とオファー。キーボード本体にマウスと充電ケーブル(USB Type-A↔typeC)とレシーバー。

 

このドングルは1つでキーボードとマウスの両方を兼ねている。

つまり「マウスはいらねーから誰かにあげよう」とか思ってもレシーバーが1つしかないので使えない。ココ注意ですね。

大体中華のワイヤレス系アイテムはmircoUSBだったりしたので、typeCの流れは嬉しいですね。

Ankerのお気に入りケーブルで充電してみました。しっかり使えます。

こちらのケーブルは1.8mあるので使い勝手がよく、メッシュ編みコードで耐久性も良いです!2本入り出し安い!

 

当然ながら本体はアルミじゃない!プラスチックだけど、色合いが絶妙!

マウス付きで2,400円レベルの商品ですから、当然ながら素材はプラです。

とはいえ、塗装がなかなか上品で触らなければアルミに見えてしまうという不思議。

しかも色がアップル製品のスペースグレーをリアルに再現しています。

キーの形状はLogicoolのKX800 MX KEYSに似てる。

こっちも15,000円くらいするのでボディ素材はアルミなどでしょう。

 

SEENDAのこのモデル、外見だけ「なんちゃって高級キーボード」としては優秀。

変換という字の変が「變」になってる。(怖い)

日本語配列の中華キーボードはキー配置が意味不明だったりしますが、このモデルは特に不満もないです。

人によっては「エンターが小さい!」と思うかもしれませんが。

タイピング感は軽い。よくあるパンタグラフ?です。

 

ちなみに剛性はないです。

素材がプラだからか、適度にたわむ感じがあります。

私がMacで使っている純正のUSBキーボードではそのような感じがないので、やっぱり素材の安さが出ているかなぁと。

裏面はこんな。

でも価格からすれば十分すぎる。変なロゴもついてないし。

 

マウスはホイールがアルミっぽい

付属のマウスは値段的にも「ひどくチャッチぃのが付属するんだろう」と思っていたら、こちらもUSBtypeCのコネクタが付いた製品でした。

しかもホイールが多分金属。指先にかすかにひんやり感がある。

このマウス、TypeCケーブルで電力さえ供給できれば給電しながら無線通信で使えるのでパソコンと繋がってる必要がありません。

しかも単3電池型の充電池が元から入ってて、USBでそのまま充電も可能。

キーボードみたいに充電中のランプが無いので充電が終わったのかどうかとかわかりませんが、なんか面白い作りをしています。

 

総評

2.4Gワイヤレスは干渉や遅延もなし

kindle fire stickはBluetoothキーボードじゃないと繋げないのですが、OTGケーブル(ハブ)をつないでやるとUSBレシーバーを挿せるので普通に使えました。

ただ、あまりキーボードで操作しても使い勝手が上がる訳ではないので手持ちのデスクトップPCで使っています。

 

電波干渉して遅延したりも今のところありません。

ウィンドウズのスリープさせてから、キーボード叩けば復帰しますし、バックライトは付いてないのでそこまで電力消費も激しい訳じゃなさそうです。

 

安い割に見た目が良くて、普通に使える良いキーボードでした。

エレコムやバッファロー、サンワサプライの安い無線キーボードはデザインがなぁ・・・という方は候補に入れてみても良いかもしれません。

身体と頭を丈夫にするおすすめ記事

1

タイトルで煽りましたが、日本ではいつの間にか様々な(国民の意思が反映されない)決定がなされます。 大手メディアはそのようなニュースをロクに報道せず、芸能人やタレントのどうでもいいスキャンダルをネチネチ ...

2

あるときからサプリメントを買うのが半ば趣味となり、いままで色々買ってきました。(主にアイハーブで) トップ画にあるのは今うちにある分ですが、これ全部を毎日飲んでる訳じゃないですからね。 比較的毎日飲む ...

3

昨今、急速にGoogle離れが加速しています。 私の友人も「なんでもかんでもGoogleになるのが嫌」と代替サービスに自主切り替えをしている人もいるほど。 さらに2021年は某感染症に関する個人の発信 ...

4

「趣向を変えたサイトのコンテンツを作れないか?」という考えのもと、世の中の「変だなぁ」をTwitterで集めてみました。 これらを見て「なにそれ!おかしいでしょ!」と思う数が多い人ほど、危険予知能力が ...

5

ウェブサイトを巡回していると、自分が目にしたくないと思う情報に遭遇することもありますよね。 良し悪し様々な情報を得ることや「得られる環境」は大事ですけど、そこには「ただの誹謗中傷」や「不快なワードを連 ...

-ガジェット

Copyright© STAYFOG , 2022 All Rights Reserved.