生活向上

Xiserステッパー購入レビュー!高いけど耐久性と静音性が段違い!

ついにXiser社のステッパーを購入しました。 Amazonで買った中華ステッパーがガタガタのギコギコでもうダメだったので・・・。 1ヶ月ほど使ってみた印象をレビューしたいと思います! ステイ子小遣い前借りリボルビング払いじゃ〜〜〜! Xiserステッパーの特徴と良いところ、悪いところ <良>インテリアを邪魔しないシンプルなデザインと耐久性・静音性 必要最小限のパーツをフルメタルで作ったので本当にシンプルで無駄がありません。 部屋に置いておいてもいい感じに馴染みますね。   届いてから知ったので ...

ReadMore

自己防衛

【悪質】買う前に警戒したほうがいいサプリの見分け方【詐欺】

よく「この成分のサプリは飲むな!」みたいな記事はありますよね。 でも「こういう売り方のサプリは買うな!注意しろ!」という記事はあまり見かけない気がするので、自衛ポイントを紹介したいと思います。 ステイ子友達や家族にも教えてあげてね 買わないほうがいいサプリの見分ける4つのポイント 1.初回限定100円とか激安なくせに(こっそり)高額な定期購入コース縛り確定 こういうサプリの売り方は言わば「100円というキーワードに釣られて寄ってくる人間に勢いで買わせて後から絞り取る」という魂胆であると考えて問題ありません ...

ReadMore

海外通販

ワインボトルやガラス瓶を輪切りカットするツールを試してみた

ALIEXPRESSで結構前から買っていた品物がようやく届きました。 その名もワインボトルカッター! ワインボトルやビール瓶などのガラスびんを輪切りにカットしたい方は必見です。 ステイ子ガラスカットは人類のロマン アリエクスプレスでガラスカットツールを購入 アクリル製の製品は配送時に壊れる可能性があるよ 注文したのが2020/07/14で、到着が2020/09/12ですからほぼ2ヶ月。 シンガポールポストから届いたのですがやっぱり遅いですね。 袋を見ると何やらこんな張り紙が。 この郵便物は、川崎東郵便局に ...

ReadMore

生活向上

静音で連続使用できるステッパーのおすすめと選び方

コロナでステイホームな生活が浸透しつつある昨今。 外出する機会が減って運動不足となるのを防ぐためか、フィットネス製品が売れているようです。 特に人気なのが置き場所も取らず気軽に使えるステッパー。 しかし、ステッパーは選ぶ商品を間違えると数千円があっという間に無駄金になってしまいます! 【関連】Xiserステッパー購入レビュー!高いけど耐久性と静音性が段違い! 静音で連続使用できるステッパーはあるのか? Amazonなどで買える気をつけるべき構造のステッパー 個人的にステッパーを使っているんですが、こんな製 ...

ReadMore

海外通販

【保存版】アリエクスプレスの注意点・買うと損するもの得するもの

かれこれアリエクスプレスを使い始めて数年経ちますが、これまで大きなトラブルには遭いませんでした。 とはいえ「これは気をつけないとなぁ」というポイントもあるのでご紹介。 これからアリエクデビューする人はぜひ頭の片隅に入れておいて下さい。 アリエクスプレスで注意すること 支払いはデビッドカードが無難 aliexpressは中国のショッピングサイトで、ありとあらゆるショップが軒を連ねています。 だからこそ品質もピンからキリまで、中には日本では絶対に買えないギークな商品や、違法品まで売られています。 (パチもんの ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

海外通販

砥石の真ん中が凹む対策(面直し)にダイヤモンドシャープナーがおすすめ!

普段砥石を使って包丁やナイフを研いでいる方は多いでしょう。

こするだけのお手軽シャープナーも人気ですが、やっぱり砥石で研いだ切れ味は格別ですからね。

しかし砥石を使っていると「砥石の中央だけどんどんへこんでくる」という悩みを持っている人も多いハズ。

私もそんな一人なので、今回はALIEXPRESSで砥石を研ぐためのダイヤモンドシャープナーを購入しました!

砥石の真ん中減りを直す!真っ平らにして研ぎ味を復活させよう!

