自己防衛

免疫力を上げるおすすめサプリでコロナやインフルに負けない身体

2020年始めから始まったコロナ騒動ですが、2年近く閉塞感がありますね。 そもそも厚生労働省のデータを見るに「今までの死亡者累計から見ると10万人に1人が死亡する位の確率」「死亡者のほとんどは70/80/90代の高齢者」「若者はほぼ重症化しないし死亡しない」ことがわかる訳ですが、免疫力が高いことに損はありません。 そこで私が飲んでいて「おっ!」と思ったオススメ免疫力系サプリをご紹介! ステイ子体感には個人差があるので、盲信に注意だぞ! 免疫力を上げよう!オススメサプリ グルタミン グルタミンといえば「旨味 ...

ReadMore

自己防衛

Google検索が使いにくい!これからの検索エンジンはDuckDuckGoやECOSIAで決まり!

昨今、急速にGoogle離れが加速しています。 私の友人も「なんでもかんでもGoogleになるのが嫌」と代替サービスに自主切り替えをしている人もいるほど。 さらに2021年は某感染症に関する個人の発信を検閲、情報統制を始めたGoogle。 これはもう「検索エンジン=多種多様な意見を元に人々に考えさせるための手段」から「人々を考えさせずに誘導するための洗脳手段」として機能しはじめたのではと考えてしまいます。 Google、行動規範からみんなのモットー「Don't Be Evil(邪悪になるな)」を外す 引用 ...

ReadMore

DIY

マキタの10.8V電動ドライバー&電動空気入れレビューDF333DSHS/MP100DZ

先日、マキタの10.8V電動ドライバー(DF333DSHS)と電動空気入れ(MP100DZ)を購入しました。 いつもインパクトドライバーを愛用していた私がここにきて電動ドライバーを買った理由や、エントリー価格帯のマキタ製品についての印象をレビューしたいと思います。 ステイ子マキタといったらカラーは緑! あえて電動ドリルドライバーを買った理由 インパクトである理由がほとんどなかった数年間 私は子供の頃から電動工具に憧れを抱いており、中でもインパクトドライバーの高速回転打撃には何とも言い難い魅力がありました。 ...

ReadMore

暇つぶし

スカイスターの最安ハードガンケースはおすすめか?購入レビューUFC85cm

お気に入りのエアソフトガンを収納するためのケース選びって意外と悩みますよね。 特に私はハンドガンばかり揃えてしまったので「1〜2挺入るサイズのケース」ではケースが増えてしまうことを器具しております。 そこで、ハンドガンをまとめていれる目的でスカイスターの最安ハードケースを購入してみました。 スカイスターのUFCハードガンケースは悪くない選択 クッションのコストダウンが惜しいながらも普通に使える 見た目をこだわりたいならアルミケースとかカッコいいですよね。 とはいえ素材的に高くつきますし「そのお金を銃本体の ...

ReadMore

暇つぶし

【カスタム】東京マルイ固定ガスソーコム改造マウントレール取り付け

ステイホーム期間にエアガンにはまり、ガスガンにもハマりました。 最近購入した固定スライドガスハンドガン、東京マルイのソーコムにドットサイトを付けるべくDIYをしてみた報告です。 東京マルイ固定ガスソーコムをカスタムしたい サプレッサーにライトときたら、ドットサイトもつけたい! 銃は何もつけないシンプルなフォルムが一番という意見もありますが、ソーコムのような銃においてはゴテゴテ感があるのもまたアリかと思います。 そこでかねてからドットサイトをつけたいと思っていたのですが、なかなかカスタムパーツがないもので・ ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

海外通販

砥石の真ん中が凹む対策(面直し)にダイヤモンドシャープナーがおすすめ!

普段砥石を使って包丁やナイフを研いでいる方は多いでしょう。

こするだけのお手軽シャープナーも人気ですが、やっぱり砥石で研いだ切れ味は格別ですからね。

しかし砥石を使っていると「砥石の中央だけどんどんへこんでくる」という悩みを持っている人も多いハズ。

私もそんな一人なので、今回はALIEXPRESSで砥石を研ぐためのダイヤモンドシャープナーを購入しました!

