自己防衛

免疫力を上げるおすすめサプリでコロナやインフルに負けない身体

2020年始めから始まったコロナ騒動ですが、2年近く閉塞感がありますね。 そもそも厚生労働省のデータを見るに「今までの死亡者累計から見ると10万人に1人が死亡する位の確率」「死亡者のほとんどは70/80/90代の高齢者」「若者はほぼ重症化しないし死亡しない」ことがわかる訳ですが、免疫力が高いことに損はありません。 そこで私が飲んでいて「おっ!」と思ったオススメ免疫力系サプリをご紹介! ステイ子体感には個人差があるので、盲信に注意だぞ! 免疫力を上げよう!オススメサプリ グルタミン グルタミンといえば「旨味 ...

ReadMore

自己防衛

Google検索が使いにくい!これからの検索エンジンはDuckDuckGoやECOSIAで決まり!

昨今、急速にGoogle離れが加速しています。 私の友人も「なんでもかんでもGoogleになるのが嫌」と代替サービスに自主切り替えをしている人もいるほど。 さらに2021年は某感染症に関する個人の発信を検閲、情報統制を始めたGoogle。 これはもう「検索エンジン=多種多様な意見を元に人々に考えさせるための手段」から「人々を考えさせずに誘導するための洗脳手段」として機能しはじめたのではと考えてしまいます。 Google、行動規範からみんなのモットー「Don't Be Evil(邪悪になるな)」を外す 引用 ...

ReadMore

DIY

マキタの10.8V電動ドライバー&電動空気入れレビューDF333DSHS/MP100DZ

先日、マキタの10.8V電動ドライバー(DF333DSHS)と電動空気入れ(MP100DZ)を購入しました。 いつもインパクトドライバーを愛用していた私がここにきて電動ドライバーを買った理由や、エントリー価格帯のマキタ製品についての印象をレビューしたいと思います。 ステイ子マキタといったらカラーは緑! あえて電動ドリルドライバーを買った理由 インパクトである理由がほとんどなかった数年間 私は子供の頃から電動工具に憧れを抱いており、中でもインパクトドライバーの高速回転打撃には何とも言い難い魅力がありました。 ...

ReadMore

暇つぶし

スカイスターの最安ハードガンケースはおすすめか?購入レビューUFC85cm

お気に入りのエアソフトガンを収納するためのケース選びって意外と悩みますよね。 特に私はハンドガンばかり揃えてしまったので「1〜2挺入るサイズのケース」ではケースが増えてしまうことを器具しております。 そこで、ハンドガンをまとめていれる目的でスカイスターの最安ハードケースを購入してみました。 スカイスターのUFCハードガンケースは悪くない選択 クッションのコストダウンが惜しいながらも普通に使える 見た目をこだわりたいならアルミケースとかカッコいいですよね。 とはいえ素材的に高くつきますし「そのお金を銃本体の ...

ReadMore

暇つぶし

【カスタム】東京マルイ固定ガスソーコム改造マウントレール取り付け

ステイホーム期間にエアガンにはまり、ガスガンにもハマりました。 最近購入した固定スライドガスハンドガン、東京マルイのソーコムにドットサイトを付けるべくDIYをしてみた報告です。 東京マルイ固定ガスソーコムをカスタムしたい サプレッサーにライトときたら、ドットサイトもつけたい! 銃は何もつけないシンプルなフォルムが一番という意見もありますが、ソーコムのような銃においてはゴテゴテ感があるのもまたアリかと思います。 そこでかねてからドットサイトをつけたいと思っていたのですが、なかなかカスタムパーツがないもので・ ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

自己防衛

【悪用厳禁】1枚の画像や動画から場所や時期を特定する方法と考え方【デジタルストーカー】

2019年5月25日

インスタなど写真メインのSNSが浸透するにつれ気軽に自身の近況をアップする人達が増えました。

そんな中でネットリテラシー低く居場所や時期を特定できるような画像を気軽にあげている人も多いもの。

この記事では自称検索マニアである私が「1枚の画像や映像から居場所や撮影時期を判断する方法・考え方」をご紹介します。

注意

この記事は「方法を広めリテラシーあるSNSの利用に役立てて欲しい」という気持ちからです。

なお、これを悪用する人間を「デジタルストーカー」などと言います。

知っている人には至って普通の手段だと思うので、知らない人にはぜひ気をつけてもらいたいと思います。

1枚の画像や映像から様々な事を特定する方法

<レベル1>写り込んでいる人間の服装や植物から季節を判定する

雪が積もる地方であれば雪の有無ですぐにわかるのですが、雪が積もらない地方の場合は写り込んでいる人物の服装や植物に注目しましょう。

  • 半袖なら夏
  • 長袖なら春・秋
  • 中綿ジャケットっぽいのを着ている人がいたら冬

また、春と秋の判定には周囲の植物や自然がないか目を向けます。

  • 道に枯れ葉が落ちているなら秋の可能性大
  • 山が紅葉しているなら秋
  • 道に桜などの花びらが落ちているなら春の可能性大

同じ晴れの日でも秋と春では自然の表情が異なるので、そこで見分けます。

 

また近年動画もよく撮られるようになりました。

人々の姿がなくとも「セミの鳴き声」が聴こえたら秒速で夏判定できるので便利です。(セミがいる所に限りますが)

 

<レベル2>写っている建物はもちろん、看板や広告に目を向ける

スカイツリーや東京タワーといった誰もが知ってるランドマークならすぐにわかりますよね。

しかし、オフィス街やショッピングモール内であれば全国各地にあるので特定が難しくなります。

そんな時は「写り込んでいるチェーン店の看板や広告」に目を向けます。

 

