生活向上

JUXLampの光療法ライト購入!自作するより安くておすすめ!

外に出る機会が減るとなんだか調子が悪くなることってありませんか? あるいは冬になると日照り時間が短く精神的に落ち込みやすくなったり、体調を崩す人も多いですよね。 それもそのはず、日光を浴びることで体内でビタミンDを生成したり、セロトニンの分泌を行うため。 室内に籠もる生活は人体に支障をきたすと言われています。 ステイ子とはいえ、こもり体質の人間は外に出るのが億劫なんだよ! 人間の日照不足改善を目的とした光療法ライト 12000LUXの光を浴びることで体内時計を正常化! じゃん!そこでこの光療法ライトです! ...

ReadMore

ITガジェット

Kindlefire8&10比較!Android化!googleplayを入れて改造

2021年版のKindle fireHD8とHD10をダブル購入しました。 充電端子がUSB-Typecとなったり、枠が等幅化したりと微妙に進化していますよね。なにより安い! 今回はこのタブレットをより使いやすくするためにアンドロイド化の改造をしてみました。 Kindle fireのアンドロイド化は自己責任で! Fire Toolboxを使えばカンタンにAndroid化可能 やり方に関しては詳細に作っているサイトがたくさんあるのでそちらを参考にするのがベストです。 私個人としては「実際にやってみてわかった ...

ReadMore

DIY

【おすすめ】Snapfreshのインパクトドライバー&レシプロソーが安くて便利!

昨今DIYブームで電動工具を使う人は増えました。 とはいえ「ガチでやる訳じゃないから、お手頃で使える工具がいいんだけど」という人は多いもの。 ホームセンターでチャチな電動ドリルドライバーを買っても満足なDIYは出来ませんからね。 そこで今回は振興メーカー「Snapfresh(スナップフレッシュ)」のインパクトドライバー&レシプロソーを購入したのでレビューしたいと思います! Snapfreshの電動工具はお手頃価格でちゃんと使える! マキタやハイコーキのインパクトは高い!というライトユーザーにおすす ...

ReadMore

生活向上

どこでもクーラーはエアコンになるか?うるさい?排熱ダクト改造結果

今年も夏がやってきます。 猛暑日がやってきてます。 寝苦しい夜がやってきます。 現在の物件はエアコンがないのですが、寝苦しいほどの猛暑日は数日程度なので壁エアコンの導入に踏み切れなかったりしています。(他にも賃貸ならではの制約があったり) そこで以前は窓エアコンを導入してみた訳ですが、あまりの轟音にワンシーズンで使用をやめてしまいました。 そして次なる検証は各所で有名なコロナ製の「どこでもクーラー」に決定! 「壁エアコン設置できなくて悩んでいる」という方の参考になれば幸いです。 2021/07/19追記 ...

ReadMore

生活向上

洗濯機の防振キャスター台で騒音軽減!デメリットゼロで超おすすめだった件

洗濯機って脱水のとき超ガタガタ揺れません? 衣類を詰めすぎた時なんかは偏るので仕方ないですが、とはいえ「ガダン!!ガダンガダダダダダダ!!!!」と今にも脱衣所を破壊しそうな騒音を出しますよね。 私が使っている洗濯機もまさにそんな騒音が気になるようになったので防振キャスター台を買ってみました。 洗濯機の防振キャスター台でガタガタ音を軽減しよう! 2000円~3000円で防振と掃除のしやすさが手に入る感動 こちらアマゾンで売られていた製品です。 リンク こちらアマゾンで売られていた製品です。 この分野は特に有 ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

DIY

ダイソー100円商品でアイロン台を自作する方法!450円也

2020年7月1日

アイロン台って大きい商品が多くて、たまに使う程度だと邪魔になったりします。

そこでダイソー商品を使ってちょうどよいサイズのアイロン台を安上がりに作ろうと計画。

ステイ子
アイロン台を自作するぞー!

100円ショップで自作したアイロン台

完成品はこちら。合計450円でした。

材料は下記。

  • アルミコーティングアイロン台カバー
  • 木板(450mm ✗ 250mm ✗ 9mm)※150円商品
  • フェルト 700mm ✗ 600mm
  • ホチキス

100円ショップにはアイロンシートなる商品もありますが、意外とペラペラです。

ある程度しっかりした板の入ったアイロン台を450円で作れるなら悪くないでしょう。

高温でアイロンがけしてもしっかり断熱してくれるので安心です。

 

100円アイロン台の作り方

フェルトを木板サイズに合わせてカットします。

といっても無駄がでないように、半分にして2枚重ねて木板にくっつけます。

くっつける時に使うのはホチキス。

ダイソーの工具売り場にはより強力なタッカーもありますが、針の長さが違うのでもしかしたら木板を突き破るかもしれません。

(たまたまタッカーが品切れだったため、私はとりあえずホチキスを選びました)

今後もDIYなどをするならタッカーの方がどう考えても強力で便利ですが、家にホチキスがあるならそれでも可。

 

ホチキスは針がやわらかいので、木板に負けて針が曲がって刺さらないことがあります。(数回やればうまく刺さる)

下記はフェルト2枚重ねを折り返して、木板に打ち付けてます。

フェルトを固定したら、次はアルミコーティングカバーを固定します。

お店には舟型のカバーしかなかったのですが、後日別のダイソーに行ったら角型もありました。

あて布は今回使いませんが、アイロンがけの際にはあると便利です。

 

 

カバーの縁に紐がついてますが、邪魔なので取りました。

打ち付けたフェルトをくるむように、ホチキスで打ち付けて固定します。

裏面は綺麗に処理しようと思えば他の手段もあると思いますが、面倒なのでこんな感じになりました。

表面はこんな感じ。

アイロンカバーのシワが気になるので、このカバーに霧吹きで水をかけてアイロンがけします。

シワはなくなり綺麗になりました。

小さいけど比較的しっかりしたアイロン台の完成です。

サイズは木板のサイズなので45cm x 25cmです。

 

自作が面倒なら検討したいおすすめアイロン台

山崎実業 ベーシック 平型アイロン台アルミコート

サイズは約60cm X 36cm X 2cmとのことで、今回の自作アイロン台より大きいですね。

アマゾンだと1200円ほどで買えるので、作るのが面倒ならこちらを買っちゃうのもアリでしょう。

 

北欧風デザインのアイロン台も良いですね。

どこかファブリックボード感もあるので、そのまま壁に立て掛けておいても良さげです。

 

 

 

スチームアイロンなどアイロン台が不要な商品も人気ですが、ピシッとシワ伸ばしできないなどで従来のアイロンを捨てることはなかなかできません。

かといってあまり使用頻度が高くもなく、しっかりしたアイロン用品を揃えるまでもないというのが本音。

そんなときは100円アイテムで手頃に自作してしまうのはアリアリです。

ぜひ参考にしてみてください!

-DIY

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.