生活向上

Xiserステッパー購入レビュー!高いけど耐久性と静音性が段違い!

ついにXiser社のステッパーを購入しました。 Amazonで買った中華ステッパーがガタガタのギコギコでもうダメだったので・・・。 1ヶ月ほど使ってみた印象をレビューしたいと思います! ステイ子小遣い前借りリボルビング払いじゃ〜〜〜! Xiserステッパーの特徴と良いところ、悪いところ <良>インテリアを邪魔しないシンプルなデザインと耐久性・静音性 必要最小限のパーツをフルメタルで作ったので本当にシンプルで無駄がありません。 部屋に置いておいてもいい感じに馴染みますね。   届いてから知ったので ...

ReadMore

自己防衛

【悪質】買う前に警戒したほうがいいサプリの見分け方【詐欺】

よく「この成分のサプリは飲むな!」みたいな記事はありますよね。 でも「こういう売り方のサプリは買うな!注意しろ!」という記事はあまり見かけない気がするので、自衛ポイントを紹介したいと思います。 ステイ子友達や家族にも教えてあげてね 買わないほうがいいサプリの見分ける4つのポイント 1.初回限定100円とか激安なくせに(こっそり)高額な定期購入コース縛り確定 こういうサプリの売り方は言わば「100円というキーワードに釣られて寄ってくる人間に勢いで買わせて後から絞り取る」という魂胆であると考えて問題ありません ...

ReadMore

海外通販

ワインボトルやガラス瓶を輪切りカットするツールを試してみた

ALIEXPRESSで結構前から買っていた品物がようやく届きました。 その名もワインボトルカッター! ワインボトルやビール瓶などのガラスびんを輪切りにカットしたい方は必見です。 ステイ子ガラスカットは人類のロマン アリエクスプレスでガラスカットツールを購入 アクリル製の製品は配送時に壊れる可能性があるよ 注文したのが2020/07/14で、到着が2020/09/12ですからほぼ2ヶ月。 シンガポールポストから届いたのですがやっぱり遅いですね。 袋を見ると何やらこんな張り紙が。 この郵便物は、川崎東郵便局に ...

ReadMore

生活向上

静音で連続使用できるステッパーのおすすめと選び方

コロナでステイホームな生活が浸透しつつある昨今。 外出する機会が減って運動不足となるのを防ぐためか、フィットネス製品が売れているようです。 特に人気なのが置き場所も取らず気軽に使えるステッパー。 しかし、ステッパーは選ぶ商品を間違えると数千円があっという間に無駄金になってしまいます! 【関連】Xiserステッパー購入レビュー!高いけど耐久性と静音性が段違い! 静音で連続使用できるステッパーはあるのか? Amazonなどで買える気をつけるべき構造のステッパー 個人的にステッパーを使っているんですが、こんな製 ...

ReadMore

海外通販

【保存版】アリエクスプレスの注意点・買うと損するもの得するもの

かれこれアリエクスプレスを使い始めて数年経ちますが、これまで大きなトラブルには遭いませんでした。 とはいえ「これは気をつけないとなぁ」というポイントもあるのでご紹介。 これからアリエクデビューする人はぜひ頭の片隅に入れておいて下さい。 アリエクスプレスで注意すること 支払いはデビッドカードが無難 aliexpressは中国のショッピングサイトで、ありとあらゆるショップが軒を連ねています。 だからこそ品質もピンからキリまで、中には日本では絶対に買えないギークな商品や、違法品まで売られています。 (パチもんの ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ITガジェット

ポータブルSSDより2.5インチ内蔵型SSDがおすすめな件

2019年6月16日

SSDの価格が下がってきてシステムはもちろん、データ保存にも積極活用できる価格感となりましたね。

我が家でもSSD化が浸透しHDDは「テレビ録画用」「TimeMachine用(Macのバックアップ)」以外に出番がありません。

そんなSSDですが、PCのデータ保存用として「外付けポータブルSSD」を検討している人もいるでしょう。

しかし、ポータブルSSDを買うよりも「2.5インチSSD+SATA変換ケーブル」の組み合わせの方がお得だったりします。

ポータブルSSDより2.5インチ内蔵型SSDがおすすめ

ポータブルSSDはデザインが豊富でも若干割高

ポータブルSSDはハードディスクドライブのように円盤や駆動部品がありません。

そのため形状も細長くスタイリッシュなものや、正方形のものまでメーカーによって様々です。

しかし、形状が異なるせいか一般的な素の2.5インチSSDと比較すると割高な価格設定なのが気になる点。

デザインで選ぶのであえばともかく、SSDの恩恵を授かりたいだけならあえてポータブルSSDを選ぶ必要性は低いと言えるでしょう。

(既成のポータブルSSDには「耐衝撃」といったアピールもありますが、そもそもSSD自体が衝撃に強いです)

