ITガジェット

CHUWI Corebook X 購入レビュー【おすすめ格安パソコンメーカー】

Windowsのノートパソコンが欲しくなりAmazonを探していたところ、性能とデザイン・価格のバランスが取れすぎているようなCHUWI Corebook Xを発見し思わずポチってしまいました。 このモデルはあまり情報がないようなのでレビューしたいと思います! CHUWIというメーカーについて CHUWIは格安中華メーカーにしては知名度が高い CHUWIと書いてツーウェイと読むそうです。(私は心の中でずっとチューウィと間違って読んでました) 現時点では主にAmazonなどネット経由で買えるメーカーであるた ...

ReadMore

ITガジェット

iRozceのフルHD格安Webカメラ使用レビュー!高画質かつマイク内蔵でおすすめ!

未だ冷めやらぬコロナウイルスの猛威ですが、仕事の仕方もオンラインで済ませる企業・個人が増えているようです。 今年の夏頃にはウェブカメラの需要が供給を上回り1台1000円弱のウェブカメラが8000円を超えて売買されるというような事態も起こりました。 今は落ち着いていますが、この度「iRozce」というメーカー様から新製品のウェブカメラをご提供いただいたのでレビューしたいと思います。 ポイント メーカー様よりAmazonで使える限定のクーポンコードをいただきました。 お買い求めの際は必ず利用のうえ、お得にゲッ ...

ReadMore

ITガジェット

Fire TV StickでUSB製品を使う方法!KODIでメディアプレイヤー化!

AmazonのFire TV Stickってテレビで映画やアニメなどを見るには便利ですよね。 でも、ただストリーミング再生用に使うだけではなく「メディアプレイヤー化」もできます。USBの入力機器も接続できたりするのですが、そのままだとそれらは叶いません。 ステイ子手持ちの動画をテレビで再生できるようにしたい!垂れ流したい! Fire TV Stickを最大限に使うためのカスタマイズ OTGケーブルでUSBポートを作ってUSBマウス・USBメモリの接続を可能に 前からやろうと思いつつ、放置していたFire ...

ReadMore

ITガジェット

SEENDAのワイヤレスキーボードが超おすすめ!テンキー付きをレビュー!

kindle fire stickの操作をキーボードでできたら。。。と思い、Amazonで良さげなワイヤレスキーボードを購入しました。 届いて使ってみたら、見た目はもちろん使い勝手も良かったのでレビュー記事を残しておきます。 ステイ子Amazonの中華メーカーは当たり外れがあるからね SEENDAの格安2.4Gワイヤレスキーボードが意外に良い! マウス込みで2,400円程度!しかも充電式でコネクタはtypeC Amazonで購入、到着してスグにパシャリ。 デザインからしてMacのキーボードを意識してますよ ...

ReadMore

暇つぶし

エアコキを重くしたい!ハンドガン重量UP計画

大人の暇つぶしにも最適なエアコキハンドガン。 お手頃価格で買える上に、意外と細部まで作られていて眺めていても面白いオモチャですよね。 とはいえ気になる人は気になるのが「重さ」 ステイ子エアコキハンドガンをもっと重くしたい! という方へ、今回は東京マルイの人気エアコッキングハンドガン「コルト M1911A1ガバメント(18歳以上用)」に細工をしてみました。 ※分解・カスタムを行うと保証が受けられなくなります。分解と組み立てに自信がある方のみ、実行の際は自己責任のもと慎重に行って下さい。 エアコキハンドガンを ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

DIY

Dremelハイスピードロータリーツール3000-N購入レビュー

Dremel(ドレメル)の電動ルーターを購入しました。

買って満足のいく製品でしたが、ルーター初心者に私にとっては購入前に疑問も多く結構調べる必要がありました。

とはいえ一通り揃ったので、ルータと合わせて買うべきツール等も紹介したいと思います。

Dremelハイスピードロータリーツール3000購入まで

価格と性能のバランスがベストな機種

下記は現状Amazonで買えるモデルの要点一覧。

ハイスピードロータリーツール3000約7,500円10,000~32,000回転/分AC100V
ハイスピードロータリーツール4000約15,000円5,000~32,000回転/分AC100V
ペン型ミニルーターFINO約8,000円最大22,000回転まで調整可能なダイヤル式の無段変速AC100V
バッテリーミニルーター MICRO約9,500円5,000-28,000回転/分7.2V(充電式内蔵リチウムイオンバッテリー)

