ワードプレス

Simple Download MonitorでreCAPTCHAが動かない場合の対処法

WordPressで独自にデータ配布などをする際に便利なのが「Simple Download Monitor」といったプラグインですよね。

自分のサイトで配布できる上、ダウンロードした人のIPや国別データなども取得できるのでアクセス分析にも一役買います。

しかし、そんな時に邪魔なのがbotやスパム的ダウンロードの存在。

なるべく変なカウントを入れないためにreCAPTCHAを導入したいものですが、エラーになる場合があります。

Simple Download MonitorにreCAPTCHAがエラーになる

現状、reCAPTCHA V3を使うとエラーになる模様

reCAPTCHAはV3までありますが、Simple Download MonitorにreCAPTCHAを搭載するにはV2である必要があるようです。

コンタクトフォーム7などはV3でも動くのですが、その時に取得したV3のサイトキーとシークレットキーを反映させても下記のようなエラーになりました。

「サイト所有者の確認が必要なエラー: キータイプが無効です」

 

そこで同じドメインで再度V2のサイトキーとシークレットキー生成して反映させたところ、無事Simple Download MonitorでもreCAPTCHAが動くようになりました。

 

reCAPTCHAについて

reCAPTCHAとは

ウェブサイトの入力欄等を悪質なbot等から守るために提供されている機能。

何かにログインしたり、入力項目を送信したり、ダウンロードしたりという時に導入されています。

「私はロボットではありません」というチェックボックスをクリックした経験がある人は多いでしょう。

これです。

V1,V2,V3とバージョンがあり、それにより判別方法が若干異なっています。

V1,V2,V3で何が違うのか

おおまかに下記となります。

  • V1は「読みにくい歪んだ英文字を判別して入力する方法」
  • V2は「私はロボットではありませんにチェックする方法」(怪しい場合は画像選択による追加判別)
  • V3は「サイト内行動に対して不審な点があるかどうかを監視する方法」

 

文字入力→チェックボックス→何もしなくていい

と、バージョンが上がるごとにサイト閲覧者に何かを強いることなく判別が可能になっているようです。

身体と頭を丈夫にするおすすめ記事

1

タイトルで煽りましたが、日本ではいつの間にか様々な(国民の意思が反映されない)決定がなされます。 大手メディアはそのようなニュースをロクに報道せず、芸能人やタレントのどうでもいいスキャンダルをネチネチ ...

2

あるときからサプリメントを買うのが半ば趣味となり、いままで色々買ってきました。(主にアイハーブで) トップ画にあるのは今うちにある分ですが、これ全部を毎日飲んでる訳じゃないですからね。 比較的毎日飲む ...

3

昨今、急速にGoogle離れが加速しています。 私の友人も「なんでもかんでもGoogleになるのが嫌」と代替サービスに自主切り替えをしている人もいるほど。 さらに2021年は某感染症に関する個人の発信 ...

4

「趣向を変えたサイトのコンテンツを作れないか?」という考えのもと、世の中の「変だなぁ」をTwitterで集めてみました。 これらを見て「なにそれ!おかしいでしょ!」と思う数が多い人ほど、危険予知能力が ...

5

ウェブサイトを巡回していると、自分が目にしたくないと思う情報に遭遇することもありますよね。 良し悪し様々な情報を得ることや「得られる環境」は大事ですけど、そこには「ただの誹謗中傷」や「不快なワードを連 ...

-ワードプレス

Copyright© STAYFOG , 2022 All Rights Reserved.