DIY

怪しいアーシングマットを自作!効果あるの?感想と使い方

つい最近、なにやら怪しげな言葉「アーシング」を知りました。 EARTHにingでアーシングだそうですが、何やら身体に溜まっている電気を逃がすと健康にどうたらこうたら・・・。 非常に香ばしい話なので「どうせだから試してみるか」と、疑問を解決すべくアーシングマットを自作してみました。 アーシングという言葉を知るまでの経緯 冬場の静電気がウザすぎてどうにかアースに流そうと思った 冬は湿度が下がりやすく静電気がすごいです。 特に布団がこすれてバチバチいうので、洗濯機置場のコンセントについているアース口から緑色のコ ...

ReadMore

DIY

【ケーブル着脱化】MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造3選【折りたたみ化】

SONYのMDR-CD900STといえば長年愛されているモニターヘッドホンですよね。 音楽制作以外にも、配信者の方でも愛用している人が多いこのヘッドホン。 この記事では「MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造2選」と称して比較的簡単にできる改造を紹介したいと思います。 (何年か前にやったことなので記憶がうろ覚えだったりします。あくまで参考程度として。) ステイ子また、改造は自己責任でお願いしますね。 MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造3選 難易度★☆☆☆☆ イヤーパッドを交換し ...

ReadMore

自己防衛

賃貸退去時の立会いは不要!法律やルールを事前に知ってボッタクリを防ごう

賃貸物件を引っ越す際、必ずある(と思っている)のが退去時立ち会いですよね。 管理会社の人と物件の確認をしたり鍵を返却して終わる訳ですが、場合によっては「借り主の無知につけこんだ悪質なボッタクリ」も横行しているようです。 しかし賃貸退去時の立ち会いは義務ではなく、そもそも立ち会いせずに済ませることがボッタクリを防ぐ最善策であるという話の紹介。 賃貸退去時に立ち会いそのものを拒否するメリット 言いくるめられてサインを強要されるなどの心配がない 退去立ち会いは過去に何回もしましたが、本当に業者によって全然態度が ...

ReadMore

ITガジェット

激安モニターアームWORLDLIFTが意外と使えておすすめな件

モニターアームって便利ですよね。机も広々使えるし、画面の高さも変えられるので肩こりや首こり対策にもなりますし。 とはいえ、最近まで34インチモニターを使っていたので普通に付属のスタンド使ってました。 ステイ子スタンドの下に厚めの雑誌を挟んで嵩上げしたりね が、この度ディスプレイの新調と共に再びモニターアーム環境を構築すべく、激安モニタアームを購入。 そのレビューとなります。 ステイ子買ったり手放したり忙しいヤツだな! 激安デュアルモニターアームWORLDLIFTを購入してみた 2,500円で2画面を持ち上 ...

ReadMore

ITガジェット

AOCモニタの評判と品質、ゲーミングモニタ24G2E5/11購入!

先日モニタを新調しました。 AOCというメーカーなのですが、意外と聞かない名前ですよね。 ということで、メーカーの説明もしつつ今回購入したゲーミングモニタ24G2E5/11のレビューもしてみようと思います。 AOCというメーカーって大丈夫なの?評判は? 他メーカーより先駆けてフレームレス・薄型デザインを採用していた(と思う) 実はAOCのモニタ、買うの2回目なんです。 初めて買ったのは2014年頃で、当時はまだモニタのフレームも太いものが多い頃だった気がします。 その頃に先駆けてフレームの細い薄型の製品を ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

デザイン

お手頃価格でオシャレな名刺が自分で作れるウェブサービス

2018年7月26日

名刺は普段どこで作られていますか?

はんこ屋さんや印刷会社の名刺作成サービスを利用している方もいれば、デザイナーに頼んでいる方や自身で作成している方もいるでしょう。

この記事は「ちょっとこだわった名刺にしてみたいけど、そういうのって高いんでしょ?」と思っている方への内容です。

こだわった名刺を作るといくらくらいするのか

デザイナーへの依頼はデザイン料金を含む

基本的に印刷会社などの名刺サービスは文字の場所や背景(柄)がテンプレートとして決まっており、その中から選ぶのが一般的。

そのためデザイン料はかからず、ほぼ印刷費+作業費と考えてもよいでしょう。

印刷費は「白黒かカラーか?」「片面印刷か両面印刷か?」「紙の厚みや種類は?」などで変動するものの、安いプランだと100枚2,000円〜とかもありますよね。

 

