自己防衛

賃貸アパート等の騒音問題・トラブル解決方法を考える

近年、自宅勤務やリモートワークになり家にいる時間が増えた人も多いでしょう。 そこで気になり始めるのが「近隣住民の騒音」かと思います。 騒音問題では過去に何件も殺人事件が起きており、傷害事件で見れば毎年一定数発生していると言っても過言ではないと言えます。 悲惨な結末を迎える前に、どう考えるのが解決に向かうのかを考えてみます。 ステイ子騒音問題は当事者間の話し合いが一番危険だと思う 当記事は一個人の見解であることをご留意下さい。 騒音問題を解決するには 当事者間の話し合いが一番危険だと思う 騒音は「騒音だと感 ...

ReadMore

ガジェット 健康維持

【無害?有害?】電磁波測定器を買って家中を計測してみた話

健康について調べていると、電磁波という言葉をよく耳にします。 私はどちらかと言えばスカラー波・・・むしろ白装束の方に興味があるのですが、この「目に見えないもの」というのは(信じる信じない含め)どうにも厄介ですよね。 今回は電磁波測定器を買ってみた&アース接続について。 ステイ子江頭2:50さんがパナウェーブ研究所に突撃した話は面白かったなぁ 電磁波は本当に危険なのか? 意見は分かれている様子 「電磁波は危険だ」なんて言う人もいますし、電磁波過敏症なんて言葉もあります。 非常に弱い電磁波にばく露されても、な ...

ReadMore

DIY

【修理】Klasse14腕時計のムーブメント交換&ガラス交換をした話

Klasse14(クラスフォーティーン)というメーカーの腕時計を貰いました。 いえ、プレゼントではないです。   ・・・もう一度言いますか。   プレゼントではないです。 ステイ子クソっ! 故障した不要品を貰いました。 どうもムーブメントがおかしくなってるようなので、興味本位で交換してみた一部始終。 腕時計を素人修理してみた クオーツ腕時計のムーブメントは安く調達できることも多々 腕時計の裏蓋を開けるとクオーツムーブメントが見えました。 この時計はMIYOTA(ミヨタ)という会社のムー ...

ReadMore

健康維持

【免疫力アップ】私が飲んでいるサプリメント【定番化】

あるときからサプリメントを買うのが半ば趣味となり、いままで色々買ってきました。(主にアイハーブで) トップ画にあるのは今うちにある分ですが、これ全部を毎日飲んでる訳じゃないですからね。 比較的毎日飲むサプリもあれば、特定の条件下でしか飲まないサプリもあるという感じです。 そもそも、サプリを飲まなくていいならそれが一番だと今は思います。 ステイ子ビタミン・ミネラル類は食品から取りたいよね。本当なら。 とはいえ長年付き合いのあるサプリや、最近注目しているものも含めてご紹介します。 持病のある方や服用している薬 ...

ReadMore

ガジェット

TACKLIFEのリューターを購入したら即壊れて違うモデルを買った話

リューターは今までドレメルの「ハイスピードロータリーツール3000」を使っていました。 【関連】Dremelハイスピードロータリーツール3000-N購入レビュー パワーは申し分ないのですが、ぶっとい電源コードと片手で持ちにくいサイズ感が次第に不満となり買い換えることに。 「次はコードレスがいいなぁ」とTACKLIFEの機種を購入したところ、即壊れて返品、懲りずにTACKLIFEの違うモデルを購入したという話です。 ステイ子リューターもこれといったイマドキな鉄板製品がないなぁ TACKLIFEのリューターを ...

ReadMore

ガジェット

1万円以下!コンデンサーマイクMPM-1000とアームで高音質テレワーク環境!

最近Zoomを使うことが増え、少しマイクにもこだわってみようと思いました。

とはいえバリバリ高価な機材を揃えるほどでもないため、1万円以内を目標に「それっぽい感じ」を目指してみました。

ステイ子
結果、友人から「え、配信者なの?」ってよく聞かれます

テレワーク環境整備に1万円以内の投資を行ってみる

マランツプロのコンデンサーマイクMPM-1000と中華マイクアームスタンド

今回は全部Amazonで揃いました。お先に完成形。

コンデンサーマイクをアームにつけて、さらにポップガードなんてついちゃって、テレワーク環境にしてはずいぶんとご立派です。

ネットゲームをやる方や配信者さんなら当然のセッティングなのかもしれませんが・・・。

 

価格内訳としては

  • マランツプロのコンデンサーマイクMPM-1000 ¥5,758
  • OOWOLF マイクスタンド マイクアーム¥2,700

合計8,458円

 

マランツプロのコンデンサーマイクは評判もよくYouTubeでも取り上げている方が結構しますね。

Amazon限定販売だそうなのですが、audio-technicaのエントリークラス(1万円くらい)のマイクより安く、中華メーカーの3-4千円のマイクより若干高いといった絶妙なラインに位置しています。

接続端子はXLRなので、XLR端子のあるUSBオーディオインターフェースがないとPCとつなげません。(私は持ってるので気にしませんでしたが)

 

「オーディオインターフェースなんてないよ!」という方は、格安のUSBインターフェースを買うか、最初から先端がUSBになっているコンデンサーマイクがおすすめ。

 

 

マイクアームは中華無名メーカーのもので、Amazonに溢れかえっている「名前違うけどモノは一緒だろ?系」のです。

確かめてはいませんが、同価格帯の違うメーカー名の製品はほぼ同一商品かと思いますね。

 

