海外通販

パソコンやテレビのモニター上に付ける激安ラックを買ってみた

リビングテーブルにリモコンが置いてあるとどこかスッキリしませんよね。 リモコンの定位置を作りたいと思っていたところ、アリエクスプレスでいい感じのモニタ上ラックを発見したので購入してみました。 いつものようにレビューしてみます。 ステイ子どうせまた箱がボッコボコなんだろ! ALIEXPRESSで激安ディスプレイ上ラックを購入! ちょうどよいサイズでありながら、プラ感はちと残念。 届いた品はこんな感じに使っております。 このモニター上ラック、価格は712円でした。 プラスチック製なので正直ダイソーとかセリアと ...

ReadMore

海外通販

Ulanziのタブレット/スマホホルダーが使いやすくておすすめ!

ALIEXPRESSで購入後、シンガポールポスト経由で送られた商品が届きました。 2020年5月19日に購入し、到着は6月29日でした。 コロナ禍の最中とはいえ、シンガポールポストも動き出し1ヶ月弱で届いたのはなかなか好タイム。 ステイ子Ulanziのホルダー最高! Ulanziのタブレットホルダーを購入 アリエクスプレスで872円。プラスチック製。 タブレットホルダーはアマゾンでも買えるのですが、実はアマゾンで1000円くらいで売っているタブレットホルダーはアリエクスプレスで300円とかだったりします。 ...

ReadMore

生活向上

ダイソー100円商品でアイロン台を自作する方法!450円也

アイロン台って大きい商品が多くて、たまに使う程度だと邪魔になったりします。 そこでダイソー商品を使ってちょうどよいサイズのアイロン台を安上がりに作ろうと計画。 ステイ子アイロン台を自作するぞー! 100円ショップで自作したアイロン台 完成品はこちら。合計450円でした。 材料は下記。 アルミコーティングアイロン台カバー 木板(450mm ✗ 250mm ✗ 9mm)※150円商品 フェルト 700mm ✗ 600mm ホチキス 100円ショップにはアイロンシートなる商品もありますが、意外とペラペラです。 ...

ReadMore

海外通販

ALIEXPRESSでイームズチェアにピッタリな脚カバーを激安購入

コロナで騒ぎ始めた2020年2月〜4月頃に海外通販を利用して「全然届かねぇ!!!」と不安になった人も多いはずです。 私も実際この期間にいくつかALIEXPRESSで買い物しましたが、当然のように長い足止めを喰らいました。 ステイ子そんな中、やっと1つ品物が届いたので紹介です。 ALIEXPRESSでイームズチェア(リプロ)に合う脚キャップを購入 4個(1脚分)で137円、2脚分買って355円送料込み(謎) 私はリビングでイームズチェアのリプロダクト品(といっても結構お粗末な激安リプロダクト)を使っています ...

ReadMore

ITガジェット

大容量で安いモバイルバッテリーはAmazonがおすすめ!メーカーまとめ

みんな大好きモバイルバッテリー。 最近はUSBCポートを持つパソコンも増えて、ノートパソコンにも電力を供給できるPD(Power Delivery)対応のモバイルバッテリーも増えました。 日常使いはもちろん、地震や停電などの災害用として保管しておけば緊急時も安心ですから何個あっても困ることはありません。 この記事ではAmazonで販売されているおすすめのモバイルバッテリーメーカーを紹介します。 ステイ子Amazonは種類が豊富で安い! Amazonで買える大容量格安モバイルバッテリーメーカー ANKER( ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

デザイン

お手頃価格でオシャレな名刺が自分で作れるウェブサービス

2018年7月26日

名刺は普段どこで作られていますか?

はんこ屋さんや印刷会社の名刺作成サービスを利用している方もいれば、デザイナーに頼んでいる方や自身で作成している方もいるでしょう。

この記事は「ちょっとこだわった名刺にしてみたいけど、そういうのって高いんでしょ?」と思っている方への内容です。

こだわった名刺を作るといくらくらいするのか

デザイナーへの依頼はデザイン料金を含む

基本的に印刷会社などの名刺サービスは文字の場所や背景(柄)がテンプレートとして決まっており、その中から選ぶのが一般的。

そのためデザイン料はかからず、ほぼ印刷費+作業費と考えてもよいでしょう。

印刷費は「白黒かカラーか?」「片面印刷か両面印刷か?」「紙の厚みや種類は?」などで変動するものの、安いプランだと100枚2,000円〜とかもありますよね。

 

