思ったこと

SDGsが胡散臭い。脱炭素や環境問題の嘘を調べてみる。

2022年6月27日

ある時から急にSGDsが持ち上げられましたよね。

うちにはテレビがありませんが、以前「SDGsをテーマにしたバラエティ番組」を居酒屋備え付けのテレビで目にしたりしました。

やたらと各所でSDGsが騒がれたころは「どうしたの急に?」といった気分でした。

ステイ子
それに乗っかってSDGsと叫んでいる個人もどこまで理解して叫んでいるのかが不明。

という印象だけ述べても何なので、SDGsの胡散臭さを言語化されている方の情報等も含めまとめてみたいと思います。

※SDGsを推進している機関や団体・個人は多く存在しているので、私は懐疑的な目線の意見や情報のみをまとめます。「肯定的な情報しか得たくない」という人は読まない事をお勧めします。

SDGsとは

持続可能な開発目標

持続可能な開発目標SDGsエス・ディー・ジーズとは
持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

引用:外務省

SDGsで掲げられている目標は以下です。

1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロに
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに 
5.ジェンダー平等を実現しよう 
6.安全な水とトイレを世界中に 
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに 
8.働きがいも経済成長も 
9.産業と技術革新の基盤をつくろう 
10.人や国の不平等をなくそう 
11.住み続けられるまちづくりを 
12.つくる責任 つかう責任 
13.気候変動に具体的な対策を 
14.海の豊かさを守ろう 
15.陸の豊かさも守ろう 
16.平和と公正をすべての人に 
17.パートナーシップで目標を達成しよう

ステイ子
誰も反論できないというか、掲げるまでもない「当たり前の内容」が多いね。。
こんなこと大なり小なり誰もが思っていることだ。それをわざわざ大々的(世界的に)掲げ始めた意味を考える必要がある
アヒル

 

SDGsの胡散臭さを調べてみる。

SDGsに対する懐疑的目線の記事

 

目下、SDGs(持続可能な開発目標)というのが流行のようですが、実現には膨大なコストがかかります。そのコストに見合う成果が見込めるのでしょうか?SDGsも何か利権がらみの運動なのでは?-Quora

「SDGs」がとつぜんテレビで目立つようになった理由を探る!「それで誰が得をするのか?」

「SDGS」を言う人を絶対に信用してはいけない。

 

陰謀論と揶揄されそうですが、このような考えもありますね。

究極的に貧困をなくすには、資本主義を否定するしかない。
資本主義を破壊するためには、 環境問題を利用するしかない。
全員を貧しくすれば相対的に貧困というものがなくなる。
世界からイノベーションをなくし、一元的に人類を管理しなくてはならない。
そして共産主義体制でのサステナブルな生活物資の生産と消費で管理された人々は生活し、それを管理する支配者だけが豊かな生活を代々、謳歌できるできる貴族社会の誕生である。

引用:SDGsの目標は全て守らなくてもいい

 

生物学者の池田清彦氏は下記のように前提部分が相反していることにも言及しています。

「Sustainable(持続可能)」であるということは、そこで「Development(開発)」は止まるのが普通だし、その逆に「Development」を続けている限りは、「Sustainable」という状態にはならない。「Sustainable」でありながら「Development」をずっと続けていくことなんて、あり得ないわけだ。

引用:「SDGsの大嘘」にほとんどの一般人が騙されるワケ-東洋経済

また、他サイトの池田清彦氏による記事ではこのような解説もありました。

ヨーロッパは化石燃料が乏しく、化石燃料が豊富な、北米、ロシア、中国、オーストラリアなどのエネルギー大国と、エネルギーの供給において見劣りするのは避けられないのである。

そこで、化石燃料は地球温暖化の元凶だという理屈を振りかざし、化石燃料をエネルギーの供給源から締め出してしまえば、エネルギーの調達に関し、ヨーロッパは他の大国と、この点に関しては対等な立場に立つことができる。それがSDGsの裏の本音である。

(中略)

先に述べたようにSDGsというお題目の下にCO2を削減するというのは、EUの対世界戦略で、別に崇高な理念に基づいてやっているわけではないことがよく分かる話である。

