ITガジェット

【定番モニター】beyer dynamic DT990 Pro レビュー

定番モニターヘッドホンを色々買った結果、beyer dynamic DT990 Proに落ち着きました。 た ぶ ん もうモニターを変えることはなさそうです。 ステイ子これはいい!落ち着く一品だと思うよ beyer dynamic DT990 Proの良いところ 低音の鳴りがとてもよく、クリアな聴き心地 私は普段から低音を意識して聴くことが多いので、低音がちゃんと鳴るヘッドホンが理想です。 ちなみにいままで買ったモニターヘッドホンは下記。 いままで使った定番モニターヘッドホン AKG K240s SONY ...

ReadMore

自己防衛

日本の食料危機を個人で備えるために必要なものを考える

もし日本で食料が満足に行き渡らない状況になったら? 「そんなこと今の日本であるわけないだろ(笑)」と言う人もいる反面、数年後に起こりうる可能性を深刻に捉えている人もいます。 起こらない可能性に賭けて無思考でいるのもアレなので、起こる可能性に乗って「何をしておけば安心を得られるか?」について考えてみました。 ステイ子その昔、預金封鎖とかも話題になったりしたよね。ユニオンバンクに口座作った人もいたのでは。 日本の食料危機が起こった状況を考えてみる 災害などをきっかけにトイレットペーパー買い占めのような事が起こ ...

ReadMore

生活向上

最強の加湿器はスチーム式一択。象印の加湿器がおすすめな理由

ここ数年、毎年冬になると加湿器との戦いを強いられてきました。 去年なんて加湿器を自作までしましたからね。(惨敗でしたが) 【参考】フィルター代100円の気化式加湿器を自作する【100均&Amazon】 今まで電気代が気になり手を付けなかったスチーム式ですが、これで私の加湿器戦争も終結しそうです。 ステイ子忌諱していた選択肢が正解だなんて、あぁ私の人生。 最後にまとめとして「最も選んではいけないと思う加湿器タイプ」についても話そうと思います。 象印のスチーム加湿器が最強だった話 電気代には目を瞑る必要あれど ...

ReadMore

暇つぶし

【スパイク】雪道での靴の滑り止めを半自作してみた結果報告

最近、雪がガンガン積もって大変です。 雪道も状況次第ではツルツル滑って危険ですよね。 私は先日、1000円の滑り止めスパイク付きバンドを購入したのですが、見事に使えませんでした。 仕方がないので分解、スパイク部分だけ流用してバンド部分を自作してみた話です。 1000円のスパイク付き滑り止め靴ベルトを買った結果 これって欠陥?それとも靴が小さい人向け? きっかけは「今年はちゃんとスノーブーツでも買って冬に備えるか」と思ったことから。 秋口にタイミングを見て安くコロンビアのスノーブーツを仕入れておいたのですが ...

ReadMore

ITガジェット

EarFun UBOOM ワイヤレスBluetoothスピーカー購入レビュー

先日プロジェクターを買ったのですが、本体にBluetoothが内蔵されているので音声を外部に飛ばすことができます。 内蔵スピーカーよりも近くに、さらに音質をよくするべくBluetoothスピーカーを購入してみました。 ステイ子なんか評価がいいから気になったEarFun UBOOMだぞー! どうでもいい個人的な前置き(読む必要はない) 数年おきに買い替えを迫るエコ社会 私個人、あまりバッテリー内蔵Bluetoothスピーカーには手を出さないようにしていました。(なるべくコンセントから電源取れるやつがいいと) ...

ReadMore

自己防衛

賃貸退去時の立会いは不要!法律やルールを事前に知ってボッタクリを防ごう

賃貸物件を引っ越す際、必ずある(と思っている)のが退去時立ち会いですよね。

管理会社の人と物件の確認をしたり鍵を返却して終わる訳ですが、場合によっては「借り主の無知につけこんだ悪質なボッタクリ」も横行しているようです。

しかし賃貸退去時の立ち会いは義務ではなく、そもそも立ち会いせずに済ませることがボッタクリを防ぐ最善策であるという話の紹介。

賃貸退去時に立ち会いそのものを拒否するメリット

言いくるめられてサインを強要されるなどの心配がない

退去立ち会いは過去に何回もしましたが、本当に業者によって全然態度が違います。

私はいままで比較的よい業者に当たっていましたが、中にはイチャモンを付けて高額な原状回復費用を払うような書類にサインを求められることもあるようです。

 

そもそも、管理会社は立ち会い業務自体での儲けはありませんよね。

出ていく人と空き部屋を確認するだけですから。

しかし、悪質な業者からすれば立ち会い業務は「無知な奴からボッタクれる最後の稼ぎポイント」だったりする訳です。

(誠実に業務として行っている業者もたくさんいると思いますが)

 

