自己防衛

【代替アプリ】脱グーグルをするのは以外と簡単!代替サービスまとめ

グーグルが世界的に検閲を強めて「個人の発信を制限しようとする動き(国民が得られる情報を制限しようとする動き)」を見せています。 日本人でこの動きに危機感を持つ人は少ないかもしれませんが、これは「メイドインC国」や「ロケットをこちらに向けて放つあの国」と同じです。 何かの疑問を持って「よし!調べよう!」と検索してもどれも同じような情報ばかり。検索の意味がない。 アフィリエイターがこぞって参入してから「どのサイトを見ても同じような内容ばかり!」と怒った経験がある方も多いでしょう。今はそれをGoogleが自らや ...

ReadMore

自己防衛

免疫力を上げるおすすめサプリでコロナやインフルに負けない身体

2020年始めから始まったコロナ騒動ですが、2年近く閉塞感がありますね。 そもそも厚生労働省のデータを見るに「今までの死亡者累計から見ると10万人に1人が死亡する位の確率」「死亡者のほとんどは70/80/90代の高齢者」「若者はほぼ重症化しないし死亡しない」ことがわかる訳ですが、免疫力が高いことに損はありません。 そこで私が飲んでいて「おっ!」と思ったオススメ免疫力系サプリをご紹介! ステイ子体感には個人差があるので、盲信に注意だぞ! 免疫力を上げよう!オススメサプリ グルタミン グルタミンといえば「旨味 ...

ReadMore

自己防衛

Google検索が使いにくい!これからの検索エンジンはDuckDuckGoやECOSIAで決まり!

昨今、急速にGoogle離れが加速しています。 私の友人も「なんでもかんでもGoogleになるのが嫌」と代替サービスに自主切り替えをしている人もいるほど。 さらに2021年は某感染症に関する個人の発信を検閲、情報統制を始めたGoogle。 これはもう「検索エンジン=多種多様な意見を元に人々に考えさせるための手段」から「人々を考えさせずに誘導するための洗脳手段」として機能しはじめたのではと考えてしまいます。 Google、行動規範からみんなのモットー「Don't Be Evil(邪悪になるな)」を外す 引用 ...

ReadMore

DIY

マキタの10.8V電動ドライバー&電動空気入れレビューDF333DSHS/MP100DZ

先日、マキタの10.8V電動ドライバー(DF333DSHS)と電動空気入れ(MP100DZ)を購入しました。 いつもインパクトドライバーを愛用していた私がここにきて電動ドライバーを買った理由や、エントリー価格帯のマキタ製品についての印象をレビューしたいと思います。 ステイ子マキタといったらカラーは緑! あえて電動ドリルドライバーを買った理由 インパクトである理由がほとんどなかった数年間 私は子供の頃から電動工具に憧れを抱いており、中でもインパクトドライバーの高速回転打撃には何とも言い難い魅力がありました。 ...

ReadMore

暇つぶし

スカイスターの最安ハードガンケースはおすすめか?購入レビューUFC85cm

お気に入りのエアソフトガンを収納するためのケース選びって意外と悩みますよね。 特に私はハンドガンばかり揃えてしまったので「1〜2挺入るサイズのケース」ではケースが増えてしまうことを器具しております。 そこで、ハンドガンをまとめていれる目的でスカイスターの最安ハードケースを購入してみました。 スカイスターのUFCハードガンケースは悪くない選択 クッションのコストダウンが惜しいながらも普通に使える 見た目をこだわりたいならアルミケースとかカッコいいですよね。 とはいえ素材的に高くつきますし「そのお金を銃本体の ...

ReadMore

自己防衛

Google検索が使いにくい!これからの検索エンジンはDuckDuckGoやECOSIAで決まり!