砥石の真ん中減りを直す!真っ平らにして研ぎ味を復活させよう!

砥石を使うなら面直し道具も持っていたほうがいい

そもそもですが、砥石で刃物を研ぐ際、前後運動で多く削られているのは砥石の真ん中であることが多いです。

プロは(見越した上で)平均的に削れるようこまめに砥石を回して使ったりもするそうですが、素人がやるとたいてい中央が削れまくってひどいことになります。

 

例えば、私の砥石のように。これは3年ほど前にAmazonで買った格安砥石。

 

上から見るとわかりませんが、横から鉄板を当ててやると隙間が見えます。

で、これを削るのですが、普通のお店に置いてあるダイヤモンドシャープナーは、包丁用で目が細かいので真っ平らにするのに途方も無い時間がかかります。

今使っている砥石の粗さは3000#と8000#なので、これよりももっと荒い番手でゴリゴリ削れば真っ平らにできるのです。

 

ちなみに深い溝がある「面直し砥石」という製品もあり、これでも直せます。

 

しかし、一部レビューで「砥石が割れた」などの声もあり、耐久性に若干不安が残ります。

そこで、荒いダイヤモンドシャープナーを購入して実際に面直ししてみました。

 

砥石を研ぐなら180#のダイヤモンドシャープナーが便利!

「もしかしてALIEXPRESSにあるんじゃね?」と思い調べたところ、ありました。買いました。

2020/08/06に注文して、到着が2020/09/03でした。約1ヶ月。

で、肝心の商品がこちら。

1.73mm厚の鉄板がベースになっていて、見た目より重い上に反ったりもしません。

手触りは言うまでもなくゴリゴリなので、これで砥石の面直しがスムーズにできるでしょう。

 

ちなみにコレ、ALIEXPRESSで360円(送料込み)でした。

 

Amazonでは両面使える面直しダイヤモンドシャープナーが2,000円くらいで売っているので、それと比較すると超激安ですね。

 

到着して早々にゴリゴリ削ります。鉄板はたわまないので流水に当てながら両手で挟んでゴリゴリやってもいい感じです。

1分くらいゴリゴリやるとこうなりました。

荒く削ってるのでアルミのヘアライン加工みたくなってます。

普段使われない四隅が先に削られて、へこんだ真ん中部分はまだ削られてないので、光の反射に差が出ています。

この差がなくなればほぼ文句なしの真っ平らになったと言えるでしょう。

さらにゴリゴリ削ります。

 

さっきよりも中央が小さくなりました!

終盤にいくにつれて削る面積が増えるので少し時間がかかってきますが、じんわり汗をかきながらラストスパート。

 

うん。うつくしい。

 

この砥石は両面あるので、仕上げ砥石の方もやってみます。

なんかシミ?ができていて汚いですね。色的にカビとかじゃなさそうなんですけど、刃物の鉄汚れと粗面の研ぎ汁を吸ったようなシミです。

ゴリゴリやること1分。

本来の白い所か戻ってきました!やはり真ん中だけ減っていたんですね。色の差がわかりやすい。

おらおらおらーーーー!

最初と比べるとかなりキレイ!でも中央のシミはしぶとく残っています。

おらおらー!

最終的にここで満足してやめました。最初と比較すると十分ですよね。

AFTER

BEFORE

 

最後に鉄板を乗せて「本当に真っ平らになったかのチェック」もしてみます。

AFTER(面直し後)

BEFORE(面直し前)

隙間は消えてバッチリですね。

 

「アリエクは不安だし高くてもいいから早く欲しい」という方はAmazonでお買い求め下さい〜。

 

ステイ子
砥石を使うなら面直しも必須!面直しはダイヤモンド!安く買うならアリエクで。

 

ALIEXPRESSを始めるなら

初めてALIEXPRESSを使う人は紹介コードを入れると割引クーポンが貰えるよ〜。

ステイ子
ちなみに紹介した私も貰えるからWIN-WINなのだ。

紹介コード:INYM3XDW

AliExpressで買い物はこちら

【知っとけ情報】アリエクスプレスの注意点・買うと損するもの得するもの【保存版】

-海外通販

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.