ITガジェット

CHUWI Corebook X 購入レビュー【おすすめ格安パソコンメーカー】

Windowsのノートパソコンが欲しくなりAmazonを探していたところ、性能とデザイン・価格のバランスが取れすぎているようなCHUWI Corebook Xを発見し思わずポチってしまいました。 このモデルはあまり情報がないようなのでレビューしたいと思います! CHUWIというメーカーについて CHUWIは格安中華メーカーにしては知名度が高い CHUWIと書いてツーウェイと読むそうです。(私は心の中でずっとチューウィと間違って読んでました) 現時点では主にAmazonなどネット経由で買えるメーカーであるた ...

ReadMore

ITガジェット

iRozceのフルHD格安Webカメラ使用レビュー!高画質かつマイク内蔵でおすすめ!

未だ冷めやらぬコロナウイルスの猛威ですが、仕事の仕方もオンラインで済ませる企業・個人が増えているようです。 今年の夏頃にはウェブカメラの需要が供給を上回り1台1000円弱のウェブカメラが8000円を超えて売買されるというような事態も起こりました。 今は落ち着いていますが、この度「iRozce」というメーカー様から新製品のウェブカメラをご提供いただいたのでレビューしたいと思います。 ポイント メーカー様よりAmazonで使える限定のクーポンコードをいただきました。 お買い求めの際は必ず利用のうえ、お得にゲッ ...

ReadMore

ITガジェット

Fire TV StickでUSB製品を使う方法!KODIでメディアプレイヤー化!

AmazonのFire TV Stickってテレビで映画やアニメなどを見るには便利ですよね。 でも、ただストリーミング再生用に使うだけではなく「メディアプレイヤー化」もできます。USBの入力機器も接続できたりするのですが、そのままだとそれらは叶いません。 ステイ子手持ちの動画をテレビで再生できるようにしたい!垂れ流したい! Fire TV Stickを最大限に使うためのカスタマイズ OTGケーブルでUSBポートを作ってUSBマウス・USBメモリの接続を可能に 前からやろうと思いつつ、放置していたFire ...

ReadMore

ITガジェット

SEENDAのワイヤレスキーボードが超おすすめ!テンキー付きをレビュー!

kindle fire stickの操作をキーボードでできたら。。。と思い、Amazonで良さげなワイヤレスキーボードを購入しました。 届いて使ってみたら、見た目はもちろん使い勝手も良かったのでレビュー記事を残しておきます。 ステイ子Amazonの中華メーカーは当たり外れがあるからね SEENDAの格安2.4Gワイヤレスキーボードが意外に良い! マウス込みで2,400円程度!しかも充電式でコネクタはtypeC Amazonで購入、到着してスグにパシャリ。 デザインからしてMacのキーボードを意識してますよ ...

ReadMore

暇つぶし

エアコキを重くしたい!ハンドガン重量UP計画

大人の暇つぶしにも最適なエアコキハンドガン。 お手頃価格で買える上に、意外と細部まで作られていて眺めていても面白いオモチャですよね。 とはいえ気になる人は気になるのが「重さ」 ステイ子エアコキハンドガンをもっと重くしたい! という方へ、今回は東京マルイの人気エアコッキングハンドガン「コルト M1911A1ガバメント(18歳以上用)」に細工をしてみました。 ※分解・カスタムを行うと保証が受けられなくなります。分解と組み立てに自信がある方のみ、実行の際は自己責任のもと慎重に行って下さい。 エアコキハンドガンを ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ITガジェット

TaoTronicsのBluetoothイヤホンSoundLiberty 53使用レビュー

2019年12月5日

街を歩けばコードイヤホンを使っている人はめっきり少なくなりましたね。

そんな私もワイヤレスイヤホンを愛用しており、コードレスのストレスフリーさを知ると元に戻れません。

とはいえ普通のイヤホンに比べ高価なワイヤレスイヤホンですから、検討中の人はあれこれ調べているはずです。

今回海外のコードレスイヤホンで定評のあるメーカー「TaoTronics」さんよりレビュー依頼を頂きましたので、サンプル提供頂いたSoundLiberty 53をじっくり使ってみました。

既に愛用しているANKER「Soundcore Liberty Air」とも比較してみたので、参考になれば幸いです。

今だけクーポンで20%OFF

TaoTronicsさんより20%OFFになる読者向けクーポンを頂戴しましたので、忘れずにご利用下さい!

クーポンコード:TTBH053SF
期限:2019/12/12-2019/12/16

TaoTronics SoundLiberty 53を使ってみて

価格以上に質感のあるフルワイヤレスのカナル式イヤホン

Bluetoothイヤホンには左右のイヤホンをコードで繋いだタイプと、耳栓のように完全ワイヤレスになっているタイプがあります。


Bluetooth イヤホン TaoTronics Bluetooth 5.0 ワイヤレス 高音質 IPX5 防水 【SBC/AAC/apt-X HD対応 CVC8.0 EQ調整】 自動ペアリング 13時間連続再生 Siri対応 iPhone/ipad/Android適用 SoundElite 72

