生活向上

JUXLampの光療法ライト購入!自作するより安くておすすめ!

外に出る機会が減るとなんだか調子が悪くなることってありませんか? あるいは冬になると日照り時間が短く精神的に落ち込みやすくなったり、体調を崩す人も多いですよね。 それもそのはず、日光を浴びることで体内でビタミンDを生成したり、セロトニンの分泌を行うため。 室内に籠もる生活は人体に支障をきたすと言われています。 ステイ子とはいえ、こもり体質の人間は外に出るのが億劫なんだよ! 人間の日照不足改善を目的とした光療法ライト 12000LUXの光を浴びることで体内時計を正常化! じゃん!そこでこの光療法ライトです! ...

ReadMore

ITガジェット

Kindlefire8&10比較!Android化!googleplayを入れて改造

2021年版のKindle fireHD8とHD10をダブル購入しました。 充電端子がUSB-Typecとなったり、枠が等幅化したりと微妙に進化していますよね。なにより安い! 今回はこのタブレットをより使いやすくするためにアンドロイド化の改造をしてみました。 Kindle fireのアンドロイド化は自己責任で! Fire Toolboxを使えばカンタンにAndroid化可能 やり方に関しては詳細に作っているサイトがたくさんあるのでそちらを参考にするのがベストです。 私個人としては「実際にやってみてわかった ...

ReadMore

DIY

【おすすめ】Snapfreshのインパクトドライバー&レシプロソーが安くて便利!

昨今DIYブームで電動工具を使う人は増えました。 とはいえ「ガチでやる訳じゃないから、お手頃で使える工具がいいんだけど」という人は多いもの。 ホームセンターでチャチな電動ドリルドライバーを買っても満足なDIYは出来ませんからね。 そこで今回は振興メーカー「Snapfresh(スナップフレッシュ)」のインパクトドライバー&レシプロソーを購入したのでレビューしたいと思います! Snapfreshの電動工具はお手頃価格でちゃんと使える! マキタやハイコーキのインパクトは高い!というライトユーザーにおすす ...

ReadMore

生活向上

どこでもクーラーはエアコンになるか?うるさい?排熱ダクト改造結果

今年も夏がやってきます。 猛暑日がやってきてます。 寝苦しい夜がやってきます。 現在の物件はエアコンがないのですが、寝苦しいほどの猛暑日は数日程度なので壁エアコンの導入に踏み切れなかったりしています。(他にも賃貸ならではの制約があったり) そこで以前は窓エアコンを導入してみた訳ですが、あまりの轟音にワンシーズンで使用をやめてしまいました。 そして次なる検証は各所で有名なコロナ製の「どこでもクーラー」に決定! 「壁エアコン設置できなくて悩んでいる」という方の参考になれば幸いです。 2021/07/19追記 ...

ReadMore

生活向上

洗濯機の防振キャスター台で騒音軽減!デメリットゼロで超おすすめだった件

洗濯機って脱水のとき超ガタガタ揺れません? 衣類を詰めすぎた時なんかは偏るので仕方ないですが、とはいえ「ガダン!!ガダンガダダダダダダ!!!!」と今にも脱衣所を破壊しそうな騒音を出しますよね。 私が使っている洗濯機もまさにそんな騒音が気になるようになったので防振キャスター台を買ってみました。 洗濯機の防振キャスター台でガタガタ音を軽減しよう! 2000円~3000円で防振と掃除のしやすさが手に入る感動 こちらアマゾンで売られていた製品です。 リンク こちらアマゾンで売られていた製品です。 この分野は特に有 ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ITガジェット

スタンド一脚 Eienn BY368 購入!手元動画撮影に超おすすめ!レビュー

かねてから狙っていたスタンド一脚がタイムセールになっていたので購入しました。

「あれば撮影に便利だよなぁ」と思っていたのですが、思惑通りめっちゃ便利!

ステイ子
普通の三脚じゃダメなんだよ!なぜなら!