例えば写真内に「吉野家」と「ブックオフ」の看板が見えたら下記の手順を踏みます。

  1. 両者の企業ウェブサイトへ行き「全国の店舗情報」を見る
  2. 住所が被っている地域をリストアップしてあたりを付ける
  3. Googleのストリートビューであたりを付けた住所を確認
  4. 特定

チェーン店の場合閉店している可能性もあるため、被っている地域がなければ直近数年間で閉店した店舗を調べます。

閉店情報はネット(個人のブログなど)で探せることもあります。

ショッピングモールの場合はストリートビューで確認できませんので、ショッピングモールのウェブサイトへ行きフロアガイドでテナントを確認します。

 

また、SNSなどでホテルや高層マンションからの優雅な景色をアップする人がいますが、その中に解読できる大きさの企業看板などが写っていれば案外すぐわかります。

(そういう看板がなくても、個性的な色や形の建物があればそれがヒントになる)

その方角と位置関係をGoogleストリートビューで確認すれば「どのホテルやマンションから撮影された画像か」を断定するのにそう時間はかかりません。

(絶対ではありませんが)

 

<レベル3>洋服の販売時期から撮影された時期を割り出す

これは少し特殊な見方なのですが、例えば写真や映像に衣料品店が見えた場合。

あるいは被写体が特定ブランド・メーカーの洋服を着ていた場合。

 

<レベル2>のように衣料品店の名称で全国の店舗を調べてシラミつぶしに調べればいずれ当たります。

 

が、それとは別に「いつ撮影されたか?」を知りたい場合は店頭に並んでいる(販売されている)洋服を見ます。

(写真だとわかりにくいですけど)その中に特徴的な図柄の洋服<花柄のワンピースなど>があれば[ブランド名 花柄ワンピース]などで調べるのですね。

この際調べる先はGoogleとメルカリ・ヤフオク・WEARです。

(WEARはファッションコーディネートSNSみたいなもの)

 

洋服の型番がわかれば型番で調べたり、新作として紹介しているSNSやブログがあればヒット。

その投稿時期が(分析画像の)撮影時期に近い可能性があると判断できます。

少なくとも「その洋服が販売された日付以前の写真・映像ではない」ことだけは断定できます。

 

あるいはメルカリなどで同じ洋服の出品している人に購入時期を質問すれば同様の結果が得られます。

 

洋服は半袖なら春夏、長袖なら秋冬がわかるうえ、毎年デザインが変わるため時期の特定に便利な対象です。

 

とはいえ「リアルタイムで売られていた商品」が写っているなら洋服じゃなくてもなんでもいいです。

(例えば言語化しやすい特徴があるなら家電や食べ物・音楽でもOK)

 

店舗入口付近は「売出し中の旬な商品」が並びやすいので、そういう部分は時期を割り出すヒントになり得ます。

(映像の場合)紛れ込んだ店舗BGMがUSENのヒットチャートならそれも時期を割り出すヒントになりますよね。

 

また、駅構内で撮られた写真などは広告が映り込みやすいのでそれらで時期の特定に役立ちます。

あからさまに「◎◎サマーセール!」など駅ビルのセール広告があればその名称を検索。

駅ビルのセールはキャッチコピーが毎シーズンごとに変わりますから、それらが映り込むといつの時期に撮られたモノか割り出しやすくなります。

 

何らかのマスコットキャラクター等が写り込んでいればそのキャラクターの特徴を画像検索します。

(例えば[兜 ねこ ゆるキャラ]と入れればひこにゃんに辿り着けるように)

 

逆に全く調べようがない画像や映像の条件

室内で撮影されていて余計なモノが写ってない

室内で撮影されていると時期や場所を調べるのはほぼ無理です。

が、これも特徴的なモノが写り込んでしまった場合は少々トライされてしまう可能性があるかもしれません。

「特定の地域にしかないお店のロゴが入った袋や食べ物」は頼りない情報ではありますが、お土産など貰い物ではないなら写さない方がよいでしょう。

 

森の中などどこを見ても似たような景色

街の中にある自然は季節の判断に役立ちますが、逆に自然しかない森の中などは無理です。

「スギの木ばかりということは・・・あそこか!」なんてなりません無理無理。

逆に海の場合は「本当に砂と海しか写ってないのであればわからない」と言えます。

しかし海の向こうに山が見えるとか、小島があるとか、海の家が写ってるとかそういう特徴はヒントにされるでしょう。

 

音声がない・固有名詞が全てマスキングされている

映像の場合、例えば音だけでも居場所にアタリをつけられる事ってありますよね。

(セミの音だけで「夏だ!」とか、駅構内であればアナウンスや雑踏感、パチンコ店はひたすらうるさいなど)

 

それらが全く聴こえず、ありとあらゆる固有名詞がマスキングされているとほぼ不可能です。

固有名詞のマスキングとは「デパート名や広告など全てにモザイクをかけている」みたいなことですね。

その土地を知っている人なら文字がなくても判別できるかもしれませんが、まずは文字情報から探られるので。

 

まとめ

過疎地よりも人の多い所の方がバレやすいので注意

ある意味で田舎よりも情報密度の濃い都市中央部の方が(マスキングされてないなら)特定は簡単です。

お店などのヒントが山程あるということですからね。

若い人達だと街中に遊びにいった事をSNSでアピールすることも多いでしょうから余計に注意が必要です。

 

自分で自分を守るリテラシー・防衛術が大切。

不特定多数にSNSで自分をアピールしている人はくれぐれもお気をつけ下さい!

-自己防衛

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.