生活向上

JUXLampの光療法ライト購入!自作するより安くておすすめ!

外に出る機会が減るとなんだか調子が悪くなることってありませんか? あるいは冬になると日照り時間が短く精神的に落ち込みやすくなったり、体調を崩す人も多いですよね。 それもそのはず、日光を浴びることで体内でビタミンDを生成したり、セロトニンの分泌を行うため。 室内に籠もる生活は人体に支障をきたすと言われています。 ステイ子とはいえ、こもり体質の人間は外に出るのが億劫なんだよ! 人間の日照不足改善を目的とした光療法ライト 12000LUXの光を浴びることで体内時計を正常化! じゃん!そこでこの光療法ライトです! ...

ReadMore

ITガジェット

Kindlefire8&10比較!Android化!googleplayを入れて改造

2021年版のKindle fireHD8とHD10をダブル購入しました。 充電端子がUSB-Typecとなったり、枠が等幅化したりと微妙に進化していますよね。なにより安い! 今回はこのタブレットをより使いやすくするためにアンドロイド化の改造をしてみました。 Kindle fireのアンドロイド化は自己責任で! Fire Toolboxを使えばカンタンにAndroid化可能 やり方に関しては詳細に作っているサイトがたくさんあるのでそちらを参考にするのがベストです。 私個人としては「実際にやってみてわかった ...

ReadMore

DIY

【おすすめ】Snapfreshのインパクトドライバー&レシプロソーが安くて便利!

昨今DIYブームで電動工具を使う人は増えました。 とはいえ「ガチでやる訳じゃないから、お手頃で使える工具がいいんだけど」という人は多いもの。 ホームセンターでチャチな電動ドリルドライバーを買っても満足なDIYは出来ませんからね。 そこで今回は振興メーカー「Snapfresh(スナップフレッシュ)」のインパクトドライバー&レシプロソーを購入したのでレビューしたいと思います! Snapfreshの電動工具はお手頃価格でちゃんと使える! マキタやハイコーキのインパクトは高い!というライトユーザーにおすす ...

ReadMore

生活向上

どこでもクーラーはエアコンになるか?うるさい?排熱ダクト改造結果

今年も夏がやってきます。 猛暑日がやってきてます。 寝苦しい夜がやってきます。 現在の物件はエアコンがないのですが、寝苦しいほどの猛暑日は数日程度なので壁エアコンの導入に踏み切れなかったりしています。(他にも賃貸ならではの制約があったり) そこで以前は窓エアコンを導入してみた訳ですが、あまりの轟音にワンシーズンで使用をやめてしまいました。 そして次なる検証は各所で有名なコロナ製の「どこでもクーラー」に決定! 「壁エアコン設置できなくて悩んでいる」という方の参考になれば幸いです。 2021/07/19追記 ...

ReadMore

生活向上

洗濯機の防振キャスター台で騒音軽減!デメリットゼロで超おすすめだった件

洗濯機って脱水のとき超ガタガタ揺れません? 衣類を詰めすぎた時なんかは偏るので仕方ないですが、とはいえ「ガダン!!ガダンガダダダダダダ!!!!」と今にも脱衣所を破壊しそうな騒音を出しますよね。 私が使っている洗濯機もまさにそんな騒音が気になるようになったので防振キャスター台を買ってみました。 洗濯機の防振キャスター台でガタガタ音を軽減しよう! 2000円~3000円で防振と掃除のしやすさが手に入る感動 こちらアマゾンで売られていた製品です。 リンク こちらアマゾンで売られていた製品です。 この分野は特に有 ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ワードプレス

ワードプレスで捨てアドいやがらせ対策するならBan Hammerがおすすめ

2020年3月27日

ウェブサイトを作るにあたってスパム対策は重要ですが、ボットなどによる全自動スパムの以外にも「いやがらせ」もあります。

例えば、ネットで活動している特定の人をよく思わない人からただの誹謗中傷を受けるなど。(アンチともいいますね)

幸い私はそういう目には遭ってはいませんが、ちょっとした有名人ほどそういうトラブルも多いでしょう。

無視を決め込むのが一番ですが、偶然でも目に触れる機会を減らすためにワードプレスにおいてできる対策を考えてみました。

ワードプレスでのいやがらせスパム対策

Ban Hammerで捨てアドをまるごとBanしてしまう

ワードプレスでウェブサイトを構築している人であれば、問い合わせフォームは大体「Contact Form 7」だと思います。

SNS以外であれば、ウェブサイトのフォームくらいしか連絡手段がないので、嫌がらせするにしてもそこしかないでしょう。

 

そこでプラグイン「Ban Hammer」ですが、このプラグインは特定キーワードやメールアドレスを指定しておくと、そのワードが入った送信をエラーにします。

Ban Hammer

 

