ITガジェット

CHUWI Corebook X 購入レビュー【おすすめ格安パソコンメーカー】

Windowsのノートパソコンが欲しくなりAmazonを探していたところ、性能とデザイン・価格のバランスが取れすぎているようなCHUWI Corebook Xを発見し思わずポチってしまいました。 このモデルはあまり情報がないようなのでレビューしたいと思います! CHUWIというメーカーについて CHUWIは格安中華メーカーにしては知名度が高い CHUWIと書いてツーウェイと読むそうです。(私は心の中でずっとチューウィと間違って読んでました) 現時点では主にAmazonなどネット経由で買えるメーカーであるた ...

ReadMore

ITガジェット

iRozceのフルHD格安Webカメラ使用レビュー!高画質かつマイク内蔵でおすすめ!

未だ冷めやらぬコロナウイルスの猛威ですが、仕事の仕方もオンラインで済ませる企業・個人が増えているようです。 今年の夏頃にはウェブカメラの需要が供給を上回り1台1000円弱のウェブカメラが8000円を超えて売買されるというような事態も起こりました。 今は落ち着いていますが、この度「iRozce」というメーカー様から新製品のウェブカメラをご提供いただいたのでレビューしたいと思います。 ポイント メーカー様よりAmazonで使える限定のクーポンコードをいただきました。 お買い求めの際は必ず利用のうえ、お得にゲッ ...

ReadMore

ITガジェット

Fire TV StickでUSB製品を使う方法!KODIでメディアプレイヤー化!

AmazonのFire TV Stickってテレビで映画やアニメなどを見るには便利ですよね。 でも、ただストリーミング再生用に使うだけではなく「メディアプレイヤー化」もできます。USBの入力機器も接続できたりするのですが、そのままだとそれらは叶いません。 ステイ子手持ちの動画をテレビで再生できるようにしたい!垂れ流したい! Fire TV Stickを最大限に使うためのカスタマイズ OTGケーブルでUSBポートを作ってUSBマウス・USBメモリの接続を可能に 前からやろうと思いつつ、放置していたFire ...

ReadMore

ITガジェット

SEENDAのワイヤレスキーボードが超おすすめ!テンキー付きをレビュー!

kindle fire stickの操作をキーボードでできたら。。。と思い、Amazonで良さげなワイヤレスキーボードを購入しました。 届いて使ってみたら、見た目はもちろん使い勝手も良かったのでレビュー記事を残しておきます。 ステイ子Amazonの中華メーカーは当たり外れがあるからね SEENDAの格安2.4Gワイヤレスキーボードが意外に良い! マウス込みで2,400円程度!しかも充電式でコネクタはtypeC Amazonで購入、到着してスグにパシャリ。 デザインからしてMacのキーボードを意識してますよ ...

ReadMore

暇つぶし

エアコキを重くしたい!ハンドガン重量UP計画

大人の暇つぶしにも最適なエアコキハンドガン。 お手頃価格で買える上に、意外と細部まで作られていて眺めていても面白いオモチャですよね。 とはいえ気になる人は気になるのが「重さ」 ステイ子エアコキハンドガンをもっと重くしたい! という方へ、今回は東京マルイの人気エアコッキングハンドガン「コルト M1911A1ガバメント(18歳以上用)」に細工をしてみました。 ※分解・カスタムを行うと保証が受けられなくなります。分解と組み立てに自信がある方のみ、実行の際は自己責任のもと慎重に行って下さい。 エアコキハンドガンを ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

デザイン

お手頃価格でオシャレな名刺が自分で作れるウェブサービス

2018年7月26日

名刺は普段どこで作られていますか?

はんこ屋さんや印刷会社の名刺作成サービスを利用している方もいれば、デザイナーに頼んでいる方や自身で作成している方もいるでしょう。

この記事は「ちょっとこだわった名刺にしてみたいけど、そういうのって高いんでしょ?」と思っている方への内容です。

こだわった名刺を作るといくらくらいするのか

デザイナーへの依頼はデザイン料金を含む

基本的に印刷会社などの名刺サービスは文字の場所や背景(柄)がテンプレートとして決まっており、その中から選ぶのが一般的。

そのためデザイン料はかからず、ほぼ印刷費+作業費と考えてもよいでしょう。

印刷費は「白黒かカラーか?」「片面印刷か両面印刷か?」「紙の厚みや種類は?」などで変動するものの、安いプランだと100枚2,000円〜とかもありますよね。

 

