ITガジェット

CHUWI Corebook X 購入レビュー【おすすめ格安パソコンメーカー】

Windowsのノートパソコンが欲しくなりAmazonを探していたところ、性能とデザイン・価格のバランスが取れすぎているようなCHUWI Corebook Xを発見し思わずポチってしまいました。 このモデルはあまり情報がないようなのでレビューしたいと思います! CHUWIというメーカーについて CHUWIは格安中華メーカーにしては知名度が高い CHUWIと書いてツーウェイと読むそうです。(私は心の中でずっとチューウィと間違って読んでました) 現時点では主にAmazonなどネット経由で買えるメーカーであるた ...

ReadMore

ITガジェット

iRozceのフルHD格安Webカメラ使用レビュー!高画質かつマイク内蔵でおすすめ!

未だ冷めやらぬコロナウイルスの猛威ですが、仕事の仕方もオンラインで済ませる企業・個人が増えているようです。 今年の夏頃にはウェブカメラの需要が供給を上回り1台1000円弱のウェブカメラが8000円を超えて売買されるというような事態も起こりました。 今は落ち着いていますが、この度「iRozce」というメーカー様から新製品のウェブカメラをご提供いただいたのでレビューしたいと思います。 ポイント メーカー様よりAmazonで使える限定のクーポンコードをいただきました。 お買い求めの際は必ず利用のうえ、お得にゲッ ...

ReadMore

ITガジェット

Fire TV StickでUSB製品を使う方法!KODIでメディアプレイヤー化!

AmazonのFire TV Stickってテレビで映画やアニメなどを見るには便利ですよね。 でも、ただストリーミング再生用に使うだけではなく「メディアプレイヤー化」もできます。USBの入力機器も接続できたりするのですが、そのままだとそれらは叶いません。 ステイ子手持ちの動画をテレビで再生できるようにしたい!垂れ流したい! Fire TV Stickを最大限に使うためのカスタマイズ OTGケーブルでUSBポートを作ってUSBマウス・USBメモリの接続を可能に 前からやろうと思いつつ、放置していたFire ...

ReadMore

ITガジェット

SEENDAのワイヤレスキーボードが超おすすめ!テンキー付きをレビュー!

kindle fire stickの操作をキーボードでできたら。。。と思い、Amazonで良さげなワイヤレスキーボードを購入しました。 届いて使ってみたら、見た目はもちろん使い勝手も良かったのでレビュー記事を残しておきます。 ステイ子Amazonの中華メーカーは当たり外れがあるからね SEENDAの格安2.4Gワイヤレスキーボードが意外に良い! マウス込みで2,400円程度!しかも充電式でコネクタはtypeC Amazonで購入、到着してスグにパシャリ。 デザインからしてMacのキーボードを意識してますよ ...

ReadMore

暇つぶし

エアコキを重くしたい!ハンドガン重量UP計画

大人の暇つぶしにも最適なエアコキハンドガン。 お手頃価格で買える上に、意外と細部まで作られていて眺めていても面白いオモチャですよね。 とはいえ気になる人は気になるのが「重さ」 ステイ子エアコキハンドガンをもっと重くしたい! という方へ、今回は東京マルイの人気エアコッキングハンドガン「コルト M1911A1ガバメント(18歳以上用)」に細工をしてみました。 ※分解・カスタムを行うと保証が受けられなくなります。分解と組み立てに自信がある方のみ、実行の際は自己責任のもと慎重に行って下さい。 エアコキハンドガンを ...

ReadMore

STAYFOGのお得情報

ITガジェット

HDMIが2つのモニタはかえって不便!?切替器を使ったほうがスムーズ

外付けモニタ1台でパソコンを複数台使ってる場合、HDMIとDVIで接続してたりしますよね。

とはいえ昨今DVIよりもHDMIが主流ですから「ディスプレイの端子は全部HDMIでいいのに」と思う人も多いハズ。

私もそんな一人です。

しかし、新しいモニタを検討している人で「HDMI端子が2つのモニタがいいな」と思っているなら少し待ってください!

