DIY

怪しいアーシングマットを自作!効果あるの?感想と使い方

つい最近、なにやら怪しげな言葉「アーシング」を知りました。 EARTHにingでアーシングだそうですが、何やら身体に溜まっている電気を逃がすと健康にどうたらこうたら・・・。 非常に香ばしい話なので「どうせだから試してみるか」と、疑問を解決すべくアーシングマットを自作してみました。 アーシングという言葉を知るまでの経緯 冬場の静電気がウザすぎてどうにかアースに流そうと思った 冬は湿度が下がりやすく静電気がすごいです。 特に布団がこすれてバチバチいうので、洗濯機置場のコンセントについているアース口から緑色のコ ...

ReadMore

DIY

【ケーブル着脱化】MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造3選【折りたたみ化】

SONYのMDR-CD900STといえば長年愛されているモニターヘッドホンですよね。 音楽制作以外にも、配信者の方でも愛用している人が多いこのヘッドホン。 この記事では「MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造2選」と称して比較的簡単にできる改造を紹介したいと思います。 (何年か前にやったことなので記憶がうろ覚えだったりします。あくまで参考程度として。) ステイ子また、改造は自己責任でお願いしますね。 MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造3選 難易度★☆☆☆☆ イヤーパッドを交換し ...

ReadMore

自己防衛

賃貸退去時の立会いは不要!法律やルールを事前に知ってボッタクリを防ごう

賃貸物件を引っ越す際、必ずある(と思っている)のが退去時立ち会いですよね。 管理会社の人と物件の確認をしたり鍵を返却して終わる訳ですが、場合によっては「借り主の無知につけこんだ悪質なボッタクリ」も横行しているようです。 しかし賃貸退去時の立ち会いは義務ではなく、そもそも立ち会いせずに済ませることがボッタクリを防ぐ最善策であるという話の紹介。 賃貸退去時に立ち会いそのものを拒否するメリット 言いくるめられてサインを強要されるなどの心配がない 退去立ち会いは過去に何回もしましたが、本当に業者によって全然態度が ...

ReadMore

ITガジェット

激安モニターアームWORLDLIFTが意外と使えておすすめな件

モニターアームって便利ですよね。机も広々使えるし、画面の高さも変えられるので肩こりや首こり対策にもなりますし。 とはいえ、最近まで34インチモニターを使っていたので普通に付属のスタンド使ってました。 ステイ子スタンドの下に厚めの雑誌を挟んで嵩上げしたりね が、この度ディスプレイの新調と共に再びモニターアーム環境を構築すべく、激安モニタアームを購入。 そのレビューとなります。 ステイ子買ったり手放したり忙しいヤツだな! 激安デュアルモニターアームWORLDLIFTを購入してみた 2,500円で2画面を持ち上 ...

ReadMore

ITガジェット

AOCモニタの評判と品質、ゲーミングモニタ24G2E5/11購入!

先日モニタを新調しました。 AOCというメーカーなのですが、意外と聞かない名前ですよね。 ということで、メーカーの説明もしつつ今回購入したゲーミングモニタ24G2E5/11のレビューもしてみようと思います。 AOCというメーカーって大丈夫なの?評判は? 他メーカーより先駆けてフレームレス・薄型デザインを採用していた(と思う) 実はAOCのモニタ、買うの2回目なんです。 初めて買ったのは2014年頃で、当時はまだモニタのフレームも太いものが多い頃だった気がします。 その頃に先駆けてフレームの細い薄型の製品を ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

デザイン

PhotoshopとIllustratorを安く使用する方法

2018年7月27日

グラフィックデザインやウェブデザインの業界標準と言えるadobeのIllustrator(イラストレーター)とPhotoshop(フォトショップ)

今やTIPSも豊富で必ずしもプロだけが使うソフトとは言えなくなりました。

とはいえ初めて使う人にとって大きな壁となるのが「維持費」です。

この記事ではPhotoshopとIllustratorを安く使用する方法をご紹介。(※違法な手段ではありません)

PhotoshopとIllustratorを使うには?

「Adobe Creative Cloud」ライセンスを購入する

Adobe Creative Cloud(アドビクリエイティブクラウド)とはAdobeのクリエイティブに関わるソフトウェア群とクラウドサービスの総称です。

略称としてAdobe CCと呼ばれており、これになる以前はAdobe CS(Creative Suite)でした。

 

これまではパッケージ販売されており「一度買えばずっと使えた」ものが、クリエイティブクラウドになったことでサブスクリプション方式(月額制)になったのが特徴。

これだけ聞けば悪い印象もありますが、パッケージ買い切りはずっと使えるとはいえべらぼうに高額なのでおいそれと手が出ません。

趣味程度で使いたい人だとなおさら悩んでいたことでしょう。

加えて買い切り版はバージョンアップにもお金がかかるので、古いバージョンを使い続けようとするとパソコンのOSも気安くアップグレードできないデメリットがありました。

ソフトに縛られていつまでも古いOSを使い続けるのはあまり良い気分ではありません。

 

