DIY

怪しいアーシングマットを自作!効果あるの?感想と使い方

つい最近、なにやら怪しげな言葉「アーシング」を知りました。 EARTHにingでアーシングだそうですが、何やら身体に溜まっている電気を逃がすと健康にどうたらこうたら・・・。 非常に香ばしい話なので「どうせだから試してみるか」と、疑問を解決すべくアーシングマットを自作してみました。 アーシングという言葉を知るまでの経緯 冬場の静電気がウザすぎてどうにかアースに流そうと思った 冬は湿度が下がりやすく静電気がすごいです。 特に布団がこすれてバチバチいうので、洗濯機置場のコンセントについているアース口から緑色のコ ...

ReadMore

DIY

【ケーブル着脱化】MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造3選【折りたたみ化】

SONYのMDR-CD900STといえば長年愛されているモニターヘッドホンですよね。 音楽制作以外にも、配信者の方でも愛用している人が多いこのヘッドホン。 この記事では「MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造2選」と称して比較的簡単にできる改造を紹介したいと思います。 (何年か前にやったことなので記憶がうろ覚えだったりします。あくまで参考程度として。) ステイ子また、改造は自己責任でお願いしますね。 MDR-CD900STを買ったら挑戦してみたい改造3選 難易度★☆☆☆☆ イヤーパッドを交換し ...

ReadMore

自己防衛

賃貸退去時の立会いは不要!法律やルールを事前に知ってボッタクリを防ごう

賃貸物件を引っ越す際、必ずある(と思っている)のが退去時立ち会いですよね。 管理会社の人と物件の確認をしたり鍵を返却して終わる訳ですが、場合によっては「借り主の無知につけこんだ悪質なボッタクリ」も横行しているようです。 しかし賃貸退去時の立ち会いは義務ではなく、そもそも立ち会いせずに済ませることがボッタクリを防ぐ最善策であるという話の紹介。 賃貸退去時に立ち会いそのものを拒否するメリット 言いくるめられてサインを強要されるなどの心配がない 退去立ち会いは過去に何回もしましたが、本当に業者によって全然態度が ...

ReadMore

ITガジェット

激安モニターアームWORLDLIFTが意外と使えておすすめな件

モニターアームって便利ですよね。机も広々使えるし、画面の高さも変えられるので肩こりや首こり対策にもなりますし。 とはいえ、最近まで34インチモニターを使っていたので普通に付属のスタンド使ってました。 ステイ子スタンドの下に厚めの雑誌を挟んで嵩上げしたりね が、この度ディスプレイの新調と共に再びモニターアーム環境を構築すべく、激安モニタアームを購入。 そのレビューとなります。 ステイ子買ったり手放したり忙しいヤツだな! 激安デュアルモニターアームWORLDLIFTを購入してみた 2,500円で2画面を持ち上 ...

ReadMore

ITガジェット

AOCモニタの評判と品質、ゲーミングモニタ24G2E5/11購入!

先日モニタを新調しました。 AOCというメーカーなのですが、意外と聞かない名前ですよね。 ということで、メーカーの説明もしつつ今回購入したゲーミングモニタ24G2E5/11のレビューもしてみようと思います。 AOCというメーカーって大丈夫なの?評判は? 他メーカーより先駆けてフレームレス・薄型デザインを採用していた(と思う) 実はAOCのモニタ、買うの2回目なんです。 初めて買ったのは2014年頃で、当時はまだモニタのフレームも太いものが多い頃だった気がします。 その頃に先駆けてフレームの細い薄型の製品を ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ITガジェット

おすすめの格安ANC対応Bluetoothヘッドホンで雑音フリーの音楽生活!

アクティブノイズキャンセリング(ANC)搭載のBluetoothヘッドホンが昨今増えています。

私個人はまだどの製品でデビューしようか決めかねている段階ですが、すでに各メーカーからラインナップが出揃っているので一度記事にしてまとめてみたいと思いました。

とはいえ有名メーカーは3万円ほどするANCヘッドホン、ここはむしろ格安製品を展開するメーカーに目を向けてみたいものです。

 

ということで、1万円以下の安いANCヘッドホンを一挙総ざらいします!

