ITガジェット

iRozceのフルHD格安Webカメラ使用レビュー!高画質かつマイク内蔵でおすすめ!

未だ冷めやらぬコロナウイルスの猛威ですが、仕事の仕方もオンラインで済ませる企業・個人が増えているようです。 今年の夏頃にはウェブカメラの需要が供給を上回り1台1000円弱のウェブカメラが8000円を超えて売買されるというような事態も起こりました。 今は落ち着いていますが、この度「iRozce」というメーカー様から新製品のウェブカメラをご提供いただいたのでレビューしたいと思います。 ポイント メーカー様よりAmazonで使える限定のクーポンコードをいただきました。 お買い求めの際は必ず利用のうえ、お得にゲッ ...

ReadMore

ITガジェット

Fire TV StickでUSB製品を使う方法!KODIでメディアプレイヤー化!

AmazonのFire TV Stickってテレビで映画やアニメなどを見るには便利ですよね。 でも、ただストリーミング再生用に使うだけではなく「メディアプレイヤー化」もできます。USBの入力機器も接続できたりするのですが、そのままだとそれらは叶いません。 ステイ子手持ちの動画をテレビで再生できるようにしたい!垂れ流したい! Fire TV Stickを最大限に使うためのカスタマイズ OTGケーブルでUSBポートを作ってUSBマウス・USBメモリの接続を可能に 前からやろうと思いつつ、放置していたFire ...

ReadMore

ITガジェット

SEENDAのワイヤレスキーボードが超おすすめ!テンキー付きをレビュー!

kindle fire stickの操作をキーボードでできたら。。。と思い、Amazonで良さげなワイヤレスキーボードを購入しました。 届いて使ってみたら、見た目はもちろん使い勝手も良かったのでレビュー記事を残しておきます。 ステイ子Amazonの中華メーカーは当たり外れがあるからね SEENDAの格安2.4Gワイヤレスキーボードが意外に良い! マウス込みで2,400円程度!しかも充電式でコネクタはtypeC Amazonで購入、到着してスグにパシャリ。 デザインからしてMacのキーボードを意識してますよ ...

ReadMore

暇つぶし

エアコキを重くしたい!ハンドガン重量UP計画

大人の暇つぶしにも最適なエアコキハンドガン。 お手頃価格で買える上に、意外と細部まで作られていて眺めていても面白いオモチャですよね。 とはいえ気になる人は気になるのが「重さ」 ステイ子エアコキハンドガンをもっと重くしたい! という方へ、今回は東京マルイの人気エアコッキングハンドガン「コルト M1911A1ガバメント(18歳以上用)」に細工をしてみました。 ※分解・カスタムを行うと保証が受けられなくなります。分解と組み立てに自信がある方のみ、実行の際は自己責任のもと慎重に行って下さい。 エアコキハンドガンを ...

ReadMore

DIY

Dremelハイスピードロータリーツール3000-N購入レビュー

Dremel(ドレメル)の電動ルーターを購入しました。 買って満足のいく製品でしたが、ルーター初心者に私にとっては購入前に疑問も多く結構調べる必要がありました。 とはいえ一通り揃ったので、ルータと合わせて買うべきツール等も紹介したいと思います。 Dremelハイスピードロータリーツール3000購入まで 価格と性能のバランスがベストな機種 下記は現状Amazonで買えるモデルの要点一覧。 ハイスピードロータリーツール3000 約7,500円 10,000~32,000回転/分 AC100V ハイスピードロー ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ITガジェット

スタンド一脚 Eienn BY368 購入!手元動画撮影に超おすすめ!レビュー

かねてから狙っていたスタンド一脚がタイムセールになっていたので購入しました。

「あれば撮影に便利だよなぁ」と思っていたのですが、思惑通りめっちゃ便利!

ステイ子
普通の三脚じゃダメなんだよ!なぜなら!

