生活向上

JUXLampの光療法ライト購入!自作するより安くておすすめ!

外に出る機会が減るとなんだか調子が悪くなることってありませんか? あるいは冬になると日照り時間が短く精神的に落ち込みやすくなったり、体調を崩す人も多いですよね。 それもそのはず、日光を浴びることで体内でビタミンDを生成したり、セロトニンの分泌を行うため。 室内に籠もる生活は人体に支障をきたすと言われています。 ステイ子とはいえ、こもり体質の人間は外に出るのが億劫なんだよ! 人間の日照不足改善を目的とした光療法ライト 12000LUXの光を浴びることで体内時計を正常化! じゃん!そこでこの光療法ライトです! ...

ReadMore

ITガジェット

Kindlefire8&10比較!Android化!googleplayを入れて改造

2021年版のKindle fireHD8とHD10をダブル購入しました。 充電端子がUSB-Typecとなったり、枠が等幅化したりと微妙に進化していますよね。なにより安い! 今回はこのタブレットをより使いやすくするためにアンドロイド化の改造をしてみました。 Kindle fireのアンドロイド化は自己責任で! Fire Toolboxを使えばカンタンにAndroid化可能 やり方に関しては詳細に作っているサイトがたくさんあるのでそちらを参考にするのがベストです。 私個人としては「実際にやってみてわかった ...

ReadMore

DIY

【おすすめ】Snapfreshのインパクトドライバー&レシプロソーが安くて便利!

昨今DIYブームで電動工具を使う人は増えました。 とはいえ「ガチでやる訳じゃないから、お手頃で使える工具がいいんだけど」という人は多いもの。 ホームセンターでチャチな電動ドリルドライバーを買っても満足なDIYは出来ませんからね。 そこで今回は振興メーカー「Snapfresh(スナップフレッシュ)」のインパクトドライバー&レシプロソーを購入したのでレビューしたいと思います! Snapfreshの電動工具はお手頃価格でちゃんと使える! マキタやハイコーキのインパクトは高い!というライトユーザーにおすす ...

ReadMore

生活向上

どこでもクーラーはエアコンになるか?うるさい?排熱ダクト改造結果

今年も夏がやってきます。 猛暑日がやってきてます。 寝苦しい夜がやってきます。 現在の物件はエアコンがないのですが、寝苦しいほどの猛暑日は数日程度なので壁エアコンの導入に踏み切れなかったりしています。(他にも賃貸ならではの制約があったり) そこで以前は窓エアコンを導入してみた訳ですが、あまりの轟音にワンシーズンで使用をやめてしまいました。 そして次なる検証は各所で有名なコロナ製の「どこでもクーラー」に決定! 「壁エアコン設置できなくて悩んでいる」という方の参考になれば幸いです。 2021/07/19追記 ...

ReadMore

生活向上

洗濯機の防振キャスター台で騒音軽減!デメリットゼロで超おすすめだった件

洗濯機って脱水のとき超ガタガタ揺れません? 衣類を詰めすぎた時なんかは偏るので仕方ないですが、とはいえ「ガダン!!ガダンガダダダダダダ!!!!」と今にも脱衣所を破壊しそうな騒音を出しますよね。 私が使っている洗濯機もまさにそんな騒音が気になるようになったので防振キャスター台を買ってみました。 洗濯機の防振キャスター台でガタガタ音を軽減しよう! 2000円~3000円で防振と掃除のしやすさが手に入る感動 こちらアマゾンで売られていた製品です。 リンク こちらアマゾンで売られていた製品です。 この分野は特に有 ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ITガジェット

ポータブルSSDより2.5インチ内蔵型SSDがおすすめな件

2019年6月16日

SSDの価格が下がってきてシステムはもちろん、データ保存にも積極活用できる価格感となりましたね。

我が家でもSSD化が浸透しHDDは「テレビ録画用」「TimeMachine用(Macのバックアップ)」以外に出番がありません。

そんなSSDですが、PCのデータ保存用として「外付けポータブルSSD」を検討している人もいるでしょう。

しかし、ポータブルSSDを買うよりも「2.5インチSSD+SATA変換ケーブル」の組み合わせの方がお得だったりします。

ポータブルSSDより2.5インチ内蔵型SSDがおすすめ

ポータブルSSDはデザインが豊富でも若干割高

ポータブルSSDはハードディスクドライブのように円盤や駆動部品がありません。

そのため形状も細長くスタイリッシュなものや、正方形のものまでメーカーによって様々です。

しかし、形状が異なるせいか一般的な素の2.5インチSSDと比較すると割高な価格設定なのが気になる点。

デザインで選ぶのであえばともかく、SSDの恩恵を授かりたいだけならあえてポータブルSSDを選ぶ必要性は低いと言えるでしょう。

(既成のポータブルSSDには「耐衝撃」といったアピールもありますが、そもそもSSD自体が衝撃に強いです)

