ITガジェット

iRozceのフルHD格安Webカメラ使用レビュー!高画質かつマイク内蔵でおすすめ!

未だ冷めやらぬコロナウイルスの猛威ですが、仕事の仕方もオンラインで済ませる企業・個人が増えているようです。 今年の夏頃にはウェブカメラの需要が供給を上回り1台1000円弱のウェブカメラが8000円を超えて売買されるというような事態も起こりました。 今は落ち着いていますが、この度「iRozce」というメーカー様から新製品のウェブカメラをご提供いただいたのでレビューしたいと思います。 ポイント メーカー様よりAmazonで使える限定のクーポンコードをいただきました。 お買い求めの際は必ず利用のうえ、お得にゲッ ...

ReadMore

ITガジェット

Fire TV StickでUSB製品を使う方法!KODIでメディアプレイヤー化!

AmazonのFire TV Stickってテレビで映画やアニメなどを見るには便利ですよね。 でも、ただストリーミング再生用に使うだけではなく「メディアプレイヤー化」もできます。USBの入力機器も接続できたりするのですが、そのままだとそれらは叶いません。 ステイ子手持ちの動画をテレビで再生できるようにしたい!垂れ流したい! Fire TV Stickを最大限に使うためのカスタマイズ OTGケーブルでUSBポートを作ってUSBマウス・USBメモリの接続を可能に 前からやろうと思いつつ、放置していたFire ...

ReadMore

ITガジェット

SEENDAのワイヤレスキーボードが超おすすめ!テンキー付きをレビュー!

kindle fire stickの操作をキーボードでできたら。。。と思い、Amazonで良さげなワイヤレスキーボードを購入しました。 届いて使ってみたら、見た目はもちろん使い勝手も良かったのでレビュー記事を残しておきます。 ステイ子Amazonの中華メーカーは当たり外れがあるからね SEENDAの格安2.4Gワイヤレスキーボードが意外に良い! マウス込みで2,400円程度!しかも充電式でコネクタはtypeC Amazonで購入、到着してスグにパシャリ。 デザインからしてMacのキーボードを意識してますよ ...

ReadMore

暇つぶし

エアコキを重くしたい!ハンドガン重量UP計画

大人の暇つぶしにも最適なエアコキハンドガン。 お手頃価格で買える上に、意外と細部まで作られていて眺めていても面白いオモチャですよね。 とはいえ気になる人は気になるのが「重さ」 ステイ子エアコキハンドガンをもっと重くしたい! という方へ、今回は東京マルイの人気エアコッキングハンドガン「コルト M1911A1ガバメント(18歳以上用)」に細工をしてみました。 ※分解・カスタムを行うと保証が受けられなくなります。分解と組み立てに自信がある方のみ、実行の際は自己責任のもと慎重に行って下さい。 エアコキハンドガンを ...

ReadMore

DIY

Dremelハイスピードロータリーツール3000-N購入レビュー

Dremel(ドレメル)の電動ルーターを購入しました。 買って満足のいく製品でしたが、ルーター初心者に私にとっては購入前に疑問も多く結構調べる必要がありました。 とはいえ一通り揃ったので、ルータと合わせて買うべきツール等も紹介したいと思います。 Dremelハイスピードロータリーツール3000購入まで 価格と性能のバランスがベストな機種 下記は現状Amazonで買えるモデルの要点一覧。 ハイスピードロータリーツール3000 約7,500円 10,000~32,000回転/分 AC100V ハイスピードロー ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ITガジェット

おすすめの格安ANC対応Bluetoothヘッドホンで雑音フリーの音楽生活!

アクティブノイズキャンセリング(ANC)搭載のBluetoothヘッドホンが昨今増えています。

私個人はまだどの製品でデビューしようか決めかねている段階ですが、すでに各メーカーからラインナップが出揃っているので一度記事にしてまとめてみたいと思いました。

とはいえ有名メーカーは3万円ほどするANCヘッドホン、ここはむしろ格安製品を展開するメーカーに目を向けてみたいものです。

 

ということで、1万円以下の安いANCヘッドホンを一挙総ざらいします!