スタンド一脚 Eienn BY368を購入した理由

上からの動画撮影がはかどる。普通の三脚じゃ寄れない所まで攻められる

一番最初にスタンド一脚が室内撮影で便利な理由から紹介します。

言葉よりもまず写真を見てもらえば納得できるはず。

これ、一緒にAmazonで買った手元スイッチケーブルです。

この動画を取るという想定で今回のスタンド一脚を設置し、その様子を上から撮影した図。

 

テーブルやデスクなどで手元動画を撮りたいときって、テーブルにミニ三脚を置いたりしますよね。

でも、それだと「撮影対象までの距離(高さ)」が出せないうえに、ミニ三脚の脚がフレーム内に入ってきたりするんです。

 

俯瞰撮影をするならアームの付いている三脚を使用すれば真上から見下ろすように撮影できますが、いかんせん高い。

 

そこで、スタンド一脚の出番。

スタンド一脚は、小さな接地幅でありながら160cmは余裕で伸びます。

(そのぶん普通の三脚より安定性には劣る)

普通の三脚を高くしてテーブルの端ギリギリまで寄せると、脚が邪魔をしてテーブルに寄れないんです。(遠くからズームを使うと画角が狭まる)

でもスタンド一脚なら三脚部分が異常に低い&狭いので、下記のように”撮影者の膝の間を通して撮影する”ことも可能。

まるで「膝に座らせた小さな子どもの目線」で撮影できるので、手元撮影がきれいに撮れる。

特にスマホなどで動画を取ると標準で画角が削られてしまうので、高さを出して全体を写したい人は多いはず。

 

下記がこのスタンド一脚目線で撮影した動画のキャプチャです。

カメラもすぐそばにあるので、設定変更などもすぐ行えます。

これでもまだ伸ばしきった状態ではないので、更に高さを出して上から撮影することも可能。

 

この超絶便利なスタンド一脚は様々なメーカーから出ていますが

Amazonで購入したEienn BY368はなんと3,880円!

更にタイムセールでは3,200円ほどになることも。

 

Eienn BY368 開封レビュー

SLIKやベルボンの数千円台エントリー向け三脚と同程度のクオリティ

聞いたことないメーカーなので、まぁ中華製です。

内容物は下記。ナイロン袋に入ってます。

そもそも一脚とミニ三脚のセットといった感じで、サイズ的にもかなりコンパクト。

オマケ程度のスマホスタンド(バネで挟み込むタイプ)が付属しています。

一脚、三脚共に脚部分はアルミ?のような金属で、接合部はプラです。

ほんとスリックやベルボンのエントリー向け三脚のような感じ。

クイックシューが付属。

三脚の雲台を取り外し、一脚の頭部分と三脚を接合します。

一脚の脚部分にネジを回し入れて、外した雲台を装着します。

雲台にはお気に入りのアルミ削り出しホルダーを装着しました。(ulanzi製 ※別売りです)

 

安定度を高めたい場合は脚を伸ばすこともできます。

 

一眼レフ・ビデオカメラなどを装着しても大丈夫か?

スタンド一脚は「三脚を立てられない場所で、あくまで人が常時押さえてることを前提とした商品」だと思っているので、三脚のようにその場から離れて使うのは転倒リスクが高いでしょう。

 

一眼レフを所持していないので確認していませんが、個人的には「重量級の一眼カメラなどは装着してもその場から離れるのは怖いなぁ」と感じます。

軽量なEOS KISSシリーズなどならまぁ・・・という気持ちもしますが、装着レンズにもよるかもしれません。

 

とはいえ自分がすぐ近くで補助してあげられるならOKなので、今回のような撮影にも威力を発揮します。

そもそもしっかりとした安定性を求めるならどう考えても普通の三脚に敵いませんからね。

 

さいごに

スマホ配信やテレワークにも使える!?

スマホでビデオ通話をする場合、テーブルやデスクのスマホスタンドに置く人も多いでしょう。

しかし、その場から離れたり、キッチンの様子を定点で写したいときなどは「いい置き場所がなくて困る」といったことも起こりえます。

そんなときにも、場所を取らないスタンド一脚なら気軽に高さをあわせて撮影できるので、使いようによっては普通の三脚より機動性があります。

ステイ子
言わば一脚なんて「超ロング自撮り棒」みたいなものですからね。

-ITガジェット

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.