昨今、急速にGoogle離れが加速しています。

私の友人も「なんでもかんでもGoogleになるのが嫌」と代替サービスに自主切り替えをしている人もいるほど。

さらに2021年は某感染症に関する個人の発信を検閲、情報統制を始めたGoogle。

これはもう「検索エンジン=多種多様な意見を元に人々に考えさせるための手段」から「人々を考えさせずに誘導するための洗脳手段」として機能しはじめたのではと考えてしまいます。

Google、行動規範からみんなのモットー「Don't Be Evil(邪悪になるな)」を外す

引用:https://www.gizmodo.jp/2018/05/google-removes-dontbeevil.html

ステイ子
昔のGoogleはもはや存在しないのか

無料で多様なアプリを使わせることでシェアを得た先

個人情報・集団情報は金になる。大衆の行動を知れば扇動できる。

一個人の情報はプライバシーが色々と叫ばれますが、個人ではなく集団としてまとまった統計データが取れればそれでも「利用者のうち○%はこういう行動をする」と推測できます。

そこから新しい誘導先を設計してお金を稼ぐこともできますし、現代において一番の武器はビッグデータと言われるのもうなずけます。

 

「Googleは人々に便利なサービスを無料提供して世界を支配しようとしている」

こういう話を突き詰めると陰謀論とか言われちゃう訳ですが、実際問題「Google検索での情報に偏りがある」と感じている人はいる訳です。

よくテレビ局に「偏向報道」なんて言葉があるように、検索エンジンも「偏向検索結果」にするのは容易いこと。

ましてや広告で稼いでる企業は「大金を支払うスポンサーの意向を汲む」なんて当然の話で、陰謀でもなんでもありません。

 

とはいえ、ただ見せられてるテレビと違い

自分で調べているように思えて実は誘導されている

これが一番怖いところです。

 

Instagram(インスタグラム)で84万人のフォロワーを掲げるGENKINGさん。

2016年3月に行われたイベント「B Dash Camp 2016 Spring in Fukuoka」で

「Googleで検索すると文字が出てくるし、(検索結果は)SEO対策されている。あとはスポンサー(広告)とかが上がってきて…ネットってリアルじゃない。Instagramは検索することで言葉より画像が表示される」

と表現し、SEO対策に対しての見解を示したのですが、当時私どもは「そうは言っても、Googleが検索エンジンとして機能し、WEBのプラットホームである事に変わらないだろう・・」

と思っていたのが約1年前なんですね。

2016年時点で既に「SNSを検索エンジンとしてリアルな声を拾う」という考え方は若者を中心に根付いていたようです。

とはいえSNSも結局は広告で稼ぐビジネスモデルなので情報統制はできますし、それこそ個人を装った偽アカウントを使って情報を流すなどの工作はいくらでも可能です。

大手SNS(TwitterやInstagram、Facebook)あたりはGoogleと同じ方向を向くこともあるでしょう。敵対する理由がなければ儲け話に乗るはずですから。

ステイ子
「SNSで調べれば安心」ということにはなりませんね。

 

検閲が酷すぎて役立たずのGoogleの時代は終了

フィルターバブル対策:検索エンジン別のイデオロギーを考察

Google検索を捨てる

Googleの検閲、言論統制がすごい!

Google検索は終わった!検閲言論統制

脱Googleのすすめ:ネット検索はDuckDuckGoとBraveを

検閲が激しいGoogleはオワコン。Bing,、Baidu、Yahooどれに変える?

「グーグルは危険、使用中止せよ」元社員が本気暴露! 検閲、プライバシー無視

ステイ子
うへー!Googleの検閲に危機感をもって離れてる人...意外といる!