 

レビュー依頼募集中

メーカー様からのイヤホン・ヘッドホン・スピーカーなどのレビュー依頼を承っております。お問い合わせ下さい。

 

おすすめのANC対応Bluetoothヘッドホン

TaoTronics TT-BH046

引用:Amazon

格安海外イヤホンヘッドホンメーカーとして有名なTaoTronics。

過去にBluetoothイヤホンをレビューしてそのパフォーマンスと信頼性を感じましたが、ANCヘッドホンも大いに期待ができます。

  • 密閉型
  • ANC、CVC 6.0
  • Bluetooth 4.2
  • 680mAh
  • 最大30時間再生
  • 有線対応可能
  • 12か月+18か月(製品登録後)間の国内安心保証

COWIN SE7

引用:Amazon

一瞬、韓国のDAPメーカー”COWON”に見えましたが、COWINなので別物です。

シンプルなデザインですが、ブラック以外にもダークグリーンやレッド、むらさき、ゴールドとカラーバリエーションが豊富。

バッテリー容量も多いですね。

  • 密閉型
  • ANC、独自アルゴリズム
  • Bluetooth 5.0
  • 800mAh
  • 最大30時間再生
  • 有線対応可能
  • 18か月保証

 

OneAudio A3-High

引用:Amazon

ONEAUDIOという有りそうで無さそうで実際にあったメーカー。

パッド部分が低反発メモリーフォームを使用しているとのことです。

  • 密閉型
  • ANC、CVC6.0
  • Bluetooth 4.1
  • 容量不明
  • 最大18時間再生
  • 有線対応可能
  • 24ヶ月保証

OneOdio A9

引用:Amazon

Oneaudioと似てますが、Oneodioとあります。

打ち間違えかと思いましたが、どちらもちゃんとロゴが存在しており別物のようです。

別モデルのOneOdio A10は再生時間が向上し、充電端子もTypeCが搭載されているとのこと。

  • 密閉型
  • ANC
  • Bluetooth 4.1
  • 500mAh
  • 最大30時間再生
  • 有線対応可能
  • 24ヶ月保証

MeloAudio Dyplay

引用:Amazon

真っ赤なボディが印象的なMeloAudio Dyplay、他にはグレー色もありブラックの多いヘッドホンの中でオシャレな雰囲気を放っています。

性能的にはさほど特筆すべき点はありませんが、オシャレです。

  • 密閉型
  • ANC
  • Bluetooth 4.1
  • 500mAh
  • 最大15時間再生
  • 有線対応可能
  • 24ヶ月保証

AUSDOM ANC7S

引用:Amazon

赤いラインやカーボン調のデザインがスポーツカーの装飾チックですね。

こういうデザインが好きな人には刺さりそうなヘッドホンです。

Bluetoothのバージョンやバッテリー容量は心もとないですが、5000円ほどとお手頃です。

  • 密閉型
  • ANC
  • Bluetooth 4.0
  • 400mAh
  • 最大18時間再生
  • 有線対応可能
  • 12か月保証

XIBERIA JZ01

引用:Amazon

ヘッドホンの中では至って普通のデザインと性能です。

40mmの大口径ドライブを搭載しているとのことで、評価もそれなりに悪くないようでした。

こちらも5000円を切る価格帯ですからコスパ抜群ですね。

  • 密閉型
  • ANC
  • Bluetooth 4.1
  • 500mAh
  • 最大14時間再生
  • 有線対応可能
  • 12か月保証

TROND  V4.2

引用:Amazon

EXTRA BASS専用40mmドライバーユニットを搭載しており、低音強化がウリのANCヘッドホン。

この価格でバスブースト機能があるのは面白いですね。

  • 密閉型
  • ANC、CVC6.0
  • Bluetooth 4.2
  • 500mAh
  • 最大20~30時間再生
  • 有線対応可能
  • 18か月保証

