自己防衛

免疫力を上げるおすすめサプリでコロナやインフルに負けない身体

2020年始めから始まったコロナ騒動ですが、2年近く閉塞感がありますね。 そもそも厚生労働省のデータを見るに「今までの死亡者累計から見ると10万人に1人が死亡する位の確率」「死亡者のほとんどは70/80/90代の高齢者」「若者はほぼ重症化しないし死亡しない」ことがわかる訳ですが、免疫力が高いことに損はありません。 そこで私が飲んでいて「おっ!」と思ったオススメ免疫力系サプリをご紹介! ステイ子体感には個人差があるので、盲信に注意だぞ! 免疫力を上げよう!オススメサプリ グルタミン グルタミンといえば「旨味 ...

ReadMore

自己防衛

Google検索が使いにくい!これからの検索エンジンはDuckDuckGoやECOSIAで決まり!

昨今、急速にGoogle離れが加速しています。 私の友人も「なんでもかんでもGoogleになるのが嫌」と代替サービスに自主切り替えをしている人もいるほど。 さらに2021年は某感染症に関する個人の発信を検閲、情報統制を始めたGoogle。 これはもう「検索エンジン=多種多様な意見を元に人々に考えさせるための手段」から「人々を考えさせずに誘導するための洗脳手段」として機能しはじめたのではと考えてしまいます。 Google、行動規範からみんなのモットー「Don't Be Evil(邪悪になるな)」を外す 引用 ...

ReadMore

DIY

マキタの10.8V電動ドライバー&電動空気入れレビューDF333DSHS/MP100DZ

先日、マキタの10.8V電動ドライバー(DF333DSHS)と電動空気入れ(MP100DZ)を購入しました。 いつもインパクトドライバーを愛用していた私がここにきて電動ドライバーを買った理由や、エントリー価格帯のマキタ製品についての印象をレビューしたいと思います。 ステイ子マキタといったらカラーは緑! あえて電動ドリルドライバーを買った理由 インパクトである理由がほとんどなかった数年間 私は子供の頃から電動工具に憧れを抱いており、中でもインパクトドライバーの高速回転打撃には何とも言い難い魅力がありました。 ...

ReadMore

暇つぶし

スカイスターの最安ハードガンケースはおすすめか?購入レビューUFC85cm

お気に入りのエアソフトガンを収納するためのケース選びって意外と悩みますよね。 特に私はハンドガンばかり揃えてしまったので「1〜2挺入るサイズのケース」ではケースが増えてしまうことを器具しております。 そこで、ハンドガンをまとめていれる目的でスカイスターの最安ハードケースを購入してみました。 スカイスターのUFCハードガンケースは悪くない選択 クッションのコストダウンが惜しいながらも普通に使える 見た目をこだわりたいならアルミケースとかカッコいいですよね。 とはいえ素材的に高くつきますし「そのお金を銃本体の ...

ReadMore

暇つぶし

【カスタム】東京マルイ固定ガスソーコム改造マウントレール取り付け

ステイホーム期間にエアガンにはまり、ガスガンにもハマりました。 最近購入した固定スライドガスハンドガン、東京マルイのソーコムにドットサイトを付けるべくDIYをしてみた報告です。 東京マルイ固定ガスソーコムをカスタムしたい サプレッサーにライトときたら、ドットサイトもつけたい! 銃は何もつけないシンプルなフォルムが一番という意見もありますが、ソーコムのような銃においてはゴテゴテ感があるのもまたアリかと思います。 そこでかねてからドットサイトをつけたいと思っていたのですが、なかなかカスタムパーツがないもので・ ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ワードプレス

ワードプレスで捨てアドいやがらせ対策するならBan Hammerがおすすめ

2020年3月27日

ウェブサイトを作るにあたってスパム対策は重要ですが、ボットなどによる全自動スパムの以外にも「いやがらせ」もあります。

例えば、ネットで活動している特定の人をよく思わない人からただの誹謗中傷を受けるなど。(アンチともいいますね)

幸い私はそういう目には遭ってはいませんが、ちょっとした有名人ほどそういうトラブルも多いでしょう。

無視を決め込むのが一番ですが、偶然でも目に触れる機会を減らすためにワードプレスにおいてできる対策を考えてみました。

ワードプレスでのいやがらせスパム対策

Ban Hammerで捨てアドをまるごとBanしてしまう

ワードプレスでウェブサイトを構築している人であれば、問い合わせフォームは大体「Contact Form 7」だと思います。

SNS以外であれば、ウェブサイトのフォームくらいしか連絡手段がないので、嫌がらせするにしてもそこしかないでしょう。

 

そこでプラグイン「Ban Hammer」ですが、このプラグインは特定キーワードやメールアドレスを指定しておくと、そのワードが入った送信をエラーにします。

Ban Hammer

 