HDMIが2つのモニタで切り替えて使う場合

モニタの入力切り替えが面倒くさい機種に当たると不便

1台のモニタに複数のPCやらを接続して、頻繁に切り替えて使うと想定した場合、モニタ側で切り替えをしなければいけません。

多くのモニタでは画面メニューから「入力」を選んでカチカチ切り替えますが、これがすっごく面倒くさい。

 

テレビならリモコンがあるので比較的楽ですが、PCディスプレイとなると4回ほどカチカチ操作する必要があります。

  1. メニュー画面へ
  2. 入力項目へ
  3. 入力選択
  4. 決定

毎回このステップを踏まなければならず、そのうえ機種によっては切り替え時に数秒のタイムラグを喰らいます。

 

モニタによっては、PCなどから入力信号が途絶えた時点でスタンバイモードに移行するのですが、こうなると再度立ち上がる数秒間モニタのメニューが開けません。

例えばあるモニタのHDMI_Aに接続したパソコンAをスリープモードにして、HDMI_Bに繋いだパソコンBを起動させようとすると下記のようになります。

  • パソコンAをスリープにした瞬間、モニタがスタンバイに移行する
  • すぐメニューボタンを押して入力を切り替えようにも、再度立ち上がるまで数秒待たされる
  • モニタがスタンバイから復帰、メニューから入力切り替えをする
  • パソコンBの映像を写す

(逆転の発想で先にモニタ入力を切り替えると、元々操作していたパソコン側の画面が見えず、どこにスリープやシャットダウンがあるのかわからなくなる(当然))

 

もちろん機種によって「信号を検知した入力端子の映像を自動的に写す」なんてモニタもありますが、それでもやはりタイムラグが気になります。

めったに切り替えない人であればこの程度問題ないかもしれませんが、頻繁になると「おせー!早く切り替わって!!!!」となるので対策が必要です。

 

HDMI端子が2つあるモニタは現状限られる

モニタは使う人の多様性を考慮してか、HDMI端子だけのモノは少なく大抵VGAやDVIがついています。

値段が3万円くらいのモニタになるとHDMIが2つ3つ付いてますが、1万円前後のモニタだとまず1個ですよね。

 

現在私が使っているLGの横長モニタはHDMIが2つ付いている仕様でしたが、前述したようなタイムラグが発生します。

そのため、用途によっては「HDMIが何個付いてても切り替えストレスがたまる可能性」を考慮する必要があるでしょう。

 

 

HDMIが1つでもHDMI切替器を使えば快適

電源不要、スイッチひとつで切り替わる手軽さ

そこで使えるのがHDMI切替器です。

今回私がAmazonで購入したのは電源不要で双方向に切り替え可能な製品。

  • 1台のパソコンの映像を2台のモニタの片方に割り振る
  • 2台のパソコンの映像を1台のモニタで切り変える

GANAというメーカーなのでしょうか。

アルミボディで質感はよいですが、なんか中華感溢れる日本語のお手紙が入っていました。

ボディはコンパクトで全然邪魔にならない上、電源がいらないので余計なケーブルもなくさっぱりしています。

モニタとこの切替器を繋ぐためのHDMIケーブルが必要になります。

切替器をデスクにおいておきたいので、スリムケーブル仕様のHDMIケーブルを買いました。

LGのモニタは垂直に端子が配置されており、ケーブルに負荷がかかりやすいのでL字コネクタもあると便利です。

 

で、これらを繋いだのがトップ画という訳です。

青いランプが光るのでどちらにつないでいるかがわかりやすいです。

ボタンはノック式ボールペンのようにカチカチとした感触ですが、一発で切り替えが可能なのでかなり快適になりました。

 

ちなみに分岐側のケーブルはHORICというメーカーです。

 

このHDMI切替器、1000円しない格安価格なのでテレビ用に買ってもよさそうです。

 

さいごに

モニタ本体のHDMI端子は1個あれば十分

モニタ側に2つ3つHDMI端子があると良さげな感じがしますが、実際は切り替えの手間とタイムラグがストレスになり便利じゃありませんでした。

(モニタ機種や、リモコンの有無でも変わるかもですが)

 

とはいえ、モニタ+HDMI切替器という組み合わせは安定していて便利です。

参考になれば幸いです。

-ITガジェット

Copyright© STAYFOG , 2021 All Rights Reserved.