海外通販

アリエクで格安HDMIキャプチャUSBカードを購入!デジカメウェブカメラ化にもOK?

テレワーク全盛となってから、キャノンなどカメラメーカーが自社カメラをwebカメラ化するソフトなどを発表していますよね。 一般的なwebカメラよりもキレイに写したい需要などに応えているようです。 私は数年前にデジカメを処分して以降はずっとスマホカメラで済ませているのですが、デジカメのwebカメラ化に少し興味が出たのでアリエクでHDMIキャプチャUSBカードを買ってみました。 ALIEXPRESSで917円のHDMIキャプチャ購入から到着まで 似たような製品が数千円で売られている事に疑問 きっかけはとあるPC ...

ReadMore

自己防衛

花泥棒・野菜泥棒への対策を思案する【無料張り紙配布】

とあるローカルニュースで花泥棒が取り上げられていました。 人が大切に育てている花を無残な形で引きちぎったりする悪人は至る所にいるようですが、思い返すと私が子供の頃、実家に住んでいたときも被害に合ったことがあります。 ステイ子何年経っても変わらんな〜 そこで花泥棒・野菜泥棒に対する警告について考えてみました。 花泥棒・野菜泥棒に対する警告について思うこと 「恥を知れ系」は意味があるのだろうか? よく、花泥棒や野菜泥棒に対する警告文で下記のようなものがあります。 恥を知れ系 人の育てた野菜を盗んで、美味しいで ...

ReadMore

格安SIM

大容量SIM契約は見送りWiMAXプラン変更で使い続ける理由

以前「WiMAXを解約しHOME01とW05でSB回線の大容量SIMを運用する準備」という記事を書きました。 しかし、目星をつけていたNomad SIMの300GBプランが突然の消滅。 「やばいよやばいよ〜」と代替案を検討していたところ、2019年10月から新「ギガ放題」プランに変わり契約解除料が1,000円で月額も下がっていた事実を知りました。 ステイ子これならWiMAXのまま、プランを変えればいいやん! というのが結論だったりします。 大容量SIMよりもWiMAX継続を選んだ理由 格安で信頼ある100 ...

ReadMore

ITガジェット

1万円以下!コンデンサーマイクMPM-1000とアームで高音質テレワーク環境!

最近Zoomを使うことが増え、少しマイクにもこだわってみようと思いました。 とはいえバリバリ高価な機材を揃えるほどでもないため、1万円以内を目標に「それっぽい感じ」を目指してみました。 ステイ子結果、友人から「え、配信者なの?」ってよく聞かれます テレワーク環境整備に1万円以内の投資を行ってみる マランツプロのコンデンサーマイクMPM-1000と中華マイクアームスタンド 今回は全部Amazonで揃いました。お先に完成形。 コンデンサーマイクをアームにつけて、さらにポップガードなんてついちゃって、テレワーク ...

ReadMore

ITガジェット

Amazon FireTVstickはセールで買う!そしてヒートシンクは必須!

AmazonのFireTVstickを先日のセールで2,980円で買いました。 実はこの前世代のFireTVstickも持ってたんですが、ネットを固定回線からWiMAXに変えたとき「どうせ使えないし」と処分していたんですよね。 でも、WiMAXなど無線通信でも意外と使えることがわかったので再購入という流れです。 ステイ子定価より中古よりセールを狙え! Amazon FireTVstickのセール狙い方 毎年数回セールをしているタイミングがあるのでジッと待つ keepaというAmazon商品の過去価格の推移 ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ネットツール

Macs Fan Controlは危険?Macのファンコントロール問題

重い作業をさせた時にアツアツになってしまうMac。

ファンは自動制御されているのですが、結構熱くなってからじゃないと排熱されないのが仕様のようです。

そこで(自己責任で)ファンコントロールソフトを使い、常時ファンを低速回転されている人は少なくないでしょう。

ここでは一部で言われているMacs Fan Controlの危険性について調べてみました。

Macs Fan Controlが危険だと言われる理由とそう思わない理由

ひそかに外部へ通信を行っている様子があるらしい(真偽は不明)

おそらくこの記事を見てくれている方はMacs Fan Controlを使用中か、これから導入するかのどちらかでしょう。

Macs Fan Controlはフリーソフトであるため様々な方のブログでも取り上げられていますが、この点に関しての記事は少ないです。

 

個人的な結論から言うと「問題ないのではないか?」です。

私はソフト開発などに精通した知識やスキルは持ち合わせていませんが、事実背景を調べることは好きです。

 