素の2.5インチSSDにSATA変換ケーブルで使う

そこで私は素の2.5インチSSDにSATA-USB変換ケーブルの組み合わせで使っています。

SSDはSAMSUNG製の860EVO1TBで、Sabrentという中華メーカーのSATA-USB変換ケーブルです。

このようにSATA端子をUSBに変換して使うので単なるHDDケースなどと変わりませんが、ケースそのものがないためSSDの薄さや軽さを極限まで邪魔しないのがメリットです。

真上から見る分には普通ですが、実際はかなり薄くコンパクト。

このSAMSUNGのSSDは厚みが5mmでした。

サイズ感でいえばミンティアより二回り大きいくらいでしょうか。

強烈なのが重量です。47gしかありません。

ケーブルを入れても79gです。

既成品のポータブルSSDも小さくて軽い製品が多いですが、それはSSDだからであってポータブル仕様だからではありません。

普通に素の2.5インチSSDとケーブルだけでよりお手頃にSSD環境を構築可能です。

 

2.5インチSSDは無名メーカーだと心配なのでSanDisk・SAMSUNG・クルーシャル・WDあたりを選べばよいのではないでしょうか。

私はちょいちょいAmazonでセールされていたSAMSUNGにしましたが、上記メーカーなら後は価格の安さで決めますかね。

はてな

2019年6月時点で例えばSanDiskのポータブルSSD(1TB)は20,000円くらいしますが、2.5インチSSD(1TB)は13,000円くらいで購入可能。

変換ケーブルが1,000円程なので、差額にして6,000円くらい安くなる感じでしょうか。

 

ポータブルSSDのおすすめ。選ぶならデザイン重視。

I-O DATA ポータブルSSD SSPH-UT480K/E

 


I-O DATA ポータブルSSD 480GB 耐衝撃 軽量 PS4/PS4 Pro/Mac対応 USB3.1(Gen1) SSPH-UT480K/E

参考価格 960GB 約16,000円(2019年6現在)

頑丈そうな正方形ボディがなんともいえない無骨さ。

耐衝撃・耐振動をアピールしており模様の面はラバー素材でできているようです。

防水・防滴性能もあればより完璧でしたね。

とはいえ価格は960GBで16,000円ほどなので、素のSSDで使うのと同等のかなりお手頃なポータブルSSDです。

 

Transcend 外付けSSD  TS960GESD250C


Transcend 外付けSSD 960GB USB3.1(Gen2)Type-A/Type-C 対応 ポータブルSSD TS960GESD250C (高速・軽量アルミケース仕様)

参考価格 960GB 約22,000円(2019年6現在)

トランセンドのスタイリッシュな細長SSDです。

角が面取りされたアルミだと思いますが高級感もありカッコイイですよね。

 

SanDisk エクストリーム ポータブル SDSSDE60-1T00-J25


SanDisk サンディスク エクストリーム ポータブル SSD 500GB USB3.1 Gen2対応 防滴 耐振 耐衝撃SDSSDE60-500G-J25 3年保証【PlayStation4 メーカー動作確認済】

参考価格 1TB 約22,000円(2019年6現在)

角丸なデザインと赤いストラップホールが特徴的なポータブルSSD。

IP55の防滴性と防塵性を備えており、カラビナを付けてカバンに付けておいても丈夫かつカッコイイ見栄えですよね。

データ復旧ソフト「レスキュープロ デラックス」1年間利用特典も付属する上、最小は250GBから最大は2TBまで容量のラインナップも広いのが特徴。

 

まとめ

安くかつミニマムにしたいなら2.5インチSSDがお得

デザイン面で見れば既成品のポータブルSSDに軍配が上がるものの、コスパの面では2.5インチSSDが未だ勝るようです。

2.5インチSSDはただの板なので、ステッカーやシールなどで自分好みにカスタムするのも良さそうですね。

-ITガジェット

Copyright© STAYFOG , 2020 All Rights Reserved.