ITガジェット

iRozceのフルHD格安Webカメラ使用レビュー!高画質かつマイク内蔵でおすすめ!

未だ冷めやらぬコロナウイルスの猛威ですが、仕事の仕方もオンラインで済ませる企業・個人が増えているようです。 今年の夏頃にはウェブカメラの需要が供給を上回り1台1000円弱のウェブカメラが8000円を超えて売買されるというような事態も起こりました。 今は落ち着いていますが、この度「iRozce」というメーカー様から新製品のウェブカメラをご提供いただいたのでレビューしたいと思います。 ポイント メーカー様よりAmazonで使える限定のクーポンコードをいただきました。 お買い求めの際は必ず利用のうえ、お得にゲッ ...

ReadMore

ITガジェット

Fire TV StickでUSB製品を使う方法!KODIでメディアプレイヤー化!

AmazonのFire TV Stickってテレビで映画やアニメなどを見るには便利ですよね。 でも、ただストリーミング再生用に使うだけではなく「メディアプレイヤー化」もできます。USBの入力機器も接続できたりするのですが、そのままだとそれらは叶いません。 ステイ子手持ちの動画をテレビで再生できるようにしたい!垂れ流したい! Fire TV Stickを最大限に使うためのカスタマイズ OTGケーブルでUSBポートを作ってUSBマウス・USBメモリの接続を可能に 前からやろうと思いつつ、放置していたFire ...

ReadMore

ITガジェット

SEENDAのワイヤレスキーボードが超おすすめ!テンキー付きをレビュー!

kindle fire stickの操作をキーボードでできたら。。。と思い、Amazonで良さげなワイヤレスキーボードを購入しました。 届いて使ってみたら、見た目はもちろん使い勝手も良かったのでレビュー記事を残しておきます。 ステイ子Amazonの中華メーカーは当たり外れがあるからね SEENDAの格安2.4Gワイヤレスキーボードが意外に良い! マウス込みで2,400円程度!しかも充電式でコネクタはtypeC Amazonで購入、到着してスグにパシャリ。 デザインからしてMacのキーボードを意識してますよ ...

ReadMore

暇つぶし

エアコキを重くしたい!ハンドガン重量UP計画

大人の暇つぶしにも最適なエアコキハンドガン。 お手頃価格で買える上に、意外と細部まで作られていて眺めていても面白いオモチャですよね。 とはいえ気になる人は気になるのが「重さ」 ステイ子エアコキハンドガンをもっと重くしたい! という方へ、今回は東京マルイの人気エアコッキングハンドガン「コルト M1911A1ガバメント(18歳以上用)」に細工をしてみました。 ※分解・カスタムを行うと保証が受けられなくなります。分解と組み立てに自信がある方のみ、実行の際は自己責任のもと慎重に行って下さい。 エアコキハンドガンを ...

ReadMore

DIY

Dremelハイスピードロータリーツール3000-N購入レビュー

Dremel(ドレメル)の電動ルーターを購入しました。 買って満足のいく製品でしたが、ルーター初心者に私にとっては購入前に疑問も多く結構調べる必要がありました。 とはいえ一通り揃ったので、ルータと合わせて買うべきツール等も紹介したいと思います。 Dremelハイスピードロータリーツール3000購入まで 価格と性能のバランスがベストな機種 下記は現状Amazonで買えるモデルの要点一覧。 ハイスピードロータリーツール3000 約7,500円 10,000~32,000回転/分 AC100V ハイスピードロー ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ITガジェット

SEENDAのワイヤレスキーボードが超おすすめ!テンキー付きをレビュー!

kindle fire stickの操作をキーボードでできたら。。。と思い、Amazonで良さげなワイヤレスキーボードを購入しました。

届いて使ってみたら、見た目はもちろん使い勝手も良かったのでレビュー記事を残しておきます。

ステイ子
Amazonの中華メーカーは当たり外れがあるからね

SEENDAの格安2.4Gワイヤレスキーボードが意外に良い!