自分の用途だとバッテリーではなくてもいいので、4000より性能と価格の落ちた3000くらいがベストだと判断。

 

他にも

  • プロクソン
  • リョービ
  • TACKLIFE

などが検討メーカーだったのですが、なんとなくドレメルの青とグレーのカラーリングに惹かれたという単純な理由でした。

 

ドレメル3000n/10は必要最低限しか付属しない

これが中身。付属品です。

ケースに入っているのはたったこれだけなので、別にビットも買わないと目的に合わせた掘削や磨きができません。

 

より様々な用途に対応するにはドメレルチャックや追加コレットが必要

ルーター用のビットには軸のサイズが何種類かあり、そのサイズに合ったコレットを使わないとちゃんと固定できないという決まりがあるようで。

最大締め付けてもガバガバになるようなコレットとビットの組み合わせだと当然使えないんですよね。

ドレメル3000n/10には3.2mmのコレットしか付いてきません。

しかし、汎用ビットなどは2.35mm軸などが多いです。

 

なので、別サイズのコレットも買うか、ドレメルチャックという可変式で使えるチャックも別に用意したほうが利便性が上がります。

私はUIDというメーカー?のコレット&ドメレルチャック類似品セットを買いました。

金色のがコレット、小さな黒いのがコレット固定部品。

黒くて一番デカイのが互換チャックです。

 

取り付けてみましょう。

買ったばかりのルーターの先端はこのようにコレットで締めるようになっています。

 

付属の工具で外します。

下記がUIDの互換チャック。本物はドメレルチャックとかいう名前で呼ばれています。

装着。これでコレットをいちいち取り替えなくても、幅広い軸サイズのビットを使えるようになりました。

 

 

ルーター買うなら一緒に買いたい便利なビット

JINTONG 超硬バー タングステンバー

木材などをゴリゴリ削るならタングステンバーがおすすめ。

見ての通りぐいぐいエグれる刃がたくさんついており、普通の砥石やダイヤモンドビットよりも荒削りがはかどります。

 

ガラスなどを削るならダイヤモンドビット

今回は買わずにいましたが、ガラスなどを削るならダイヤモンドビットがおすすめです。

 

ダイソーにもあるかな?と見に行きましたが、ダイヤモンドビットはありませんでした。

前は4,5本セットになったビットが売ってたような気がするのですが・・・この店舗だけ?

どこかしら最近ダイソーは工具類の充実度が悪くなった気がします。

 

Dremelハイスピードロータリーツール3000を使ってみて

パワーはあるが、軽くはない。

ペン持ちしたいならもっと軽くて細いルーターがよいかもしれません。

パワーは十分で木材の掘削はラクラク。金属切断も時間をかければできます。

 

とはいえ、高速回転を使うと騒音もそれなりに大きいので速度設定が2/4/6/8/10と5段階ありますが、室内利用では2か4しか使いませんでした。

モーターに負荷をかけてでも早く処理したい!って場合は10でもいけるかもですが、ちょっと不安がありますね。

 

あまりパワーを上げずに使うんだったら最初からドレメルチャックが標準搭載されていて本体サイズもスリムな「FINO」のほうがよいかもしれません。

速度調節も無段階ですし。

 

逆に、ドレメル4000だと3000よりもっとヘビーな使い方にも耐えそうですが、細々とした用途には益々向かなさそうな気もします。

フレキシブルシャフトを付ければルーター本体をバナナハンガーみたいなもので吊り下げて、ペン型のスリムな軸を持って細かい作業を行うなんてこともできるようですが・・・。

 

ステイ子
とはいえ、個人的に買って満足でした。
参考になれば幸いです。

-DIY

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.