とはいえ、結果としてはどちらも非常に満足してます。

何より、コンデンサーマイクが6000円以下ですからね。

しかも適当な中華コンデンサーマイクよりは品質がよいという話なので、(価格を考えれば)いい塩梅だと思います。

(ま、このMPM-1000もmade in chinaなんですけどね)

 

 

各アイテムの詳細説明と画像

マランツプロMPM-1000のマイクを分解して中身を見てみた

実はコンデンサーマイクは「ALIEXPRESSでBM800とかいう格安マイクを買って改造してやろうか〜」とか思ってました。

なんでもBM800というマイクは改造するとノイズも減りかなり良い感じになるらしく、検索すると動画やら記事やらたくさん出てきます。

とはいえ、そこらへんの知識が強い訳じゃないので黙ってMPM-1000買いましたけど。

BM800の分解動画とか見てたので「MPM-1000の中ってどうなってますの?」と純粋な興味から、買って数時間後に分解を決行。

 

ネジを数個はずしたらカンタンに分解できました。

こんな基盤です。

構造とか(基盤の)意味わかりますか?私はサッパリですが、分かる人になんらかの参考になれば嬉しい。

しかし、内部でまだネジが数個くっついてます。

これもコードをちぎらないように気をつけつつ外していく・・・。

これが取り扱い注意な集音部なんでしょうか。

なんでもコンデンサーマイクは湿気に弱いとか・・・。「ダイナミックマイクよりも丁寧に扱いましょう」とよく聞きます。

思案

コンデンサーマイクは湿気に注意して防湿庫で保管しましょう的な記事を読みました。

確かにウン十万する一眼レフやレンズなどを防湿庫で保管してる人もいますからね。

が、こちらのコンデンサーマイクは言うても6000円そこらなのでそこまで神経質にならなくても良いかな?と考え、ずっと出しっぱなし、付けっぱなしの方針です。(いちいち取り外すのメンドイですし)

唯一「寒い所から急に暖かい所に移動して発生する結露」には気をつけたい所ですけど、持ち運びもしないので恐らく無問題かと。

3本のコードは緩衝材とともに奥に潜ってますが、この緩衝材が取りにくくて、これ以上追うのをやめました。

胴体部分から尻尾(XLRの接続部)にかけてはどうなっているのでしょう?

 

マイクには三脚スタンドとショックマウントホルダーが付属します。

マイクの質感もショックマウントの質感も良かったのですが、どこかのレビューにもあったように三脚が微妙。

使用には差し支えないものの、これなら「付属しなくていいから代わりに数百円安くしてほしい」なんて気持ちもあるほどでした。

ショックマウントはクリップのように着脱がカンタンにできるうえ、構成パーツも金属で質感よいです。後述しますが、アーム付属のショックマウントの何倍も良いです。

 

中華マイクアームスタンドについて

中華マイクアームはアームのみならず、下記が付属したハッピーセットでした。

  • ポップガード
  • コンデンサーマイク用のショックマウントホルダー
  • ダイナミックマイク用のホルダー
  • マイクにかぶせるスポンジ

似たようなポップガードが1500円くらいするので「どうせなら全部入りの方がいいかな」みたいな。

ちなみに2種のホルダーはすごいちゃっちいです。

特にショックマウントホルダーはマランツ付属と比較するとだいぶ酷い。

マイクにかぶせるスポンジも潰れたまま復元せず、これまたマランツ付属のソレと比較するとだいぶ低品質。

幸いポップガードは普通なのでよかったです。

接続部に巻くシールテープ?も付属しています。

 

肝心のアーム本体は金属でそこまで粗さは気になりませんでした。

「すごくガッシリして丈夫!絶対安心!」を思わせてくれるレベルの剛健さはありませんが、ちゃんと仕事はしてくれるクオリティ。

では再度完成形をどうぞ。

まとめ

音質は素人レベルで必要十分すぎるクオリティ

早速録音したりZoomで使ったりしてましたが、たしかにノイズが少なく小さな音も機敏に拾う印象でした。

アームと合わせて使うと自分のベストなポジションにマイクを引き寄せて固定できるので便利ですね。

そして知人友人から「配信やってるの?」と聞かれます。

ステイ子
1万円以下で揃えたにしては満足でした。

 

 

 

身体と頭を丈夫にするおすすめ記事

1

みなさん健康に気を遣っていますか? 口では簡単に言える「健康に気を遣う」ですが、裏事情を知ってしまうと「(普通に)健康に気を遣うのってこんな難易度高いんか!」となります。 ステイ子「今日は健康のために ...

2

タイトルで煽りましたが、日本ではいつの間にか様々な(国民の意思が反映されない)決定がなされます。 大手メディアはそのようなニュースをロクに報道せず、芸能人やタレントのどうでもいいスキャンダルをネチネチ ...

3

昨今、急速にGoogle離れが加速しています。 私の友人も「なんでもかんでもGoogleになるのが嫌」と代替サービスに自主切り替えをしている人もいるほど。 さらに2021年は某感染症に関する個人の発信 ...

4

「趣向を変えたサイトのコンテンツを作れないか?」という考えのもと、世の中の「変だなぁ」をTwitterで集めてみました。 これらを見て「なにそれ!おかしいでしょ!」と思う数が多い人ほど、危険予知能力が ...

5

ウェブサイトを巡回していると、自分が目にしたくないと思う情報に遭遇することもありますよね。 良し悪し様々な情報を得ることや「得られる環境」は大事ですけど、そこには「ただの誹謗中傷」や「不快なワードを連 ...

-ガジェット

Copyright© STAYFOG , 2022 All Rights Reserved.