ITガジェット

CHUWI Corebook X 購入レビュー【おすすめ格安パソコンメーカー】

Windowsのノートパソコンが欲しくなりAmazonを探していたところ、性能とデザイン・価格のバランスが取れすぎているようなCHUWI Corebook Xを発見し思わずポチってしまいました。 このモデルはあまり情報がないようなのでレビューしたいと思います! CHUWIというメーカーについて CHUWIは格安中華メーカーにしては知名度が高い CHUWIと書いてツーウェイと読むそうです。(私は心の中でずっとチューウィと間違って読んでました) 現時点では主にAmazonなどネット経由で買えるメーカーであるた ...

ReadMore

ITガジェット

iRozceのフルHD格安Webカメラ使用レビュー!高画質かつマイク内蔵でおすすめ!

未だ冷めやらぬコロナウイルスの猛威ですが、仕事の仕方もオンラインで済ませる企業・個人が増えているようです。 今年の夏頃にはウェブカメラの需要が供給を上回り1台1000円弱のウェブカメラが8000円を超えて売買されるというような事態も起こりました。 今は落ち着いていますが、この度「iRozce」というメーカー様から新製品のウェブカメラをご提供いただいたのでレビューしたいと思います。 ポイント メーカー様よりAmazonで使える限定のクーポンコードをいただきました。 お買い求めの際は必ず利用のうえ、お得にゲッ ...

ReadMore

ITガジェット

Fire TV StickでUSB製品を使う方法!KODIでメディアプレイヤー化!

AmazonのFire TV Stickってテレビで映画やアニメなどを見るには便利ですよね。 でも、ただストリーミング再生用に使うだけではなく「メディアプレイヤー化」もできます。USBの入力機器も接続できたりするのですが、そのままだとそれらは叶いません。 ステイ子手持ちの動画をテレビで再生できるようにしたい!垂れ流したい! Fire TV Stickを最大限に使うためのカスタマイズ OTGケーブルでUSBポートを作ってUSBマウス・USBメモリの接続を可能に 前からやろうと思いつつ、放置していたFire ...

ReadMore

ITガジェット

SEENDAのワイヤレスキーボードが超おすすめ!テンキー付きをレビュー!

kindle fire stickの操作をキーボードでできたら。。。と思い、Amazonで良さげなワイヤレスキーボードを購入しました。 届いて使ってみたら、見た目はもちろん使い勝手も良かったのでレビュー記事を残しておきます。 ステイ子Amazonの中華メーカーは当たり外れがあるからね SEENDAの格安2.4Gワイヤレスキーボードが意外に良い! マウス込みで2,400円程度!しかも充電式でコネクタはtypeC Amazonで購入、到着してスグにパシャリ。 デザインからしてMacのキーボードを意識してますよ ...

ReadMore

暇つぶし

エアコキを重くしたい!ハンドガン重量UP計画

大人の暇つぶしにも最適なエアコキハンドガン。 お手頃価格で買える上に、意外と細部まで作られていて眺めていても面白いオモチャですよね。 とはいえ気になる人は気になるのが「重さ」 ステイ子エアコキハンドガンをもっと重くしたい! という方へ、今回は東京マルイの人気エアコッキングハンドガン「コルト M1911A1ガバメント(18歳以上用)」に細工をしてみました。 ※分解・カスタムを行うと保証が受けられなくなります。分解と組み立てに自信がある方のみ、実行の際は自己責任のもと慎重に行って下さい。 エアコキハンドガンを ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ネットツール

保存メディアはどれが最強?信頼性のある記録媒体おすすめ

2019年5月6日

大量のデータを保存するにあたって悩ましいのが「どの記録媒体(記録メディア)を使用するか」ではないでしょうか?

あくまで保存だからこそコストはかけたくない。

低コストで長期保存が望ましいものの、コストばかり考えると低品質メディアを掴みデータ消失という最悪の事態さえあります。

想定寿命や保存スタイルからベストを探ってみる

長期保存で現実的なのは「長期保存用ブルーレイディスク」か?

