DIY

怪しいアーシングマットを自作!効果あるの?感想と使い方

つい最近、なにやら怪しげな言葉「アーシング」を知りました。 EARTHにingでアーシングだそうですが、何やら身体に溜まっている電気を逃がすと健康にどうたらこうたら・・・。 非常に香ばしい話なので「どうせだから試してみるか」と、疑問を解決すべくアーシングマットを自作してみました。 アーシングという言葉を知るまでの経緯 冬場の静電気がウザすぎてどうにかアースに流そうと思った 冬は湿度が下がりやすく静電気がすごいです。 特に布団がこすれてバチバチいうので、洗濯機置場のコンセントについているアース口から緑色のコ ...

ReadMore

DIY

【ケーブル着脱化】MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造3選【折りたたみ化】

SONYのMDR-CD900STといえば長年愛されているモニターヘッドホンですよね。 音楽制作以外にも、配信者の方でも愛用している人が多いこのヘッドホン。 この記事では「MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造2選」と称して比較的簡単にできる改造を紹介したいと思います。 (何年か前にやったことなので記憶がうろ覚えだったりします。あくまで参考程度として。) ステイ子また、改造は自己責任でお願いしますね。 MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造3選 難易度★☆☆☆☆ イヤーパッドを交換し ...

ReadMore

自己防衛

賃貸退去時の立会いは不要!法律やルールを事前に知ってボッタクリを防ごう

賃貸物件を引っ越す際、必ずある(と思っている)のが退去時立ち会いですよね。 管理会社の人と物件の確認をしたり鍵を返却して終わる訳ですが、場合によっては「借り主の無知につけこんだ悪質なボッタクリ」も横行しているようです。 しかし賃貸退去時の立ち会いは義務ではなく、そもそも立ち会いせずに済ませることがボッタクリを防ぐ最善策であるという話の紹介。 賃貸退去時に立ち会いそのものを拒否するメリット 言いくるめられてサインを強要されるなどの心配がない 退去立ち会いは過去に何回もしましたが、本当に業者によって全然態度が ...

ReadMore

ITガジェット

激安モニターアームWORLDLIFTが意外と使えておすすめな件

モニターアームって便利ですよね。机も広々使えるし、画面の高さも変えられるので肩こりや首こり対策にもなりますし。 とはいえ、最近まで34インチモニターを使っていたので普通に付属のスタンド使ってました。 ステイ子スタンドの下に厚めの雑誌を挟んで嵩上げしたりね が、この度ディスプレイの新調と共に再びモニターアーム環境を構築すべく、激安モニタアームを購入。 そのレビューとなります。 ステイ子買ったり手放したり忙しいヤツだな! 激安デュアルモニターアームWORLDLIFTを購入してみた 2,500円で2画面を持ち上 ...

ReadMore

ITガジェット

AOCモニタの評判と品質、ゲーミングモニタ24G2E5/11購入!

先日モニタを新調しました。 AOCというメーカーなのですが、意外と聞かない名前ですよね。 ということで、メーカーの説明もしつつ今回購入したゲーミングモニタ24G2E5/11のレビューもしてみようと思います。 AOCというメーカーって大丈夫なの?評判は? 他メーカーより先駆けてフレームレス・薄型デザインを採用していた(と思う) 実はAOCのモニタ、買うの2回目なんです。 初めて買ったのは2014年頃で、当時はまだモニタのフレームも太いものが多い頃だった気がします。 その頃に先駆けてフレームの細い薄型の製品を ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ITガジェット

ポータブルSSDより2.5インチ内蔵型SSDがおすすめな件

2019年6月16日

SSDの価格が下がってきてシステムはもちろん、データ保存にも積極活用できる価格感となりましたね。

我が家でもSSD化が浸透しHDDは「テレビ録画用」「TimeMachine用(Macのバックアップ)」以外に出番がありません。

そんなSSDですが、PCのデータ保存用として「外付けポータブルSSD」を検討している人もいるでしょう。

しかし、ポータブルSSDを買うよりも「2.5インチSSD+SATA変換ケーブル」の組み合わせの方がお得だったりします。

ポータブルSSDより2.5インチ内蔵型SSDがおすすめ

ポータブルSSDはデザインが豊富でも若干割高

ポータブルSSDはハードディスクドライブのように円盤や駆動部品がありません。

そのため形状も細長くスタイリッシュなものや、正方形のものまでメーカーによって様々です。

しかし、形状が異なるせいか一般的な素の2.5インチSSDと比較すると割高な価格設定なのが気になる点。

デザインで選ぶのであえばともかく、SSDの恩恵を授かりたいだけならあえてポータブルSSDを選ぶ必要性は低いと言えるでしょう。

(既成のポータブルSSDには「耐衝撃」といったアピールもありますが、そもそもSSD自体が衝撃に強いです)