コード付きタイプは首にかけておける点が楽ですが、イヤホンタイプのようにバッテリー付きのケースが存在しないため、収納しながら充電ということができません。

またコードがある以上、断線の恐れもあり個人的にはフルワイヤレスイヤホン(耳栓型)がおすすめ。

今回レビューするSoundLiberty 53はバリバリのフルワイヤレスです。

開封すると中身は本体、充電ケーブル、イヤーピース、説明書とシンプルです。

充電はmicroUSBです。いずれType-Cになるんでしょうけど、まだmicroが主流のようですね。

ケース自体はマットでサラッとした手触りで、絶妙な丸さが可愛らしいですよね。

満充電したイヤホン単体では6時間、ケース内のバッテリーで充電しながらだと40時間の使用が可能とのこと。

公表値なので実際はもうちょっと少なくなる可能性もありますが、だいたい片道5時間使ってもケースで充電すれば往復10時間バッテリーを気にせず使えることになります。

長距離通勤・通学している人だと移動時間で2〜3時間使う人もたくさんいますから、行き帰りでしっかり聴き通せるのはありがたいですよね。

しかも収納するだけで充電されるので、充電を意識することがなくて良いのもポイント。

本体の充電や残量はLEDのランプで確認可能。

 

Bluetooth 5.0とRealtekチップセット、AACコーデックに対応など高音質や音飛び対策に関する設計もしっかり考えられており、意外と難点がないモデルといえます。

これ以上を求める人は2万円以上のフルワイヤレスも検討するか、そもそもワイヤレスを使わないでしょう。

個人的に「今まで3,000円程度のイヤホンで十分と思っている人には何の過不足もないといえるスペック」だと思いました。

 

価格はなんと5,000円を切る上に、Amazonだとクーポンが出ていたりして4,500円程で購入できます。

この価格でありながら、ケースやイヤホン本体の質感は高く、性能など全体的にみて満足度は高いです。


【進化版 IPX7防水】TaoTronics ワイヤレス イヤホン Bluetooth 5.0 イヤホン 高音質 合計40時間連続再生 超軽量5.4g 3Dステレオサウンド 自動ペアリング AAC対応 左右分離型 Siri対応 音量調整 片耳&両耳とも対応 SoundLiberty 53

 

ケースは少し開けにくい&取り出しにくい

ケース収納型のイヤホンは「縦に収納するタイプ」と「横に収納するタイプ」があるようです。

こちらは横収納なのですが、なめらかなデザインが美しい反面、若干開けにくく取り出しにくいデメリットがありました。

手が大きい方や乾いている方だと滑ってなかなか取り出せないかもしれません。

ここは今後改善されたら良いなぁと思うポイントですが、ストレスになるほどではありません。

 

TaoTronics SoundLibertyと他メーカー比較

ワイヤレスイヤホンとしての挙動はどちらも完璧

ケースから取り出すと電源ONになり、スマホと自動で接続します。

スマホスピーカーで再生していても、ケースから出して装着するとイヤホン再生に切り替わります。

また、再生中にイヤホンをケースにしまうと自動で一時停止になりますし、充電も開始されます。

 

ワイヤレスイヤホンとしての動作はどちらも同じく何の問題もありません。

 

音質は低音から高音までちゃんと出てるTaoTronics SoundLiberty

ANKERのSoundcore Liberty Air(黒い方/以下ANKER)と聴き比べました。

低音はどちらも出ていますが、TaoTronics SoundLiberty(以下Tao)の方が高音もちゃんと出ています。

比較してわかりましたが、ANKERは高音がちょっと弱いですね。

 

Taoの方がイヤホンサイズが大きく内部でしっかり鳴らせているのかもしれません。

音の解像度については音源にもよりますが、無線と有線とで比較するとかなり健闘している方かと思います。

 

少なくとも3,000円程度の有線イヤホンで問題ない人なら音質で文句付けたくなるような事はまずないでしょう。

Bluetooth5.0の恩恵でしょうか、音飛びもなくかなり安定した通信です。

 

ケースの設計はANKERの方が使いやすい

サイズ的にはあまり変わりません。

どちらもコンパクトに仕上がってますし、ANKERの方は指の指紋や油脂が付きやすいマット処理なので気になります。

Taoは色が白いうえサラサラした手触りなので気にならないのがGOOD。

先程説明した「縦に収納するタイプ(ANKER)」と「横に収納するタイプ(Tao)」の違いですね。

開けやすさ、取り出しやすさともにANKERに軍配があがりました。

 

充電確認はANKERの方が見やすい

TaoはLEDランプが小さく明るい場所ではちょっと確認しにくいですが、ランプが4つあるので25%ずつと判断することができます。

一方でANKERはランプが大きく視認性が高いものの、3つなので約33%ずつという判断になります。

ギリギリまで使ってから充電した方が内部のリチウムイオンバッテリーにも優しいでしょうから、Taoのケースのほうが残量確認としては優れているかもしれないですね。

ただ見やすいのはANKERでした。

 

さいごに

TaoTronics SoundLiberty 53の方がよく手にしてるかも

ケースが開けにくいとか、取り出しにくいとか書いたんですが、音質に関しては完全にTaoのが好みでした。

なので交互に聴き比べてみて「うーん、やっぱTaoいいな」と思ってしまうほど。

ANKERのSoundcore Liberty Airは8,000円くらいですから、Taoは良い意味で攻めた製品をだしてるのがわかります。

 

両者が合体したらレビューすること無いくらい完成形になりそうな気もします。

レビューサンプルとして提供いただいた訳ですが、お世辞抜きで良かったです。


【進化版 IPX7防水】TaoTronics ワイヤレス イヤホン Bluetooth 5.0 イヤホン 高音質 合計40時間連続再生 超軽量5.4g 3Dステレオサウンド 自動ペアリング AAC対応 左右分離型 Siri対応 音量調整 片耳&両耳とも対応 SoundLiberty 53

ホワイト以外にもブラックもあるので、目立たない黒が欲しい方にも。

-ITガジェット

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.