生活向上

Xiserステッパー購入レビュー!高いけど耐久性と静音性が段違い!

ついにXiser社のステッパーを購入しました。 Amazonで買った中華ステッパーがガタガタのギコギコでもうダメだったので・・・。 1ヶ月ほど使ってみた印象をレビューしたいと思います! ステイ子小遣い前借りリボルビング払いじゃ〜〜〜! Xiserステッパーの特徴と良いところ、悪いところ <良>インテリアを邪魔しないシンプルなデザインと耐久性・静音性 必要最小限のパーツをフルメタルで作ったので本当にシンプルで無駄がありません。 部屋に置いておいてもいい感じに馴染みますね。   届いてから知ったので ...

ReadMore

自己防衛

【悪質】買う前に警戒したほうがいいサプリの見分け方【詐欺】

よく「この成分のサプリは飲むな!」みたいな記事はありますよね。 でも「こういう売り方のサプリは買うな!注意しろ!」という記事はあまり見かけない気がするので、自衛ポイントを紹介したいと思います。 ステイ子友達や家族にも教えてあげてね 買わないほうがいいサプリの見分ける4つのポイント 1.初回限定100円とか激安なくせに(こっそり)高額な定期購入コース縛り確定 こういうサプリの売り方は言わば「100円というキーワードに釣られて寄ってくる人間に勢いで買わせて後から絞り取る」という魂胆であると考えて問題ありません ...

ReadMore

海外通販

ワインボトルやガラス瓶を輪切りカットするツールを試してみた

ALIEXPRESSで結構前から買っていた品物がようやく届きました。 その名もワインボトルカッター! ワインボトルやビール瓶などのガラスびんを輪切りにカットしたい方は必見です。 ステイ子ガラスカットは人類のロマン アリエクスプレスでガラスカットツールを購入 アクリル製の製品は配送時に壊れる可能性があるよ 注文したのが2020/07/14で、到着が2020/09/12ですからほぼ2ヶ月。 シンガポールポストから届いたのですがやっぱり遅いですね。 袋を見ると何やらこんな張り紙が。 この郵便物は、川崎東郵便局に ...

ReadMore

生活向上

静音で連続使用できるステッパーのおすすめと選び方

コロナでステイホームな生活が浸透しつつある昨今。 外出する機会が減って運動不足となるのを防ぐためか、フィットネス製品が売れているようです。 特に人気なのが置き場所も取らず気軽に使えるステッパー。 しかし、ステッパーは選ぶ商品を間違えると数千円があっという間に無駄金になってしまいます! 【関連】Xiserステッパー購入レビュー!高いけど耐久性と静音性が段違い! 静音で連続使用できるステッパーはあるのか? Amazonなどで買える気をつけるべき構造のステッパー 個人的にステッパーを使っているんですが、こんな製 ...

ReadMore

海外通販

【保存版】アリエクスプレスの注意点・買うと損するもの得するもの

かれこれアリエクスプレスを使い始めて数年経ちますが、これまで大きなトラブルには遭いませんでした。 とはいえ「これは気をつけないとなぁ」というポイントもあるのでご紹介。 これからアリエクデビューする人はぜひ頭の片隅に入れておいて下さい。 アリエクスプレスで注意すること 支払いはデビッドカードが無難 aliexpressは中国のショッピングサイトで、ありとあらゆるショップが軒を連ねています。 だからこそ品質もピンからキリまで、中には日本では絶対に買えないギークな商品や、違法品まで売られています。 (パチもんの ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

海外通販

アリエクで格安HDMIキャプチャUSBカードを購入!デジカメウェブカメラ化にもOK?

2020年8月5日

テレワーク全盛となってから、キャノンなどカメラメーカーが自社カメラをwebカメラ化するソフトなどを発表していますよね。

一般的なwebカメラよりもキレイに写したい需要などに応えているようです。

私は数年前にデジカメを処分して以降はずっとスマホカメラで済ませているのですが、デジカメのwebカメラ化に少し興味が出たのでアリエクでHDMIキャプチャUSBカードを買ってみました。

2020/09/11追記

引用:サウンドハウス

サウンドハウスにてPBブランドの980円のHDMIビデオキャプチャーが販売されています。

外観が同じなので同一製品かと思われます。

日本で買うなら配送も早いサウンドハウスが間違いないでしょう。価格もアリエクとほぼ変わりません。

サウンドハウス

ALIEXPRESSで917円のHDMIキャプチャ購入から到着まで

似たような製品が数千円で売られている事に疑問

きっかけはとあるPC関連機器メーカーがUSBスティックタイプのHDMIキャプチャを販売した記事を目にしたことでした。

 

「あれ、これと同じ形の製品アリエクで見たし、こんな高くなかったゾ」

 

 

Amazonで見ても3000円くらいで販売されているのですが、アリエクを見ると1000円しないで買えます。

もはやAmazonのチャイナ製品はおおむねアリエクに(安く)あるので不思議ではありませんが「こういう製品でこの差額は・・アリエクの1000円のはパチもんか?」と疑問に思った矢先、ポチってしまいました。

 

デジカメ持ってないのに!

