自己防衛

日本の食料危機を個人で備えるために必要なものを考える

もし日本で食料が満足に行き渡らない状況になったら? 「そんなこと今の日本であるわけないだろ(笑)」と言う人もいる反面、数年後に起こりうる可能性を深刻に捉えている人もいます。 起こらない可能性に賭けて無思考でいるのもアレなので、起こる可能性に乗って「何をしておけば安心を得られるか?」について考えてみました。 ステイ子その昔、預金封鎖とかも話題になったりしたよね。ユニオンバンクに口座作った人もいたのでは。 日本の食料危機が起こった状況を考えてみる 災害などをきっかけにトイレットペーパー買い占めのような事が起こ ...

ReadMore

生活向上

最強の加湿器はスチーム式一択。象印の加湿器がおすすめな理由

ここ数年、毎年冬になると加湿器との戦いを強いられてきました。 去年なんて加湿器を自作までしましたからね。(惨敗でしたが) 【参考】フィルター代100円の気化式加湿器を自作する【100均&Amazon】 今まで電気代が気になり手を付けなかったスチーム式ですが、これで私の加湿器戦争も終結しそうです。 ステイ子忌諱していた選択肢が正解だなんて、あぁ私の人生。 最後にまとめとして「最も選んではいけないと思う加湿器タイプ」についても話そうと思います。 象印のスチーム加湿器が最強だった話 電気代には目を瞑る必要あれど ...

ReadMore

暇つぶし

【スパイク】雪道での靴の滑り止めを半自作してみた結果報告

最近、雪がガンガン積もって大変です。 雪道も状況次第ではツルツル滑って危険ですよね。 私は先日、1000円の滑り止めスパイク付きバンドを購入したのですが、見事に使えませんでした。 仕方がないので分解、スパイク部分だけ流用してバンド部分を自作してみた話です。 1000円のスパイク付き滑り止め靴ベルトを買った結果 これって欠陥?それとも靴が小さい人向け? きっかけは「今年はちゃんとスノーブーツでも買って冬に備えるか」と思ったことから。 秋口にタイミングを見て安くコロンビアのスノーブーツを仕入れておいたのですが ...

ReadMore

ITガジェット

EarFun UBOOM ワイヤレスBluetoothスピーカー購入レビュー

先日プロジェクターを買ったのですが、本体にBluetoothが内蔵されているので音声を外部に飛ばすことができます。 内蔵スピーカーよりも近くに、さらに音質をよくするべくBluetoothスピーカーを購入してみました。 ステイ子なんか評価がいいから気になったEarFun UBOOMだぞー! どうでもいい個人的な前置き(読む必要はない) 数年おきに買い替えを迫るエコ社会 私個人、あまりバッテリー内蔵Bluetoothスピーカーには手を出さないようにしていました。(なるべくコンセントから電源取れるやつがいいと) ...

ReadMore

ITガジェット

安いプロジェクターは大丈夫か?Amazonで激安製品を買ってみた

テレビを再度捨ててから数ヶ月が経ちました。 個人的にはPCモニタやタブレットの画面で事足りるのですが「Amazonに蔓延ってる激安プロジェクターってちゃんと使えるのかなぁ」という疑問がふつふつと湧いてきたので試してみることに。 結論から言うと「こりゃあなかなか使えるんでないかい?(ものによる)」という印象でした。 格安プロジェクターの特徴 Amazonにたくさんある/無名メーカー/1万円前後/もちろん中国製 数万円レベルだとモバイルバッテリーで有名なAnkerや、縦型デザインがかっこいいXGIMIなんかが ...

ReadMore

生活向上

最強の加湿器はスチーム式一択。象印の加湿器がおすすめな理由

2022年1月11日

ここ数年、毎年冬になると加湿器との戦いを強いられてきました。

去年なんて加湿器を自作までしましたからね。(惨敗でしたが)

【参考】フィルター代100円の気化式加湿器を自作する【100均&Amazon】

今まで電気代が気になり手を付けなかったスチーム式ですが、これで私の加湿器戦争も終結しそうです。

ステイ子
忌諱していた選択肢が正解だなんて、あぁ私の人生。

最後にまとめとして「最も選んではいけないと思う加湿器タイプ」についても話そうと思います。

象印のスチーム加湿器が最強だった話

電気代には目を瞑る必要あれど、室温上昇に一役買う(=冬にはアリ)

私の加湿器遍歴は下記。

  1. シャープ 加湿空気清浄機(気化式)
  2. Amazonで買った中華加湿器(超音波式)
  3. ダイニチ ハイブリット加湿器(気化式)
  4. 自作加湿器(気化式)
  5. ダイキン 加湿空気清浄機(気化式/使用中)
  6. 象印 加湿器(スチーム式)←NEW!!