一方で、個人のデザイナーやデザイン事務所にオリジナルの名刺を依頼すると価格はポーンと跳ね上がります。

内容や場所(会社や個人)によりピンキリですが、1件30,000円くらいはデザイン費のみでかかるもの

探せばとてつもない安値(3,000円くらい?)で請け負っている個人デザイナーさんもいますけど・・・。

 

デザインもさることながら、更に凝った用紙や特殊加工(角丸・箔押し・エンボス/デボスなど)を行えば印刷費もかさみます。

しかし、それだけ名刺としてのクオリティや質感は満足いく仕上がりになるのではないでしょうか。

私も以前は必ず箔押しやエンボスといった加工に厚め(300kg)ぐらいの紙を使ってましたが、ことあるごとにリニューアルするくせに全部配りきれた試しがないので今は普通のです。

 

1度作ったら2度目は安くなるものの・・・

デザイナーに依頼した場合、最初はデザイン費がかかるものの、2回目の印刷(増刷)時は同じものを刷るなら印刷費+作業費となるでしょう。

あるいはデザインデータをまるっと提供してくれて「印刷はご自由にどうぞ(印刷会社に渡せばいいよ)」みたいな所もあるかもしれませんね。

この場合、印刷費のみとなるので初回よりはずっと安くなります。

 

とはいえ100枚でも配り終えるまでに結構かかりますから「なーんか今の名刺も飽きたし、もうちょっと違うデザインで心機一転したいな」と思うこと・・・ありませんか?

デザイナーや事務所にそんな話を持っていくと、再度デザイン費のかかる提案を受けたりして。(わかりませんが)

「デザイナーに頼むまでもないけど、いかにもテンプレートって感じの名刺はなぁ・・・」と、丁度よいバランス感をお求めの方はどうしたらよいでしょう。

 

豊富なテンプレと比較的自由な文字配置ができる名刺サービス

オシャレなテンプレートに自分で文字を配置できるVista Print

そこで選択肢の1つとして優秀なのがビスタプリントのセルフ名刺制作サービス。

4,000種類ものテンプレートから好きなデザイン(背景)を選んで、自分で文字を入力して位置も変えられるのが特徴です。

 

ソフトなどは必要なく、ウェブブラウザ上で完結できるためちょっとパソコンが使えればOK。

ロゴ画像や写真・QRコードをアップロードすることもできるので、意外とカユい所にも手が届きます。

 

これは私個人の感覚ですが、ちょっとした名刺制作サービスのテンプレートってだいたいカッコよくないんですよね。

背景によくわからないグラデーションが入ってたり、やたらと曲線を主張してみたり・・・。

ビスタプリントはそういう「お馴染みのテンプレ」もあるんですが、それとは別に今っぽいテイストを意識したビジュアルも多くあります。

4,000種類もあればいくつかは好みのテンプレが見つかるのではないでしょうか。

事業やサービスのコンセプトとデザインの関連性もこじつけられそうな気がします。

 

最後に価格ですが、100枚で980円から。(用紙を変えたりオプションをつけると高くなるようです)

テンプレートを選んだ上でこの価格ですから、なんだかため息が出てしまいます。

ビスタプリントの公式サイトは下記。

 

スマホでオシャレな名刺を簡単作成「whoo(フー)」

PCはもちろん、スマートフォンからも名刺を作成できるサービス。

こちらはデザインもさることながら紙へのアプローチも面白いのが特徴です。

特に「color」という3枚の用紙を張り合わせて側面に色がついているような仕様を選べるのは「おっ」と思いましたね。

まるで「小口染め(名刺の四隅(断面)に塗料を吹き付け染める加工)」のような他とは一味違う名刺になるでしょう。

 

通常サイズ(55mm × 91mm)の名刺のほか、正方形(60mm × 60mm)やMINI(28mm × 70mm)も選べるあたりは今風と言えます。

ただ、通常サイズの縦横を超えるサイズ感の名刺は一部で「名刺ファイルで綺麗に管理できない」と不評。

これといって意図がないなら通常サイズかMINIがよいかもしれません。

スタイリッシュで尖った雰囲気のデザインが多いですね。

PC版で作成画面まで進んでみた所、サンプルで入っている文字をの移動はできないようです。

つまり文字の配置も変えたい場合はビスタプリントの方が融通が効きますね。

whooの公式サイトは下記。

 

さいごに

デザイナーに頼むのと、即席名刺のちょうどよい感じ

デザイナーに頼むのがフルオーダーメイドだとしたら、これはセミオーダーメイドでしょうか。

ビジュアル部分もグリグリ動かせたらもっと自由度は増しますが、これくらいがちょうどよい気もしますね。

-デザイン

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.