ITガジェット

iRozceのフルHD格安Webカメラ使用レビュー!高画質かつマイク内蔵でおすすめ!

未だ冷めやらぬコロナウイルスの猛威ですが、仕事の仕方もオンラインで済ませる企業・個人が増えているようです。 今年の夏頃にはウェブカメラの需要が供給を上回り1台1000円弱のウェブカメラが8000円を超えて売買されるというような事態も起こりました。 今は落ち着いていますが、この度「iRozce」というメーカー様から新製品のウェブカメラをご提供いただいたのでレビューしたいと思います。 ポイント メーカー様よりAmazonで使える限定のクーポンコードをいただきました。 お買い求めの際は必ず利用のうえ、お得にゲッ ...

ReadMore

ITガジェット

Fire TV StickでUSB製品を使う方法!KODIでメディアプレイヤー化!

AmazonのFire TV Stickってテレビで映画やアニメなどを見るには便利ですよね。 でも、ただストリーミング再生用に使うだけではなく「メディアプレイヤー化」もできます。USBの入力機器も接続できたりするのですが、そのままだとそれらは叶いません。 ステイ子手持ちの動画をテレビで再生できるようにしたい!垂れ流したい! Fire TV Stickを最大限に使うためのカスタマイズ OTGケーブルでUSBポートを作ってUSBマウス・USBメモリの接続を可能に 前からやろうと思いつつ、放置していたFire ...

ReadMore

ITガジェット

SEENDAのワイヤレスキーボードが超おすすめ!テンキー付きをレビュー!

kindle fire stickの操作をキーボードでできたら。。。と思い、Amazonで良さげなワイヤレスキーボードを購入しました。 届いて使ってみたら、見た目はもちろん使い勝手も良かったのでレビュー記事を残しておきます。 ステイ子Amazonの中華メーカーは当たり外れがあるからね SEENDAの格安2.4Gワイヤレスキーボードが意外に良い! マウス込みで2,400円程度!しかも充電式でコネクタはtypeC Amazonで購入、到着してスグにパシャリ。 デザインからしてMacのキーボードを意識してますよ ...

ReadMore

暇つぶし

エアコキを重くしたい!ハンドガン重量UP計画

大人の暇つぶしにも最適なエアコキハンドガン。 お手頃価格で買える上に、意外と細部まで作られていて眺めていても面白いオモチャですよね。 とはいえ気になる人は気になるのが「重さ」 ステイ子エアコキハンドガンをもっと重くしたい! という方へ、今回は東京マルイの人気エアコッキングハンドガン「コルト M1911A1ガバメント(18歳以上用)」に細工をしてみました。 ※分解・カスタムを行うと保証が受けられなくなります。分解と組み立てに自信がある方のみ、実行の際は自己責任のもと慎重に行って下さい。 エアコキハンドガンを ...

ReadMore

DIY

Dremelハイスピードロータリーツール3000-N購入レビュー

Dremel(ドレメル)の電動ルーターを購入しました。 買って満足のいく製品でしたが、ルーター初心者に私にとっては購入前に疑問も多く結構調べる必要がありました。 とはいえ一通り揃ったので、ルータと合わせて買うべきツール等も紹介したいと思います。 Dremelハイスピードロータリーツール3000購入まで 価格と性能のバランスがベストな機種 下記は現状Amazonで買えるモデルの要点一覧。 ハイスピードロータリーツール3000 約7,500円 10,000~32,000回転/分 AC100V ハイスピードロー ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

海外通販

砥石の真ん中が凹む対策(面直し)にダイヤモンドシャープナーがおすすめ!

普段砥石を使って包丁やナイフを研いでいる方は多いでしょう。

こするだけのお手軽シャープナーも人気ですが、やっぱり砥石で研いだ切れ味は格別ですからね。

しかし砥石を使っていると「砥石の中央だけどんどんへこんでくる」という悩みを持っている人も多いハズ。

私もそんな一人なので、今回はALIEXPRESSで砥石を研ぐためのダイヤモンドシャープナーを購入しました!

砥石の真ん中減りを直す!真っ平らにして研ぎ味を復活させよう!