Langsdom BT25

引用:Amazon

50mmの大型ドライバーを搭載。

デザインはシンプルでかっこよく、質感も良さそうですが情報が足りない部分もありそこが少し気になります。

  • 密閉型
  • ANC
  • Bluetooth 4.2
  • 容量不明
  • 最大35時間再生
  • 有線対応可能
  • 保証期間不明

Mixcder E9

引用:Amazon

シンプルでロゴも主張せず無難なデザインですね。

性能もこれといって特筆すべき点はありません。

Amazonレビューには低価格ならではのレビューもありこれといって大きな魅力は感じられません。

  • 密閉型
  • ANC
  • Bluetooth 4.0
  • 500mAh
  • 最大30時間再生
  • 有線対応可能
  • 12か月保証

EKSA E5

引用:Amazon

端子がUSB-C対応です。充電時間も短縮され10分充電で2時間再生も可能。

Bluetoothのバージョンも高いうえ保証期間もありなかなか悪くないスペックです。

丸いヘアライン仕上げのデザインが好みを分けそうですが、期待できそうなメーカーだと思いました。

  • 密閉型
  • ANC、CVC8.0
  • Bluetooth 5.0
  • 容量不明
  • 最大60時間再生
  • 有線対応可能
  • 24か月保証

Mpow H18

引用:Amazon

ロゴの主張がイマイチですが、基本的なスペックは抑えられています。

他の製品と比較すると見劣りしますかね・・・。

  • 密閉型
  • ANC
  • Bluetooth 4.0
  • 800mAh
  • 最大50時間再生
  • 有線対応可能
  • 12か月保証

 

 

ノイズキャンセリングヘッドホンについての予備知識

CVCは通話特化機能であり、音楽とは関係ない

CVC6.0やCVC8.0という表記があります。

こちらもノイズキャンセル技術ではありますが、正確には自分の周囲の雑音を通話相手に伝えないようにする用途の機能となります。

つまり音楽再生においては関係ありません。

 

なぜ搭載されているかというと、ヘッドホン自体にマイクがあり通話もできる仕様になっているためと考えられます。

今はスマホでのみ音楽を聴く人も多いですし、音楽を聴いているときに着信があればそのままヘッドホンでハンズフリー対応できた方が便利ですからね。

この記事はANCというノイズキャンセルに対応しているヘッドホンばかり集めたのですが、CVCの事も理解しておくとよりよいでしょう。

 

ノイズキャンセリングを使うかどうかで連続再生時間が変わる

音楽は再生せず、ANCだけを作動させることができるヘッドホンもあります。

ANCは任意でオンオフ切り替えることが可能であることが多いため、この機能を作動させるかどうかで連続再生時間が変わります。

メーカーによっては長時間再生をアピールするためにANC未使用時の再生時間を大きく書いていたりします。

 

検討する際はANC使用時の数値かどうか?も見ておいたほうが良いでしょう。

また、有線接続でANCが使えなくなる機種もあるようなので、不明点はメーカーに問い合わせた方が安心です。

 

格安ANCヘッドホンの進化は続く

Bluetoothイヤホンもだいぶ進化した

振り返るとBluetoothイヤホンも昔は接続がブチブチ切れたり音が籠もりまくってたりお粗末でした。

しかし、今は5000円程度の完全ワイヤレスイヤホンでも不自由なく高音質で音楽が楽しめます。

 

もちろん不良や不具合は個体差で起こりますが、このジャンルの進化スピードは凄まじいものがあります。

SONYやBOSEなど有名メーカーの確かなヘッドホンも良いですが、安い海外メーカーをたまに試して進化具合を比べてみるのも楽しいもの。

 

ぜひ参考にしてみてください。

-ITガジェット

Copyright© STAYFOG , 2020 All Rights Reserved.