実際、かれこれ数年Macs Fan Controlを愛用させてもらってますが、特に日常生活で問題が起きたことはありません。

しかしこれでは弱いのでもう少しの根拠を書きたいと思います。

 

もし問題があるなら日本のエンジニア達も黙っていない(ハズ)

Macs Fan Controlは海外製のフリーソフトでありながらも、多くの人から使われており様々な人がサイトで紹介しています。

紹介している人たちがエンジニアかどうかはわかりませんが、ある程度有名なソフトならソフト開発に精通した彼らの目に触れておかしくありません。

 

そこでもし本当に怪しい挙動があるなら(エンジニア自ら)声を上げたくなるものではないでしょうか。

Twitterで「Macs Fan Control 危険」などの複合ワードで調べてみると、ほとんどヒットしませんでした。

逆にMacs Fan Controlに肯定的な発言をしていて、プロフに自らをエンジニアと名乗る(あるいは使用言語を記載しているなど)の人たちは見受けられました。

 

英単語でも調べてみましたが、これといって気になる点はありません。

もしそれらが本当にあるのであれば根拠あるソース(出典)を明記するべきだと思います。

 

競合ソフトにアフィリエイトプログラムが存在する

Macs Fan Controlは基本的に無料で使えるソフトです。

ファンコントロールソフト自体は数える程度しか存在しないようで、有名所を挙げると下記となります。

  • Macs Fan Control(フリー)
  • Derman Fan Control(フリー)
  • TG PRO(有料 ¥1,600)

この中でもTG PROはアフィリエイトプログラムが存在し、リンク経由で購入されると20%の紹介料が得られる仕組みがあるのです。

 

つまり、ファンコントロールソフトを紹介するならTG PROを勧めた方がお金になるということですね。

本当に有用だと思って紹介している人もいれば、お金になるからあえて勧めている人もいるでしょう。

 

真実はわかりませんが、幸いTG PROは2週間ほど試用できます。衝動買いはやめてまずは試用しましょう。

 

TG PROを試用してみた

2週間ほど試用できるようなので私もTG PROを使ってみました。

しかし、これといってMacs Fan Controlよりも優れているとは思いませんでした。

 

私の環境はMac mini2018ですが、ファンの回転数をいじろうとすると常時フル回転しか選べません。

MAXは4400rpmですが、これだとうるさすぎて不快です。

せいぜい3000rpmくらいが本体もアツアツにならず丁度よい騒音なんですよね。(私の感覚では)

 

Macs Fan Controlは回転数を可変させられるので、騒音として許容できる範囲で常時回転が可能です。

 

ファンコントロールの条件付けなどではTG PROのほうが優れているのかもしれませんが、常時フル回転にしかできないので魅力的ではありませんでした。

個人的に「そんなに良いとは思えないな」というものを紹介するのはアレなので当サイトでは紹介しません。

 

一応使ってみたい方は下記か、あるいはググって下さい。

(下記は公式URLそのままです)

https://www.tunabellysoftware.com/tgpro/

 

Macs Fan Controlのアンインストール方法

ソフトをAppcleanerにドラッグ&ドロップ

Macソフトのアンインストールはアプリケーションフォルダにあるソフトをゴミ箱に捨てれば済みますが、それだと不完全だったりします。

というのもソフトが生成した関連ファイルが残ってしまうことがあるため。

そのため、Appcleanerというソフトとその関連ファイルをまとめて削除してくれるツールを入れておくと便利です。

フリーソフトです。

http://freemacsoft.net/appcleaner/

 

まずはMacs Fan Controlを終了してください。起動中だと削除できません。

次にアプリケーションフォルダにあるMacs Fan Control.appをAppcleanerのウィンドウにD&Dします。

するとこのように関連ファイルも探して表示してくれました。

削除するファイルにチェックを入れてRemoveを押せば完了です。

 

 

さいごに

ファンは消耗品、でもそうそう壊れない

今のMacmini2018を使う前もMacminiでしたが、その頃から常時回転状態で使ってました。

しかし、手放す最後までファンに異常が起こったことはなく、相当高耐久だと思います。

 

もし壊れてもパーツを取り替えれば済む話なので、シンプルに指定したスピードでひたすら回し続けてくれればそれだけで御の字なんですよね。

ということで、Macs Fan Controlで不安に思われた方はぜひ私の意見も加味してみて下さい。

-ネットツール

Copyright© STAYFOG , 2020 All Rights Reserved.