砥石を使うなら面直し道具も持っていたほうがいい

そもそもですが、砥石で刃物を研ぐ際、前後運動で多く削られているのは砥石の真ん中であることが多いです。

プロは(見越した上で)平均的に削れるようこまめに砥石を回して使ったりもするそうですが、素人がやるとたいてい中央が削れまくってひどいことになります。

 

例えば、私の砥石のように。これは3年ほど前にAmazonで買った格安砥石。

 

上から見るとわかりませんが、横から鉄板を当ててやると隙間が見えます。

で、これを削るのですが、普通のお店に置いてあるダイヤモンドシャープナーは、包丁用で目が細かいので真っ平らにするのに途方も無い時間がかかります。

今使っている砥石の粗さは3000#と8000#なので、これよりももっと荒い番手でゴリゴリ削れば真っ平らにできるのです。

 

ちなみに深い溝がある「面直し砥石」という製品もあり、これでも直せます。

 

しかし、一部レビューで「砥石が割れた」などの声もあり、耐久性に若干不安が残ります。

そこで、荒いダイヤモンドシャープナーを購入して実際に面直ししてみました。

 

砥石を研ぐなら180#のダイヤモンドシャープナーが便利!

「もしかしてALIEXPRESSにあるんじゃね?」と思い調べたところ、ありました。買いました。

2020/08/06に注文して、到着が2020/09/03でした。約1ヶ月。

で、肝心の商品がこちら。

1.73mm厚の鉄板がベースになっていて、見た目より重い上に反ったりもしません。

手触りは言うまでもなくゴリゴリなので、これで砥石の面直しがスムーズにできるでしょう。

 

ちなみにコレ、ALIEXPRESSで360円(送料込み)でした。

 

Amazonでは両面使える面直しダイヤモンドシャープナーが2,000円くらいで売っているので、それと比較すると超激安ですね。

 

到着して早々にゴリゴリ削ります。鉄板はたわまないので流水に当てながら両手で挟んでゴリゴリやってもいい感じです。

1分くらいゴリゴリやるとこうなりました。

荒く削ってるのでアルミのヘアライン加工みたくなってます。

普段使われない四隅が先に削られて、へこんだ真ん中部分はまだ削られてないので、光の反射に差が出ています。

この差がなくなればほぼ文句なしの真っ平らになったと言えるでしょう。

さらにゴリゴリ削ります。

 

さっきよりも中央が小さくなりました!

終盤にいくにつれて削る面積が増えるので少し時間がかかってきますが、じんわり汗をかきながらラストスパート。

 

うん。うつくしい。

 

この砥石は両面あるので、仕上げ砥石の方もやってみます。

なんかシミ?ができていて汚いですね。色的にカビとかじゃなさそうなんですけど、刃物の鉄汚れと粗面の研ぎ汁を吸ったようなシミです。

ゴリゴリやること1分。

本来の白い所か戻ってきました!やはり真ん中だけ減っていたんですね。色の差がわかりやすい。

おらおらおらーーーー!

最初と比べるとかなりキレイ!でも中央のシミはしぶとく残っています。

おらおらー!

最終的にここで満足してやめました。最初と比較すると十分ですよね。

AFTER

BEFORE

 

最後に鉄板を乗せて「本当に真っ平らになったかのチェック」もしてみます。

AFTER(面直し後)

BEFORE(面直し前)

隙間は消えてバッチリですね。

 

「アリエクは不安だし高くてもいいから早く欲しい」という方はAmazonでお買い求め下さい〜。

 

ステイ子
砥石を使うなら面直しも必須!面直しはダイヤモンド!安く買うならアリエクで。

 

ALIEXPRESSを始めるなら

初めてALIEXPRESSを使う人は紹介コードを入れると割引クーポンが貰えるよ〜。

ステイ子
ちなみに紹介した私も貰えるからWIN-WINなのだ。

紹介コード:INYM3XDW

AliExpressで買い物はこちら

【知っとけ情報】アリエクスプレスの注意点・買うと損するもの得するもの【保存版】

-海外通販

Copyright© STAYFOG , 2020 All Rights Reserved.