嫌がらせする人は大体匿名ですし、お問い合わせ内でメールアドレスの入力を必須項目にした場合、ご丁寧に自分のメインアドレスを入れる訳ありません。

ということで使い勝手が良いのは捨てアドですよね。

(※ちなみに捨てアド提供側も悪意のある使い方には対処してくれる所も多く、誹謗中傷の際は協力的だそうです。)

 

プラグイン追加から「Ban Hammer」と調べSTOP標識の方をインストール。

 

有効化したのち、ツールタブに追加された設定画面を開く。

ブラックリストに入れたワードやドメインはContact Form7で作った入力欄にも適用されるらしく、そこに指定したワードを入れて送信しようとすると失敗します。

つまり、ありきたりな中傷ワードや捨てアドサービスのドメインを片っ端から入れておけば、極めて幼稚なスパムは簡単に防ぐことができます。

簡単ですよね。

 

ちなみにエラーになると「メッセージの送信に失敗しました。後でまたお試しください。」と出ます。

banワードが一文字でも入っている時点でメッセージの送信に失敗します。(送った気にさせるならあえてエラーを返さない方が良さそうですけど)

 

下記に捨てアドサービスのドメインの一部(全部ではない)を載せておきます。

+ 捨てアドサービスのドメイン一例(これら追加する際は自己責任で)

@sute.jp
@hotsoup.be
@sofia.re
@simaenaga.com
@tapi.re
@kagi.be
@nagi.be
@moimoi.re
@haisei.be
@honeys.be
@mbox.re
@fuwa.li
@kpost.be
@risu.be
@fuwa.be
@usako.net
@eay.jp
@via.tokyo.jp
@ichigo.me
@choco.la
@cream.pink
@merry.pink
@neko2.net
@fuwamofu.com
@ruru.be
@macr2.com
@f5.si
@ank.jp
@svk.jp
@0-ml.com
@gomen-da.com
@awdrt.org
@mt2015.com
@thankyou2010.com
@trash2009.com
@mt2009.com
@trashymail.com
@mytrashmail.com
@sharklasers.com
@guerrillamail.info
@grr.la
@guerrillamail.biz
@guerrillamail.com
@guerrillamail.de
@guerrillamail.net
@guerrillamail.org
@guerrillamailblock.com
@pokemail.net
@spam4.me
@email64.com
@1tml.com
@neokidesu.click
@hiru-dea.com
@temp15qm.com
@sayawaka-dea.info
@mvrht.com
@trbvm.com
@nybella.com
@rtrtr.com
@instance-email.com
@yopmail.com
@trashmail.com
@objectmail.com
@jetable.org
@7g-mail.gq
@wg.renraku.in
@sd.renraku.in
@boximail.com
@getairmail.com
@7tags.com
@incognitomail.org
@supermailer.jp
@mailinator.com
@tekumeru.com
@hmamail.com
@filzmail.com
@maildrop.cc
@tmpeml.info
@meltmail.com
@h.mintemail.com
@7chanmail.com

ちなみに保存しても「Registration is disabled. Ban Hammer will not work.」という表記が消えませんが、当テスト環境で試した限り問い合わせフォーム内で機能していました。

一応、設定タブにあるメンバーシップの「だれでもユーザー登録ができるようにする」にチェックを入れると上記の表示は消えましたが、誰でもユーザー登録されては困るので諦めて表示されたままにしてます。

(そもそもこのプラグインは会員制サイトなどで使われているようで、こういう目的のものじゃないのかもです)

 

Ban Hammerはすり抜けたフォームはIPアドレスなどで丁寧にban

あえて書きませんが、こういう単語ごとにバリアする機能はいかようにもすり抜け可能です。

その前にすり抜けてまで送ってくるって相当粘着されているので、どんだけ憎まれてるんだよって話ですけど・・・。

 

ということで、フォーム内には事前に「送信者のIPやホスト」を入手できる細工をしておいて、届いたらそれをまるごとBanしてしまうと良いかもしれません。

導入方は下記をどうぞ。

Contact Form 7・簡単なスパム対策

WP-Banプラグインでアンチ・荒らし・スパムをアク禁にする方法

 

これもまた自宅Wi-Fiに、モバイル通信に、Free Wi-Fiに・・・と場所を変えればどうにでもなる訳ですけど。

ただ、やればやるだけ証拠が溜まるので、あとは然るべき対処とやらでよいのではないでしょうか。

 

ネット上で嫌がらせを受けた時の証拠の取り方 - note

匿名で中傷しているアナタはこうやって特定される - R25

ネット上の誹謗中傷の名誉毀損裁判で勝訴が確定しました(続報)

-ワードプレス

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.