一方で、個人のデザイナーやデザイン事務所にオリジナルの名刺を依頼すると価格はポーンと跳ね上がります。

内容や場所(会社や個人)によりピンキリですが、1件30,000円くらいはデザイン費のみでかかるもの

探せばとてつもない安値(3,000円くらい?)で請け負っている個人デザイナーさんもいますけど・・・。

 

デザインもさることながら、更に凝った用紙や特殊加工(角丸・箔押し・エンボス/デボスなど)を行えば印刷費もかさみます。

しかし、それだけ名刺としてのクオリティや質感は満足いく仕上がりになるのではないでしょうか。

私も以前は必ず箔押しやエンボスといった加工に厚め(300kg)ぐらいの紙を使ってましたが、ことあるごとにリニューアルするくせに全部配りきれた試しがないので今は普通のです。

 

1度作ったら2度目は安くなるものの・・・

デザイナーに依頼した場合、最初はデザイン費がかかるものの、2回目の印刷(増刷)時は同じものを刷るなら印刷費+作業費となるでしょう。

あるいはデザインデータをまるっと提供してくれて「印刷はご自由にどうぞ(印刷会社に渡せばいいよ)」みたいな所もあるかもしれませんね。

この場合、印刷費のみとなるので初回よりはずっと安くなります。

 

とはいえ100枚でも配り終えるまでに結構かかりますから「なーんか今の名刺も飽きたし、もうちょっと違うデザインで心機一転したいな」と思うこと・・・ありませんか?

デザイナーや事務所にそんな話を持っていくと、再度デザイン費のかかる提案を受けたりして。(わかりませんが)

「デザイナーに頼むまでもないけど、いかにもテンプレートって感じの名刺はなぁ・・・」と、丁度よいバランス感をお求めの方はどうしたらよいでしょう。

 

豊富なテンプレと比較的自由な文字配置ができる名刺サービス

オシャレなテンプレートに自分で文字を配置できるVista Print

そこで選択肢の1つとして優秀なのがビスタプリントのセルフ名刺制作サービス。

4,000種類ものテンプレートから好きなデザイン(背景)を選んで、自分で文字を入力して位置も変えられるのが特徴です。

 

ソフトなどは必要なく、ウェブブラウザ上で完結できるためちょっとパソコンが使えればOK。

ロゴ画像や写真・QRコードをアップロードすることもできるので、意外とカユい所にも手が届きます。

 

これは私個人の感覚ですが、ちょっとした名刺制作サービスのテンプレートってだいたいカッコよくないんですよね。

背景によくわからないグラデーションが入ってたり、やたらと曲線を主張してみたり・・・。

ビスタプリントはそういう「お馴染みのテンプレ」もあるんですが、それとは別に今っぽいテイストを意識したビジュアルも多くあります。

4,000種類もあればいくつかは好みのテンプレが見つかるのではないでしょうか。

事業やサービスのコンセプトとデザインの関連性もこじつけられそうな気がします。

 

最後に価格ですが、100枚で980円から。(用紙を変えたりオプションをつけると高くなるようです)

テンプレートを選んだ上でこの価格ですから、なんだかため息が出てしまいます。

ビスタプリントの公式サイトは下記。

 

スマホでオシャレな名刺を簡単作成「whoo(フー)」

PCはもちろん、スマートフォンからも名刺を作成できるサービス。

こちらはデザインもさることながら紙へのアプローチも面白いのが特徴です。

特に「color」という3枚の用紙を張り合わせて側面に色がついているような仕様を選べるのは「おっ」と思いましたね。

まるで「小口染め(名刺の四隅(断面)に塗料を吹き付け染める加工)」のような他とは一味違う名刺になるでしょう。

 

通常サイズ(55mm × 91mm)の名刺のほか、正方形(60mm × 60mm)やMINI(28mm × 70mm)も選べるあたりは今風と言えます。

ただ、通常サイズの縦横を超えるサイズ感の名刺は一部で「名刺ファイルで綺麗に管理できない」と不評。

これといって意図がないなら通常サイズかMINIがよいかもしれません。

スタイリッシュで尖った雰囲気のデザインが多いですね。

PC版で作成画面まで進んでみた所、サンプルで入っている文字をの移動はできないようです。

つまり文字の配置も変えたい場合はビスタプリントの方が融通が効きますね。

whooの公式サイトは下記。

 

さいごに

デザイナーに頼むのと、即席名刺のちょうどよい感じ

デザイナーに頼むのがフルオーダーメイドだとしたら、これはセミオーダーメイドでしょうか。

ビジュアル部分もグリグリ動かせたらもっと自由度は増しますが、これくらいがちょうどよい気もしますね。

-デザイン

Copyright© STAYFOG , 2020 All Rights Reserved.