ステイ子
これじゃウェブカメラ化のテストができひん!

 

激安HDMIキャプチャは案外普通の外観で、特に問題なさそう

で、届きました。

2020/07/14に注文して、到着は2020/08/01でした。

こちらの商品値段は917円(送料込み)。

毎度のことですが、アリエクでは「失敗しても痛くない額の商品」しか買ってません。

本体はアルミでした。

USB2.0ポート。

HDMIメス。

ネジで固定してあるだけなので、つい分解してしまいました。

基盤はこんな感じ。私にはわかりません。

でもヒートシンクがついてるので熱くなりやすいのかな?とか思ったくらいにして。

ちなみにカメラ持ってないのにHDMI変換アダプタも買いました。

カメラについているHDMIはミニHDMIやマイクロHDMIだったりするので、こういう変換アダプタで処理してあげます。

ちなみに価格はアリエクにて1つ108円なので、2つ合計で216円でした。(送料込み)

 

だからデジカメ持ってないのにね!

ステイ子
こいつら揃えてもウェブカメラ化のテストができんのだよ!

 

917円のHDMIキャプチャを試してみる!

こないだ買ったAmazon Fire TV stickをMacでキャプチャする

もうデジカメがないので仕方がありません。

我が家にある他にHDMIで映像を出力するものといえば、こないだ買ったFire TV stickくらいなのでこいつを使います。

【記事】Amazon FireTVstickはセールで買う!そしてヒートシンクは必須!

以前買ったHDMIセレクタをつけたままつないで見ました。特に意味や目的はありません。

【記事】HDMIが2つのモニタはかえって不便!?切替器を使ったほうがスムーズ

これほんとに使えるのかなぁ・・・なんとなく不安になりつつも説明書を読む。

 

ドライバは不要!キャプチャーソフトはフリーのOBSをインストールする

チャイナから直接届く製品で付属のドライバやアプリケーションCDROMは”なんか怖い”ので、ドライバ不要なのはありがたい。

さらにキャプチャーソフトもOBSを使うのがデフォっぽい(説明書にはOBSで解説されている)ので、それもありがたい。

 

Windowsは当然、Macも対応していますし、今回私はMacで実験です。

OBSキャプチャーソフト

 

OBSをインストール後、画面下の「ソース」と書かれたウィンドウ内で右クリして下記から映像キャプチャデバイスを追加する。

すると下記のように認識された!!!!

(認識されない場合はUSBを抜き差ししたり、ソフトを再起動したりして認識を試みると映る。まったく格闘して映らない場合はわからない・・・故障?)

試す前にうすうす思っていました。

ステイ子
Fire TV stickみたいなのってHDCP(著作権保護)がかかって「利用できません」とかエラーが出そうだよね。
ま、認識するかどうかの確認だけでもいいか。

と。

しかし、予想に反して普通に映る。

これでは録画や配信ができてしまうではないか!?問題では?

※配信動画の録画は違法となります。当記事ではHDMIキャプチャデバイスの動作確認のみであり、録画は一切しておりません。

「映像を再生したらHDCPが発動するのか?」と思い、適当に再生してみます。

えぇぇい、映るじゃないか!!!

※配信動画の録画は違法となります。実際に録画できるかどうかの検証はしておりません。

 

ここでFire TV stickの検証は終了。

いやいや、本当はデジカメをウェブカメラとして使えるかどうかの検証が目的だったのですが、HDMIキャプチャカードの方は普通に使えることがわかりました。

アリエクじゃ待てないという方はAmazonなどにも同様の商品が売られているようです。(完全に同じかどうかの保証はできません。)

 

さいごに

デジタル一眼レフカメラを買いましょう。

HDMI出力のある一眼レフを買わないとなりませんね・・・。

とはいえ、古い機種だとライブビューに時間制限があって何十分ごとに電源を入れ直す必要があるとかないとか。

 

ZOOMチャットとかで2時間ぶっ続けでやり取りする場合、途中でカメラが切断されるのは面倒ですよね。

あとバッテリーを外部から補給しながら使えるのかもわかりませんし・・・。

 

とはいえ、キャプチャーカードは使えました。

参考になれば幸いです。

2020/09/11追記

引用:サウンドハウス

サウンドハウスにてPBブランドの980円のHDMIビデオキャプチャーが販売されています。

外観が同じなので同一製品かと思われます。

日本で買うなら配送も早いサウンドハウスが間違いないでしょう。価格もアリエクとほぼ変わりません。

サウンドハウス

-海外通販

Copyright© STAYFOG , 2020 All Rights Reserved.