マウス込みで2,400円程度!しかも充電式でコネクタはtypeC

Amazonで購入、到着してスグにパシャリ。

デザインからしてMacのキーボードを意識してますよね。ていうかもうキレイにパクってます。

箱の表面もMacっぽいというか・・・でも2,400円。価格破壊もいいところです。

個人的にBluetoothのキーボードやマウスに良い思い出がないので、電波干渉を受けにくい2.4G無線でちょうどよかったと思います。

ぶっちゃけマウスは不要なのですけど、キーボード単体よりマウス付きの方が安いという。(タイムセールだった)

箱を空けるとこんな感じで、適度に丁寧な梱包です。

説明書とオファー。キーボード本体にマウスと充電ケーブル(USB Type-A↔typeC)とレシーバー。

 

このドングルは1つでキーボードとマウスの両方を兼ねている。

つまり「マウスはいらねーから誰かにあげよう」とか思ってもレシーバーが1つしかないので使えない。ココ注意ですね。

大体中華のワイヤレス系アイテムはmircoUSBだったりしたので、typeCの流れは嬉しいですね。

Ankerのお気に入りケーブルで充電してみました。しっかり使えます。

こちらのケーブルは1.8mあるので使い勝手がよく、メッシュ編みコードで耐久性も良いです!2本入り出し安い!

 

当然ながら本体はアルミじゃない!プラスチックだけど、色合いが絶妙!

マウス付きで2,400円レベルの商品ですから、当然ながら素材はプラです。

とはいえ、塗装がなかなか上品で触らなければアルミに見えてしまうという不思議。

しかも色がアップル製品のスペースグレーをリアルに再現しています。

キーの形状はLogicoolのKX800 MX KEYSに似てる。

こっちも15,000円くらいするのでボディ素材はアルミなどでしょう。

 

SEENDAのこのモデル、外見だけ「なんちゃって高級キーボード」としては優秀。

変換という字の変が「變」になってる。(怖い)

日本語配列の中華キーボードはキー配置が意味不明だったりしますが、このモデルは特に不満もないです。

人によっては「エンターが小さい!」と思うかもしれませんが。

タイピング感は軽い。よくあるパンタグラフ?です。

 

ちなみに剛性はないです。

素材がプラだからか、適度にたわむ感じがあります。

私がMacで使っている純正のUSBキーボードではそのような感じがないので、やっぱり素材の安さが出ているかなぁと。

裏面はこんな。

でも価格からすれば十分すぎる。変なロゴもついてないし。

 

マウスはホイールがアルミっぽい

付属のマウスは値段的にも「ひどくチャッチぃのが付属するんだろう」と思っていたら、こちらもUSBtypeCのコネクタが付いた製品でした。

しかもホイールが多分金属。指先にかすかにひんやり感がある。

このマウス、TypeCケーブルで電力さえ供給できれば給電しながら無線通信で使えるのでパソコンと繋がってる必要がありません。

しかも単3電池型の充電池が元から入ってて、USBでそのまま充電も可能。

キーボードみたいに充電中のランプが無いので充電が終わったのかどうかとかわかりませんが、なんか面白い作りをしています。

 

総評

2.4Gワイヤレスは干渉や遅延もなし

kindle fire stickはBluetoothキーボードじゃないと繋げないのですが、OTGケーブル(ハブ)をつないでやるとUSBレシーバーを挿せるので普通に使えました。

ただ、あまりキーボードで操作しても使い勝手が上がる訳ではないので手持ちのデスクトップPCで使っています。

 

電波干渉して遅延したりも今のところありません。

ウィンドウズのスリープさせてから、キーボード叩けば復帰しますし、バックライトは付いてないのでそこまで電力消費も激しい訳じゃなさそうです。

 

安い割に見た目が良くて、普通に使える良いキーボードでした。

エレコムやバッファロー、サンワサプライの安い無線キーボードはデザインがなぁ・・・という方は候補に入れてみても良いかもしれません。

-ITガジェット

Copyright© STAYFOG , 2020 All Rights Reserved.