DIY

怪しいアーシングマットを自作!効果あるの?感想と使い方

つい最近、なにやら怪しげな言葉「アーシング」を知りました。 EARTHにingでアーシングだそうですが、何やら身体に溜まっている電気を逃がすと健康にどうたらこうたら・・・。 非常に香ばしい話なので「どうせだから試してみるか」と、疑問を解決すべくアーシングマットを自作してみました。 アーシングという言葉を知るまでの経緯 冬場の静電気がウザすぎてどうにかアースに流そうと思った 冬は湿度が下がりやすく静電気がすごいです。 特に布団がこすれてバチバチいうので、洗濯機置場のコンセントについているアース口から緑色のコ ...

ReadMore

DIY

【ケーブル着脱化】MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造3選【折りたたみ化】

SONYのMDR-CD900STといえば長年愛されているモニターヘッドホンですよね。 音楽制作以外にも、配信者の方でも愛用している人が多いこのヘッドホン。 この記事では「MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造2選」と称して比較的簡単にできる改造を紹介したいと思います。 (何年か前にやったことなので記憶がうろ覚えだったりします。あくまで参考程度として。) ステイ子また、改造は自己責任でお願いしますね。 MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造3選 難易度★☆☆☆☆ イヤーパッドを交換し ...

ReadMore

自己防衛

賃貸退去時の立会いは不要!法律やルールを事前に知ってボッタクリを防ごう

賃貸物件を引っ越す際、必ずある(と思っている)のが退去時立ち会いですよね。 管理会社の人と物件の確認をしたり鍵を返却して終わる訳ですが、場合によっては「借り主の無知につけこんだ悪質なボッタクリ」も横行しているようです。 しかし賃貸退去時の立ち会いは義務ではなく、そもそも立ち会いせずに済ませることがボッタクリを防ぐ最善策であるという話の紹介。 賃貸退去時に立ち会いそのものを拒否するメリット 言いくるめられてサインを強要されるなどの心配がない 退去立ち会いは過去に何回もしましたが、本当に業者によって全然態度が ...

ReadMore

ITガジェット

激安モニターアームWORLDLIFTが意外と使えておすすめな件

モニターアームって便利ですよね。机も広々使えるし、画面の高さも変えられるので肩こりや首こり対策にもなりますし。 とはいえ、最近まで34インチモニターを使っていたので普通に付属のスタンド使ってました。 ステイ子スタンドの下に厚めの雑誌を挟んで嵩上げしたりね が、この度ディスプレイの新調と共に再びモニターアーム環境を構築すべく、激安モニタアームを購入。 そのレビューとなります。 ステイ子買ったり手放したり忙しいヤツだな! 激安デュアルモニターアームWORLDLIFTを購入してみた 2,500円で2画面を持ち上 ...

ReadMore

ITガジェット

AOCモニタの評判と品質、ゲーミングモニタ24G2E5/11購入!

先日モニタを新調しました。 AOCというメーカーなのですが、意外と聞かない名前ですよね。 ということで、メーカーの説明もしつつ今回購入したゲーミングモニタ24G2E5/11のレビューもしてみようと思います。 AOCというメーカーって大丈夫なの?評判は? 他メーカーより先駆けてフレームレス・薄型デザインを採用していた(と思う) 実はAOCのモニタ、買うの2回目なんです。 初めて買ったのは2014年頃で、当時はまだモニタのフレームも太いものが多い頃だった気がします。 その頃に先駆けてフレームの細い薄型の製品を ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ワードプレス

使い勝手の良いWordPressの有料テーマのおすすめ3選

今や「WordPressで作られていないサイトは少ない」というくらい浸透していますよね。

勉強して一からオリジナルのテーマを作るのも良いですが、既に完成されたテーマを反映させてサクッとサイトを運営したいもの。

そこで使い勝手のよい有料テーマをまとめました。

ワードプレステーマの無料と有料について

無料テーマは日本語対応しているものが少ない

日本語対応した無料テーマはあるにはありますが、そこまで数が多くないうえ、ある程度知識がないと柔軟なカスタマイズができません。

特に海外で作られた無料テーマはスタイリッシュで数も豊富なのですが「機能制限があったり英語メインの設定画面でわかりにくい」などのデメリットがあるんですよね。

機能制限を解除するためにはお金を払う必要があるので、カスタマイズの知識がない場合は無料で済ませようと思わない方がスムーズに進みます。

 