例えば、原状回復費用として相場より高い修繕費を要求したり、一般的な生活による経年劣化レベルの部分を入居者の過失として請求したりする場合。

立ち会いの場面でそれを認めさせてサインをさせれば非を認めたことと同じ。

つまり、業者側にお金がチャリーン(儲け)なのです。

 

中には立ち会い業務を外部委託している管理会社もあるようで、その場合は上乗せした修繕費が彼らの報酬であるため、悪質な手口も横行しやすいようです。

ステイ子
まるでどこかの国の国営放送の契約業務に似てますね。

 

立ち会いを拒否しても大丈夫なのか?立ち会いは義務ではない。

こちらの動画でも詳細に述べられております。

この動画の制作者はご自身が物件オーナー(大家)であるとのことで、賃貸でのボッタクリ事情などにも精通しており、借りる側の視点で解説がなされています。

この動画は賃貸契約をする(している)全ての人に価値のある動画ですので、必ず見て内容を頭に叩き込んでおいたほうが良いでしょう。

大手業者でも平気でぼったくる可能性があるとのことですから、自分自身で自衛するほかありません。

 

退去立会いについては多くの人が疑問に思うことすらなく「当然やるべきこと」と認識していますよね。

私もそうでした。当たり前だと思ってました。

しかし、退去立ち会いは拒否しても問題なく、法律で決まっている訳でもありません。

賃貸の解約通知書内にその旨を盛り込めば、相手方はそれを拒否する正当な理由はないのです。

鍵も後日郵送で送れば返却したこととなります。

それを迂闊に立ち会いしてしまい、口車に乗せられてサインしてしまうと何もかも相手の有利に動く請求ができてしまいます。

 

注意点

部屋の状態は入念に撮影・記録を残し、後から捏造されないように気をつけましょう。

(自分で付けた汚れや傷は嘘をつかずに自己申告すべきですが、上記動画では「火災保険で修繕する方法」にも触れています)

また、どうしても立ち会いしないといけない場合は「事前準備」を入念にしましょう。

特に学生(20歳前後)や女性はナメられやすいので、30代以上の男性に同伴してもらうなどをすれば良いでしょう。

立ち会いでボッタクる場合、法律やガイドラインを無視した発言で丸め込む人もいるようですから、録音(場合によっては録画)もしておくと尚良し。

ステイ子
退去立会いなんて数年に1度あるかないか。
でも、だからこそバッチリ防衛して自分のお金を守ろう。

 

知らない人は騙される

みんなが退去立会いを拒否すれば、相手に有利なルールはいずれ消える

「法律や何やを知らない人から搾り取ろう」という構造はどの業界にもあるものです。

しかし、すべての人にとって生活の土台となる住居におけるボッタクリは個人的に許しがたいものだと思います。

 

そもそも賃貸契約でさえ、仲介業者に紹介される訳ですが基本的にその業者がピックアップした物件ばかり紹介される仕組みです。

自分から物件を指名しても「もう決まって空きがない」とか、証拠をロクに見せられないまま話を流されてしまう現状。

 

そもそも最初から空いてすらいない「おとり物件」で集客して違う物件に決めさせたりするのは詐欺行為ですよね。

ネットで何もかもがスピーディに回る今、不誠実な業者は即座に情報が共有され淘汰されるべきですし、その対策も多くの人に周知されるべきだと考えます。

こちらのyoutuberは本当に有益な情報を発信しており、仕組みや手口を知られたくない業界から邪魔が入るのではないか?と思ってしまうほどです。

ステイ子
内容はしっかりメモしたりして、友達や家族にも教えてあげよう。
悪質業者から自分や大事な人を守るために。

身体と頭を丈夫にするおすすめ記事

1

昨今、急速にGoogle離れが加速しています。 私の友人も「なんでもかんでもGoogleになるのが嫌」と代替サービスに自主切り替えをしている人もいるほど。 さらに2021年は某感染症に関する個人の発信 ...

2

グーグルが世界的に検閲を強めて「個人の発信を制限しようとする動き(国民が得られる情報を制限しようとする動き)」を見せています。 日本人でこの動きに危機感を持つ人は少ないかもしれませんが、これは「メイド ...

3

2020年始めから始まったコロチャン騒動ですが、2年近く閉塞感がありますね。 そもそも厚生労働省のデータを見るに「死亡者のほとんどは70/80/90代の高齢者」「若者はほぼ重症化しないし死亡しない」こ ...

4

「趣向を変えたサイトのコンテンツを作れないか?」という考えのもと、世の中の「変だなぁ」をTwitterで集めてみました。 これらを見て「なにそれ!おかしいでしょ!」と思う数が多い人ほど、危険予知能力が ...

5

ウェブサイトを巡回していると、自分が目にしたくないと思う情報に遭遇することもありますよね。 良し悪し様々な情報を得ることや「得られる環境」は大事ですけど、そこには「ただの誹謗中傷」や「不快なワードを連 ...

-自己防衛

Copyright© STAYFOG , 2022 All Rights Reserved.