生活向上

JUXLampの光療法ライト購入!自作するより安くておすすめ!

外に出る機会が減るとなんだか調子が悪くなることってありませんか? あるいは冬になると日照り時間が短く精神的に落ち込みやすくなったり、体調を崩す人も多いですよね。 それもそのはず、日光を浴びることで体内でビタミンDを生成したり、セロトニンの分泌を行うため。 室内に籠もる生活は人体に支障をきたすと言われています。 ステイ子とはいえ、こもり体質の人間は外に出るのが億劫なんだよ! 人間の日照不足改善を目的とした光療法ライト 12000LUXの光を浴びることで体内時計を正常化! じゃん!そこでこの光療法ライトです! ...

ReadMore

ITガジェット

Kindlefire8&10比較!Android化!googleplayを入れて改造

2021年版のKindle fireHD8とHD10をダブル購入しました。 充電端子がUSB-Typecとなったり、枠が等幅化したりと微妙に進化していますよね。なにより安い! 今回はこのタブレットをより使いやすくするためにアンドロイド化の改造をしてみました。 Kindle fireのアンドロイド化は自己責任で! Fire Toolboxを使えばカンタンにAndroid化可能 やり方に関しては詳細に作っているサイトがたくさんあるのでそちらを参考にするのがベストです。 私個人としては「実際にやってみてわかった ...

ReadMore

DIY

【おすすめ】Snapfreshのインパクトドライバー&レシプロソーが安くて便利!

昨今DIYブームで電動工具を使う人は増えました。 とはいえ「ガチでやる訳じゃないから、お手頃で使える工具がいいんだけど」という人は多いもの。 ホームセンターでチャチな電動ドリルドライバーを買っても満足なDIYは出来ませんからね。 そこで今回は振興メーカー「Snapfresh(スナップフレッシュ)」のインパクトドライバー&レシプロソーを購入したのでレビューしたいと思います! Snapfreshの電動工具はお手頃価格でちゃんと使える! マキタやハイコーキのインパクトは高い!というライトユーザーにおすす ...

ReadMore

生活向上

どこでもクーラーはエアコンになるか?うるさい?排熱ダクト改造結果

今年も夏がやってきます。 猛暑日がやってきてます。 寝苦しい夜がやってきます。 現在の物件はエアコンがないのですが、寝苦しいほどの猛暑日は数日程度なので壁エアコンの導入に踏み切れなかったりしています。(他にも賃貸ならではの制約があったり) そこで以前は窓エアコンを導入してみた訳ですが、あまりの轟音にワンシーズンで使用をやめてしまいました。 そして次なる検証は各所で有名なコロナ製の「どこでもクーラー」に決定! 「壁エアコン設置できなくて悩んでいる」という方の参考になれば幸いです。 2021/07/19追記 ...

ReadMore

生活向上

洗濯機の防振キャスター台で騒音軽減!デメリットゼロで超おすすめだった件

洗濯機って脱水のとき超ガタガタ揺れません? 衣類を詰めすぎた時なんかは偏るので仕方ないですが、とはいえ「ガダン!!ガダンガダダダダダダ!!!!」と今にも脱衣所を破壊しそうな騒音を出しますよね。 私が使っている洗濯機もまさにそんな騒音が気になるようになったので防振キャスター台を買ってみました。 洗濯機の防振キャスター台でガタガタ音を軽減しよう! 2000円~3000円で防振と掃除のしやすさが手に入る感動 こちらアマゾンで売られていた製品です。 リンク こちらアマゾンで売られていた製品です。 この分野は特に有 ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

海外通販

砥石の真ん中が凹む対策(面直し)にダイヤモンドシャープナーがおすすめ!

普段砥石を使って包丁やナイフを研いでいる方は多いでしょう。

こするだけのお手軽シャープナーも人気ですが、やっぱり砥石で研いだ切れ味は格別ですからね。

しかし砥石を使っていると「砥石の中央だけどんどんへこんでくる」という悩みを持っている人も多いハズ。

私もそんな一人なので、今回はALIEXPRESSで砥石を研ぐためのダイヤモンドシャープナーを購入しました!