私は気化式が好きなのでとにかく気化式だったわけですが、今回初めてスチーム式に手を出しました。

スチーム式で定番な象印。

他にもヴィックスのスチーム加湿器もあるようです。

ステイ子
ここはMade in Japanを選びたいと象印をチョイス!

 

スチーム加湿器は電気でお湯を沸かして蒸気で加湿するので、要は「ずっと電気使って煮炊きしてる状態」と同じ。

電気代爆上げ必至です。

これはハイブリッド式も同じで、以前ダイニチのハイブリッド加湿器を買った時は痛い目を見ました。(うろ覚えですが月の電気代が4000〜5000円位上がった)

 

しかし、中途半端に温風当てるハイブリッド式(気化式)とは違い、熱湯スチームですから室温が上昇します。

電気ヒーターも常時使うと電気代爆上げ案件ですが、冬場においてのスチーム加湿器は「室温上昇&加湿」という2役を果たしていると考えると確実に快適性に貢献した上での電気代爆上げなわけです。

それなら目を瞑ってもいいかなぁ・・・と。

ステイ子
「なんなら水入れた炊飯器で永久水炊きでも加湿できんじゃね?」とか思ったわけですが、リビングの真ん中に炊飯器置くのも嫌なのでやめました。

 

水が沸くまで時間がかかるものの、沸いた後の湿度上昇がエグい

煮炊き(料理)して部屋の湿度が上がる感じと全く同じなのでイメージしやすいかと思います。

冷水を入れるので沸騰するまで時間はかかりますが、沸騰してからは象印の技術なのか沸騰した状態を維持しつつスチーム出しまくり。

熱い蒸気が出るのでやけどしないように注意!

気化式では1個じゃ到達できないレベルの加湿を実現します。

上記画像の奥にあるのはダイキンの加湿空気清浄機(気化式)ですが、冬場はガスファンヒーターをつけるので気化式1つでは30%前半で頭打ちでした。

しかし、今は象印スチーム加湿器だけで湿度50%まで届きます。さらに室温は高温スチームのおかげで数字よりも暖かいです。

ちなみにこのモデル EE-RR50-WAは1時間の加湿量が480mlで、(私の場合/真冬の湿度低すぎ賃貸住宅)ひかえめや弱モードで動かして大体6時間しないうちに給水が必要になります。

それだけせっせと加湿してるわけですが、1日家にいるとすれば起きてから昼夜の2回は給水が必要になる感じです。

ステイ子
これは住んでる地域の気候や家の気密性で変わると思うけどね

ちなみに騒音ですが、お湯が沸くとブクブク音が、加湿し始めるとシューシュー音が鳴ります。

遠くにあれば気にならないかもですが、私はデスク横に置いてるので気になります。(ただ我慢できないレベルではない)

寝る時は加湿しないことにしたので、全体的には「そんな気にならない」という評価です。

 

電気代は実際どれくらい増えるのか?

こないだ買ったばかりなので、ここは追記されます。

ステイ子
数ヶ月後に追記予定!

 

手入れも簡単。フィルター交換も必要ないなら経済的か?

嬉しいことにポットを洗うようのクエン酸まで付けてくれてます。

スチーム式はフィルターに相当するパーツがないので、沸騰時に内釜に溜まるカルシウム汚れをポット同様取り除けばよいだけ。

 

ちなみに気化式フィルターだと例外なくこのような惨状になります。

「もっとこまめにクエン酸洗浄しろよ!きたねぇな!」という声もありそうですが・・・それは認めよう!

【思い出1】シャープの加湿空気清浄機(気化式)のフィルター

【思い出2】ダイニチのハイブリット加湿器(気化式)のフィルター

ステイ子
ここまで育つとニオイもやべーんだよ!マジで!