嫌がらせする人は大体匿名ですし、お問い合わせ内でメールアドレスの入力を必須項目にした場合、ご丁寧に自分のメインアドレスを入れる訳ありません。

ということで使い勝手が良いのは捨てアドですよね。

(※ちなみに捨てアド提供側も悪意のある使い方には対処してくれる所も多く、誹謗中傷の際は協力的だそうです。)

 

プラグイン追加から「Ban Hammer」と調べSTOP標識の方をインストール。

 

有効化したのち、ツールタブに追加された設定画面を開く。

ブラックリストに入れたワードやドメインはContact Form7で作った入力欄にも適用されるらしく、そこに指定したワードを入れて送信しようとすると失敗します。

つまり、ありきたりな中傷ワードや捨てアドサービスのドメインを片っ端から入れておけば、極めて幼稚なスパムは簡単に防ぐことができます。

簡単ですよね。

 

ちなみにエラーになると「メッセージの送信に失敗しました。後でまたお試しください。」と出ます。

banワードが一文字でも入っている時点でメッセージの送信に失敗します。(送った気にさせるならあえてエラーを返さない方が良さそうですけど)

 

下記に捨てアドサービスのドメインの一部(全部ではない)を載せておきます。

+ 捨てアドサービスのドメイン一例(これら追加する際は自己責任で)

@sute.jp
@hotsoup.be
@sofia.re
@simaenaga.com
@tapi.re
@kagi.be
@nagi.be
@moimoi.re
@haisei.be
@honeys.be
@mbox.re
@fuwa.li
@kpost.be
@risu.be
@fuwa.be
@usako.net
@eay.jp
@via.tokyo.jp
@ichigo.me
@choco.la
@cream.pink
@merry.pink
@neko2.net
@fuwamofu.com
@ruru.be
@macr2.com
@f5.si
@ank.jp
@svk.jp
@0-ml.com
@gomen-da.com
@awdrt.org
@mt2015.com
@thankyou2010.com
@trash2009.com
@mt2009.com
@trashymail.com
@mytrashmail.com
@sharklasers.com
@guerrillamail.info
@grr.la
@guerrillamail.biz
@guerrillamail.com
@guerrillamail.de
@guerrillamail.net
@guerrillamail.org
@guerrillamailblock.com
@pokemail.net
@spam4.me
@email64.com
@1tml.com
@neokidesu.click
@hiru-dea.com
@temp15qm.com
@sayawaka-dea.info
@mvrht.com
@trbvm.com
@nybella.com
@rtrtr.com
@instance-email.com
@yopmail.com
@trashmail.com
@objectmail.com
@jetable.org
@7g-mail.gq
@wg.renraku.in
@sd.renraku.in
@boximail.com
@getairmail.com
@7tags.com
@incognitomail.org
@supermailer.jp
@mailinator.com
@tekumeru.com
@hmamail.com
@filzmail.com
@maildrop.cc
@tmpeml.info
@meltmail.com
@h.mintemail.com
@7chanmail.com

ちなみに保存しても「Registration is disabled. Ban Hammer will not work.」という表記が消えませんが、当テスト環境で試した限り問い合わせフォーム内で機能していました。

一応、設定タブにあるメンバーシップの「だれでもユーザー登録ができるようにする」にチェックを入れると上記の表示は消えましたが、誰でもユーザー登録されては困るので諦めて表示されたままにしてます。

(そもそもこのプラグインは会員制サイトなどで使われているようで、こういう目的のものじゃないのかもです)

 

Ban Hammerはすり抜けたフォームはIPアドレスなどで丁寧にban

あえて書きませんが、こういう単語ごとにバリアする機能はいかようにもすり抜け可能です。

その前にすり抜けてまで送ってくるって相当粘着されているので、どんだけ憎まれてるんだよって話ですけど・・・。

 

ということで、フォーム内には事前に「送信者のIPやホスト」を入手できる細工をしておいて、届いたらそれをまるごとBanしてしまうと良いかもしれません。

導入方は下記をどうぞ。

Contact Form 7・簡単なスパム対策

WP-Banプラグインでアンチ・荒らし・スパムをアク禁にする方法

 

これもまた自宅Wi-Fiに、モバイル通信に、Free Wi-Fiに・・・と場所を変えればどうにでもなる訳ですけど。

ただ、やればやるだけ証拠が溜まるので、あとは然るべき対処とやらでよいのではないでしょうか。

 

ネット上で嫌がらせを受けた時の証拠の取り方 - note

匿名で中傷しているアナタはこうやって特定される - R25

ネット上の誹謗中傷の名誉毀損裁判で勝訴が確定しました(続報)

-ワードプレス

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.