ITガジェット

大容量で安いモバイルバッテリーはAmazonがおすすめ!メーカーまとめ

みんな大好きモバイルバッテリー。 最近はUSBCポートを持つパソコンも増えて、ノートパソコンにも電力を供給できるPD(Power Delivery)対応のモバイルバッテリーも増えました。 日常使いはもちろん、地震や停電などの災害用として保管しておけば緊急時も安心ですから何個あっても困ることはありません。 この記事ではAmazonで販売されているおすすめのモバイルバッテリーメーカーを紹介します。 ステイ子Amazonは種類が豊富で安い! Amazonで買える大容量格安モバイルバッテリーメーカー ANKER( ...

ReadMore

格安SIM

楽天モバイルUN-LIMIT契約!エリア外でもパートナー回線で快適

300万名限定で1年無料という大サービス中の楽天モバイルUNLIMIT。 私はDMMモバイル→楽天モバイル(MVNO)から今回MNPで楽天モバイル(MNO)に入ったのですが、結果として「かなりお得になった」という結果でした。 ステイ子エリア外だけど1年無料だしギガ容量増えた! みんな得する紹介コード Rakuten UN-LIMITご紹介特典で紹介された人は2,000ポイントGET!紹介した人は3,000ポイントGET! 紹介コード:KcWbxX3Kku8b 契約したらみんなも自分のコードで友達に紹介して ...

ReadMore

格安SIM

WiMAXを解約しHOME01とW05でSB回線の大容量SIMを運用する準備

ここ最近、テレワーク急増の影響か夜間のWiMAX通信がめっきり遅くなりました。(3日で10GB制限なしの状態で) 制限されてないのに下り2Mbpsくらいしかでません。 You Tubeなどのストリーミングサービスを見ながらネットは難しくなり、私も「オンライン飲み会」なるものに参加してみましたがたびたび回線が不安定になる始末。 WiMAXを解約して大容量SIMに乗り換える算段 いま辞めないと2年縛り違約金が大きい あと2ヶ月ほどで本家UQのWiMAX 2+ギガ放題(2年/特約)を契約して2年になります。 更 ...

ReadMore

生活向上

mybluスターターキット購入!元喫煙者による評価と口コミ

偶然お安く手に入るチャンスがあったのでmybluのスターターキットを購入してみました。 さらにその後、無料でフレーバーパックが貰えるキャンペーンで合計3リキッド分試したのでその印象と評価を書き残しておきます。 ステイ子オシャレな電子タバコっぽいけど、実際はどうなの? mybluはどこで買える?コンビニには売ってない? コンビニは一部のみ。ネットで購入するのが一番 コンビニでの取り扱いは一部店舗に限られているようです。 普段行くローソンにはありませんでした。(プルームテックとかはあったんですけど) &nbs ...

ReadMore

ワードプレス

AFFINGER5でプロフィールカードが表示されないユーザー問題の解決法

AFFINGER5には「プロフィールカード」という設定欄があることを知りました。 サイドバーに表示されるプロフィール欄がオシャレになるので早速使ってみましたが、なぜか「プロフィール文章が表示されない問題」が発生。 原因も特定できたのでメモとして書き残しておきます。 AFFINGER5でプロフィール文が表示されない問題 (過去に)ユーザーを複数作り、後から作ったユーザーでプロフィール設定を行っていた WordPressには複数人で使えるように権限を付与したユーザーをいくつも作成できます。 これが今回のトラブ ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ワードプレス

ワードプレスで捨てアドいやがらせ対策するならBan Hammerがおすすめ

ウェブサイトを作るにあたってスパム対策は重要ですが、ボットなどによる全自動スパムの以外にも「いやがらせ」もあります。

例えば、ネットで活動している特定の人をよく思わない人からただの誹謗中傷を受けるなど。(アンチともいいますね)

幸い私はそういう目には遭ってはいませんが、ちょっとした有名人ほどそういうトラブルも多いでしょう。

無視を決め込むのが一番ですが、偶然でも目に触れる機会を減らすためにワードプレスにおいてできる対策を考えてみました。

ワードプレスでのいやがらせスパム対策

Ban Hammerで捨てアドをまるごとBanしてしまう

ワードプレスでウェブサイトを構築している人であれば、問い合わせフォームは大体「Contact Form 7」だと思います。

SNS以外であれば、ウェブサイトのフォームくらいしか連絡手段がないので、嫌がらせするにしてもそこしかないでしょう。

 

そこでプラグイン「Ban Hammer」ですが、このプラグインは特定キーワードやメールアドレスを指定しておくと、そのワードが入った送信をエラーにします。

Ban Hammer

 

嫌がらせする人は大体匿名ですし、お問い合わせ内でメールアドレスの入力を必須項目にした場合、ご丁寧に自分のメインアドレスを入れる訳ありません。

ということで使い勝手が良いのは捨てアドですよね。

(※ちなみに捨てアド提供側も悪意のある使い方には対処してくれる所も多く、誹謗中傷の際は協力的だそうです。)