 

検索エンジンもSNSも1つで安心してはいけない

検索ワードよりも検索プラットフォームに注目

もはや検索結果で情報統制される可能性を考えると、精度もへったくれもない検索エンジンの方が有り難く思えてきます。

 

既に「どんな言葉を入れるか?」ではなく

「どこでその言葉を調べるか?」の時代にあると考えます。

 

スポンサーにとって知られると困ることを検索結果から除外されるようになると、もはやネットの利点がありません。

未知の情報を得られるからこそネットは刺激的だったはずです。

 

となると、どれだけ検索プラットフォーム(検索可能な場所)を知っているか?は重要ですし、複数の検索エンジンやSNSを横断的に調べるスキルが求められます。

DuckDuckGo(ダックダックゴー)やEcosia(エコシア)を使う

Googleは記事の通り、またYahoo!はガワだけでシステムはGoogleを用いてますし、bingもMicrosoftなので偏向はありそうです。

そこで代替案となるのが2つの検索エンジン。

DuckDuckGo(ダックダックゴー)

https://duckduckgo.com

DuckDuckGo(ダックダックゴー)は、インターネット検索エンジンである。利用者のプライバシーの保護と利用履歴等を記録保存しないことを運営方針としている。VivaldiやTor Browserの標準検索エンジンにも採用されている。また、DuckDuckGoは検索結果のパーソナライズを行わないため「フィルターバブル」に陥らない(DuckDuckGoはGoogleのフィルターバブル問題についてブログで指摘している)。 本社はアメリカ合衆国ペンシルベニア州パオリにある。

Ecosia(エコシア)

https://www.ecosia.org

Ecosiaとはドイツのベルリンの企業が提供する検索エンジン。Ecosiaは80%以上の利益を植林・森林再生活動を行う非営利団体に寄付している。Ecosiaは自身をソーシャル・ビジネスでありカーボンネガティブと考えており、Ecosiaは財政の透明性を主張し(定期的に財政レポートを公開している)、ユーザーのプライバシーを保護し、アメリカのB Labに認証されたベネフィットコーポレーションである。

両者はプライバシー保護を重点に置いており、検閲まみれの検索エンジンから逃れる手段として有効です。

(もちろん両者も未来永劫安全だとは思わず、常に代替案を模索する姿勢が大切だと思っています)

 

ちなみに私は普段からvivaldiというウェブブラウザを使っているのですが、こちらにはどちらも設定されています。(選択可)

vivaldiそのものはGoogle Chromeとほぼ同じで、むしろ高性能化しているので乗り換えもオススメです。(Chrome拡張もそのままvivaldiで使えます。)

Vivaldi ブラウザ: 超絶便利。タブ管理や広告で悩まない

 

情報を取捨選択する行為こそが知恵であるのでは?

多種多様な意見が飛び交わない場に「新たな発見」も「未来への希望」も存在しない

昨今「デマは封じるべきだ!」という声もありますが、それって「刃物は危ないから規制せよ!」の理屈に近いと感じます。

どんな情報も「その情報をなぜデマと判断するか?デマである主張こそがデマじゃないのか?」と考えるから人間の頭脳は進化してきた訳で。

 

それを「否定的・ネガティブ意見は全部デマ!検閲して非表示にしてやる!」なんて邪悪な存在じゃなきゃそんなことはしません。

それは子どもに対しても同じで、情報を選び考える術を教えるのが教育なのですから、情報は何が転がっていてもそれは問題ではないと考えます。

身体と頭を丈夫にするおすすめ記事

1

グーグルが世界的に検閲を強めて「個人の発信を制限しようとする動き(国民が得られる情報を制限しようとする動き)」を見せています。 日本人でこの動きに危機感を持つ人は少ないかもしれませんが、これは「メイド ...

2

2020年始めから始まったコロナ騒動ですが、2年近く閉塞感がありますね。 そもそも厚生労働省のデータを見るに「今までの死亡者累計から見ると10万人に1人が死亡する位の確率」「死亡者のほとんどは70/8 ...

3

昨今、急速にGoogle離れが加速しています。 私の友人も「なんでもかんでもGoogleになるのが嫌」と代替サービスに自主切り替えをしている人もいるほど。 さらに2021年は某感染症に関する個人の発信 ...

-自己防衛

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.