ですが、クリエイティブクラウドなら都度課金で常に最新版が使えるので、バージョンアップも気にしなくて良いのがメリット。

また「このソフトだけ使えればいいよ」という方向けのプランなどもあります。

 Creative Cloud フォトプラン
(個人向け)
Creative Cloud 単体プラン
(個人向け)
Creative Cloud コンプリートプラン
(個人向け)
Creative Cloud グループ版 単体プラン
(法人向け)
Creative Cloud グループ版 コンプリートプラン
(法人向け)
新規のお客様980円/月〜2,180円/月4,980円/月〜2,980円/月6,980円/月
学生・教育員980円/月980円/月1,980円/月1,680円/月3,680円/月
アプリPhotoshop CC
Lightroom CC
以下より1製品
Photoshop CC
Illustrator CC
InDesign CC
Acrobat DC
Dreamweaver CC
Animate CC(旧 Flash Pro)
Premiere Pro CC
After Effects CC
Audition CC
InCopy CC
Adobe XD CC
Dimension CC
以下すべての製品
Photoshop CC
Lightroom CC
Lightroom Classic CC
Illustrator CC
InDesign CC
Acrobat DC
Dreamweaver CC
Animate CC(旧 Flash Pro)
Premiere Pro CC
After Effects CC
Audition CC
InCopy CC
Character Animator
Adobe XD CC
Dimension CC
以下より1製品
Photoshop CC
Illustrator CC
InDesign CC
Acrobat DC
Dreamweaver CC
Animate CC(旧 Flash Pro)
Premiere Pro CC
After Effects CC
Audition CC
InCopy CC
Adobe XD CC
Dimension CC
以下すべての製品
Photoshop CC
Lightroom Classic CC
Illustrator CC
InDesign CC
Acrobat DC
Dreamweaver CC
Animate CC(旧 Flash Pro)
Premiere Pro CC
After Effects CC
Audition CC
InCopy CC
Character Animator
Adobe XD CC
Dimension CC

とはいえ、デザイン作業で欲しい組み合わせ「イラレとフォトショ」がありません。

  • どちらも単体プランで使う・・・2,180円×2=月額4,360円
  • フォトプランと単体プラン・・・980円+2,180円=月額3,160円

単体プランでそれぞれを使うくらいなら、深く考えず4,980円のコンプリートプランを頼んだ方が他のソフトも使えてお得なんですよね。

ちなみに単体プランとフォトプランでPhotoshopの価格ずいぶん違うことにお気づきかもしれません。

これはソフト以外の部分(Adobe提供のクラウドストレージや写真素材など)の部分で差がついているらしいです。

 

ということで、デザインを本格的にやる人・やりたい人が一般的なルートを辿ると月額4,980円が確定します。

 

年額にして59,760円ですね。

バリバリとデザイン仕事を受けている方なら必要経費として納得できますが、趣味程度で触りたい人だと「もう一声!」って感じしませんか?

 

PhotoshopとIllustratorを安く使用する方法

ヒューマンアカデミー通信講座「たのまな」を受講する

ヒューマンアカデミー通信講座「たのまな」には「アドビトレーニング通信講座」があります。

こちらはAdobe製品についての基礎的な知識やスキルを習得できるヒューマンアカデミーオリジナルのトレーニングプログラム。

といってもどこか教室に足を運ぶような必要はなく、自宅などで動画を観ながら学ぶことができる講座です。

 

そして、この通信講座には「Adobe Creative Cloud コンプリート」の利用ライセンス(12ヶ月 or 36ヶ月)が付属。

一般的な方法で「Adobe Creative Cloud」を利用するよりもずっとお得なので、知っている人はこの手段を用いている人が多いですね。

プランと価格は下記の通り。

    • 講座1か月+ソフト1年版:通常46,000円 → 割引価格29,800円
    • 講座3か月+ソフト1年版:通常59,000円 → 割引価格34,560円
    • 講座12か月+ソフト1年版:通常99,000円 → 割引価格67,716円
    • 講座3か月+ソフト3年版:通常151,200円 → 割引価格96,984円

一番安いプランでも1ヶ月の講座が付いて、さらに「Adobe Creative Cloud コンプリート」が月額2,480円ほどで使える計算になります。

 

お得な理由は通信講座でアカデミック版を使えているから

(いないと思いますが)「なんでこんなに安いの?違法なヤツ?」とか思われるとアレなので説明をすると・・・。

通信講座で付いてくるコンプリートプランのライセンスは「学生や教職員向け個人版(つまりアカデミック版)」なのです。

先程の表で「学生・教育員」の行だけやたらとお得でしたよね。

 

自分も専門学生だった時にアカデミック版のCS4を購入したことがありました。

ただ、当たり前ですが「学生や教職員であること」が条件です。

 

ヒューマンアカデミー通信講座「たのまな」を申し込むことで、通信講座とはいえ学生扱いになるのでしょう。

その流れでアカデミック版のAdobe CCをお得に利用できるのだと考えられます。

普通に専門学生などになれば3桁万はかかりますから、通信講座込みで月額2,480円は魅力的ですよね。

 

ちなみにヒューマンアカデミーは「アドビプラチナスクールパートナー」の認定を受けているので、Adobe社公認ということですね。

アドビ スクールパートナープログラムとは、製品の使い方を最初から学びたいビギナーの方から、スキルを習得してキャリアアップを目指す方まで、幅広い方々に独自の教材およびトレーニングサービスを提供するパートナーを認定するプログラムです。本プログラムには「プラチナスクールパートナー」「ゴールドスクールパートナー」「ブロンズスクールパートナー」の3種類があります。

引用:アドビ スクールパートナープログラム | Adobe

 

 

さいごに

Adobe以外のグラフィックソフトもありますが

今はAdobe以外のグラフィックソフトでも優秀な製品が増えているようです。

しかし「海外製品ゆえに日本語独自の縦書きに対応していない」など、本当の意味で代替となるソフトはまだない気がしますね。

ということで、Adobe製品に興味のある方はぜひ参考にしてみて下さい。

-デザイン

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.