 

プラグイン追加から「Ban Hammer」と調べSTOP標識の方をインストール。

 

有効化したのち、ツールタブに追加された設定画面を開く。

ブラックリストに入れたワードやドメインはContact Form7で作った入力欄にも適用されるらしく、そこに指定したワードを入れて送信しようとすると失敗します。

つまり、ありきたりな中傷ワードや捨てアドサービスのドメインを片っ端から入れておけば、極めて幼稚なスパムは簡単に防ぐことができます。

簡単ですよね。

 

ちなみにエラーになると「メッセージの送信に失敗しました。後でまたお試しください。」と出ます。

banワードが一文字でも入っている時点でメッセージの送信に失敗します。(送った気にさせるならあえてエラーを返さない方が良さそうですけど)

 

下記に捨てアドサービスのドメインの一部(全部ではない)を載せておきます。

+ 捨てアドサービスのドメイン一例(これら追加する際は自己責任で)

@sute.jp
@hotsoup.be
@sofia.re
@simaenaga.com
@tapi.re
@kagi.be
@nagi.be
@moimoi.re
@haisei.be
@honeys.be
@mbox.re
@fuwa.li
@kpost.be
@risu.be
@fuwa.be
@usako.net
@eay.jp
@via.tokyo.jp
@ichigo.me
@choco.la
@cream.pink
@merry.pink
@neko2.net
@fuwamofu.com
@ruru.be
@macr2.com
@f5.si
@ank.jp
@svk.jp
@0-ml.com
@gomen-da.com
@awdrt.org
@mt2015.com
@thankyou2010.com
@trash2009.com
@mt2009.com
@trashymail.com
@mytrashmail.com
@sharklasers.com
@guerrillamail.info
@grr.la
@guerrillamail.biz
@guerrillamail.com
@guerrillamail.de
@guerrillamail.net
@guerrillamail.org
@guerrillamailblock.com
@pokemail.net
@spam4.me
@email64.com
@1tml.com
@neokidesu.click
@hiru-dea.com
@temp15qm.com
@sayawaka-dea.info
@mvrht.com
@trbvm.com
@nybella.com
@rtrtr.com
@instance-email.com
@yopmail.com
@trashmail.com
@objectmail.com
@jetable.org
@7g-mail.gq
@wg.renraku.in
@sd.renraku.in
@boximail.com
@getairmail.com
@7tags.com
@incognitomail.org
@supermailer.jp
@mailinator.com
@tekumeru.com
@hmamail.com
@filzmail.com
@maildrop.cc
@tmpeml.info
@meltmail.com
@h.mintemail.com
@7chanmail.com

ちなみに保存しても「Registration is disabled. Ban Hammer will not work.」という表記が消えませんが、当テスト環境で試した限り問い合わせフォーム内で機能していました。

一応、設定タブにあるメンバーシップの「だれでもユーザー登録ができるようにする」にチェックを入れると上記の表示は消えましたが、誰でもユーザー登録されては困るので諦めて表示されたままにしてます。

(そもそもこのプラグインは会員制サイトなどで使われているようで、こういう目的のものじゃないのかもです)

 

Ban Hammerはすり抜けたフォームはIPアドレスなどで丁寧にban

あえて書きませんが、こういう単語ごとにバリアする機能はいかようにもすり抜け可能です。

その前にすり抜けてまで送ってくるって相当粘着されているので、どんだけ憎まれてるんだよって話ですけど・・・。

 

ということで、フォーム内には事前に「送信者のIPやホスト」を入手できる細工をしておいて、届いたらそれをまるごとBanしてしまうと良いかもしれません。

導入方は下記をどうぞ。

Contact Form 7・簡単なスパム対策

WP-Banプラグインでアンチ・荒らし・スパムをアク禁にする方法

 

これもまた自宅Wi-Fiに、モバイル通信に、Free Wi-Fiに・・・と場所を変えればどうにでもなる訳ですけど。

ただ、やればやるだけ証拠が溜まるので、あとは然るべき対処とやらでよいのではないでしょうか。

 

ネット上で嫌がらせを受けた時の証拠の取り方 - note

匿名で中傷しているアナタはこうやって特定される - R25

ネット上の誹謗中傷の名誉毀損裁判で勝訴が確定しました(続報)

 

さいごに

ネットにも壁ができつつある

ある意味で一番残酷なのは「本人はしてやった気になってるけど、相手に届いてない(気づいてない)という状況」かと思います。

Twitterのミュート機能などがそうですよね。

相手に送れるけど、その相手からは見えてない。存在していないも同然ですから何も感じません。

 

このような「否定する存在の不可視化」はAI技術と共にさらに進んでいくと思われます。

今やスパムメールだって目を通すまでもなくフィルタリングされ、誰にも届かず消えてます。

-ワードプレス

Copyright© STAYFOG , 2020 All Rights Reserved.