DIY

怪しいアーシングマットを自作!効果あるの?感想と使い方

つい最近、なにやら怪しげな言葉「アーシング」を知りました。 EARTHにingでアーシングだそうですが、何やら身体に溜まっている電気を逃がすと健康にどうたらこうたら・・・。 非常に香ばしい話なので「どうせだから試してみるか」と、疑問を解決すべくアーシングマットを自作してみました。 アーシングという言葉を知るまでの経緯 冬場の静電気がウザすぎてどうにかアースに流そうと思った 冬は湿度が下がりやすく静電気がすごいです。 特に布団がこすれてバチバチいうので、洗濯機置場のコンセントについているアース口から緑色のコ ...

ReadMore

DIY

【ケーブル着脱化】MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造3選【折りたたみ化】

SONYのMDR-CD900STといえば長年愛されているモニターヘッドホンですよね。 音楽制作以外にも、配信者の方でも愛用している人が多いこのヘッドホン。 この記事では「MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造2選」と称して比較的簡単にできる改造を紹介したいと思います。 (何年か前にやったことなので記憶がうろ覚えだったりします。あくまで参考程度として。) ステイ子また、改造は自己責任でお願いしますね。 MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造3選 難易度★☆☆☆☆ イヤーパッドを交換し ...

ReadMore

自己防衛

賃貸退去時の立会いは不要!法律やルールを事前に知ってボッタクリを防ごう

賃貸物件を引っ越す際、必ずある(と思っている)のが退去時立ち会いですよね。 管理会社の人と物件の確認をしたり鍵を返却して終わる訳ですが、場合によっては「借り主の無知につけこんだ悪質なボッタクリ」も横行しているようです。 しかし賃貸退去時の立ち会いは義務ではなく、そもそも立ち会いせずに済ませることがボッタクリを防ぐ最善策であるという話の紹介。 賃貸退去時に立ち会いそのものを拒否するメリット 言いくるめられてサインを強要されるなどの心配がない 退去立ち会いは過去に何回もしましたが、本当に業者によって全然態度が ...

ReadMore

ITガジェット

激安モニターアームWORLDLIFTが意外と使えておすすめな件

モニターアームって便利ですよね。机も広々使えるし、画面の高さも変えられるので肩こりや首こり対策にもなりますし。 とはいえ、最近まで34インチモニターを使っていたので普通に付属のスタンド使ってました。 ステイ子スタンドの下に厚めの雑誌を挟んで嵩上げしたりね が、この度ディスプレイの新調と共に再びモニターアーム環境を構築すべく、激安モニタアームを購入。 そのレビューとなります。 ステイ子買ったり手放したり忙しいヤツだな! 激安デュアルモニターアームWORLDLIFTを購入してみた 2,500円で2画面を持ち上 ...

ReadMore

ITガジェット

AOCモニタの評判と品質、ゲーミングモニタ24G2E5/11購入!

先日モニタを新調しました。 AOCというメーカーなのですが、意外と聞かない名前ですよね。 ということで、メーカーの説明もしつつ今回購入したゲーミングモニタ24G2E5/11のレビューもしてみようと思います。 AOCというメーカーって大丈夫なの?評判は? 他メーカーより先駆けてフレームレス・薄型デザインを採用していた(と思う) 実はAOCのモニタ、買うの2回目なんです。 初めて買ったのは2014年頃で、当時はまだモニタのフレームも太いものが多い頃だった気がします。 その頃に先駆けてフレームの細い薄型の製品を ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ワードプレス

Simple Download MonitorでreCAPTCHAが動かない場合の対処法

WordPressで独自にデータ配布などをする際に便利なのが「Simple Download Monitor」といったプラグインですよね。

自分のサイトで配布できる上、ダウンロードした人のIPや国別データなども取得できるのでアクセス分析にも一役買います。

しかし、そんな時に邪魔なのがbotやスパム的ダウンロードの存在。

なるべく変なカウントを入れないためにreCAPTCHAを導入したいものですが、エラーになる場合があります。

Simple Download MonitorにreCAPTCHAがエラーになる

現状、reCAPTCHA V3を使うとエラーになる模様

reCAPTCHAはV3までありますが、Simple Download MonitorにreCAPTCHAを搭載するにはV2である必要があるようです。

コンタクトフォーム7などはV3でも動くのですが、その時に取得したV3のサイトキーとシークレットキーを反映させても下記のようなエラーになりました。

「サイト所有者の確認が必要なエラー: キータイプが無効です」

 

そこで同じドメインで再度V2のサイトキーとシークレットキー生成して反映させたところ、無事Simple Download MonitorでもreCAPTCHAが動くようになりました。

 

reCAPTCHAについて

reCAPTCHAとは

ウェブサイトの入力欄等を悪質なbot等から守るために提供されている機能。

何かにログインしたり、入力項目を送信したり、ダウンロードしたりという時に導入されています。

「私はロボットではありません」というチェックボックスをクリックした経験がある人は多いでしょう。

これです。

V1,V2,V3とバージョンがあり、それにより判別方法が若干異なっています。

V1,V2,V3で何が違うのか

おおまかに下記となります。

  • V1は「読みにくい歪んだ英文字を判別して入力する方法」
  • V2は「私はロボットではありませんにチェックする方法」(怪しい場合は画像選択による追加判別)
  • V3は「サイト内行動に対して不審な点があるかどうかを監視する方法」

 

文字入力→チェックボックス→何もしなくていい

と、バージョンが上がるごとにサイト閲覧者に何かを強いることなく判別が可能になっているようです。

-ワードプレス

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.