DIY

怪しいアーシングマットを自作!効果あるの?感想と使い方

つい最近、なにやら怪しげな言葉「アーシング」を知りました。 EARTHにingでアーシングだそうですが、何やら身体に溜まっている電気を逃がすと健康にどうたらこうたら・・・。 非常に香ばしい話なので「どうせだから試してみるか」と、疑問を解決すべくアーシングマットを自作してみました。 アーシングという言葉を知るまでの経緯 冬場の静電気がウザすぎてどうにかアースに流そうと思った 冬は湿度が下がりやすく静電気がすごいです。 特に布団がこすれてバチバチいうので、洗濯機置場のコンセントについているアース口から緑色のコ ...

ReadMore

DIY

【ケーブル着脱化】MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造3選【折りたたみ化】

SONYのMDR-CD900STといえば長年愛されているモニターヘッドホンですよね。 音楽制作以外にも、配信者の方でも愛用している人が多いこのヘッドホン。 この記事では「MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造2選」と称して比較的簡単にできる改造を紹介したいと思います。 (何年か前にやったことなので記憶がうろ覚えだったりします。あくまで参考程度として。) ステイ子また、改造は自己責任でお願いしますね。 MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造3選 難易度★☆☆☆☆ イヤーパッドを交換し ...

ReadMore

自己防衛

賃貸退去時の立会いは不要!法律やルールを事前に知ってボッタクリを防ごう

賃貸物件を引っ越す際、必ずある(と思っている)のが退去時立ち会いですよね。 管理会社の人と物件の確認をしたり鍵を返却して終わる訳ですが、場合によっては「借り主の無知につけこんだ悪質なボッタクリ」も横行しているようです。 しかし賃貸退去時の立ち会いは義務ではなく、そもそも立ち会いせずに済ませることがボッタクリを防ぐ最善策であるという話の紹介。 賃貸退去時に立ち会いそのものを拒否するメリット 言いくるめられてサインを強要されるなどの心配がない 退去立ち会いは過去に何回もしましたが、本当に業者によって全然態度が ...

ReadMore

ITガジェット

激安モニターアームWORLDLIFTが意外と使えておすすめな件

モニターアームって便利ですよね。机も広々使えるし、画面の高さも変えられるので肩こりや首こり対策にもなりますし。 とはいえ、最近まで34インチモニターを使っていたので普通に付属のスタンド使ってました。 ステイ子スタンドの下に厚めの雑誌を挟んで嵩上げしたりね が、この度ディスプレイの新調と共に再びモニターアーム環境を構築すべく、激安モニタアームを購入。 そのレビューとなります。 ステイ子買ったり手放したり忙しいヤツだな! 激安デュアルモニターアームWORLDLIFTを購入してみた 2,500円で2画面を持ち上 ...

ReadMore

ITガジェット

AOCモニタの評判と品質、ゲーミングモニタ24G2E5/11購入!

先日モニタを新調しました。 AOCというメーカーなのですが、意外と聞かない名前ですよね。 ということで、メーカーの説明もしつつ今回購入したゲーミングモニタ24G2E5/11のレビューもしてみようと思います。 AOCというメーカーって大丈夫なの?評判は? 他メーカーより先駆けてフレームレス・薄型デザインを採用していた(と思う) 実はAOCのモニタ、買うの2回目なんです。 初めて買ったのは2014年頃で、当時はまだモニタのフレームも太いものが多い頃だった気がします。 その頃に先駆けてフレームの細い薄型の製品を ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ITガジェット

「重低音もおk!」TaoTronicsのBluetoothサウンドバーTT-SK025使用レビュー

コストパフォーマンスの高い音響製品を手掛けるメーカーTaoTronicsさんよりワイヤレスサウンドバー(令和最新版/改善版)のレビュー依頼を頂きました。

以前にも同メーカーのワイヤレスイヤホンをレビューさせて貰いましたが、今回の製品もレベルが高いです。

【前回のレビュー】TaoTronicsのBluetoothイヤホンSoundLiberty 53使用レビュー

 

限定クーポンコードを発行していただきました。ぜひご活用ください!

当サイト限定クーポンコード

クーポンコード:SK025STAY
割引率 (%):20%OFF
有効期限:2020/05/12 0:01-2020/05/14 23:59

 

BluetoothサウンドバーTT-SK025開封・使用レビュー

室内での使用を想定した「内蔵バッテリーなしBluetoothスピーカー」

外箱はシンプルかつデザイン性の高いデザインとなっている

ここ数年ですっかり定着したブルートゥーススピーカーですが、その多くはバッテリーを内蔵したモバイル用途にも使える製品が多いですよね。

しかし、室内使用オンリーの人にとっては「コンセントから給電して使いたいのに」という人もいるはず。

バッテリー内蔵スピーカーにUSBケーブルとACアダプタを使って常時給電するのも、なんだかバッテリーが弱りそうですし。

 

