ITガジェット

iRozceのフルHD格安Webカメラ使用レビュー!高画質かつマイク内蔵でおすすめ!

未だ冷めやらぬコロナウイルスの猛威ですが、仕事の仕方もオンラインで済ませる企業・個人が増えているようです。 今年の夏頃にはウェブカメラの需要が供給を上回り1台1000円弱のウェブカメラが8000円を超えて売買されるというような事態も起こりました。 今は落ち着いていますが、この度「iRozce」というメーカー様から新製品のウェブカメラをご提供いただいたのでレビューしたいと思います。 ポイント メーカー様よりAmazonで使える限定のクーポンコードをいただきました。 お買い求めの際は必ず利用のうえ、お得にゲッ ...

ReadMore

ITガジェット

Fire TV StickでUSB製品を使う方法!KODIでメディアプレイヤー化!

AmazonのFire TV Stickってテレビで映画やアニメなどを見るには便利ですよね。 でも、ただストリーミング再生用に使うだけではなく「メディアプレイヤー化」もできます。USBの入力機器も接続できたりするのですが、そのままだとそれらは叶いません。 ステイ子手持ちの動画をテレビで再生できるようにしたい!垂れ流したい! Fire TV Stickを最大限に使うためのカスタマイズ OTGケーブルでUSBポートを作ってUSBマウス・USBメモリの接続を可能に 前からやろうと思いつつ、放置していたFire ...

ReadMore

ITガジェット

SEENDAのワイヤレスキーボードが超おすすめ!テンキー付きをレビュー!

kindle fire stickの操作をキーボードでできたら。。。と思い、Amazonで良さげなワイヤレスキーボードを購入しました。 届いて使ってみたら、見た目はもちろん使い勝手も良かったのでレビュー記事を残しておきます。 ステイ子Amazonの中華メーカーは当たり外れがあるからね SEENDAの格安2.4Gワイヤレスキーボードが意外に良い! マウス込みで2,400円程度!しかも充電式でコネクタはtypeC Amazonで購入、到着してスグにパシャリ。 デザインからしてMacのキーボードを意識してますよ ...

ReadMore

暇つぶし

エアコキを重くしたい!ハンドガン重量UP計画

大人の暇つぶしにも最適なエアコキハンドガン。 お手頃価格で買える上に、意外と細部まで作られていて眺めていても面白いオモチャですよね。 とはいえ気になる人は気になるのが「重さ」 ステイ子エアコキハンドガンをもっと重くしたい! という方へ、今回は東京マルイの人気エアコッキングハンドガン「コルト M1911A1ガバメント(18歳以上用)」に細工をしてみました。 ※分解・カスタムを行うと保証が受けられなくなります。分解と組み立てに自信がある方のみ、実行の際は自己責任のもと慎重に行って下さい。 エアコキハンドガンを ...

ReadMore

DIY

Dremelハイスピードロータリーツール3000-N購入レビュー

Dremel(ドレメル)の電動ルーターを購入しました。 買って満足のいく製品でしたが、ルーター初心者に私にとっては購入前に疑問も多く結構調べる必要がありました。 とはいえ一通り揃ったので、ルータと合わせて買うべきツール等も紹介したいと思います。 Dremelハイスピードロータリーツール3000購入まで 価格と性能のバランスがベストな機種 下記は現状Amazonで買えるモデルの要点一覧。 ハイスピードロータリーツール3000 約7,500円 10,000~32,000回転/分 AC100V ハイスピードロー ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

生活向上

自作は不要!ツインバードの空気清浄機AC-4238W購入レビュー

今までシャープの加湿機能付き空気清浄機を使っていたのですが、加湿機能によるカルシウム汚れが気になり処分しました。

「空気清浄機なんてなくてもいいかな〜」と数日、あからさまに室内臭が気になるようになり「やはり空気清浄機は必要である」と実感しました。

とはいえご立派な空気清浄機は必要なく、何なら自作してもいいかなと思った矢先、激安の空気清浄機AC-4238W(別名:ファンディファイン ヘパ)を発見したため購入に至りました。

ステイ子
空気清浄機があるとやっぱ違うなー

自作するよりツインバードの空気清浄機がおすすめな理由

6,000円ほどでHEPA+脱臭のダブルフィルター

空気清浄機といえば高価な製品のほうがオシャレですし、効果もありそうです。

しかし、実際のところ空気清浄機はファンと

フィルターの仕組みさえあれば十分に効果を発揮するのです。

たった3000円で超高性能な空気清浄機を自作する方法-GIGAZINE

上記動画では箱型換気扇と空気清浄機フィルターを組み合わせて、効果な空気清浄機と同等のレベルで能力を発揮している様子を実証した動画です。

 

しかし、こんな箱型換気扇と高性能フィルターを別々に用意するのは現実的ではありません。

それなりに自作で仕上げようとするなら日本だと3,000円じゃきかないでしょう。

 

でも、日本ではツインバードが

HEPA+脱臭フィルターの二重構造の空気清浄機を

6,000円弱で販売している!

安くても1万円くらいする空気清浄機がこんな激安だなんて、自作なんてハナから考える必要がなく何も考えずコレを選べば良いという。

ステイ子
安すぎやろ!

 

全体的にコストダウンがわかるものの性能は十分

動画からのキャプチャなので画質とレイアウトが微妙ですが、早速届いて開封です。

サイズはこのくらい。片手で持てるコンパクトサイズかつ軽量です。

HEPAフィルターと脱臭フィルターはペラッペラです。

ジャバラに折られているHEPAフィルターの厚み1cmほど。

今まで使っていたシャープの加湿機能付空気清浄機では厚み4cmくらいあったので全然違いますね。

脱臭フィルターは不織布で見えませんが、たぶん脱臭炭入なのでしょう。

こちらも厚み0.5cmくらいで薄いですが、この激安価格なんですから何の文句もありません。

リモコンはなく、風量は3段階切り替え可能。

自動電源オフのタイマー機能もありますから、基本的なスペックは満たしています。

個人的に空気清浄機は24時間365日、弱で回し続ける使い方をするのでリモコン等は必要ありません。

 

で、実際に使い始めての性能的な感想ですが・・・。

室内臭はしっかり消えた。

フィルターは薄いものの、ちゃんと効果を発揮しているようです。

 

数万円の空気清浄機はオシャレで素敵ですが、例えば3万円出すならこのファンディファインヘパを5台買って各部屋に置きまくる方が強力かも?

1台で12畳くらいに対応しているようですが、細かくキッチン・リビング・寝室に分けて置くなんてのもアリ。

コンパクトですし。

 

総評

必要最低限を厳守してとことん安くした隠れ良品

今まで空気清浄機は1万円〜2万円レベルを3台ほど使ってきました。(1台目 東芝、2台目 日立、3台目 シャープ)

それらとツインバードのファンディファインヘパを比べると・・・。

  • フィルターが薄い(けど使える&替えが安い)
  • 本体の大きさ(小さい)
  • 外観(かっこいいデザインではない)

 

つまり空気清浄機にかっこよさを一切求めず、安さと最低限の機能だけを求めるならツインバードのファンディファインヘパ。

最高です。

-生活向上

Copyright© STAYFOG , 2020 All Rights Reserved.