ロシアはウクライナの肩を持つEUへの対抗措置として天然ガスの供給を意図的に絞って、EUを兵糧攻めにしようとしているが、これに対抗するには原発、火力、再エネなどでの発電を推進するほかはない。

引用:ホンマでっか池田教授が指摘。露呈したEU「エネルギー政策」の嘘 -MAG2NEWS

 

 

SDGsに対する著名人の声

茂木健一郎氏

「エコマークと変わらない」「流行でつけてるだけ。とてもSDGsを考えているようには思えない」「日本のそういうところってちょっとヤバイ気がする」

「日本人って海外が提唱するエコロジーな雰囲気に考えなしに乗りやすいよね」みたいな事を話されています。

 

高橋洋一氏

「あたりめーな話ばっかり」「国内では美化のために使われてる」

日本では企業が「うちはクリーンで健全な企業ですよアピール」の材料としてSDGsがあると分析。

 

室伏謙一氏 森井じゅん氏

「マダガスカルという国の水の浄化市場を全部独占してしまおうと・・・」

こちらはバッジや日本人の雰囲気ではなくSDGsの根本的な部分への言及があります。

ステイ子
日本ではSDGsの裏側より、SDGsに賛同している企業や個人への印象を述べてるものが多い感じ

 

馬渕睦夫氏ほか

 

 

SDGsと環境問題(地球温暖化・脱炭素)に関する情報

SDGsに懐疑的な書籍

 

CO2排出枠ビジネスのカラクリ。電気自動車は環境に優しくない。

苫米地氏の著書「本当のエコ」は、昨今当たり前のように叫ばれている脱炭素がいかに「仕組まれたビジネス」であるかをわかりやすく解説しています。

 

日本が毎年温暖化対策に使う5兆円が無駄になっている

 

ステイ子
ここ数年は特に夏の気温がエグい感じもするけど、そこは関係あるのかな?

近年の日本が暑いのは地球温暖化?

キャノングローバル戦略研究所の記事「猛暑は地球温暖化のせいではない」では下記の理由が解説されています。

猛暑の原因は、第1に自然変動、第2に都市熱である。地球温暖化による暑さは、感じることも出来ないくらい、ごく僅かしかない。

引用:猛暑は地球温暖化のせいではない

他にも地球温暖化を懐疑的に見る目線は下記を参考に。

地球温暖化説を疑え 喧伝される「脱炭素」で得をするのは誰か? 今こそ考えるべきだ【EU自動車産業の将来を読み解く】

地球温暖化に対する懐疑論 -Wikipedia

 

ステイ子
地球さんに聞いてみないとな。
ステイ子
子供の頃を思い返すと夏はそれほど暑く無かった気もする。けど、子供の頃の感覚(体力・体調)と大人になった今は違うからなぁ。
昔と今を比べて語るのは一見簡単だが、自分自身も変わっていることを考慮しなければ今に都合の良い結論しか出さなくなるだろうな。
アヒル

 

さいごに

「誰一人取り残さない」は「誰一人逃さない」とも取れる。

私個人として気になったのは「誰一人取り残さない」でしょうか。これは「誰一人逃さない」とも取れます。

「それはずいぶんと穿った見方だな」と思われる人もいると思います。

 

とはいえ、個人が自由な考えの元に行動できるとしたら当然「上手くいく人いかない人、救われる人救われない人」が出てきますよね。

 

誰一人取り残さず助けようと思うなら、最初から個人の自由を制限して仕切られたケージの中で均一に管理するのが一番ということになります。好き勝手に動かれちゃ何が起きるかわからないのですから。

ステイ子
小学生の遠足で例えるなら「全員に首輪をつけ、中身の同じ弁当とおやつを持たせ、同じ場所で同じ遊びをして同じ感想を言わせる」のが一番事故も喧嘩も起きず平穏な遠足になるみたいな?
誰かは川で水遊び、誰かは木陰でおしゃべりなんて自由を与えていけない。どこにも馴染めない可哀想な子が生まれる。お弁当やおやつだって家庭の経済格差が見えるから差をつけてはいけない。洋服もそうだ。
アヒル

