生活向上

サウンドハウスでヘッドホンや機材を買う時の注意点

2019年5月23日

サウンドハウスというネットショップをご存知でしょうか。

音楽機材をネットで買う人なら知らない人はいないレベルに「安い」ということで有名なショップです。

大体ヘッドホンなどの型番で検索すると上位にいるんですよね。

私も結構利用するサウンドハウスですが、ヘッドホンや音楽機材を買うなら注意しておきたいことがあります。

サウンドハウスでヘッドホンや音楽機材を買う時の注意

Amazonとビックカメラ・ヨドバシの3店舗も見ておくこと

少しでも安く買いたい場合には必須の「価格比較」ですが、Amazonとビックカメラとヨドバシの3店舗は一応検索しておくと良いでしょう。

実売価格はサウンドハウスが勝っていることが多いのですが「ポイント付与率を考慮した際に負けている場合」もあるため。

例えばヘッドホンではありませんが「KOMPLETE 12(DTM用の総合音源)」などでこのような差があります。

サウンドハウスの価格

サウンドハウスの価格

一見6万円を切ってますが、税込み価格だと64,724円です。

Amazonでの価格

Amazonの価格

Amazonも税込み価格で64,730円とさほど変わりませんが、ポイントがなんと13%(8,415円分)もついてくるのです。

Amazonの品揃えを考えれば貰って損するポイントではありません。

必要になる日用品などに当てれば実質13%(8,415円分)割引で「KOMPLETE 12(DTM用の総合音源)」を買えたようなモノですよね。

このようにビックカメラなども「クーポンコード入力でポイントアップ」といったキャンペーンがあるため、ポイントを含めてサウンドハウスを勝ることが多々あります。

 

DJ機材やスピーカーなど高額商品とセット購入する前にポイントを見よ

ヘッドホン1つ買うだけならともかく「機材の入れ替えをしよう」と一度に複数買う人もいるでしょう。

その場合、一度に買わずに「ポイント付与率の高い商品から先に買う」と付与されたポイントを後で買う機材に当てることが可能です。

ポイント10倍や12倍の商品を先に決済して、ポイントが付与されてから違う商品を決済する。

サウンドハウスのポイントは音楽機材以外に使い道がないので、少しでも無駄にならないよう気を付けたほうがよいです。

(有効期限もさほど長くないので)

 

同じ商品でもアウトレット特価品と通常価格でページが違う

サウンドハウスには「アウトレット」「セール」ページがあります。

しかし、同じ商品であっても通常販売とセール品で別個にページを作っているため「セールで買いたいからお気に入りに入れておこう」では気付けない可能性大。

サウンドハウスで買うと決めた時にはセールページやアウトレットページもチラッと覗いておくことをオススメします。

 

サウンドハウスでポイントが微妙に余った時の使い道

1000円以上で送料無料、乾電池やケーブルを買おう

ポイントを上手く消化しきれず、かつ有効期限が迫ってきた場合は乾電池やケーブルを1,000円分買うのがおすすめ。

ここでちょっと気になってた機材を買ったらまた中途半端にポイントが付いちゃいますからね。(それも良いですけど)

 

 

まとめ

いつでも安いのがサウンドハウス、たまに負けることがある

「サウンドハウスで買う前に注意」という内容でしたが、基本的にはサウンドハウスが最安値で安定しています。

ただ、たまにポイント還元でそれ以上のお得度を誇るショップがあるので気をつけてね〜という認識で問題ありません。

サウンドハウス

サウンドハウス

身体と頭を丈夫にするおすすめ記事

1

タイトルで煽りましたが、日本ではいつの間にか様々な(国民の意思が反映されない)決定がなされます。 大手メディアはそのようなニュースをロクに報道せず、芸能人やタレントのどうでもいいスキャンダルをネチネチ ...

2

あるときからサプリメントを買うのが半ば趣味となり、いままで色々買ってきました。(主にアイハーブで) トップ画にあるのは今うちにある分ですが、これ全部を毎日飲んでる訳じゃないですからね。 比較的毎日飲む ...

3

昨今、急速にGoogle離れが加速しています。 私の友人も「なんでもかんでもGoogleになるのが嫌」と代替サービスに自主切り替えをしている人もいるほど。 さらに2021年は某感染症に関する個人の発信 ...

4

「趣向を変えたサイトのコンテンツを作れないか?」という考えのもと、世の中の「変だなぁ」をTwitterで集めてみました。 これらを見て「なにそれ!おかしいでしょ!」と思う数が多い人ほど、危険予知能力が ...

5

ウェブサイトを巡回していると、自分が目にしたくないと思う情報に遭遇することもありますよね。 良し悪し様々な情報を得ることや「得られる環境」は大事ですけど、そこには「ただの誹謗中傷」や「不快なワードを連 ...

-生活向上

Copyright© STAYFOG , 2022 All Rights Reserved.