また、有料テーマは公式でマニュアルが充実していたり、わからない不具合などにもある程度サポートしてもらえます。

テーマ自体に問題や不備があった場合もアップデート版を配布してくれたりと、無料テーマと有料テーマでは使い勝手に大きく差があるもの。

ということで、初心者の方は素直に有料テーマを買うのをおすすめしますね。

 

有料テーマの価格帯は1万円〜3万円程度

「有料テーマって具体的にいくらくらい?」と疑問に思う方もいるでしょう。

もちろんピンからキリまでありますが、人気どころは大体1万円〜3万円くらいに収まっているように思います。

ワードプレスサイトのデザインを依頼するのに1万円で受けてくれる所はほぼ存在しないでしょうから「ある程度好きな方向性を選べて、自分で管理できる」と考えれば安い買い物ではないでしょうか。

販売者にもよりますが「1テーマ1サイトじゃなくて、1回買ったら自分の他のサイトにも使いまわしていいよ」みたいな大盤振る舞いの所も多いです。

 

自分もここ最近はもっぱら有料テーマばかりで、CSSなどを少しいじることはあっても1から作ることはありません。

ウェブデザインって「上から下に流れます〜」みたいな型が決まっているので、下記のような人じゃなければソレに長けた人がチューニングしたテーマのほうが良いと思っちゃってます。

  • 基本の型から大幅に外れる場合(横にスクロールするとか)
  • 勉強がてら自分で一から作りたい場合

 

また、面白い構成や動きをするウェブデザインの存在は否定しませんし好きですが「それが自分の目的に合うのか?」を考えることも大切です。

単純に記事を書いて情報発信したいなら「読みやすい、見やすい」が重要ですから、定着している基本の型が一番優れているでしょう。

もしオシャレだからって理由で数字が横一列に並んだ計算機があっても「いや、使いにくいし」って感じるようなもので。

 

とすれば、大半のサイトはそこまで凝ったウェブデザインを求める必要はなく、むしろ中身に凝っていった方が各々の目的(商売とか?)を果たしやすい気がするのですね。

 

初心者にもおすすめの有料ワードプレステーマ

EMANON(エマノン)

エマノンはウェブ集客に特化したビジネス向け有料テンプレート。

EMANON ProとEMANON Businessの2つがありますが、BusinessはProから少し発展したタイプと考えればよいでしょう。

基本的な部分はProで十分です。

ウェブサイトの顔とも言えるトップページも多種多様な6種類をパッと反映できる仕様なのも便利なうえ、ランディングページなども簡単に作成可能。

  • EMANON Pro ¥9,800
  • EMANON Business ¥12,800

STORK(ストーク)

書くことに特化しながらも、モバイルフレンドリーなレスポンシブデザインが美しいストーク。

明るい雰囲気のビジュアルにもピッタリはまりますね。

もちろん管理画面からテーマカラーやヘッダーデザインを変更可能。

ランディングページも作れるので情報発信だけではなくビジネスとも相性はバッチリです。

  • STORK ¥10,800

 

WING(AFFINGER 5 )

ウェブ集客を行う人からの信頼が厚いSTINGERというテーマをよりネットビジネス向けに特化させたWING。

SEO対策においても強力で、STINGER・AFFINGERテーマを使用したサイトが多数検索上位に表示されているのも特徴でしょうか。

(もちろんサイト運営者のコンテンツ作りが優秀なのは前提としてありますが)

自分は初代AFFINGERからバージョンアップするごとに購入しておりこのサイトもWING(AFFINGER 5 )を使っています。

デザインの柔軟性もさることながら、ランキング作成機能は初心者でもスピーディーかつ綺麗に仕上げられるのがポイント。

個人的には記事周りの装飾の多さが一番のお気に入りですね。

  • AFFINGER5 ¥14,800

 

さいごに

自在にカスタマイズできるテーマがおすすめ

無料・有料を問わずWordPressテーマは「このデザイン!」って決め打ちしたようなものが大半です。

しかし、今回ご紹介したテーマはどれも数種類のデザインパターンを想定しており、雰囲気をガラッと変えることができるのがポイント。

そのぶん管理画面とにらめっこする時間は増えるものの、一からサイトデザインを組み上げる労力に比べれば何てことないでしょう。

日本語での説明書きがあったり、サポートも充実しているのでサイト制作スキルの浅い初心者でも意外と簡単に完成まで仕上げられます。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

-ワードプレス

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.