素の2.5インチSSDにSATA変換ケーブルで使う

そこで私は素の2.5インチSSDにSATA-USB変換ケーブルの組み合わせで使っています。

SSDはSAMSUNG製の860EVO1TBで、Sabrentという中華メーカーのSATA-USB変換ケーブルです。

このようにSATA端子をUSBに変換して使うので単なるHDDケースなどと変わりませんが、ケースそのものがないためSSDの薄さや軽さを極限まで邪魔しないのがメリットです。

真上から見る分には普通ですが、実際はかなり薄くコンパクト。

このSAMSUNGのSSDは厚みが5mmでした。

サイズ感でいえばミンティアより二回り大きいくらいでしょうか。

強烈なのが重量です。47gしかありません。

ケーブルを入れても79gです。

既成品のポータブルSSDも小さくて軽い製品が多いですが、それはSSDだからであってポータブル仕様だからではありません。

普通に素の2.5インチSSDとケーブルだけでよりお手頃にSSD環境を構築可能です。

 

2.5インチSSDは無名メーカーだと心配なのでSanDisk・SAMSUNG・クルーシャル・WDあたりを選べばよいのではないでしょうか。

私はちょいちょいAmazonでセールされていたSAMSUNGにしましたが、上記メーカーなら後は価格の安さで決めますかね。

はてな

2019年6月時点で例えばSanDiskのポータブルSSD(1TB)は20,000円くらいしますが、2.5インチSSD(1TB)は13,000円くらいで購入可能。

変換ケーブルが1,000円程なので、差額にして6,000円くらい安くなる感じでしょうか。

 

ポータブルSSDのおすすめ。選ぶならデザイン重視。

I-O DATA ポータブルSSD SSPH-UT480K/E

 


I-O DATA ポータブルSSD 480GB 耐衝撃 軽量 PS4/PS4 Pro/Mac対応 USB3.1(Gen1) SSPH-UT480K/E

参考価格 960GB 約16,000円(2019年6現在)

頑丈そうな正方形ボディがなんともいえない無骨さ。

耐衝撃・耐振動をアピールしており模様の面はラバー素材でできているようです。

防水・防滴性能もあればより完璧でしたね。

とはいえ価格は960GBで16,000円ほどなので、素のSSDで使うのと同等のかなりお手頃なポータブルSSDです。

 

Transcend 外付けSSD  TS960GESD250C


Transcend 外付けSSD 960GB USB3.1(Gen2)Type-A/Type-C 対応 ポータブルSSD TS960GESD250C (高速・軽量アルミケース仕様)

参考価格 960GB 約22,000円(2019年6現在)

トランセンドのスタイリッシュな細長SSDです。

角が面取りされたアルミだと思いますが高級感もありカッコイイですよね。

 

SanDisk エクストリーム ポータブル SDSSDE60-1T00-J25


SanDisk サンディスク エクストリーム ポータブル SSD 500GB USB3.1 Gen2対応 防滴 耐振 耐衝撃SDSSDE60-500G-J25 3年保証【PlayStation4 メーカー動作確認済】

参考価格 1TB 約22,000円(2019年6現在)

角丸なデザインと赤いストラップホールが特徴的なポータブルSSD。

IP55の防滴性と防塵性を備えており、カラビナを付けてカバンに付けておいても丈夫かつカッコイイ見栄えですよね。

データ復旧ソフト「レスキュープロ デラックス」1年間利用特典も付属する上、最小は250GBから最大は2TBまで容量のラインナップも広いのが特徴。

 

まとめ

安くかつミニマムにしたいなら2.5インチSSDがお得

デザイン面で見れば既成品のポータブルSSDに軍配が上がるものの、コスパの面では2.5インチSSDが未だ勝るようです。

2.5インチSSDはただの板なので、ステッカーやシールなどで自分好みにカスタムするのも良さそうですね。

-ITガジェット

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.