 

レビュー依頼募集中

メーカー様からのイヤホン・ヘッドホン・スピーカーなどのレビュー依頼を承っております。お問い合わせ下さい。

 

おすすめのANC対応Bluetoothヘッドホン

TaoTronics TT-BH046

引用:Amazon

格安海外イヤホンヘッドホンメーカーとして有名なTaoTronics。

過去にBluetoothイヤホンをレビューしてそのパフォーマンスと信頼性を感じましたが、ANCヘッドホンも大いに期待ができます。

  • 密閉型
  • ANC、CVC 6.0
  • Bluetooth 4.2
  • 680mAh
  • 最大30時間再生
  • 有線対応可能
  • 12か月+18か月(製品登録後)間の国内安心保証

COWIN SE7

引用:Amazon

一瞬、韓国のDAPメーカー”COWON”に見えましたが、COWINなので別物です。

シンプルなデザインですが、ブラック以外にもダークグリーンやレッド、むらさき、ゴールドとカラーバリエーションが豊富。

バッテリー容量も多いですね。

  • 密閉型
  • ANC、独自アルゴリズム
  • Bluetooth 5.0
  • 800mAh
  • 最大30時間再生
  • 有線対応可能
  • 18か月保証

 

OneAudio A3-High

引用:Amazon

ONEAUDIOという有りそうで無さそうで実際にあったメーカー。

パッド部分が低反発メモリーフォームを使用しているとのことです。

  • 密閉型
  • ANC、CVC6.0
  • Bluetooth 4.1
  • 容量不明
  • 最大18時間再生
  • 有線対応可能
  • 24ヶ月保証

OneOdio A9

引用:Amazon

Oneaudioと似てますが、Oneodioとあります。

打ち間違えかと思いましたが、どちらもちゃんとロゴが存在しており別物のようです。

別モデルのOneOdio A10は再生時間が向上し、充電端子もTypeCが搭載されているとのこと。

  • 密閉型
  • ANC
  • Bluetooth 4.1
  • 500mAh
  • 最大30時間再生
  • 有線対応可能
  • 24ヶ月保証

MeloAudio Dyplay

引用:Amazon

真っ赤なボディが印象的なMeloAudio Dyplay、他にはグレー色もありブラックの多いヘッドホンの中でオシャレな雰囲気を放っています。

性能的にはさほど特筆すべき点はありませんが、オシャレです。

  • 密閉型
  • ANC
  • Bluetooth 4.1
  • 500mAh
  • 最大15時間再生
  • 有線対応可能
  • 24ヶ月保証

AUSDOM ANC7S

引用:Amazon

赤いラインやカーボン調のデザインがスポーツカーの装飾チックですね。

こういうデザインが好きな人には刺さりそうなヘッドホンです。

Bluetoothのバージョンやバッテリー容量は心もとないですが、5000円ほどとお手頃です。

  • 密閉型
  • ANC
  • Bluetooth 4.0
  • 400mAh
  • 最大18時間再生
  • 有線対応可能
  • 12か月保証

XIBERIA JZ01

引用:Amazon

ヘッドホンの中では至って普通のデザインと性能です。

40mmの大口径ドライブを搭載しているとのことで、評価もそれなりに悪くないようでした。

こちらも5000円を切る価格帯ですからコスパ抜群ですね。

  • 密閉型
  • ANC
  • Bluetooth 4.1
  • 500mAh
  • 最大14時間再生
  • 有線対応可能
  • 12か月保証

TROND  V4.2

引用:Amazon

EXTRA BASS専用40mmドライバーユニットを搭載しており、低音強化がウリのANCヘッドホン。

この価格でバスブースト機能があるのは面白いですね。

  • 密閉型
  • ANC、CVC6.0
  • Bluetooth 4.2
  • 500mAh
  • 最大20~30時間再生
  • 有線対応可能
  • 18か月保証