信頼性1位2位3位4位5位6位
名称長期保存用光ディスクMOディスク光ディスクハードディスク(HDD)フラッシュメモリフロッピーディスク
理論上の寿命約1000年約50年約5-20年5-10年3-5年2-3年
コスト
手間専用ドライブが必要USB経由USB経由専用ドライブが必要

※理論上の寿命は"理論上"であるのはもちろん、媒体の品質によっても大きく変わるため目安程度に受け取りください。

MOディスクやフロッピーディスクは一般家庭ではもはや化石レベルの品物なので含めるか悩みましたが、一応入れておきました。

 

この中なら「長期保存用光ディスク(ブルーレイ)」が最も安定しているように思えますね。

ブルーレイなら25GB/50GB/100GBとそこそこ保存容量も確保することができます。

それでも昨今のHDDやフラッシュメモリの大容量化を思えばコスパが良いとは言えませんし、どちらかと言えば心もとないですけど。

「一度書き込んだら数年は放ったらかし前提」なら長期保存光ディスクがベストな選択ではないでしょうか。

また、光ディスクが今で言うフロッピーディスクレベルまで過去の遺産となるのはまだ数年は先の話だと思われます。(確証はありませんが)


アイ・オー・データ機器 長期保存可能なデータ用ブルーレイ「M-DISC」1回記録用 25GB 1-4倍速 5mmケース10P VBR130YMDP10V1

 

適度に保存内容を書き換えたり、アクセスするならミラーリングのHDD?

例えばたくさん撮りためた映像など、猛烈に容量を食ってしまうデータだと全てを光ディスクにするのは無謀です。

また「保存したデータを思い立ったらすぐ見たいから、光ディスクとか面倒くさい」という方も多いでしょう。(私もこのタイプです)

 

となると大容量なHDDが有力候補となりますが、意外とHDDも故障するもので信用なりません。

そこで考えられるのは2つの手段。

  1. 2つのハードディスクに同じ内容をコピーするミラーリング接続で保存
  2. 壊れていなくても一定年数でHDDを新品に変えていく(古いHDDにもデータを残しておくアナログ的なミラーリング)

HDDはフラッシュメモリ系に比べれば突然死リスクが低く(故障の)予兆を知らせてくれることはありますが、壊れる事には変わりないため複数台(2台〜)でのコピー運用が必須となりそうです。

運悪く2台とも壊れた場合は泣きましょう。


BUFFALO NAS スマホ/タブレット/PC対応 ネットワークHDD 4TB LS220D0402G 【データを守るRAID1対応モデル】

 

フラッシュメモリは一時保存が吉。SSDであっても2台体制が安心

格安のSDカードやUSBフラッシュメモリーは昨今大容量低価格化が激しいため容量だけならバックアップメディアとして使えるでしょう。

ただ、構造的に耐久性・信頼性に優れているとは言えず「一時保存メディア」と割り切るのが良いと思われます。

(中には数年持ちこたえる製品もあるようですが)

また、HDDに置き換わってシステムドライブの主流となったと言っても過言ではないSSDですが、こちらも突然死が不安です。

高耐久とは言われていますがやはり2台体制が良いでしょう。

ですが、まだHDDよりもGBあたりの単価が高いためあえてSSD2台体制のバックアップを取る必要性がないとも言えます。

 

クラウドストレージに活路を見出してみる

細々としたファイルならドロップボックス等が便利か?

クラウドストレージはそれらを提供している企業が厳重なバックアップをしているため、むしろ個人よりも強固かもしれません。

ドロップボックスなら月額1,000円ほどで1TBの大容量スペースを得られるため「毎年HDDを買い換えるようなもの」と思えば同じ位のコストでしょう。

しかし動画ファイルなど容量が大きいファイルだとアップロードもダウンロードも時間がかかるため、すぐ見たい場合にストレスとなる可能性があります。

また、固定回線で使い放題ならともかく制限のある通信回線を使っている場合は使い勝手が悪いですよね。

 

クラウドストレージに上げる場合、写真のような細々としたファイルなら有用だと言えそうです。

 

記録メディア以外にも気をつけなければならないリスク

火災や震災による破壊、水没など

せっかく信頼性のあるメディアや2台体制のバックアップをしていても、それ自体が破壊されては一瞬で終わります。

そのリスクとしては主に火災や震災でしょう。

または人災もあるかもしれません。(子供がイタズラして壊したり、あなたの秘蔵データ(過去の栄光)を発見し怒り狂った身内が破壊してくるかもしれません)

となると必要になるのは耐火・耐水・防犯に優れた金庫です。

 

メディアはそこまでかさばらないので立派なものではなく、必要最低限の性能を備えた簡易的な金庫で十分でしょう。


エイコーEIKO 耐火・防水プロテクターバッグ2017 bc4183

 

まとめ

最強の記録媒体は使用スタイルによって変わる

  • 数年ほったらかしなら長期保存光ディスク
  • 頻繁にデータにアクセスするならHDDの2台〜体制
  • 大きなデータじゃないならクラウドストレージもアリ

これらにプラスして火災・震災・人災対策を講じておけばある程度安心は得られるはずです。

ぜひ参考にしてみてください。

-ネットツール

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.