スタンド一脚 Eienn BY368を購入した理由

上からの動画撮影がはかどる。普通の三脚じゃ寄れない所まで攻められる

一番最初にスタンド一脚が室内撮影で便利な理由から紹介します。

言葉よりもまず写真を見てもらえば納得できるはず。

これ、一緒にAmazonで買った手元スイッチケーブルです。

この動画を取るという想定で今回のスタンド一脚を設置し、その様子を上から撮影した図。

 

テーブルやデスクなどで手元動画を撮りたいときって、テーブルにミニ三脚を置いたりしますよね。

でも、それだと「撮影対象までの距離(高さ)」が出せないうえに、ミニ三脚の脚がフレーム内に入ってきたりするんです。

 

俯瞰撮影をするならアームの付いている三脚を使用すれば真上から見下ろすように撮影できますが、いかんせん高い。

 

そこで、スタンド一脚の出番。

スタンド一脚は、小さな接地幅でありながら160cmは余裕で伸びます。

(そのぶん普通の三脚より安定性には劣る)

普通の三脚を高くしてテーブルの端ギリギリまで寄せると、脚が邪魔をしてテーブルに寄れないんです。(遠くからズームを使うと画角が狭まる)

でもスタンド一脚なら三脚部分が異常に低い&狭いので、下記のように”撮影者の膝の間を通して撮影する”ことも可能。

まるで「膝に座らせた小さな子どもの目線」で撮影できるので、手元撮影がきれいに撮れる。

特にスマホなどで動画を取ると標準で画角が削られてしまうので、高さを出して全体を写したい人は多いはず。

 

下記がこのスタンド一脚目線で撮影した動画のキャプチャです。

カメラもすぐそばにあるので、設定変更などもすぐ行えます。

これでもまだ伸ばしきった状態ではないので、更に高さを出して上から撮影することも可能。

 

この超絶便利なスタンド一脚は様々なメーカーから出ていますが

Amazonで購入したEienn BY368はなんと3,880円!

更にタイムセールでは3,200円ほどになることも。

 

Eienn BY368 開封レビュー

SLIKやベルボンの数千円台エントリー向け三脚と同程度のクオリティ

聞いたことないメーカーなので、まぁ中華製です。

内容物は下記。ナイロン袋に入ってます。

そもそも一脚とミニ三脚のセットといった感じで、サイズ的にもかなりコンパクト。

オマケ程度のスマホスタンド(バネで挟み込むタイプ)が付属しています。

一脚、三脚共に脚部分はアルミ?のような金属で、接合部はプラです。

ほんとスリックやベルボンのエントリー向け三脚のような感じ。

クイックシューが付属。

三脚の雲台を取り外し、一脚の頭部分と三脚を接合します。

一脚の脚部分にネジを回し入れて、外した雲台を装着します。

雲台にはお気に入りのアルミ削り出しホルダーを装着しました。(ulanzi製 ※別売りです)

 

安定度を高めたい場合は脚を伸ばすこともできます。

 

一眼レフ・ビデオカメラなどを装着しても大丈夫か?

スタンド一脚は「三脚を立てられない場所で、あくまで人が常時押さえてることを前提とした商品」だと思っているので、三脚のようにその場から離れて使うのは転倒リスクが高いでしょう。

 

一眼レフを所持していないので確認していませんが、個人的には「重量級の一眼カメラなどは装着してもその場から離れるのは怖いなぁ」と感じます。

軽量なEOS KISSシリーズなどならまぁ・・・という気持ちもしますが、装着レンズにもよるかもしれません。

 

とはいえ自分がすぐ近くで補助してあげられるならOKなので、今回のような撮影にも威力を発揮します。

そもそもしっかりとした安定性を求めるならどう考えても普通の三脚に敵いませんからね。

 

さいごに

スマホ配信やテレワークにも使える!?

スマホでビデオ通話をする場合、テーブルやデスクのスマホスタンドに置く人も多いでしょう。

しかし、その場から離れたり、キッチンの様子を定点で写したいときなどは「いい置き場所がなくて困る」といったことも起こりえます。

そんなときにも、場所を取らないスタンド一脚なら気軽に高さをあわせて撮影できるので、使いようによっては普通の三脚より機動性があります。

ステイ子
言わば一脚なんて「超ロング自撮り棒」みたいなものですからね。

-ITガジェット

Copyright© STAYFOG , 2020 All Rights Reserved.