素の2.5インチSSDにSATA変換ケーブルで使う

そこで私は素の2.5インチSSDにSATA-USB変換ケーブルの組み合わせで使っています。

SSDはSAMSUNG製の860EVO1TBで、Sabrentという中華メーカーのSATA-USB変換ケーブルです。

このようにSATA端子をUSBに変換して使うので単なるHDDケースなどと変わりませんが、ケースそのものがないためSSDの薄さや軽さを極限まで邪魔しないのがメリットです。

真上から見る分には普通ですが、実際はかなり薄くコンパクト。

このSAMSUNGのSSDは厚みが5mmでした。

サイズ感でいえばミンティアより二回り大きいくらいでしょうか。

強烈なのが重量です。47gしかありません。

ケーブルを入れても79gです。

既成品のポータブルSSDも小さくて軽い製品が多いですが、それはSSDだからであってポータブル仕様だからではありません。

普通に素の2.5インチSSDとケーブルだけでよりお手頃にSSD環境を構築可能です。

 

2.5インチSSDは無名メーカーだと心配なのでSanDisk・SAMSUNG・クルーシャル・WDあたりを選べばよいのではないでしょうか。

私はちょいちょいAmazonでセールされていたSAMSUNGにしましたが、上記メーカーなら後は価格の安さで決めますかね。

はてな

2019年6月時点で例えばSanDiskのポータブルSSD(1TB)は20,000円くらいしますが、2.5インチSSD(1TB)は13,000円くらいで購入可能。

変換ケーブルが1,000円程なので、差額にして6,000円くらい安くなる感じでしょうか。

 

ポータブルSSDのおすすめ。選ぶならデザイン重視。

I-O DATA ポータブルSSD SSPH-UT480K/E

 


I-O DATA ポータブルSSD 480GB 耐衝撃 軽量 PS4/PS4 Pro/Mac対応 USB3.1(Gen1) SSPH-UT480K/E

参考価格 960GB 約16,000円(2019年6現在)

頑丈そうな正方形ボディがなんともいえない無骨さ。

耐衝撃・耐振動をアピールしており模様の面はラバー素材でできているようです。

防水・防滴性能もあればより完璧でしたね。

とはいえ価格は960GBで16,000円ほどなので、素のSSDで使うのと同等のかなりお手頃なポータブルSSDです。

 

Transcend 外付けSSD  TS960GESD250C


Transcend 外付けSSD 960GB USB3.1(Gen2)Type-A/Type-C 対応 ポータブルSSD TS960GESD250C (高速・軽量アルミケース仕様)

参考価格 960GB 約22,000円(2019年6現在)

トランセンドのスタイリッシュな細長SSDです。

角が面取りされたアルミだと思いますが高級感もありカッコイイですよね。

 

SanDisk エクストリーム ポータブル SDSSDE60-1T00-J25


SanDisk サンディスク エクストリーム ポータブル SSD 500GB USB3.1 Gen2対応 防滴 耐振 耐衝撃SDSSDE60-500G-J25 3年保証【PlayStation4 メーカー動作確認済】

参考価格 1TB 約22,000円(2019年6現在)

角丸なデザインと赤いストラップホールが特徴的なポータブルSSD。

IP55の防滴性と防塵性を備えており、カラビナを付けてカバンに付けておいても丈夫かつカッコイイ見栄えですよね。

データ復旧ソフト「レスキュープロ デラックス」1年間利用特典も付属する上、最小は250GBから最大は2TBまで容量のラインナップも広いのが特徴。

 

まとめ

安くかつミニマムにしたいなら2.5インチSSDがお得

デザイン面で見れば既成品のポータブルSSDに軍配が上がるものの、コスパの面では2.5インチSSDが未だ勝るようです。

2.5インチSSDはただの板なので、ステッカーやシールなどで自分好みにカスタムするのも良さそうですね。

-ITガジェット

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.