一方で、個人のデザイナーやデザイン事務所にオリジナルの名刺を依頼すると価格はポーンと跳ね上がります。

内容や場所(会社や個人)によりピンキリですが、1件30,000円くらいはデザイン費のみでかかるもの

探せばとてつもない安値(3,000円くらい?)で請け負っている個人デザイナーさんもいますけど・・・。

 

デザインもさることながら、更に凝った用紙や特殊加工(角丸・箔押し・エンボス/デボスなど)を行えば印刷費もかさみます。

しかし、それだけ名刺としてのクオリティや質感は満足いく仕上がりになるのではないでしょうか。

私も以前は必ず箔押しやエンボスといった加工に厚め(300kg)ぐらいの紙を使ってましたが、ことあるごとにリニューアルするくせに全部配りきれた試しがないので今は普通のです。

 

1度作ったら2度目は安くなるものの・・・

デザイナーに依頼した場合、最初はデザイン費がかかるものの、2回目の印刷(増刷)時は同じものを刷るなら印刷費+作業費となるでしょう。

あるいはデザインデータをまるっと提供してくれて「印刷はご自由にどうぞ(印刷会社に渡せばいいよ)」みたいな所もあるかもしれませんね。

この場合、印刷費のみとなるので初回よりはずっと安くなります。

 

とはいえ100枚でも配り終えるまでに結構かかりますから「なーんか今の名刺も飽きたし、もうちょっと違うデザインで心機一転したいな」と思うこと・・・ありませんか?

デザイナーや事務所にそんな話を持っていくと、再度デザイン費のかかる提案を受けたりして。(わかりませんが)

「デザイナーに頼むまでもないけど、いかにもテンプレートって感じの名刺はなぁ・・・」と、丁度よいバランス感をお求めの方はどうしたらよいでしょう。

 

豊富なテンプレと比較的自由な文字配置ができる名刺サービス

オシャレなテンプレートに自分で文字を配置できるVista Print

そこで選択肢の1つとして優秀なのがビスタプリントのセルフ名刺制作サービス。

4,000種類ものテンプレートから好きなデザイン(背景)を選んで、自分で文字を入力して位置も変えられるのが特徴です。

 

ソフトなどは必要なく、ウェブブラウザ上で完結できるためちょっとパソコンが使えればOK。

ロゴ画像や写真・QRコードをアップロードすることもできるので、意外とカユい所にも手が届きます。

 

これは私個人の感覚ですが、ちょっとした名刺制作サービスのテンプレートってだいたいカッコよくないんですよね。

背景によくわからないグラデーションが入ってたり、やたらと曲線を主張してみたり・・・。

ビスタプリントはそういう「お馴染みのテンプレ」もあるんですが、それとは別に今っぽいテイストを意識したビジュアルも多くあります。

4,000種類もあればいくつかは好みのテンプレが見つかるのではないでしょうか。

事業やサービスのコンセプトとデザインの関連性もこじつけられそうな気がします。

 

最後に価格ですが、100枚で980円から。(用紙を変えたりオプションをつけると高くなるようです)

テンプレートを選んだ上でこの価格ですから、なんだかため息が出てしまいます。

ビスタプリントの公式サイトは下記。

 

スマホでオシャレな名刺を簡単作成「whoo(フー)」

PCはもちろん、スマートフォンからも名刺を作成できるサービス。

こちらはデザインもさることながら紙へのアプローチも面白いのが特徴です。

特に「color」という3枚の用紙を張り合わせて側面に色がついているような仕様を選べるのは「おっ」と思いましたね。

まるで「小口染め(名刺の四隅(断面)に塗料を吹き付け染める加工)」のような他とは一味違う名刺になるでしょう。

 

通常サイズ(55mm × 91mm)の名刺のほか、正方形(60mm × 60mm)やMINI(28mm × 70mm)も選べるあたりは今風と言えます。

ただ、通常サイズの縦横を超えるサイズ感の名刺は一部で「名刺ファイルで綺麗に管理できない」と不評。

これといって意図がないなら通常サイズかMINIがよいかもしれません。

スタイリッシュで尖った雰囲気のデザインが多いですね。

PC版で作成画面まで進んでみた所、サンプルで入っている文字をの移動はできないようです。

つまり文字の配置も変えたい場合はビスタプリントの方が融通が効きますね。

whooの公式サイトは下記。

 

さいごに

デザイナーに頼むのと、即席名刺のちょうどよい感じ

デザイナーに頼むのがフルオーダーメイドだとしたら、これはセミオーダーメイドでしょうか。

ビジュアル部分もグリグリ動かせたらもっと自由度は増しますが、これくらいがちょうどよい気もしますね。

-デザイン

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.