砥石を使うなら面直し道具も持っていたほうがいい

そもそもですが、砥石で刃物を研ぐ際、前後運動で多く削られているのは砥石の真ん中であることが多いです。

プロは(見越した上で)平均的に削れるようこまめに砥石を回して使ったりもするそうですが、素人がやるとたいてい中央が削れまくってひどいことになります。

 

例えば、私の砥石のように。これは3年ほど前にAmazonで買った格安砥石。

 

上から見るとわかりませんが、横から鉄板を当ててやると隙間が見えます。

で、これを削るのですが、普通のお店に置いてあるダイヤモンドシャープナーは、包丁用で目が細かいので真っ平らにするのに途方も無い時間がかかります。

今使っている砥石の粗さは3000#と8000#なので、これよりももっと荒い番手でゴリゴリ削れば真っ平らにできるのです。

 

ちなみに深い溝がある「面直し砥石」という製品もあり、これでも直せます。

 

しかし、一部レビューで「砥石が割れた」などの声もあり、耐久性に若干不安が残ります。

そこで、荒いダイヤモンドシャープナーを購入して実際に面直ししてみました。

 

砥石を研ぐなら180#のダイヤモンドシャープナーが便利!

「もしかしてALIEXPRESSにあるんじゃね?」と思い調べたところ、ありました。買いました。

2020/08/06に注文して、到着が2020/09/03でした。約1ヶ月。

で、肝心の商品がこちら。

1.73mm厚の鉄板がベースになっていて、見た目より重い上に反ったりもしません。

手触りは言うまでもなくゴリゴリなので、これで砥石の面直しがスムーズにできるでしょう。

 

ちなみにコレ、ALIEXPRESSで360円(送料込み)でした。

 

Amazonでは両面使える面直しダイヤモンドシャープナーが2,000円くらいで売っているので、それと比較すると超激安ですね。

 

到着して早々にゴリゴリ削ります。鉄板はたわまないので流水に当てながら両手で挟んでゴリゴリやってもいい感じです。

1分くらいゴリゴリやるとこうなりました。

荒く削ってるのでアルミのヘアライン加工みたくなってます。

普段使われない四隅が先に削られて、へこんだ真ん中部分はまだ削られてないので、光の反射に差が出ています。

この差がなくなればほぼ文句なしの真っ平らになったと言えるでしょう。

さらにゴリゴリ削ります。

 

さっきよりも中央が小さくなりました!

終盤にいくにつれて削る面積が増えるので少し時間がかかってきますが、じんわり汗をかきながらラストスパート。

 

うん。うつくしい。

 

この砥石は両面あるので、仕上げ砥石の方もやってみます。

なんかシミ?ができていて汚いですね。色的にカビとかじゃなさそうなんですけど、刃物の鉄汚れと粗面の研ぎ汁を吸ったようなシミです。

ゴリゴリやること1分。

本来の白い所か戻ってきました!やはり真ん中だけ減っていたんですね。色の差がわかりやすい。

おらおらおらーーーー!

最初と比べるとかなりキレイ!でも中央のシミはしぶとく残っています。

おらおらー!

最終的にここで満足してやめました。最初と比較すると十分ですよね。

AFTER

BEFORE

 

最後に鉄板を乗せて「本当に真っ平らになったかのチェック」もしてみます。

AFTER(面直し後)

BEFORE(面直し前)

隙間は消えてバッチリですね。

 

「アリエクは不安だし高くてもいいから早く欲しい」という方はAmazonでお買い求め下さい〜。

 

ステイ子
砥石を使うなら面直しも必須!面直しはダイヤモンド!安く買うならアリエクで。

 

ALIEXPRESSを始めるなら

初めてALIEXPRESSを使う人は紹介コードを入れると割引クーポンが貰えるよ〜。

ステイ子
ちなみに紹介した私も貰えるからWIN-WINなのだ。

紹介コード:INYM3XDW

AliExpressで買い物はこちら

【知っとけ情報】アリエクスプレスの注意点・買うと損するもの得するもの【保存版】

-海外通販

Copyright© STAYFOG , 2020 All Rights Reserved.