砥石の真ん中減りを直す!真っ平らにして研ぎ味を復活させよう!

砥石を使うなら面直し道具も持っていたほうがいい

そもそもですが、砥石で刃物を研ぐ際、前後運動で多く削られているのは砥石の真ん中であることが多いです。

プロは(見越した上で)平均的に削れるようこまめに砥石を回して使ったりもするそうですが、素人がやるとたいてい中央が削れまくってひどいことになります。

 

例えば、私の砥石のように。これは3年ほど前にAmazonで買った格安砥石。

 

上から見るとわかりませんが、横から鉄板を当ててやると隙間が見えます。

で、これを削るのですが、普通のお店に置いてあるダイヤモンドシャープナーは、包丁用で目が細かいので真っ平らにするのに途方も無い時間がかかります。

今使っている砥石の粗さは3000#と8000#なので、これよりももっと荒い番手でゴリゴリ削れば真っ平らにできるのです。

 

ちなみに深い溝がある「面直し砥石」という製品もあり、これでも直せます。

 

しかし、一部レビューで「砥石が割れた」などの声もあり、耐久性に若干不安が残ります。

そこで、荒いダイヤモンドシャープナーを購入して実際に面直ししてみました。

 

砥石を研ぐなら180#のダイヤモンドシャープナーが便利!

「もしかしてALIEXPRESSにあるんじゃね?」と思い調べたところ、ありました。買いました。

2020/08/06に注文して、到着が2020/09/03でした。約1ヶ月。

で、肝心の商品がこちら。

1.73mm厚の鉄板がベースになっていて、見た目より重い上に反ったりもしません。

手触りは言うまでもなくゴリゴリなので、これで砥石の面直しがスムーズにできるでしょう。

 

ちなみにコレ、ALIEXPRESSで360円(送料込み)でした。

 

Amazonでは両面使える面直しダイヤモンドシャープナーが2,000円くらいで売っているので、それと比較すると超激安ですね。

 

到着して早々にゴリゴリ削ります。鉄板はたわまないので流水に当てながら両手で挟んでゴリゴリやってもいい感じです。

1分くらいゴリゴリやるとこうなりました。

荒く削ってるのでアルミのヘアライン加工みたくなってます。

普段使われない四隅が先に削られて、へこんだ真ん中部分はまだ削られてないので、光の反射に差が出ています。

この差がなくなればほぼ文句なしの真っ平らになったと言えるでしょう。

さらにゴリゴリ削ります。

 

さっきよりも中央が小さくなりました!

終盤にいくにつれて削る面積が増えるので少し時間がかかってきますが、じんわり汗をかきながらラストスパート。

 

うん。うつくしい。

 

この砥石は両面あるので、仕上げ砥石の方もやってみます。

なんかシミ?ができていて汚いですね。色的にカビとかじゃなさそうなんですけど、刃物の鉄汚れと粗面の研ぎ汁を吸ったようなシミです。

ゴリゴリやること1分。

本来の白い所か戻ってきました!やはり真ん中だけ減っていたんですね。色の差がわかりやすい。

おらおらおらーーーー!

最初と比べるとかなりキレイ!でも中央のシミはしぶとく残っています。

おらおらー!

最終的にここで満足してやめました。最初と比較すると十分ですよね。

AFTER

BEFORE

 

最後に鉄板を乗せて「本当に真っ平らになったかのチェック」もしてみます。

AFTER(面直し後)

BEFORE(面直し前)

隙間は消えてバッチリですね。

 

「アリエクは不安だし高くてもいいから早く欲しい」という方はAmazonでお買い求め下さい〜。

 

ステイ子
砥石を使うなら面直しも必須!面直しはダイヤモンド!安く買うならアリエクで。

 

ALIEXPRESSを始めるなら

初めてALIEXPRESSを使う人は紹介コードを入れると割引クーポンが貰えるよ〜。

ステイ子
ちなみに紹介した私も貰えるからWIN-WINなのだ。

紹介コード:INYM3XDW

AliExpressで買い物はこちら

【知っとけ情報】アリエクスプレスの注意点・買うと損するもの得するもの【保存版】

-海外通販

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.