Langsdom BT25

引用:Amazon

50mmの大型ドライバーを搭載。

デザインはシンプルでかっこよく、質感も良さそうですが情報が足りない部分もありそこが少し気になります。

  • 密閉型
  • ANC
  • Bluetooth 4.2
  • 容量不明
  • 最大35時間再生
  • 有線対応可能
  • 保証期間不明

Mixcder E9

引用:Amazon

シンプルでロゴも主張せず無難なデザインですね。

性能もこれといって特筆すべき点はありません。

Amazonレビューには低価格ならではのレビューもありこれといって大きな魅力は感じられません。

  • 密閉型
  • ANC
  • Bluetooth 4.0
  • 500mAh
  • 最大30時間再生
  • 有線対応可能
  • 12か月保証

EKSA E5

引用:Amazon

端子がUSB-C対応です。充電時間も短縮され10分充電で2時間再生も可能。

Bluetoothのバージョンも高いうえ保証期間もありなかなか悪くないスペックです。

丸いヘアライン仕上げのデザインが好みを分けそうですが、期待できそうなメーカーだと思いました。

  • 密閉型
  • ANC、CVC8.0
  • Bluetooth 5.0
  • 容量不明
  • 最大60時間再生
  • 有線対応可能
  • 24か月保証

Mpow H18

引用:Amazon

ロゴの主張がイマイチですが、基本的なスペックは抑えられています。

他の製品と比較すると見劣りしますかね・・・。

  • 密閉型
  • ANC
  • Bluetooth 4.0
  • 800mAh
  • 最大50時間再生
  • 有線対応可能
  • 12か月保証

 

 

ノイズキャンセリングヘッドホンについての予備知識

CVCは通話特化機能であり、音楽とは関係ない

CVC6.0やCVC8.0という表記があります。

こちらもノイズキャンセル技術ではありますが、正確には自分の周囲の雑音を通話相手に伝えないようにする用途の機能となります。

つまり音楽再生においては関係ありません。

 

なぜ搭載されているかというと、ヘッドホン自体にマイクがあり通話もできる仕様になっているためと考えられます。

今はスマホでのみ音楽を聴く人も多いですし、音楽を聴いているときに着信があればそのままヘッドホンでハンズフリー対応できた方が便利ですからね。

この記事はANCというノイズキャンセルに対応しているヘッドホンばかり集めたのですが、CVCの事も理解しておくとよりよいでしょう。

 

ノイズキャンセリングを使うかどうかで連続再生時間が変わる

音楽は再生せず、ANCだけを作動させることができるヘッドホンもあります。

ANCは任意でオンオフ切り替えることが可能であることが多いため、この機能を作動させるかどうかで連続再生時間が変わります。

メーカーによっては長時間再生をアピールするためにANC未使用時の再生時間を大きく書いていたりします。

 

検討する際はANC使用時の数値かどうか?も見ておいたほうが良いでしょう。

また、有線接続でANCが使えなくなる機種もあるようなので、不明点はメーカーに問い合わせた方が安心です。

 

格安ANCヘッドホンの進化は続く

Bluetoothイヤホンもだいぶ進化した

振り返るとBluetoothイヤホンも昔は接続がブチブチ切れたり音が籠もりまくってたりお粗末でした。

しかし、今は5000円程度の完全ワイヤレスイヤホンでも不自由なく高音質で音楽が楽しめます。

 

もちろん不良や不具合は個体差で起こりますが、このジャンルの進化スピードは凄まじいものがあります。

SONYやBOSEなど有名メーカーの確かなヘッドホンも良いですが、安い海外メーカーをたまに試して進化具合を比べてみるのも楽しいもの。

 

ぜひ参考にしてみてください。

-ITガジェット

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.