しかし、今回レビューするTT-SK025はそのような人にピッタリの製品で、バッテリーは内蔵せずACアダプターでコンセントから給電するタイプのBluetoothスピーカーです。

だから家に常時置きっぱなし、スマホやタブレット(パソコン)のBluetoothでペアリングしてワイヤレススピーカーとして使えるのがGOODなポイント。

 

購入日から18か月+12か月(製品登録後)のウルトラロング保証もいいですね。

 

5Wデュアルスピーカー(10W)にデュアルパッシブラジエーターで低音増強

実はこのモデル、1年前から販売していたそうなんです。

しかし、今回レビューを依頼された製品はその改良版・改善版とのことで、2019年頃に購入されたTT-SK025とはまた評価が変わると思われます。

旧モデルからの改善点は下記。

ポイント

  • BluetoothバージョンはBluetooth 4.2からBluetooth 5.0に進化!
  • logoは前のTTからTaotronicsに変更
  • Mute機能をキャンセル

 

私は旧バージョンを持ってないのでいきなり改善版のレビューとなります。

2つのスピーカーに、2つのパッシブラジエーターという仕様は前回モデルと変わっていないようです。

外見というよりは、内部の仕様が変わったのだと推測しますね。

筐体は全面がパンチング加工された金属で、背面はプラスチックのようです。

前面にあるロゴは「TAOTRONICS」となっておりますが、旧モデルは「TT」となっています。

 

重量は適度にありますが、なにより足部分についている滑り止めが優秀。テーブルに置いて片手で横のボタンを押しても本体が横滑りしません。

 

特筆すべき点としては壁掛け用の穴がついており、壁に取り付けることが可能という点。

本体の横幅は41cmです。

背面のケーブルはL字になっており、干渉しない配慮がなされています。

とはいえある程度長さのあるフック(ピン)じゃないと邪魔になることは変わりなさそうですね。

 

操作系は側面に付いており、ボタンは5つだけとシンプルな設計です。

 

気になる音質は?低音はちゃんと出るのか?

ランプの場所が初見だとわかりにくい。

スマホからペアリングしてみました。

TaoTronicsさんのBluetoothイヤホン「SoundLiberty53」は絶妙に伸びるような低音感が好きで、バスドラムやサブベースの歪んだクラブミュージック(30Hz~60Hz近辺がやたら強いサウンド)が好きな私としてはとてもピッタリくる仕上がりに感じられました。

 

で、今回のサウンドバーです。

TT-SK025で好きなクラブミュージック・ヒップホップを聴いてみた感想としては「低音再生は(曲により)問題なし、ただ高音もそれなりに出て若干ドンシャリ気味」といった印象でした。

低音が強めの曲でも結構ちゃんと出せるようですが、TRAPみたいに「どぅぅぅん、どぅん、どぅぅぅぅん」みたいな極端に長く伸びて音階のある低音は苦手っぽいように思いました。

(得意なスピーカーがそもそも少ないかとも思いますが)

 

それ以外、一般的なJPOPだったりアニソンだったりは普通に心地良く聴けます。

パッシブラジエーターがかなり反応しているようで、本体を触ると振動が手に伝わってきます。

 

iPhoneやiPadのスピーカーと比較すれば、当然格段にアップしますし、テレビ内蔵スピーカーと比べても雲泥の差です。

 

サウンドバーTT-SK025室内利用シーン

テレビ兼Bluetoothスピーカーとして

サウンドバーなので液晶テレビの上に設置しても良いですね。

AUX端子で繋いであげればBluetoothなしでも使えるので万能選手です。

ただ液晶テレビやディスプレイに乗せるときはちゃんとテレビ上収納ボードなどを設置したほうが良いでしょう。

 

棚やシェルフなどに置いてもオシャレに使える

もう今時の若い子はラジカセやコンポを持たずに、Bluetoothスピーカーとスマホで音楽環境を完成させてしまうのでしょう。

若い人じゃなくても、スマホメインで音楽を聴く人にとってこのサイズ感のスピーカーは「部屋中でより良い音を聴くためのシステム」として優秀です。

 

音楽をライトに楽しむ人にとって「でかいスピーカーやケーブル配線まみれ」は禁忌であり、避けたいポイントです。

でも、スマホ以上に良い音で音楽を聴けるなら、さらにBluetoothで手持ちのスマホから曲を飛ばして楽しめるならそれほど良い事はありません。

 

必要かつ十分な性能でこの価格ですから、理想的な選択肢となることは間違いないでしょう。

コストパフォーマンスに優れたサウンドバーをお探しの方にはぜひオススメしたい一品でした。

 

ステイ子
リビングや部屋でスマホから飛ばして聴くのにピッタリ!やっぱり良い音で聴く音楽はいいな!

-ITガジェット

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.