自己防衛

【集合住宅】DM・チラシのポスト投函を撃退する方法

家のポストに頻繁に入れられるDMやチラシ。

ピザやお寿司などの出前系のこともあれば、水道トラブルや分譲マンションのチラシだったり多種多様ですよね。

とはいえあまりにもボカスカ入れられるとゴミになりますし、ゴミとして捨てるのは受け取った側です。

ステイ子
そもそも入れてくるんじゃねー!

と思った方がやるべきポスティング撃退方法を解説します。

DM・チラシのポスト投函を撃退する方法

投函禁止・お断りのシールを貼ること。これだけ。

チラシの投函はお断りします。悪質な場合は通報します。

こういう内容を手書きで書いて郵便受けに貼っておいても効果ありますし、市販のシールでもOK。

 

 

これをやるだけで9割くらい減ります。

なぜかというと、一般家庭や集合住宅へのポスティングは主にポスティング業者が行っているため。

ステイ子
個人がせっせとポスティングしてるパターンもあるけど、大体専門業者が配布してる。

 

ポスティング業者はクライアント(広告主)から「一般家庭にチラシやDMを撒きますよ〜」と仕事を請け負っています。

その際「投函禁止の張り紙があるマンションや郵便受けには入れてはいけない」というルールをおよそ徹底しています。

ステイ子
入れてしまうと、直接広告主にクレームが入るからだね。

 

広告主に直接クレームがくると、広告主はポスティング業者に「てめーなにしてんだこの野郎!うちにクレームがきて対応に困るだろコラ!」とクレームを入れます。

ポスティング業者は窮地に立たされるため、自らが責められないよう「投函禁止」のポストには原則入れません。

ステイ子
という話を昔ポスティング会社で働いてた人から聞いた

 

過去〜現在の物件でステッカーを毎度貼ってるけど本当に来なくなる

引越してすぐは様子見で何も貼らずにいるんです。

すると、毎週のように何かしらのチラシが入るんですよね。

そこでいざステッカーを貼ると、パタっとチラシが入らなくなります。

ステイ子
それでもごくたまに分譲マンションや怪しいネット回線のチラシが入るけどね。

とはいえ何もしないと「よっしゃ!突っ込みまくれ!」と言わんばかりにチラシだらけになりますから。

 

こんなんやるしか無いじゃん!と思う訳ですが、あまり貼ってる人がいないんですよね。

マンション一棟につき3~5室くらい。

知らないのか面倒なのか「そういうシールを貼るのが恥ずかしい」のかわかりませんが、何にも恥ずかしいことではありません。

フランス在住の30代主婦です。私の住むフランスにおいても、ポストに直接投函されるチラシの類がかなり多いです。特に近年は地元のフリーペーパーが人気で、そういった発行物とともに多く「配達」されてしまうチラシが多く、うっかりすると小さなポストが満杯になって、すぐにあふれてしまうケースもあります。こういったチラシ対策として、フランス人は自宅ポストに「NO PUB」「Pas de publicité, merci」といった文句のシールをでかでかと貼っています。要は広告お断り、というだけの意味なのですが、かなり効果があります。

引用:迷惑なポスティングを防ぐ方法【あなたの撃退チラシ対策教えてください!】

海外でも海外でも海外でも

ステイ子
いっそ管理会社が「当マンションポスティング禁止」って掲示してくれればいいのにね。実際そういう所もあるけど。

 

やばいポスティングは無視しよう

たまにどう見ても怪しいチラシや詐欺に関係してそうな臭いのするポスティングなどもあります。

こういう所は最初から投函ルールなんて守りませんから、ステッカーがあろうとなかろうと投函してきます。

黙って無視するに限ります。

 

下手にクレーム入れると電話番号が相手に残りますし「どこの物件ですか?」と聞かれ住所を教えたりした日には気味が悪いですよね。

ステイ子
どうしても何かしたいなら警察にでも渡せばいいかも

 

さいごに

自治体の広報紙などはちゃんと投函される

このようなステッカーを貼っていても地方自治体から発行される広報紙みたいなものはちゃんと投函されるようです。

うちは実際に届きますね。頼んでないですけど。

ステイ子
お家のセキュリティソフトみたいなものだね。

 

身体と頭を丈夫にするおすすめ記事

1

みなさん健康に気を遣っていますか? 口では簡単に言える「健康に気を遣う」ですが、裏事情を知ってしまうと「(普通に)健康に気を遣うのってこんな難易度高いんか!」となります。 ステイ子「今日は健康のために ...

2

タイトルで煽りましたが、日本ではいつの間にか様々な(国民の意思が反映されない)決定がなされます。 大手メディアはそのようなニュースをロクに報道せず、芸能人やタレントのどうでもいいスキャンダルをネチネチ ...

3

昨今、急速にGoogle離れが加速しています。 私の友人も「なんでもかんでもGoogleになるのが嫌」と代替サービスに自主切り替えをしている人もいるほど。 さらに2021年は某感染症に関する個人の発信 ...

4

「趣向を変えたサイトのコンテンツを作れないか?」という考えのもと、世の中の「変だなぁ」をTwitterで集めてみました。 これらを見て「なにそれ!おかしいでしょ!」と思う数が多い人ほど、危険予知能力が ...

5

ウェブサイトを巡回していると、自分が目にしたくないと思う情報に遭遇することもありますよね。 良し悪し様々な情報を得ることや「得られる環境」は大事ですけど、そこには「ただの誹謗中傷」や「不快なワードを連 ...

-自己防衛

Copyright© STAYFOG , 2022 All Rights Reserved.