 

悲しい結末を生む貧困や差別は無くなるべきだと思いますが、あくまでそれは「個人が自由に考え、選択できる環境の上で達成されたいこと」と私は願います。

そして、個人の自由が存在するという前提でそれらを無くするのは容易なことではないとも思っています。(個人の自由があるということは「貧困や差別はあっていい」と考える個人の自由も考えなくてはいけないため)

 

SDGsの内容の多くに異論はありませんが、そもそも個人の自由を守るという前提はあるのでしょうか。

 

「○○を解決する唯一の方法は○○だ!これしかない!」と世界的に推し進めていく世の中って、それに反対する者はもちろん、慎重な姿勢を示す者さえも差別し迫害し、同調圧力で無理やりねじ伏せる極めて暴力的な世界です。

ステイ子
近年こんなことがあったような・・・夢だったかな。

今月下旬、Googleで「climate change(気候変動)」と検索すると、国連が提供する信頼性の高い情報が表示されるようになります。オーガニック検索の結果に加え、気候変動の原因と結果について短くわかりやすくまとめたテキストやビジュアルと並んで、気候危機に対して人々が取り組める個人のアクション(行動)が表示されるようになります。

「Googleとの提携によって、事実に基づいた信頼できる気候関連のコンテンツを、可能な限り広く世界に発信できるのは喜ばしいことです。近ごろは大量の誤情報がまん延していて、気候をはじめとする多くの重要な問題についての前進と理解を脅かしています。気候変動などの問題に関する科学的根拠に基づいた正確な情報が、これまで以上に必要となっています」国連でグローバル・コミュニケーションを担当するメリッサ・フレミング事務次長はこのように述べています。

引用:Googleと国連、検証済みの気候変動に関する情報の提供で協力(プレスリリース・日本語訳)

 

ステイ子
科学的根拠に基づいた情報は正確なのか?であれば、それらの情報に捏造や改竄などの不正が起こり得ないことも科学的根拠に基づいて説明してほしいものだね。

科学における不正行為 - wikipedia

日本が世界一の「研究捏造大国」になった根因

AIもだ。「AIによって導かれた結論」とか言って予め仕組んだプログラムを回そうが、一般人がそれを知る術はない。
アヒル
ステイ子
疑い出すと終わりはないけど、信じたからって終わる訳でもないから難しい。
受け手が変われば善は悪に、悪は善に変わる。誤情報を一掃しようとする動きは「私たちにとっての正義しか許さない」のと同じで「その私たちってどこの誰だよ?」ってことを考える必要がある。
アヒル

身体と頭を丈夫にするおすすめ記事

1

タイトルで煽りましたが、日本ではいつの間にか様々な(国民の意思が反映されない)決定がなされます。 大手メディアはそのようなニュースをロクに報道せず、芸能人やタレントのどうでもいいスキャンダルをネチネチ ...

2

あるときからサプリメントを買うのが半ば趣味となり、いままで色々買ってきました。(主にアイハーブで) トップ画にあるのは今うちにある分ですが、これ全部を毎日飲んでる訳じゃないですからね。 比較的毎日飲む ...

3

昨今、急速にGoogle離れが加速しています。 私の友人も「なんでもかんでもGoogleになるのが嫌」と代替サービスに自主切り替えをしている人もいるほど。 さらに2021年は某感染症に関する個人の発信 ...

4

「趣向を変えたサイトのコンテンツを作れないか?」という考えのもと、世の中の「変だなぁ」をTwitterで集めてみました。 これらを見て「なにそれ!おかしいでしょ!」と思う数が多い人ほど、危険予知能力が ...

5

ウェブサイトを巡回していると、自分が目にしたくないと思う情報に遭遇することもありますよね。 良し悪し様々な情報を得ることや「得られる環境」は大事ですけど、そこには「ただの誹謗中傷」や「不快なワードを連 ...

-思ったこと

Copyright© STAYFOG , 2022 All Rights Reserved.