DIY

怪しいアーシングマットを自作!効果あるの?感想と使い方

つい最近、なにやら怪しげな言葉「アーシング」を知りました。 EARTHにingでアーシングだそうですが、何やら身体に溜まっている電気を逃がすと健康にどうたらこうたら・・・。 非常に香ばしい話なので「どうせだから試してみるか」と、疑問を解決すべくアーシングマットを自作してみました。 アーシングという言葉を知るまでの経緯 冬場の静電気がウザすぎてどうにかアースに流そうと思った 冬は湿度が下がりやすく静電気がすごいです。 特に布団がこすれてバチバチいうので、洗濯機置場のコンセントについているアース口から緑色のコ ...

ReadMore

DIY

【ケーブル着脱化】MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造3選【折りたたみ化】

SONYのMDR-CD900STといえば長年愛されているモニターヘッドホンですよね。 音楽制作以外にも、配信者の方でも愛用している人が多いこのヘッドホン。 この記事では「MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造2選」と称して比較的簡単にできる改造を紹介したいと思います。 (何年か前にやったことなので記憶がうろ覚えだったりします。あくまで参考程度として。) ステイ子また、改造は自己責任でお願いしますね。 MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造3選 難易度★☆☆☆☆ イヤーパッドを交換し ...

ReadMore

自己防衛

賃貸退去時の立会いは不要!法律やルールを事前に知ってボッタクリを防ごう

賃貸物件を引っ越す際、必ずある(と思っている)のが退去時立ち会いですよね。 管理会社の人と物件の確認をしたり鍵を返却して終わる訳ですが、場合によっては「借り主の無知につけこんだ悪質なボッタクリ」も横行しているようです。 しかし賃貸退去時の立ち会いは義務ではなく、そもそも立ち会いせずに済ませることがボッタクリを防ぐ最善策であるという話の紹介。 賃貸退去時に立ち会いそのものを拒否するメリット 言いくるめられてサインを強要されるなどの心配がない 退去立ち会いは過去に何回もしましたが、本当に業者によって全然態度が ...

ReadMore

ITガジェット

激安モニターアームWORLDLIFTが意外と使えておすすめな件

モニターアームって便利ですよね。机も広々使えるし、画面の高さも変えられるので肩こりや首こり対策にもなりますし。 とはいえ、最近まで34インチモニターを使っていたので普通に付属のスタンド使ってました。 ステイ子スタンドの下に厚めの雑誌を挟んで嵩上げしたりね が、この度ディスプレイの新調と共に再びモニターアーム環境を構築すべく、激安モニタアームを購入。 そのレビューとなります。 ステイ子買ったり手放したり忙しいヤツだな! 激安デュアルモニターアームWORLDLIFTを購入してみた 2,500円で2画面を持ち上 ...

ReadMore

ITガジェット

AOCモニタの評判と品質、ゲーミングモニタ24G2E5/11購入!

先日モニタを新調しました。 AOCというメーカーなのですが、意外と聞かない名前ですよね。 ということで、メーカーの説明もしつつ今回購入したゲーミングモニタ24G2E5/11のレビューもしてみようと思います。 AOCというメーカーって大丈夫なの?評判は? 他メーカーより先駆けてフレームレス・薄型デザインを採用していた(と思う) 実はAOCのモニタ、買うの2回目なんです。 初めて買ったのは2014年頃で、当時はまだモニタのフレームも太いものが多い頃だった気がします。 その頃に先駆けてフレームの細い薄型の製品を ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ITガジェット

スタンド一脚 Eienn BY368 購入!手元動画撮影に超おすすめ!レビュー

かねてから狙っていたスタンド一脚がタイムセールになっていたので購入しました。

「あれば撮影に便利だよなぁ」と思っていたのですが、思惑通りめっちゃ便利!

ステイ子
普通の三脚じゃダメなんだよ!なぜなら!