特に上記のような不織布性のフィルターはこびりつくとめっちゃ取りにくく、クエン酸ごときじゃかなり苦戦します。

クエン酸を使ってない「ポット洗浄中」が最高ですが、それでも取りにくいので120%フィルター交換代が発生するんですよね。

【参考】加湿器フィルターのカルシウム汚れが取れないならポット洗浄中

 

ですが!気化式のフィルターは不織布製だけではありません。

これは現在使っているダイニチ加湿空気清浄機のフィルターですが、弾力性のあるナイロンのような素材のフィルターです。

ご覧の通り数ヶ月加湿しまくったカルシウム汚れごっそりの状態になります。例外なくカルシウム汚れは付くのです。

 

しかしこの素材はとてもカルシウムが落としやすく、クエン酸水に一晩付けて2枚に分かれたフィルター同士でゴシゴシやってると簡単に落ちます。

こちらが「洗浄して乾燥した後のフィルター」です。きれいに汚れが落ちてますよね。

ステイ子
気化式加湿器を買うなら「不織布フィルターじゃない製品」を選ぶことは1つポイントかも!!

メーカーで言えば、ダイキンはこの加湿フィルターを使っているようです。(全てのモデルがそうかは不明なので要確認)

不織布をジャバラ構造にしたフィルターはAmazonで中華の安価互換品がありますが、汚れやすさは変わりません。

フィルタービジネスにハマるので注意が必要ですね。

 

加湿器をいろいろ使ってみて

最悪な加湿器はハイブリッド式だと思う件

現在ハイブリッド式を満足して使っているなら何の問題もないと思います。

あくまで私個人の意見として捉えてもらいたいのですが、過去にハイブリッド式を使っていた者として一番個人的印象が悪かったです。

低評価ポイント

  • 電気代にやさしいはずの気化式なのに内臓ヒーターのせいで電気代爆上がりする。
  • その割にスチーム式の足元にも及ばない加湿性能
  • 気化式だからフィルターがカルシウムまみれになる。
  • 不織布フィルターだともう最悪。(汚れが落ちにくくフィルター交換費用もかかる)

特に今回スチーム式の加湿力や室温上昇のメリットを知ってから「ハイブリッド式ってなんなんだよ!(怒)」という感情です。

 

また、ほぼ話題に上がらなかった超音波式ですが、最近はUVランプを搭載しなるだけ清潔なミストを拡散する工夫もなされているようです。

とはいえ、大手メーカーは示し合わせたように超音波式を作らないので、実質中華メーカーの独壇場分野かと見ています。

超音波で水をミスト化するのは電気代的にも優しいですが、雑菌をそのまま飛ばす&家具や家電にカルシウムが付着する原因となるので今はあまり選びたい気持ちはりません。

今後、この点が改善されるなら検討してみたい所ではありますが。

 

加湿器買うならスチーム式一択である

以上、私の加湿器戦争もこれにて終結を迎えました。

まだまだ寒い日が続きますので、みなさんも暖かくして湿度に気をつけて風邪など引かぬようお過ごしください。

加湿器は象印がおすすめです。

身体と頭を丈夫にするおすすめ記事

1

昨今、急速にGoogle離れが加速しています。 私の友人も「なんでもかんでもGoogleになるのが嫌」と代替サービスに自主切り替えをしている人もいるほど。 さらに2021年は某感染症に関する個人の発信 ...

2

グーグルが世界的に検閲を強めて「個人の発信を制限しようとする動き(国民が得られる情報を制限しようとする動き)」を見せています。 日本人でこの動きに危機感を持つ人は少ないかもしれませんが、これは「メイド ...

3

2020年始めから始まったコロチャン騒動ですが、2年近く閉塞感がありますね。 そもそも厚生労働省のデータを見るに「死亡者のほとんどは70/80/90代の高齢者」「若者はほぼ重症化しないし死亡しない」こ ...

4

「趣向を変えたサイトのコンテンツを作れないか?」という考えのもと、世の中の「変だなぁ」をTwitterで集めてみました。 これらを見て「なにそれ!おかしいでしょ!」と思う数が多い人ほど、危険予知能力が ...

5

ウェブサイトを巡回していると、自分が目にしたくないと思う情報に遭遇することもありますよね。 良し悪し様々な情報を得ることや「得られる環境」は大事ですけど、そこには「ただの誹謗中傷」や「不快なワードを連 ...

-生活向上

Copyright© STAYFOG , 2022 All Rights Reserved.