スタンド一脚 Eienn BY368を購入した理由

上からの動画撮影がはかどる。普通の三脚じゃ寄れない所まで攻められる

一番最初にスタンド一脚が室内撮影で便利な理由から紹介します。

言葉よりもまず写真を見てもらえば納得できるはず。

これ、一緒にAmazonで買った手元スイッチケーブルです。

この動画を取るという想定で今回のスタンド一脚を設置し、その様子を上から撮影した図。

 

テーブルやデスクなどで手元動画を撮りたいときって、テーブルにミニ三脚を置いたりしますよね。

でも、それだと「撮影対象までの距離(高さ)」が出せないうえに、ミニ三脚の脚がフレーム内に入ってきたりするんです。

 

俯瞰撮影をするならアームの付いている三脚を使用すれば真上から見下ろすように撮影できますが、いかんせん高い。

 

そこで、スタンド一脚の出番。

スタンド一脚は、小さな接地幅でありながら160cmは余裕で伸びます。

(そのぶん普通の三脚より安定性には劣る)

普通の三脚を高くしてテーブルの端ギリギリまで寄せると、脚が邪魔をしてテーブルに寄れないんです。(遠くからズームを使うと画角が狭まる)

でもスタンド一脚なら三脚部分が異常に低い&狭いので、下記のように”撮影者の膝の間を通して撮影する”ことも可能。

まるで「膝に座らせた小さな子どもの目線」で撮影できるので、手元撮影がきれいに撮れる。

特にスマホなどで動画を取ると標準で画角が削られてしまうので、高さを出して全体を写したい人は多いはず。

 

下記がこのスタンド一脚目線で撮影した動画のキャプチャです。

カメラもすぐそばにあるので、設定変更などもすぐ行えます。

これでもまだ伸ばしきった状態ではないので、更に高さを出して上から撮影することも可能。

 

この超絶便利なスタンド一脚は様々なメーカーから出ていますが

Amazonで購入したEienn BY368はなんと3,880円!

更にタイムセールでは3,200円ほどになることも。

 

Eienn BY368 開封レビュー

SLIKやベルボンの数千円台エントリー向け三脚と同程度のクオリティ

聞いたことないメーカーなので、まぁ中華製です。

内容物は下記。ナイロン袋に入ってます。

そもそも一脚とミニ三脚のセットといった感じで、サイズ的にもかなりコンパクト。

オマケ程度のスマホスタンド(バネで挟み込むタイプ)が付属しています。

一脚、三脚共に脚部分はアルミ?のような金属で、接合部はプラです。

ほんとスリックやベルボンのエントリー向け三脚のような感じ。

クイックシューが付属。

三脚の雲台を取り外し、一脚の頭部分と三脚を接合します。

一脚の脚部分にネジを回し入れて、外した雲台を装着します。

雲台にはお気に入りのアルミ削り出しホルダーを装着しました。(ulanzi製 ※別売りです)

 

安定度を高めたい場合は脚を伸ばすこともできます。

 

一眼レフ・ビデオカメラなどを装着しても大丈夫か?

スタンド一脚は「三脚を立てられない場所で、あくまで人が常時押さえてることを前提とした商品」だと思っているので、三脚のようにその場から離れて使うのは転倒リスクが高いでしょう。

 

一眼レフを所持していないので確認していませんが、個人的には「重量級の一眼カメラなどは装着してもその場から離れるのは怖いなぁ」と感じます。

軽量なEOS KISSシリーズなどならまぁ・・・という気持ちもしますが、装着レンズにもよるかもしれません。

 

とはいえ自分がすぐ近くで補助してあげられるならOKなので、今回のような撮影にも威力を発揮します。

そもそもしっかりとした安定性を求めるならどう考えても普通の三脚に敵いませんからね。

 

さいごに

スマホ配信やテレワークにも使える!?

スマホでビデオ通話をする場合、テーブルやデスクのスマホスタンドに置く人も多いでしょう。

しかし、その場から離れたり、キッチンの様子を定点で写したいときなどは「いい置き場所がなくて困る」といったことも起こりえます。

そんなときにも、場所を取らないスタンド一脚なら気軽に高さをあわせて撮影できるので、使いようによっては普通の三脚より機動性があります。

ステイ子
言わば一脚なんて「超ロング自撮り棒」みたいなものですからね。

-ITガジェット

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.